2021年12月10日

秋の新機種2021 隠し玉 隠し玉というより、紹介し忘れかな(爆)

秋の新機種はほぼ発表し終えたにもかかわらず、まだまだポロポロ出てきているようです。
・・・と書こうと思ったが、実際は掲載し漏らしたもののようです(ニヤニヤ)。まぁ、アレだ。人間誰しも過ちはある(ギャハ)。<逃げたぞ!


というわけで、色々と残った隠し玉をお届けしましょう。最初は、楽天モバイルから。


②AQUOS sense6(SH-RM19)
6.1フルHD+ IGZO液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid 11。
4800万画素CMOSの広角カメラ、800万画素CMOSの望遠・超広角カメラ、IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能、eSIMとのデュアルSIMを搭載している。

個人的感想
この機種は、ミドルレンジでありながら初めてIGZO液晶を備えることになる。バッテリーも大容量化しながらも、厚みは前機種の8.9mmから1mm弱薄い7.9mmを達成している。機能面ではミドルレンジ以上の要素を持った機種になったとも言えよう。


お次は、auの新機種。まずは久しぶりのケータイ、久しぶりのあの機種から。


⑦G'zOne TYPE-XX(KYY31)
3.4インチフルワイドVGA液晶を搭載した折り畳み型のケータイ。モノクロサブディスプレイも搭載している。
1300万画素CMOSカメラ、IPX5/8相当の防水機能、IP5X相当の防塵機能、MIL-STD-810H Method516.8:Shock-ProcedureⅣ規格に準拠した耐衝撃機能などを備えている。

個人的感想
この機種は、これまでG'zOneシリーズ(ケータイ)を使っていた人の救済モデルになっている。というのも、来年にはCDMA 1X WINのサービスが終了するにもかかわらず、いまだに堅牢性や使い勝手などから他の機種(同じG'zOneのスマホや後継機種にあたるTORQUEが発売しているのにもかかわらず)への移行が進んでいなかったため。そこでau(KDDI)と旧製造メーカーのカシオ、そして引き受け手の京セラとがタッグを組んで今回の復活となっている。
機能的にはそこまで高いとは言えないものの、機能よりも性能を求める人達がいる限り、この機種は引く手数多だろうと思う。そして京セラはTORQUEへの移行も進めやすくなるかもしれない。


⑧かんたんケータイ ライト KYF43
3.4インチフルワイドVGA液晶を搭載した折り畳み型のケータイ。モノクロサブディスプレイも搭載している。OSはAndroid 10。
800万画素COMSカメラ、IPX5/8相当の防水機能、IP5X相当の防塵機能、MIL-STD-810H Method516.8:Shock-ProcedureⅣ企画に準拠した耐衝撃機能の他、迷惑電話対策機能・「至急電話ください」メッセージなど安全面の強化が図られている

個人的感想
この機種は、簡単に扱えるだけでなく、安心・安全をモットーにしている機種となっている。消費者ホットラインや警察相談専用電話にもすぐ繋がるようになっている、怪しい電話(電話帳への登録がない相手)に対して自動で録音を行う、かつ録音の旨を通知する機能も備えているあたり、詐欺対策にも万全になっている。なお、卓上ホルダに設置するとスピーカーフォンになる機能も備えられているので、どこからでも聞こえやすい・家族との通話も可能になっているところもシニア向けの機種ならではかと。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:35│Comments(0) ケータイ系 

コメントする

名前
 
  絵文字