2021年06月16日

ゲーム&ウォッチでゼルダの伝説

先日開催された「Nintendo Direct | E3 2021」で、任天堂の新タイトルが発表された中で、オールドゲーマーの心をくすぐりそうな話題が一つありました。
それが、「ゼルダの伝説」などを収録した「ゲーム&ウオッチ ゼルダの伝説」の発売発表。あの名作アクションRPGが手軽に遊べるようになったのです。

今回発売される「ゲーム&ウォッチ ゼルダの伝説」、収録されるのは、1986年にファミコンのディスクシステムで発売された「ゼルダの伝説」と翌年発売の「リンクの冒険」、1993年にゲームボーイで発売された「ゼルダの伝説 夢を見る島」、そしてリンクのキャラ仕様になった「バーミン」の4本です。
今回はギミックが凝っているとも言えるふうになっており、時計機能とショートタイマーの2つの機能は、使用中でも遊べるふうになっています。ミニゲームっぽい雰囲気になっていますね。またパッケージの内箱をセットできるようになっていて、トライフォースをあしらっているからなのか、(紙の内箱とはいえ)シックなものに仕上がっております
画面はもちろんカラー(ただし、「ゼルダの伝説 夢を見る島」はモノクロ、「バーミン」は液晶ベースのドット絵)、収録言語も「ゼルダの伝説」と「リンクの冒険」には日本語と英語、「ゼルダの伝説 夢を見る島」にはドイツ語とフランス語も収録されています。海外版も収録されていることを考えると妥当な判断ですね。

発売は11/12の予定。マリオの時と同様、予約をしておくべきなのかなと思います。特に欲しい人は、そうすべきでしょう。


なお、ゼルダシリーズのゲーム&ウォッチでの展開は、これが初めてではなく、1989年に「ZELDA」という作品が、マルチスクリーンで発売されたのが最初になります。ただし、海外のみの展開だったので、日本で日の目を見たのは、2016年にWii U向けバーチャルコンソールで配信された「ゲームボーイギャラリー4」まで待つことになります(この「ゲームボーイギャラリー4」も、日本では未発売だったという、いわくつきの作品だった)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 21:23Comments(0)

2021年06月15日

よし、Xは無いな(意味深)

1980年代のPCゲーム史を語る上で外せない作品の一つである「夢幻戦士ヴァリス」がNintendo Switchに移植されることが決まりました。


「夢幻戦士ヴァリス」は、1986年に日本テレネットから販売されたもので、当初はPC88・MSX・X1で展開され、翌年PC98・FM-7・ファミコンに、1991年にメガドライブ、1992年にPCエンジンCD-ROM2(ロムロム)に移植されました。2000年代にプロジェクトEGGとしてWindowsに移植されたり、ケータイアプリにも移植されています。
主人公の女子高生が大いにウケてファンクラブができるほどになった他、当時としてはセクシーな格好も話題になりました。特に初期作は一緒に異世界に飛ばされたクラスメイトかつライバルキャラとの死闘も話題になりました。
今回、「夢幻戦士ヴァリス」の他に「ヴァリスⅡ」(PCエンジン版で、PCシリーズで出ている「夢幻戦士ヴァリスⅡ」とは別物)と「ヴァリスⅢ」の移植も併せて決定し、その資金をクラウドファンディングで募ることになりました。ちなみに、今年でシリーズ展開開始35周年とのことで、ヴァリスシリーズの権利を買い取った会社(エディア)は鼻息が荒そうです。
このクラウドファンディング、達成すると貴重なリターン品がもらえるようで、主人公の声を担当した島本須美さんのサイン入りPCエンジン版ソフトや発売当時の原画や資料集なんかがあるようですね。もちろん、この手のものではお馴染みのオリジナルグッズ(Tシャツやマグカップ)・作中クレジットに名前の載る権利なんかもあります。


後にギャルゲーの始祖と言われたこの作品、遊ぶのが困難になりつつあるので、今回の移植は素直にうれしいことでもあります。問題はどのバージョンでの移植になるかでしょう(特に初期作)。全てのバージョンが移植されるのが一番うれしいのでしょうけど、普通にプレイするなら遊びやすいバージョンの方がいいわけで・・・。


なお、このヴァリスシリーズはアレンジ版などを入れて6作品ありますが、そのうちの3作品の展開となります。海外での展開のみですが、既に「SUPERヴァリス 赤き月の乙女」はNintendo Switch Onlineで遊べるようになっています。あと実は18禁作品もあるのですが、ファンの間でも黒歴史扱いなので触れてはいけない(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2021年06月11日

メタルスラッグ、戦略シミュレーションになる

現在、E3が開催中なようです。その中でビックリした話題があったので、ご紹介。
アクションゲームとして名高い作品の一つ「メタルスラッグ」。バリバリ打ったりグレネードを投げたり、時には戦車とかにも乗れたんじゃなかったっけ・・・と、とかくアクションがメインの作品なんですが、その作品をシミュレーションに仕立ててしまったのです。

今回新作として登場した「メタルスラッグ タクティクス」、プロモVが流れていたので、見てみると・・・。
おお、あのドット絵でキャラがギュンギュン動いてるお馴染みのやられシーンも再現しているし、ギミックを使って相手を一網打尽とかいうテクニックもあるようです。アクションゲームのように見えるシミュレーションというのもなかなか斬新です。
作中のキャラも登場するので、シリーズの経験者にはもちろんのこと、このシリーズはアクションゲームだから苦手と言う人にも楽しめそうですね。


現状、発売日はおろか、ハードも未定。ということは、この作品の詳細は、東京ゲームショウで発表ですかねぇ(ニヤニヤ)?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0)

2021年06月05日

レコゲー2021 6月⑤

レコゲー、ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



今月は珍しく少ない。まぁ、こんなこともあるわいなと思う次第。いつもなら、この先コミケなんだろうけど、オリンピックもあって今年の冬まで待つ・・・いや下手したら冬も危ういんだよなぁ。メーカー存亡の危機の中で迎える今月の注目作は、コイツらだ!


最初は、「リリウム・ウェディングプラン」
祖父母の家から往復5時間かけて通学していた主人公の下に、妻を名乗る女神(どうやら子供の頃に約束したらしい)が現れ、朝から晩まで付き合うことになるというもの。
そんな経緯のため、ヒロインは女神のみで、あとはサブキャラだけ。一人のキャラに集中したい人にはオススメですね。

2番目は、「年下彼女」(★)。
新米教師の主人公の下に、幼い頃に結婚の約束をした年の離れた親戚の子にプロポーズされるというもの。実は、教師と教え子の関係というふうなので、ある意味一戦を越える度胸があるかと言われるかもしれません(苦笑)。
それゆえに、こちらもヒロインは1人のみ。やっぱり一途な恋を望む人にはオススメです。

3番目は、「ハジラブ-Making*Lovers-」
2017年に発売した「Making*Lovers」の続編にあたる作品。続編とは、世界観とコンセプトの面を意味しています。それに加えて、今作では付き合った後での仲良くなる過程を強化しています。
4人のヒロインは個性があふれており、それぞれ近し過ぎて恋を感じなかったのに、それに気が付いて始まる恋・相手の家族の応援で始まる恋・見栄っ張りがきっかけで始まる恋・恋人のふりをしていたら実際に恋に発展した恋となっています。
なお、前作(HD対応版)とのセット販売もあるので、前作も楽しみたい方は、そちらをどうぞ。

最後は、「祝福のカンパネラ Plus Stories」(★)。
2009年に発売した「祝福のカンパネラ」のリメイク。同作品の10周年を記念して作られたものです。
解像度が2倍になり、3つのストーリーがプラスされます。
10年以上前の作品になるので、懐かしいと思って遊ぶもよし、プラスストーリーを楽しみたいからともう1度プレイするもよし、もちろん初めてプレイする人にも重厚な作品なので、十分楽しめると思いますよ。


結論
コンシューマーは、ヘビーなものからやり込みがいのある作品まで幅広いばかりでなく、プログラミングのような変わったものもあり、じっくり楽しむにはもってこいかもしれない。おうち時間やこれから先の長い休み用に抑えておいてもいいかもしれない。

PC作品は打って変わってライトな作品がメインになりそう。重厚そうな作品もあるけど、続編やリメイクなので、オリジナリティを求めるなら、ライトな作品かなと思うところ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 17:51Comments(0)

2021年06月04日

レコゲー2021 6月④

レコゲー、今回も各ハードの注目作の紹介です。今回はNintendo Switchの作品から。


最初は、ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミング(★)
任天堂の開発室から生まれた(とされる)もので、CEROの判定では非常に珍しい「教育・データベース」扱いの作品です。
大きな特徴として、複雑で長いプログラミングを書く必要が無く、感覚的な操作でプログラミングを組めるようになっている点でしょうか。ノードンというプログラムを動かすためのキャラを据えたり、繋ぎ合わせることで様々なアクションを起こすことができます。
モードは大きく2つあり、7つのレッスンとフリープログラミングがあります。後者に関しては、オリジナルゲームを作ることができ、絵やBGMも作れます。もちろんネット上への公開も可能です。
最近小学校からプログラミングを教える傾向が出てきており、将来のシステムエンジニアを育成しようという動きがみられます。「タイピングクエスト」と同じく、将来IT立国を目指すためにもいい作品だと思うので、子供のうちに『創る楽しさ』を教えたい人にもオススメです。

もう一つは、マリオゴルフ スーパーラッシュ(★)
シリーズ最新作で、Nintendo Switchでは初の作品になります。
操作としては、非常にシンプルになっており、通常操作の場合は、縦に振れるスイングインジケーターのタイミングを計るものになっています。スピンやカーブも掛けられるので、本格的なゴルフも楽しめますが、起伏を可視化できたり、クローズアップしたり、曲がるボールの軌道予測もしたりなど、初心者にも楽しめるように配慮もされています。
またJoy-Conを使っての操作も可能で、本格的なゴルフスイングも楽しめるようになっているとも言えます。
プレイモードはストロークプレイやMiiを利用して一流プレイヤーを目指すアドベンチャーゴルフの他にカップインまでのスピードを競うスピードゴルフがあります。スピードゴルフにはアスレチックコースになっているカップ争奪戦というのもあり、仕掛けも用意されているとのこと。さらにスペシャルダッシュを使うこともでき、ここぞという時に早く走れるようにもなっています
なお、最大4人までプレイでき、オンライン対戦・ローカル対戦それぞれ対応していますが、通常のゴルフではできない同時打ち(通常はグリーンから遠い順から打つ)も可能になっています。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(0)

2021年06月03日

【ドラクエⅡ】いやーさがしましたよ【イベント】

先週から「ドラゴンクエストウォーク」で「ドラゴンクエストⅡ」イベントが行われています。
大神官ハーゴンのまやかしによって冒険当初まで戻されてしまうという衝撃的なシーンから始まったのですけど、それ以降はドラクエⅡにほぼ準拠。違っているのは、要所要所のイベントでアトラス・バズズ・ベリアルが登場するようになっています(討伐後は強敵モンスターとして登場)
今回はローレシアの王子・サマルトリアの王子・ムーンブルクの王女と共に冒険するのですが、以前にもあった絆を深めるシステムで進められます最高レベルは30で、仲間3人の条件が一定数に達すると強敵に対する効果が上がる仕組みもあります。
そんな3人の仲間の出現率は、ボチボチなのかな。出る時はものすごく出てくれます(笑)。出てくれた時に敵を倒すと絆ポイントが貯まるのですけど、一般の敵が4、強敵が10、グレムリンを倒した時は50となっています。またフィールドにあるキャラスポットに触れると20もらえるようにもなっています。
以上のことから、グレムリンを見掛けたら即刻倒せ(爆)。あとはキャラスポットもできる限り触れておきたいですね。序盤はキャラスポットを触れているだけでもレベルがガンガン上がっていきますから。

その他、「この道、わが旅」というウォーキングイベントも設けられ、一定歩数に達するとストーリーが読めるだけでなく、様々なアイテムがもらえるようにもなります。また「くじびきけん」がツボや戦闘で得られるので、100枚貯まったら10回くじを引いてみましょう。様々な景品が用意されていますよ。余った「くじびきけん」はドラゴンクエストⅠイベント関係のコインとドラゴンクエスト35周年コインに引き換えも可能です。イベント期間中に集められなかった人にとっては最後のチャンスになると思うので、一生懸命集めておきましょう。


このドラゴンクエストⅡには思い入れのある人が多いんじゃないかなと思ってます。かくいう私も苦労しながらプレイして何とかクリアした記憶を持っています。ファミコン版から知っている人でもリメイクからの人も楽しめるし特典も盛りだくさんなので、長丁場もありますから、じっくり楽しんでいきましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:53Comments(0)

レコゲー2021 6月③

レコゲー、今回から各ハードの注目作の紹介です。最初はPS5とPS4の紹介から。


最初はPS5から。トップは、ファイナルファンタジーⅦ リメイク インターグレード(★)
2020年にPS4で発売した「ファイナルファンタジーⅦ リメイク」の移植版。質感や表現力が向上しています。
移植に際し、新エピソードの追加の他、4K画質に対応したグラフィックモード、60fpsに対応したパフォーマンスモードが設定されています。さらにフォトモードが搭載され、思い出のシーンを撮影することも可能になりました。
より高精細で楽しみたい人向けの作品ではありますが、まだまだPS5が手に入りにくい状況を考えると、その恩恵を受けられるのは限定的でしょうなぁ(PS4版からのアップグレードは対応しているようですけど)。

2番目は、ラチェット&クランク パラレル・トラブル(★)
シリーズ最新作で、銀河を舞台に大冒険を繰り広げるメカニックとロボットの物語です。シリーズおなじみのド派手な武器を振り回す他、新キャラも登場します。高精細なグラフィックでさらにスタイリッシュになった作品とアクションを楽しんでほしいものです。


そして、PS4。


PS4唯一の作品は、那由多の軌跡:改(★)
2012年にPSPで発売した「那由多の軌跡」の移植版。
移植に際し、キャラやイベントシーンのグラフィックの強化や60fpsに対応するだけでなく、ハイデフ化と高音質化も図られます。元々携帯ゲーム機として作られた部分が大きいので、諸所の対応はやむを得ないですわね。大画面でプレイできるのを楽しみに待っていた人も多いと思うので、PSP版をプレイした人もまっさらな気持ちで楽しんでほしいものです。


次回はNinendo Switchの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2021年06月02日

レコゲー2021 6月②

レコゲー、今回もマルチ展開の作品の紹介です。


4番目は、「NINJA GAIDEN:マスターコレクション」(PS4Ninendo Switch)(★)
2007年にPS3で発売した「NINJA GAIDEN Σ」・2009年にPS3で発売した「NINJA GAIDEN Σ2」・2012年にWii U、2013年にPS3とXBOX 360で発売した「NINJA GAIDEN 3: Razor's Edge」の3本の本編とダウンロードコンテンツを全て収録したオムニバスソフトで、デッド オア アライブシリーズに登場する4人の女性キャラも一緒に登場します。
なお、今作ではZ指定作品ですが、Ninendo SwitchのみD指定での展開もあります

5番目は、「Sugar*Style」(PS4Nintendo Switch)(★)
2019年に発売した同タイトルの移植版。下宿先のヒロインと仲良くなっていく作品で、4つの役割(「ハウスワーク」・「カーペンター」・「エンターテイナー」・「セキュリティ」)のいずれかを選ぶと共通イベントで変化が現れます
移植に際しての変更点は18禁要素を抜いたのみになりますが、大きな画面で楽しめる・18歳以下の人達もプレイできるという点は、いいことなのではないのでしょうか。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:08Comments(0)

2021年06月01日

レコゲー2021 6月①

6月になりました。
今年は西日本は梅雨が早く、東日本はまだこれからのようですけど、鬱陶しい雨の季節になるのは間違いないでしょう。ただ、この時期を乗り越えれば、暑い夏、そして実りの秋に繋がっていくので、先のことを考えれば、必要なのかもしれません。
そんな時は、積んでいたゲームを片付けるいい機会なのかもしれないですね。もちろん、新作も揃っています。では、今月の注目作を見ていきましょう。今回も最初はマルチ展開の作品から。


最初は、「SCARLET NEXUS」(PS5PS4Xbox Series X/S・XBOX ONE)(★)
機能が拡張された人間によって、あらゆることがコントロールできるようになった世界を舞台に、人間の脳に揺さぶりを掛ける怪異との戦いを描いたアクションRPGです。
2人の新入隊員が自身の脳力を利用して敵である怪異を倒していくというふうになっており、スタイリッシュなアクションで楽しめるとのこと。その脳力は、フィールド上のオブジェクションを操って敵をやっつけるなどもあり、脳力の使い方次第で自分達に有利に働かすこともできるわけです。
なお、7月にはテレビアニメも放送予定とのことなので、その予習代わりにプレイするのもいいかもしれません。

2番目は、「戦国無双5」(PS4Nintendo Switch)(★)
シリーズ最新作で、今作は織田信長と明智光秀の両サイドから物語が展開されていきます。
無双アクションがさらに進化し、その一つに、大きく移動しながら敵に切り込む「神速」、強力なアクションである「閃技」があります。
戦国時代を舞台にしているだけあって、史実を基に描いたものになると思われます。なお、新キャラも登場予定で、今川義元の姪で、後に徳川家康の正室になる瀬名や織田信長の家来になる弥助などが参入します。

3番目は、「GUILTY GEAR -STRIVE-」(PS5PS4)(★)
こちらもシリーズ最新作で、鮮烈なエフェクト、スローやズーム・アニメーションなどの演出面・映像面の強化が図られたものになっています。またeスポーツ種目として積極的な展開を図る予定にもなっています。
基本からじっくり楽しめるようになっており、チュートリアルではコントローラーの映像付でわかりやすくなっています操作を覚えたら、ミッションでテクニックを磨き、お話を進めながら実践訓練を積み重ね、やがてオンライン対戦へ・・・という昨今の格闘ゲームにある敷居の高さをできる限り低くしていく試みが採られていますね。


次回もマルチ展開の作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:47Comments(0)

2021年05月27日

ドラクエの最新作などの発表がキター!

今日(5/27)はドラゴンクエストの日。日本記念日協会にも認定されている記念日で、この日に「ドラゴンクエスト」が発売されています。今年はそのドラゴンクエスト発売35周年なんですよ。ここ、重要ですよ(ニヤニヤ)。
ということもあり、ドラゴンクエスト35周年記念特番が2部構成で配信され、第1部は既存作品の新情報や新グッズの展開などが紹介されました。
そして第2部、JOYさん司会、ゲスト的な立ち位置で堀井雄二さんが登場し、JOYさんが時計の12の部分をいじるという意味深なスタートで始まりました。


今回発表されたのは6作品。簡単ですが紹介していきましょう。


最初はAndroid / iOSで2021年に配信予定の「ドラゴンクエスト けしケシ!」シリーズに登場するキャラ・アイテム・モンスター達が消しゴムになって、本の世界から悪いモンスター達を消していくというもの。ジャンルはパズルゲームになり、「ツムツム」のような規定数を並べる(ないしは積み上げる)と消える仕組みのようです。ちょっとドットの滑らかな「マインクラフト」みたいなふうか(ニヤニヤ)。
NHN PlayArtとの共同開発だそうですが、「ドラゴンクエストウォーク」のコロプラの例もあるので、NHNは大丈夫なんだろうか・・・

次は「ドラゴンクエストⅩ」絡みで2本紹介されました。
最初は、Ver.6が2021年秋に配信開始されるという話から。物語が佳境に入り、いよいよ最終決戦に向かうというものらしいです。序盤から主人公を見守っていた天使の登場があったので、もしや・・・と思った人もいたでしょうけど、そのあたりは後述。
もう一つは、「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オフライン」
いわゆるVer.1の部分がオフラインで遊べるようになったもの。かねてから要望の多かった同作品のオフライン化に応える格好となりました。
今回オフライン化されるにあたり、準リアル等身だったのがミニキャラ的な等身に変更され、若干コミカルさが出ているかなと思っています。このあたりはリメイク化の希望が高い「ドラゴンクエストⅨ」を意識したリメイクとも言えようです。
なお、内容に関してはオンライン版に準拠するようですが、一部の変更はあるかもしれません(ゲームバランスなど)発売は2022年の予定です。

4番目(「ドラゴンクエストⅩ」関連で2番目・3番目を使ったため)は、「ドラゴンクエストⅢ」(以下ドラクエⅢ)のリメイク「HD-2D版 ドラゴンクエストⅢ」として発売が決定しました。かねてから3D版のドラクエⅢが開発されたため、それが登場するのではないかとも言われていたのですけど、今回の新仕様のドラクエⅢは、「オクトパストラベラー」を意識した疑似3Dに見える2D(ドット絵)に仕上がっています。「ドラゴンクエストⅦ」の時も疑似3Dと言われていましたから、その時のグラフィックをさらに豪勢にしたような感じなんでしょうか。
戦闘シーンも「オクトパストラベラー」などを意識したようなふうになっており、ダイナミックなアニメーションも見受けられましたが、ややもっさりしているとも。そのあたりは今後の開発力に期待したいところですね。
ドラクエⅢは堀井さんの思い入れが強い作品ということだそうで、一気にドラクエⅢまで飛んで、その後ドラクエⅠやⅡを展開していきたいという意気込みを見せていました。公式がストップを掛けるほどだったので、かなり踏み込んだ発言とも言えるでしょう。販売本数次第ではイケるとのことなので、期待したいところです。時系列順という意味でも納得ですし。

5番目は、「ドラゴンクエストXI」に登場したカミュとその妹マヤが主役の新作について。「ドラゴンクエスト トレジャーズ」として新規RPG展開されることが決まりました。発売日と対象ハードは未定です。
内容は、お宝探しがメインになる以外はほとんどわかっていませんライバルが登場して、お宝探し争いを繰り広げるふうになるのとモンスターをサポート役として利用するみたいな部分がわかったくらいでしょうか。
こちらもかねてから、「ドラゴンクエストモンスターズ」として展開されるのではないかと子供時代のカミュとマヤのイラストが出た時から言われていましたけれども、紆余曲折を経て新シリーズ展開となりました。ただ、モンスターズの新作は開発中とのことなので、まだ言えるレベルに煮詰まっていないとのことでしょう。ファンの方々は期待して待ちましょう。

最後は、「ドラゴンクエストXII」の発表1分弱のティザームービーと堀井さんの発言以外は全く詳細が明かされないというふうになりました(もちろん発売時期はおろか対象ハードも)。
正式なタイトルは、「ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎」キャッチコピーは「人はなぜ生きるのか」というふう。
煉獄の炎がうごめくダークな世界観となっており、退廃的な世界なのではと思わせる雰囲気を漂わせています。また過酷な選択を迫ることがあるとのことだそうで、選択肢によっては仲間にならない仲間が出るとか相反する立ち位置に立って敵同士になるとかどちらかの勢力に肩入れする事態になるとか、状況によってはマルチエンディングになるのではないかという推測までなされていました。
さらにコマンドバトルが一新されるとのことですが、「ドラゴンクエストⅩ」に近いものになるのか、ファイナルファンタジーシリーズ(Ⅳ以降)に導入されたアクション要素の強いアクティブタイムバトルのようなものになるのではないかと推測されています。特に後者の場合なら、買う予定は極めて薄まるだろうなぁ・・・。
これは個人的な推測ですが、もしかすると、Ⅰの世界の半分を勇者がもらってしまった後の世界なんじゃないかと思ってしまいましたね。
なお、今作も堀井雄二・鳥山明・すぎやまこういちの三大巨頭は製作に参加しているとのこと。すぎやまさんは今年90歳になるらしいので、お身体に気を付けて開発に臨んでほしいものです。


さて、今回発表された6作品、新シリーズ以外の数字の部分を足す(10+10+3+12)と35となり、シリーズ35周年と掛けたものになっているんですね。このきめ細やかな『演出』は、すごいの一言でしかないわ(汗)。
そして、この『演出』のために、かねてから希望が多く、この発表会の大本命と目されていた「ドラゴンクエストⅨ」の発表は行われませんでした。この『演出』のせいもあるのでしょうけど、この作品のキモであるすれちがい通信の仕様がまだ固まっていないという点と新シナリオの開発というのが絡んで発表したくてもできなかったのでしょう。ゆえに、もう少し先の話になるはずだったXIIが降って湧いたのではないかとも推測できるわけで。Ⅹがかなり詳細に発表されていたので、もしかしたらと期待した人も多かったからそう思ったのでしょうね。気持ちはお察しします。
いずれにしても大きな新作発表会はまだあります。そろそろ行われる予定であるE3や9月の東京ゲームショウで何らかの動きがあるのではないかと思います。そこまで待ちましょう。恐らくヒントは今回オン・オフ両方発表された「ドラゴンクエストⅩ」にあるのではないかと思いますわ。


あまりにも多いので、まだメダパニに罹ったかのように目がクラクラしてますわ(爆)。今後各作品の詳細報が出ると思うので、ゆっくり待つとしましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:54Comments(0)

2021年05月20日

連鎖制想像力欠如屈辱的バグだったとは

ファミコン版の「ドラゴンクエストⅣ」で有名な裏技の一つとして、「にげる」を8回選んだ後に攻撃に転じると、そこからの攻撃は必ず会心の一撃になるというものがあります。これを使って、ボス戦を楽に戦った(戦えるようになった)という人も多いのではないのでしょうか。
ともすればバグではないかと言われていたこの裏技、当時のプログラマーだった内藤寛さんが明かしてくれました。といっても寛さん、当時このプログラムには関わっていないとのこと。そこで、そのプログラムに関わっていたあの人にアポなし電話を敢行しました。
その人とは、山名学さんジニアス・ソノリティの社長さんにして、かつて活動していた(2012年より活動再開はしたものの、事実上の休眠状態である)ハートビートの社長さんでもあります。

行き当たりばったりな中で山名さんに電話したら、やっとのことで出てくれた。タクシーの車内で山名さんは、当時のことを振り返ってくれました。
いわく、プログラム上では4回「にげる」を選ぶと、必ず戦闘から脱出できることになっていました。ファミコン版「ドラゴンクエストⅣ」をプレイしている人なら、そう言えばそうだったなと思い出す人もいらっしゃるかもしれません。
ところが、ボス戦では「にげる」コマンドを選んでも逃げられない仕様になっているのを山名さんはすっかり忘れていた(想定していなかった)ようで、回数が増えるごとに、2進数(0と1でカウントする方式)でカウントされている桁が増えることになってしまい、8回目になると4桁(1000)になってしまいます。その4桁のうちの4桁目が、実はパルプンテ(何が起こるかわからない)の会心の一撃が出るプログラミングが作動するフラグと重なってしまったのです。
これに、表題の名前のバグだと述べた寛さんに対して、山名さんも返す刀で、「お前だって画面がぐちゃぐちゃになるバグ(ファミコン版「ドラゴンクエストⅢ」の通称ランシールバグ)をやってるじゃないか」とお怒りのご様子(笑)。しまいには互いにどっちのバグが有益だったかの『不毛な争い』になっていおりました(爆)。でも、当時の思い出に花が咲いたようで、傍から見ても楽しそうでしたね。


この内藤寛さんが配信している「内藤かんチャン」(まじめラジオンズ)は、内藤さんの当時の思い出話やバグについての話題など、ゲーム好きなら非常に面白いと思いますし、将来ゲーム関係の仕事に就く人にも重要な話をしてくれると思いますので、見てほしいものです。元々「TVGame Radions」というラジオ番組を長年やっていたので、話も上手いですよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2021年05月19日

買ってしもうたがね(泣)

今日、「Nintendo Switch Online」の5月特典が発表されました。毎月このあたりで発表される月特典、意外に楽しみにしている話題でもあります。
大作よりもマイナーな作品が昨今多いなぁと思っていましたけど、今月は案外豪華「ファイアーエムブレム 聖戦の系譜」・「忍者じゃじゃ丸くん」という看板作品が登場しましたね。「JOE&MAC 戦え原始人」・「対決!!ブラスナンバーズ」?何それ美味しいの(爆)?<ファンに怒られるぞ!


そんな中、こんなソフトもラインナップされていた。何と「マジカルドロップ2」が入っていたのです。
・・・おい、特典とはいえ、タダで遊べるのか!
実は、「マジカルドロップ2」はアーケードアーカイブスに収録されており、有料(838円)でプレイできるのです。「Nintendo Switch Online」もほぼ同じ値段で(「マジカルドロップ2」ではできないけど)オンラインプレイもできることを考えれば、そっちの方が得だよね・・・。
スーパーファミコン版の「マジカルドロップ2」なので、アーケード版の「マジカルドロップ2」とどう違うのかは興味があるけど、操作性は変わりませんとかいうオチになるんじゃないかという心配も無くはない(爆)。ああ、移植されることがわかっていれば・・・

なお、今月はスーパーファミコンソフトの収録が多かったですね。ファミコンソフトもいいのが多いんだけど、プレイがし辛い(ロボットとか光線銃とかの周辺機器を使う作品)とか版権問題とかマスターソフトがないとかの問題が横たわっているのでしょうか。もったいないもったいない。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0)

2021年05月13日

【ドラクエⅠ】ゆうべはおたのしみでしたね【復刻イベント】

今日(5/13)から「ドラゴンクエストウォーク」で「ドラゴンクエスト」の復刻イベントが行われることになりました。以前「ドラゴンクエスト」はサービス開始直後に行われていたのですが、今回復刻に併せて新要素の追加を施しています

ストーリー面では、超級が用意され、第3章では上級・超級には、りゅうおうの正体が明らかになるストーリーが追加されます。さらに新ストーリーである第4章が追加され、第1章終盤に助けたローラ姫が、主人公と一緒に冒険に付いてきてくれます
「ドラゴンクエスト」をプレーした方ならご存じだと思いますけど、主人公がローラ姫をお姫様抱っこして連れて行くのです。この状態で、メガモンスターに挑むといいことがあるらしいです。そして、自宅に泊まると・・・(ニヤニヤ)。<だから、あの表題なんだな(ニヤニヤ)。


ともあれ、現在進行中なイベントなわけですけど、スポットで強敵のスターキメラと「ドラゴンクエスト」の出場モンスターがスポットで登場しております。前者は初出場、後者は以前のイベントで倒し漏らしたり、強くて歯が立たなかったという人には朗報でもあります。
ただ正体を現した竜王が、滅法強い「ロトのしるし」があれば耐久性を上げることができる(1日1回のみ)ものの、それでも強過ぎ仲間がいないとジェムの浪費に繋がってしまうのは何とかしてほしいなぁ・・・。12人で戦えるメガモンスターの時でも心配だわい。

なお、引き換えアイテムも復活しているものがあるので、買いそびれた人には最後のチャンスになると思います。もちろん新しいアイテムも用意されているので、一生懸命コインを集めていきましょう


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:29Comments(0)

2021年05月05日

レコゲー2021 5月⑤

レコゲー、今回も18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



4番目は、「アイカギ3」(★)
お人好しな主人公とからかい好きで幼馴染みの後輩が繰り広げる恋愛アドベンチャーです。
この作品は、ヒロインが1人なので、イチャラブ具合も濃厚な恋愛具合も十二分に楽しめると思います。

5番目は、「ぱられるAKIBA学園」
主人公は異世界に転生させられたゲームクリエイターで、魔王討伐には成功したものの、元の世界には戻れず、召喚主からその詫びで自宅を召喚してもらい、アキバ文化普及のために尽力するというもの。
ヒロインは、かつて一緒に仲間を組んだ子達ですが、何か頭のねじが少しおかしい気もしないでもない(苦笑)。なお、サブヒロインも対象になるらしい

最後は、「恋愛×ロワイアル まり&汐音&蒼 ミニアフターストーリー」。
2020年に発売した「恋愛×ロワイアル」のアフターストーリー集。今作では、本編ではサブヒロインだったキャラもアフターストーリーに参入しているとのことなので、気になったらチェックしてほしいですね。


結論
コンシューマーは、大型連休後の発売ながらも、大作が揃っているので、人によってはプレイ時間を気にしないといけないのではないかなとも。もちろん意欲作もあるので、大作は後回しでもいい人なら、その意欲作になる「LIBERATED」や「探偵撲滅」をば

PCも大型連休後の発売ながらも、いい作品が揃いました。じっくり楽しめるものから、サクッと遊べるものまで、濃い薄いあるけれども、十分いろんな人に遡及できると思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2021年05月04日

レコゲー2021 5月④

ここからは18禁作品の紹介になるので、18歳未満のよい子のみんなは、読んでもいいけど買っちゃダメ
読 ん で も い い け ど 買 っ ち ゃ ダ メ 。


読んでもいいけど


買っちゃダメ~!



さすがに4月のような少ないラインナップではなかった(苦笑)。今月の発売は大型連休後ではあるけれども、それなりに揃ってきました。早速見ていきましょう。


最初は、「ハッピーライヴ ショウアップ!」
魔法使いの家系ながら、親に敷かれたレールに反発して普通の学園生活を送る主人公が、ある時に魔法を使ったことで、一緒にいたヒロインの一人に魔法を教えてほしいと懇願されるばかりか、大道芸の大会に出ることにまでなって、メンバー探しまですることになるというアドベンチャー作品。
かなり話の導線が滅茶苦茶で、ヒロインも明確な目的を持っているのは、魔法を教えてほしいと懇願した子のみなのかなと。しかし、青春劇としての面白さと主人公の成長する面が大きく描かれていきそうなので、そこの部分がきれいにまとまれば、オススメしたいですね。

2番目は、「天結いラビリンスマイスター」(★)
巨大兵器を修復する過程で現れた謎の妖精の出生の理由を探るために陰謀渦巻く魔術国家に赴くというもの。作品としては、18禁作品では珍しいシミュレーションRPGになっています。
基本的に2人1組(探索中に解散・合流も可能)で動いて指定されて条件をクリアするというふうになっており、マップ内で収集したアイテムを合成や錬成をする・探索で得たポイントでスキルアップを図ることで強化を図り、強い敵に対抗していく流れになっています。本格的なシミュレーションRPGを楽しみたい人にはオススメです。

3番目は、「まどひ白きの神隠し」
キツネ耳の少女を追い掛けたら、カミガミの住む異世界に迷い込んでしまった主人公と妹が、元の世界に戻るための方法を探るアドベンチャー。この過程で兄妹の秘密やカミガミの本質を知ることになるそうです。
ヒロインは4人ですが、Lump of Sugarお決まりのケモミミ少女が2人含まれています「Nursery Rhyme -ナーサリィ☆ライム-」や「タユタマ -Kiss on my Deity-」などからの伝統ですから(ニヤニヤ)。ただし前者と後者では、『ケモミミ』の意味合いが若干違うらしいですけど(今作はどちらかというと前者っぽい)


次回もPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:42Comments(0)

2021年05月03日

レコゲー2021 5月③

レコゲー、今回からPC作品の紹介です。いつもなら18禁作品の紹介からですけど、今回も全年齢の作品があるので、そちらから。


その作品は、LOOPERS。Keyから発売される新作になります。
ジオハンティング(GPSを利用した宝探し)に夢中になっている主人公が無限ループする日常に巻き込まれ、同じ体験下にある人達と共に、そこから脱出するというものです。
内容的にはキネティックノベルというノベルゲームで、10人の登場人物と共に行動していくふう。その中でのヒロインは1人なので、恋愛よりも脱出劇や群像劇がメインになっているのではないかと。基本的にアホな子がメインなので、コメディタッチに進められるのだろうなぁ(ニヤニヤ)。とはいっても、シナリオは竜騎士07さんなので、ホラーチックな進められ方をするんじゃないかと思ったり(汗)。


次回もPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0)

2021年05月02日

レコゲー2021 5月②

レコゲー、今回は各ハードの注目作の紹介なんですが、PSシリーズには無かったので、今回はNintendo Switchのみの紹介になります。


最初は、ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者・うしろに立つ少女 COLLECTOR'S EDITION(★)
1988年・1989年にファミリーコンピュータのディスクシステムから発売された「ファミコン探偵倶楽部 消えた後継者」・「ファミコン探偵倶楽部PartⅡ うしろに立つ少女」のリメイク。このうち「消えた後継者」に関しては、初のリメイクになります。
リメイクに際し、フルボイス化が図られています。またドット絵で描かれたものがイラスト調に切り替わっており、よりリアリティな動きになっております

2番目は、アンジェリーク ルミナライズ(★)
宇宙が女王と9人の守護聖によって守られているという事実が神話になってしまった現代社会を舞台に、25歳の独身女子会社員が、疲れ果てた中でやって来たバーで怪しげな話を冗談半分で受けてしまったら、宇宙を守る女王候補の一人として迎えられてしまうという物語になっています。
今作では、与えられた大陸を育て、ライバルに打ち勝つことが大きな目的ですけど、その中で守護聖と仲良くなっていくことも重要になってきます。恋愛は禁止だけど、仲良くなることはいいらしく、その過程でデートとかをしてもOKらしい。何ともおかしい(笑)。なお、何をするにも体力が必要なので、どう消費していくかが重要になるでしょう。エナジードリンクを使って先んじて使うという手もある(使うと後日の行動力が落ちる)そうですよ。

最後は、CLANNAD 光見守る坂道で(★)
2010年にPSPで上下巻販売となっていた作品を1つにまとめたもの。元々はメディアワークス(現在のKADOKAWA)から刊行されたオフィシャル外伝エピソード集「Official Another Story CLANNAD 〜光見守る坂道で〜」をゲーム化したもので、ドラマCDにもなっております
全16話のうち、前半の1~8話までと後半の9~16話までが、先述の通り1つにまとめられ、日本語の他英語のテキストにも対応しています。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)

2021年05月01日

レコゲー2021 5月①

5月になりました。大型連休に入った方も多いと思いますけど、今年もどこにも行かずにステイホームか出掛けるにしても近隣で済ませるという人がこれまた多いのではないのでしょうか。無理して行かないというのも息苦しいと思うので、近隣レベルであれば自己責任で行くという選択肢もあるのではないかと思います。ただ、その時でも感染対策は万全にして出掛ける、そのくらいの責任は持つべきだと思います。
そうなると、巣ごもり需要でゲームなどのインドア向けのツールが盛り上がるのでしょうね。ゲームショップなどに行って、いい作品を揃えたいという人のために、今回も注目作を紹介していきましょう(ニヤニヤ)。最初はマルチ展開の作品から。


最初は、「バイオハザード ヴィレッジ」(PS5PS4)(★)
人気シリーズの最新作で、前作(「バイオハザード7 レジデント イーブル」)の数年後を描いたものになっています。主人公の娘が山奥の村にさらわれてしまったため、彼女を取り戻すために死地に向かうというものになっています。なお、吉幾三さんが公式ソングを歌ったり、ポップな作品紹介を流したりと、これまでのバイオシリーズとは違ったアプローチを掛けられております
今作も1人称視点で描かれており、所有しているアタッシュケースを拡張することで、持てるアイテムを増やしていくことができます。また武器商人がいるというのも特徴となり、そこで武器やアイテムなどを購入することができます。つまりシステム的には、4と前作になる7とのいいとこ取りになっているようです。
なお、18推向けの「バイオハザード ヴィレッジ Z Version」(PS5PS4(★))も同時発売されますので、刺激の欲しい方は、そちらをば。

2番目は、「LIBERATED」(PS4Nintendo Switch)(★)
近未来の監視社会を舞台に自由を勝ち取るため戦う人達の物語。アメコミ調のデジタルコミック内で展開され、そこではアクションゲームで困難を乗り越えるものになっています。一昔の作品になりますが、「コミックスゾーン」を思い浮かべそうな感じですね。
かなり変わった作品なので、実際にプレイして楽しむのが一番だと思います。選択肢によって何回でも楽しめるようなので、しばらく遊べそうですよ。

3番目は、「探偵撲滅」(PS4Nintendo Switch)。
100人以上の死者を出した殺人鬼を捕まえるために、優秀な探偵達で合同調査をすることになったものの、殺人鬼が先行して彼らの中に入り込み、仲間達を殺してしまった。そのため、誰が殺人鬼か疑心暗鬼になりながら、犯人探しをするという作品です。
14人の登場人物全てが探偵で、それぞれ得手不得手があるので、それを生かして捜査を進めていくのがセオリーとなりそうです。信頼関係ができていれば、捜査に介入して行動を変えることができるので、不要な捜査をさせなくて済むようにも。

最後は、「AKIBA'S TRIP ファーストメモリー」(PS4Nintendo Switch)(★)
2011年にPSPで発売された「AKIBA'S TRIP」のリメイク版。2012年に同じくPSPで発売した「AKIBA'S TRIP PLUS」がベースになっています。そのため、大きく変わった部分はHDリマスターされたところくらいですけど、当時のアキバの臭いが残っている作品でもあるので、懐かしさを感じる人もいるのではないのでしょうか。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2021年04月23日

IKZO、人狼になる

5/8に発売予定の「バイオハザード ヴィレッジ」。邪悪と狂気に蝕まれた村を舞台に、取り残された娘を助けに行く男の物語だそうです。
その作品のプロモV(プロモーションビデオ)に、どこかで聞いたような曲が・・・。そう、吉幾三さんの大ヒット曲であり代表曲で、日本初のラップとも評される♪俺ら東京さ行ぐだが♪俺らこんな村いやだLv.100というアレンジ版で使われているのです。





テレビもラジオも無い村を出て行こうと思っている男の話なんですが、この作品では理性も正気も無い村に飛び込んでしまった男の悲哀と何とかして帰ろうという決意を描いたものになっています(笑)。そこで歌う吉さんは、年齢を感じさせない力強さも感じましたよ。かつ結構ノリノリで、作中の村を歌い上げておりましたし、途中映像に驚きなどの演技もをしていました。そして最後はゾンビに噛まれて人狼化するというオマケ付(爆)。初めての特殊メイクで疲れたをインタビュー中でも連呼しながら、やっぱり楽しんでおられましたなぁ。

海外の方々にはたぶん理解してもらえない(そもそも海外のタイトルは「Resident Evil」ですから(ニヤニヤ))でしょうけど、これがこの作品の公式ソングになっているのだから驚き(笑)。でも、歌詞の中からあふれるバイオあるあるならぬバイオ愛は、吉さんの曲を知らない世代にもウケること間違いなしだと思っております。この曲は吉さん作詞となってますけど、作品の製作スタッフが考えて、吉さんに許可をもらった格好なんでしょうね。でも、実際に吉さんもテストプレイしているそうなので、もしかしたら作中で感じたことをまとめているのかもしれないですね。


できれば、吉さんとバイオ大好きな元TBSアナウンサーの鈴木史郎さんとの対談や一緒にプレイする姿も見てみたいとか思ってしまいました(ニヤニヤ)。どんなふうになるか楽しみでなりませんわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 20:46Comments(0)

2021年04月21日

【声届いて】一転継続へ【方針転換】

先日、PS3・PSP・PS Vitaのコンテンツ新規販売を終了すると発表したソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)。そのうち、PS3とPS Vitaに関しては、一転してサービスの継続を明らかにしました。
今回販売を辞めるきっかけになったのは、旧プラットフォームの販売サポートに課題があった点や現行機に販売を集中させたいなどがあったのですけど、ユーザーの抗議(販売の継続)が思っていた以上に集まったとのことらしい。実際に早過ぎる・もっと続けてほしいといった声が上がっていたようです。いくらパッケージ版が遊べるとはいえ、追加コンテンツがダウンロードできないので遊びの幅が広がらないとか、ダウンロード版しかないソフトを遊びたいと思っても、サービスが終わってしまっては、やりたくてもやれないというふうになってしまいます。前にも書きましたけど、PS Vitaはまだ10年くらいしか経っていないのに、サービスが終わってしまうのは、さすがに問題ではなかったのかと思いましたね。


いずれにしても、よかった。しばらくはPS3とPS Vitaは遊べますから。持って数年でしょうけど、この数年が貴重なのです。動いてくれたユーザーに感謝したいと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:29Comments(0)