2021年01月02日

月姫、遂に復活へ

同人ゲームの中で知られている作品といえば、「ひぐらしのなく頃に」・「うみねこのなく頃に」・「東方project」(この名前は作品群の名前であって作品名ではないのだが)あたりでしょうけど、その中でも一番とも言える作品は、「月姫」ではないのでしょうか。
TYPE-MOONの処女作でもあり出世作でもあり、後に商業化を決めるきっかけにもなったとされるこの作品同人ゲームとしては発売しているのですが、商業ゲームとしては2008年にWindowsでリメイクの予定はあったものの、結果的にうやむやのうちに終わり、事実上の開発中止に追い込まれたのではないかと思われます。

そんな中で、去年大晦日にTOKYO MXとBS11にて放送された「Fate Project 大晦日TVスペシャル2020」(ああ、見なかったヤツや(爆))で、衝撃の発表がありました。
何と「月姫」のコンシューマー化が決定したのです。いや、正確には製作が再開されたのです。


実は、「月姫」のリメイクは先述の通り2008年にWindowsで行われる予定だったのですが、うやむやのうちに終わりました。それが、今回はPS4とNintendo Switchというコンシューマーハードでの展開に切り替わったのです。
それに際し、キャストの発表も行われましたが、さすがにMELTY BLOODシリーズ(同作品のキャラを使った格闘ゲーム。当初は同人ゲームだったが後に商業化され、その際にエコールソフトウェアが開発に係わっていたのは有名)や「真月譚 月姫」(2003年にアニメ化されたもので、BS-i(現在のBS-TBS)で放送)のキャストはそのままではなかったか。仕方ないよね。キャストの中には故人もいるのですから(泣)。


というわけで、今年の夏には発売できるとのことですが、懸念もあります
まずは、イラスト関係はどうなるのか当時のクオリティはおまけ程度ならいいけど、今のクオリティでは耐えられないでしょう。となると、Fateシリーズに寄せてくるのではないかと思われます。それならいいクオリティでの発売になると思います。
もう一つは、表現問題
当然ながら18禁だった作品なので、そのままでは出せないです。かなりの変更を強いられる部分が出てくるでしょう。そうなると、PC版の発売を願うことになるのですけど、経緯が経緯なだけにすんなり出せるか心配ではあります。正直『本来の姿』で出してほしい部分はあります。


この作品は、猟奇アドベンチャーとしても秀作ですし、TYPE-MOONの方向性を知る上でも重要な作品でもあります。無事に発売にまで至ってほしいと思いますし、表現規制が掛かっているとはいえ、コンシューマー版が遊べないということは無いと思います。発売が決まったら、是非とも遊んで欲しい一品なのは間違いありません。


真月譚 月姫 全6巻セット [マーケットプレイス DVDセット]
真月譚 月姫 全6巻セット



真月譚月姫 全10巻 完結コミックセット (電撃コミックス)
真月 譚月姫 全10巻 完結コミックセット(電撃コミックス)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:58│Comments(0) ゲーム系 

コメントする

名前
 
  絵文字