2021年08月16日

柿安の炒飯を食ってきた 後編

SHV47_1513以前、石焼牛肉炒飯 柿安の「石焼 エビチリ 牛肉炒飯」「石焼 麻婆豆腐 牛肉炒飯」を頂いてきましたが、今回は同じところで「石焼 海鮮あんかけ 牛肉炒飯」を頂きました。これも前回・前々回に書いた通り、柿安の中華総菜部門との協力によって作られているようです。
前回・前々回の商品とも美味しかったので、今回はどうなのかなと思って頼んでみました。



今回も結構ぐつぐつとゆだっておりました。見た感じは美味しそうですけど・・・。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


アカン、見掛け倒しだったわ(大泣)!
まず野菜が生焼け恐らく混ぜないといけなかったのかなとか思ってたんですけど、調理はしてたんだよなぁ・・・。炒めてたというアクションなのか、それとも石鍋に入ったことで熱を加えるふうだったのか、計算がまるでわからない。ともかくそこは頂けなかった。
そして薄味の中に薄味のものを放り込まれたので、皆が思うであろう病院食(薄い・まずい・量が少ない)の印象をそのまま引きずっておりましたこれはもしや備え付けの醤油とか・・・と思ったんですけど、フードコートなので備え付けなんてない(爆)。


結論として、塩味が薄過ぎてどうしようもない、あんかけもしっかりしてなくてグズグズ、野菜は生焼けと全ての悪い部分を吸い取ってしまったかのような出来でした。これは作り手のテクニックの問題なのかなとも思ったのですけど、誰が作っても同じようにできるようにこの手の店はできているはずなので、これではまずいぞ・・・。


というわけで、前中後編でお届けしましたけど、今回紹介した商品以外なら、どれでもいいと思うし、今回掛けるものじゃなかったので紹介しなかった「石焼 牛肉ステーキ炒飯」や全ての素になる「石焼 牛肉炒飯」は美味しいと思うので、とにかく、この商品以外なら大丈夫だと思うよ(ギャハ)!<ヤケクソだな、おい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:18│Comments(0) 飲み食い系 

コメントする

名前
 
  絵文字