2021年06月05日

レコゲー2021 6月⑤

レコゲー、ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



今月は珍しく少ない。まぁ、こんなこともあるわいなと思う次第。いつもなら、この先コミケなんだろうけど、オリンピックもあって今年の冬まで待つ・・・いや下手したら冬も危ういんだよなぁ。メーカー存亡の危機の中で迎える今月の注目作は、コイツらだ!


最初は、「リリウム・ウェディングプラン」
祖父母の家から往復5時間かけて通学していた主人公の下に、妻を名乗る女神(どうやら子供の頃に約束したらしい)が現れ、朝から晩まで付き合うことになるというもの。
そんな経緯のため、ヒロインは女神のみで、あとはサブキャラだけ。一人のキャラに集中したい人にはオススメですね。

2番目は、「年下彼女」(★)。
新米教師の主人公の下に、幼い頃に結婚の約束をした年の離れた親戚の子にプロポーズされるというもの。実は、教師と教え子の関係というふうなので、ある意味一戦を越える度胸があるかと言われるかもしれません(苦笑)。
それゆえに、こちらもヒロインは1人のみ。やっぱり一途な恋を望む人にはオススメです。

3番目は、「ハジラブ-Making*Lovers-」
2017年に発売した「Making*Lovers」の続編にあたる作品。続編とは、世界観とコンセプトの面を意味しています。それに加えて、今作では付き合った後での仲良くなる過程を強化しています。
4人のヒロインは個性があふれており、それぞれ近し過ぎて恋を感じなかったのに、それに気が付いて始まる恋・相手の家族の応援で始まる恋・見栄っ張りがきっかけで始まる恋・恋人のふりをしていたら実際に恋に発展した恋となっています。
なお、前作(HD対応版)とのセット販売もあるので、前作も楽しみたい方は、そちらをどうぞ。

最後は、「祝福のカンパネラ Plus Stories」(★)。
2009年に発売した「祝福のカンパネラ」のリメイク。同作品の10周年を記念して作られたものです。
解像度が2倍になり、3つのストーリーがプラスされます。
10年以上前の作品になるので、懐かしいと思って遊ぶもよし、プラスストーリーを楽しみたいからともう1度プレイするもよし、もちろん初めてプレイする人にも重厚な作品なので、十分楽しめると思いますよ。


結論
コンシューマーは、ヘビーなものからやり込みがいのある作品まで幅広いばかりでなく、プログラミングのような変わったものもあり、じっくり楽しむにはもってこいかもしれない。おうち時間やこれから先の長い休み用に抑えておいてもいいかもしれない。

PC作品は打って変わってライトな作品がメインになりそう。重厚そうな作品もあるけど、続編やリメイクなので、オリジナリティを求めるなら、ライトな作品かなと思うところ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 17:51│Comments(0) ゲーム系 

コメントする

名前
 
  絵文字