2021年05月08日

【遂に!】まーた珍しい魚の刺身が売ってたから買ってきたぞ【5度目】

SHV47_1118これまでおさんハチビキウメイロスマ、また番外的に居酒屋で頂いたダツ、珍しい魚ではないものの、メカジキを刺身で頂きました。また1年くらい間が空いたんですね(苦笑)。実は冬に紹介しようかなと思っていたのがあったんですけど、値段が張ったので少し躊躇していたら、無くなっておりました(爆)。だから、今回は早めに抑えた。値段も手頃だったし。


それが、ウチワハギという魚。スーパーでは平仮名で書いてありましたけど、ここではカタカナで書かせて頂きます。
ウチワハギとは、カワハギの仲間(カワハギそのものはフグの仲間らしい)で、正式名称はウスバハギ大型化したカワハギという捉え方もされています。ウチワハギという名称は、主に関西圏の名前らしい。地域によってはラケットとかシャボテンとかメンボウとかサンシンとか呼ばれているらしい。かなりユニークなネーミングが多いのですよ。その中でもユニークそうなのを人揃えした(苦笑)。

今回のものは、切り身になった状態で購入。切り身としては大きめになっております。



食感は、白身の魚なのに、身は柔らか目。コリコリなのが多い気がする白身の魚の中では、そんなにコリコリしていないんです。グズグズとまではなっていないので、その点はよかった。
味に関しては、旬が秋~冬ということなので、少し旬が過ぎてしまったからか、少し大味目。雑まではいかないけど、少し薄いんですよね。ただ、元々このウチワハギという魚は大味な部類なのだそうですから、元々の味なのかもしれない。ちなみに、カワハギの仲間ということで、肝が美味いらしいけど、私は魚のアラ系が苦手なので、ちっとも目に入らない(苦笑)。肝の旬が秋~冬ということから、身の旬は夏ごろという見方もあるそうです。


安ければ一度チャレンジしてもいいかなという魚です。大味ですけど、マズくはなかったので、また機会があれば食べてみたいとは思わせてくれました。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:50│Comments(0) 飲み食い系 

コメントする

名前
 
  絵文字