2022年02月20日

2022年1月のアクセス解析の結果

当サイトにお越し頂きありがとうございます。2022年1月のアクセス解析の結果を書いていこうと思います。


今回、PC:モバイルの比率は、27.5:72.5となりました。PCが持ち直し、モバイルが少し減らしています。


PCの詳細に関しては、Windowsシリーズ(Windows 10・7・8.1の比率)が約70%(それぞれ約60・7・3)となりました。Windows 10が四捨五入で6割となっているものの、実際は60%を切っている状況となり、Windows利用者も結構減ってきているのではないかと思われます。
各OSの利用しているインターネット閲覧ソフトは、Windows 10は、Chrome(97.0→96.0→99.0→94.0)が約82%、不明が約12%、Internet Exploler(IE。11)が約7%、となっています。先月と比べると比率はそんなに伸びていないものの、Chromeの一人勝ち感が増しているように感じられます。
7は、WebKitが約77%、Chrome(97.0→96.0)が約23%となっています。先月以上にWebKitの比率が上がっております。
Windows 8.1は、Chrome(97.0→96.0)のみとなりました。今月は同じChromeでも違うバージョンと半々になっておりますね。
上記以外では、アップルシリーズ(Mac OS X・iPad)がそれぞれ約9%(それぞれ約6・3)、UNIXが約14%、X11が約6%になりました。このうち、Mac OSはSafari(14.1→15.1→15.2)が約73%、Chrome(96.0)が約9%となり、iPadはWebKitが約60%になりました。UNIXは不明のみに、X11はSafari(不明)が約55%、Chrome(99.0→100.0)が約45%となっています。アップルシリーズはMac OS Xの低調が響いて先月よりシェアを半分落としてしまいました。一方でUNIXが大きく伸ばしたものの、相変わらずOSが不明なまま。X11はSafariとChromeでほぼ半々となっています。


対して、モバイルはAndroidが約53%、iPhoneが約47%となっております。先月は四捨五入ベースで初めてと言っていいほどiPhoneが躍進していたのに、今月になるとAndroidが元の勢いを戻しています。
Androidに関してはChrome(97.0→96.0→63.0→92.0→87.0→95.0→77.0→74.0)が約88%、不明が約10%となっています。首位に返り咲いたものの、先月とは大きく変わったところはありませんね。
iPhoneはSafari(15.1→14.1→不明→15.2→9.0→15.0→14.0→13.1)が約89%となり、次に来たWebKitは約10%となっています。こちらもあまり変わっていない状況ですね。


1月は、セブンイレブンのブリトー関連の記事が上位に食い込んでいましたね。ネーミングで稼いだ・・・なんて言うのは、ちょっとおこがましいのかしら(ニヤニヤ)。あとは、少し年またぎ感はあるものの「誰も行かなさそうなところに行く旅」も盛り上がりましたし、FC岐阜関連の話も出てきましたけど、予想に反して冬アニメの話は1本だけ抜きん出ただけでした。


2月は案外ネタの無い月だったりする(苦笑)。28日と少ないので、ボチボチやっていこうかと思っております。そんなんでいいのかは、置いておいて(爆)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:47│Comments(0) etc 

コメントする

名前
 
  絵文字