2022年05月14日

春の新機種2022 ソフトバンク編 後編

春の新機種、今回はソフトバンク編です。
ソフトバンクもXperiaとPixelの、ゲーム業界でいうところのマルチ展開な機種が登場となっています。差異は小さいものの、特製が薄くなったのかなと個人的には思っております。


では、早速見て行きましょう。


③Xperia 1 Ⅳ(A201SO)
6.5インチ有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid 12。
1220万画素CMOSの広角・超広角・望遠メインカメラとインカメラ、IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能、置くだけ充電(Qi)を備えている。

個人的感想
この機種は、機能面でのブラッシュアップが行われているようで、バッテリーの大容量化(5000mAhに増加)がなされていたり、インカメラの画素数増加以外に画面の輝度が向上していたり、動画を直接YouTubeにアップロードできるようになったりができるようになっている。カラーリングは黒のみなのも少々寂しい。


④Xperia 10 Ⅳ(A202SO)
6.0インチフルHD+ 有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid 12。
1200万画素CMOSの広角カメラ、800万画素CMOSの超広角・望遠カメラをメインカメラに据え、IPX5/8相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を備えている。

個人的感想
この機種は、世界で最も軽い(161g)端末という売り込み以外にも大容量バッテリー(5000mAh)やポップなカラーリングも特徴になってくるだろう。Xperia 1 Ⅳ(A201SO)ほどは必要ないけど、十分に楽しめる機能が欲しいという人向けなのかもしれない。


⑤Pixel 6a
6.1インチ有機EL液晶を搭載したストレートタイプのスマートフォン。OSはAndroid 12。
1220万画素CMOSの広角・1200万画素CMOSの超広角のメインカメラ、IPX5/7相当の防水機能、IP6X相当の防塵機能を搭載している。

個人的感想
この機種はX(数字)aシリーズとも称せるX(数字)バージョンの廉価版とも言えるモデルではあるものの、性能面ではX(数字)バージョン(今回でいえば6)と同等ないしはそれ以上の部分を備えている。安くていいものを追い求める人やグーグルのサポートが欲しい人には、この機種はオススメしたい。


次回はワイモバイル編になります。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:59│Comments(0) ケータイ系 

コメントする

名前
 
  絵文字