2022年06月05日

レコゲー2022 6月⑤

レコゲー、今回はPC作品の紹介です。
ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



春のギャルゲー祭りだったコンシューマーと違って、『本家』のはずのPCでは枯渇中休み的な月になったようです。ラインナップは少なくないのにね・・・。


では、見て行きましょう。


最初は、「ゆまほろめ ~時を停めた館で明日を探す迷子たち~」
時を停めた館に突如引き込まれた主人公。外の世界との時間は隔絶されているのか、外の世界の時間は停まっているからゆっくりしなさいという謎の少女館の中は不思議にあふれているものの、外に出ることは現状できないらしい。そんな中で主人公がどのような決断を下していくのかがポイントになるアドベンチャー作品です。
今作のヒロインは、謎の少女を除いて、幼い頃に遊んだことのある子達ばかり。それゆえに、彼女達とどう接するかもカギになってくるでしょう。また残る選択をする場合、謎の少女がカギになるでしょうね。

2番目は、「アマエミ -longing for you-」
世界的に有名だった画家だった主人公は、ある時画家としての表舞台から姿を消し、社会科の教師になっていた。しかし、そこに飛び込んできた3人の少女によって、彼の世界は大きく変わるというふうになっています。
ヒロインは三者三様でありながら、同じように主人公を慕う存在なのがポイントで、季節の変化に合わせて、主人公への想いも変わっていくようになっています。なお、E-moteシステム搭載なので、よりリアリティのある動きでプレイできます。

最後は、「恋するあまいろホームステイ -留学生はわんこ系幼馴染-」
主人公は、昔アメリカで幼馴染みの子になる少女の家にホームステイをしていた経緯があった。そして時は流れ、今度は主人公の家に幼馴染みの子が短期留学のためにホームステイしに来るというもの。
ヒロインは、スキンシップが激しいだけでなく、日本文化とのギャップや主人公大好きのムーブも激しい。しかし主人公は彼女の想いに鈍感というギャップも楽しめるという、ギャップ萌えな作品になるようです。ということから、ヒロインは1人のみですよ(ニヤニヤ)。


結論
コンシューマーは春のギャルゲー祭りというほどにギャルゲーがよく出ていた月になる。それ以外もあるものの、あまりに目立ち過ぎたとも。
PCは少し落ち着いた感があるかもしれない。夏に向けてたくさんの作品が登場すると思うので、それまで我慢となるのかな・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 23:32│Comments(0) ゲーム系 

コメントする

名前
 
  絵文字