2022年06月25日

だから、GREATBOSSは一人で十分だって!

SOG03_152135以前、レトルトのさばの水煮を入れたペヤング超大盛やきそばが登場していましたけど、今回はレトルトのもつ煮を入れた超大盛やきそばが登場したということで紹介しようかと。
それが、まるか食品の「ペヤングやきそば 超超超大盛 GIGAMAX GREATBOSS レトルトもつ煮入り」。まぁまぁ長ったらしい名前(苦笑)。



SOG03_152542今回もレトルトパウチの商品がぶち込まれていたのですが、既存品ではなくオリジナルで作っている可能性も無きにしも非ずなものに。まぁ、まるか食品そのものがレトルト事業を持っているという話は聞かないので、外部委託の可能性が大なのですけど。



SOG03_152718よーく見ると、『レトルト モツニ』という刻印が。そんなこともあって、今回もカップ麺を作る時間(3分)を使って、鍋に入れた水を沸騰させたものの中に入れて湯煎しました。



まずペヤングやきそばそのものは、今までと同じなので割愛。やはりあのスパイスが無いと味としては3割くらい魅力減になってしまっていますね・・・。あのスパイスは偉大だ。
肝心のもつ煮ですが、ピリ辛の仕上がりになっています。もつそのものも柔らかいながらも食べ応えのある味わいになっており、この手のものの心配事になる臭みは全く無かったです。どこの商品なんだろうと思うくらいにいいデキです。
・・・これなら一緒にぶっ掛けてもいいかなと思ったのですが、結果的には別にして頂きました。やはり合わせるのは怖い(苦笑)。ただ、レトルトパウチの中に麺を突っ込んで食べるというスタイルを今回も採ったので、一緒に食べた時の味もお伝えできますよ(ニヤニヤ)。
で、その味は、まぁ悪くないかなと。もっと味がケンカするのかなと思っていましたが、意外に順応というのか、もつ煮の味が結構強いからか、麺の味が負けています。まま麺の味も強いのにね。


もつ煮そのものをレトルトパウチに入れるという手段は今回のようなちょ盛やきそばでないとできないかもしれませんが、過去にもつを使ったフリーズドライは実現しているので、できないことは無いと思います。GREATBOSSじゃなくてもいいので、もつ煮フレーバーのペヤングが欲しい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ

Posted by alexey_calvanov at 22:36│Comments(0) 飲み食い系 

コメントする

名前
 
  絵文字