2021年09月11日

玄関開けたら・・・

新型コロナウイルスの影響で、リモートワーク(在宅勤務)という人も増えたのではないかと思います。まぁ、そんなの縁遠いわいという人もまだまだいらっしゃると思いますし、職種によっては一生無いという人もいらっしゃることでしょう。私もそんな縁遠い人間の一人です(ギャハ)。<じゃあ何で記事にした!?


さて、リモートワークを行っている人達の悩みは、パーソナルな空間を保てない点でしょう。家族と共にいながら仕事をするというのは、なかなかもって大変で、子供がテレビ会議の中に移り込んできたという事例も。家族といない時でも、自分の部屋をオフィス代わりにしている人は、自身のプライベートを白日の下にさらしかねない事態にもなりかねません。
そこで、多目的な個室を離れとして自宅の庭に設けようとするわけですが、資金に難を持っている人に朗報です。ケイアイスター不動産が「HANARE 禅zen」という離れを一般販売することになりました。
この「HANARE 禅zen」は、1帖タイプの小部屋になっており、フローリング・壁紙仕上げ・断熱性能を持っております室内は、エアコン用のコンセントと2口のコンセントが用意されており、書棚になる収納エリアとスタディカウンターも備えられているとのこと。
今回はリモートワーク向けでの販売ですけど、趣味用の部屋として扱うことも可能なので、一人で模型作りなんてこともできるようになっています。
価格は55万9000円で、工期は2日とのこと。案外安くて早くできるんだね。ただし、関東圏のみでの展開なので、全国でこれを早くできるようになってほしいと思ったら、直接頼んでみよう(ニヤニヤ)。

なお、約4帖のスペースに宅配ボックス・駐輪スペースなどを備えた「HANARE」(54万7800円~)と室内2帖サイズの「HANARE 書斎版」(198万円)も発売しています。実は、今回の「HANARE 禅zen」はシリーズ第3弾なのだそうな。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:58│Comments(0) etc 

コメントする

名前
 
  絵文字