2021年06月14日

28年前の日本の政治のようだ

イスラエルの政権が交代となりました。
これまでリクードの党首であるネタニヤフ氏による政権が12年にわたって担ってきましたけれども、ここ数年は総選挙を行いながらも政権を組むことができず、ネタニヤフ氏が暫定でやっと回してきた格好になっていました。
しかし今年に入り、『反ネタニヤフ』で動いた中道政党イェシュ・アティッドが中心になって連立政権を模索。その結果、左派・中道・右派だけでなくアラブ人の政党も加わった大連立政権が樹立されました。これに伴い、ネタニヤフ氏は退陣に追い込まれ、リクードも下野する格好になりました。


この体制、どこかで聞いたことがあると思ったのです。そう、今から28年前に成立した細川護熙(もりひろ)政権の時です。
この時の日本は、55年体制と呼ばれる時代になっており、自由民主党が30年以上政権を担ってきましたこの中で汚職などの腐敗が進み、政権交代が声高に叫ばれていました。実際、その前に行われた参議院議員選挙では野党が躍進しています。
細川政権は1993年の衆議院議員選挙以降に生まれた新党を中心に、非自民で結束した8党(日本社会党・公明党・新生党・日本新党・民社党・新党さきがけ・民主改革連合・社会民主連合)で連立を組んでいました。この時の連立政権も中道・右派・左派が混ざった大連立政権で、第1党の自民党が野党だったと思います。

政治改革を是として挑んだ細川内閣は、一定の成果は上げたものの、最後は佐川急便の借入金問題を端に自民党が徹底追及を図り、辞任に追い込まれます在任期間はわずか8ヶ月ほどです。その後の羽田孜(つとむ)内閣を経て、羽田政権時に連立を離脱した社会党とさきがけが自民党と連立を組んだことにより、非自民政権の時代はわずか10ヶ月ほどで幕を閉じることになります。
恐らくこの時は、左右の連立が上手く行かなかったのと政治経験がほとんどない細川氏と壊し屋ともキングメーカーとも言われる小沢一郎氏の仲が悪いこともあったのではないかと。


その点を考えると、イスラエルの新政権は左右どころかアラブ系の政党まで入っており、特に首相を輩出した右派は極右の政治連合で、アラブ人なんて・・・と言う人達の集まり。上手くいくわけないだろう・・・と思いたいところではあります。
しかし、このパワーバランスは上手くやれば、不安定の中から安定を見出せるのではないかとも思えるのです。
首相が極右出身者でも、自分の政策を押し通せば、左派やアラブ系にそっぽを向かれる。そこをリクードに突かれたら一巻の終わり今回新政権に加わった政党の中には、ネタニヤフ政権に関わっていた政党もあるので、下手な手は打てないわけです。今度リクード主導の政権に戻れる可能性はほぼないと思われるので、政権を維持するために、ある程度の妥協を強いられることでしょう。
となると、パレスチナ問題は現実的・穏健的な動きになるかもしれない。国内問題もネタニヤフ政権のいい部分をトレースしていくことになるでしょう。そこから徐々に自分達のカラーを出していくのでしょうけど、しばらくは距離感を図るために上手く決まらないでしょうねぇ・・・。


左右・アラブとの対立軸が残った中での政権運営になっていくでしょうけど、過度に自分達のアイデンティティを出してしまえば、リクードにさらわれかねないので、いかに各党が大人になれるかがポイントになるでしょうね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:35Comments(0)

2021年05月26日

この大変な状況下で達成した意義をくみ取ってほしい

愛知県北設楽郡東栄町、花祭りが有名な、愛知県北東部の通称奥三河に位置する人口2000人少々の町です。実は、うちの父親の故郷でもあり、我が家の墓所もここにあります
この東栄町、奥三河の医療の砦でもある東栄医療センター(旧東栄病院)があります。中でも人工透析は1987年から開始され、山間部の貴重な医療拠点になっていました。
ところが、昨年にその人工透析が廃止され、これまで当院で受けていた患者は車で1時間弱掛る静岡県浜松市まで通わないといけなくなったとのこと。今まで車でも数分~数十分以内だったのが、倍以上になったため、患者の負担は相当大きく、透析を受ける前に体調を崩さないか心配になる(そのため高速道路も一部通っているものの、危ないため下道しか走れないその下道も崖のそばを走るので相当危険)という話もありました。

そこで、透析患者を中心に、東栄医療センターでの人工透析復活を求める嘆願書を提出したものの、町長はコスト面から受け入れられないと拒否したのです。そこで、人工透析の廃止と入院病床を無くした町長解任のリコール運動を起こすことになりました。


さて、今回大変だと思ったのは、2点。
最初は、何と言っても新型コロナウイルスの影響3密(3つの蜜。密閉・密集・密接)を避ける活動をしないといけないため、事前集会などが開催できない中での運動。戸別訪問でもかなり気を使って活動されたことと思います。東栄町では新型コロナウイルスの感染者がほとんど出ていないとはいえ、このリコール運動で感染爆発でも起ころうものなら、医療施設の話どころではないわけです。
もう一つは、大村秀章知事リコールの偽装署名問題この問題で住民もかなり疑心暗鬼に陥っていたようで、自分の署名方法に問題無いか確認を取っていた人もいたのだとか。全く、余計なことをしやがったわ、あの運動に参加した人達は・・・。


この2つの障害があった中でも、969筆の賛成を集め、うち956筆が有効(過半数は908筆)と判断されました。まだ異議申し立てという最後の門番が控えているものの、ほぼ確実にクリアしたとも言えるでしょう。早ければ、今年の夏に町長解職に対する住民投票が行われ、賛成が過半数を占めれば、町長は解任され、町長選挙となります。


この問題は、へき地医療の在り方を問う事態でもあり、同様の悩みを抱えている自治体でも今回のような運動が起こる可能性もあります。全てリコールで解決できるかというと、それほど甘くは無いと言えるでしょうけど、少なくともへき地に住む人達が安心して生活できるように自治体・都道府県・国はサポートできるようにするべきだとは思います。市町村に必ず1つとは言いません。拠点となる市町村に一定の施設を持つ病院を置くべきだと思うのです。今回その役割がたまたま東栄町だったと言えるわけで、コスト面・医師の確保で苦労するのかもしれませんが、何とかしてサポートしてあげてほしいものです。


今後、この事態がどう動いていくのか、注視していきたいと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:40Comments(0)

2021年05月17日

ワクチンを無駄にしないことが一番じゃないのか

このところ、新型コロナウイルスのワクチン接種で色んなことが起こっています。
ワクチンを誤って廃棄してしまった・無駄にしてしまったこともさることながら、無駄にさせないために現状(2021年5月現在)医療従事者と65歳以上の高齢者のみが打てるはずのワクチン接種を対象外の年齢の人達に打たせる例スギ薬局会長夫妻を早く打てるように秘書が便宜を図った愛知県西尾市の例などなどです。


この中で一番問題外なのは、愛知県西尾市の例。
この一件は、(報道が事実であれば)会長はワクチン接種を望んでいなかったにもかかわらず、秘書が暴走して西尾市の副市長に接種優先の便宜を依頼し、副市長も最終的には折れてしまったんですね(会長夫妻は会場に向かっていたという報道もあるため、望んでいないという話は懐疑的に見なければいけないという見方もある)
この一件に関しては、秘書の暴走と創業地が西尾市なのにもかかわらず、本社を知多市(現在は大府市)に移転されたため、せめて夫妻の税収入を確保したいから・・・と邪推もできかねないんですわ。

そしてグレーゾーンなのが、昨今自治体や病院などで出てきているキャンセル分などで余ったワクチンを対象外の年齢の人達に打つケース
基本的には、医療従事者や対象年齢の人達に優先して打たせるのが是なんです。ただ、それでも間に合わない(生ワクチンは賞味期限が数日なので、非常に短い)となると、自治体の首長のような頻繁に人に会う人に打たせたいというのは、あながち間違っていないんです。
一番は余らせないことなんですが、相手は人間なので、体調不良で打てなくなる事態も当然あるわけです。そうなれば、打ちたいと言っている人に打たせるのが一番だと思うのです。まずは現状の対象者、そこから国会議員や首長や地方議員など要職に携わっている人達だと思っています。その後、公務員(私立の教育機関の人達も含む)のような国や地方の業務に携わる人達に至って、最後は一般という流れが理解を得やすいのではないかと思います。
特にアメリカでは、一般の人達がワクチンチェイサーというふうになって、摂取できる会場でキャンセル待ちしてでも摂取したいという事態も発生しています。手間や苦労を掛けさせないためにも、ワクチン接種の余剰情報は積極的に開示して、(順番はあれど)打ちたい人に打たせるのが、国の役目なのではないのでしょうか。誰も対象者がいないから捨ててしまうよりかは十分有意義です。


繰り返しになりますが、今はとにかくワクチンを有意義に使ってほしい対象年齢外でも、例外の条件が揃っていたら打ってあげてほしい。ただし、便宜を図る行為は問題外だと訴えたい。1日でも早く平穏な日々を取り戻すためにも、怒る対象は打たないともったいないからと打ったことではなく、廃棄に至らしめる事態なのだということを肝に銘じて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:45Comments(0)

2021年04月28日

【未知の】本当にこれでよかったのだろうか?【任期に】

4/25に任期満了に伴う名古屋市長選挙が実施され、現職の河村たかしさんが5回目の当選を果たしました。この当選で、戦後の名古屋市政としては初めて4期を務めることにもなります。なお、4期に対して5回目の当選となっているのは、1期の途中に市議会へのリコールを行ったことにより自らも辞した時に行った選挙で当選しているからです。


実は、これまでは圧倒的な知名度を背景に圧倒的な得票率(約6割)を得て当選していたのですが、今回の選挙では、様々理由で5割を得るのがやっととなっていたのです。
あくまで個人的な感想ではありますが、河村さんに市政を任せて大丈夫なのかという疑問を持っている状況です。もちろん功績を否定するわけではないのですけど、色々な面で市政の弊害が出ているのも事実で、その面が強調されてしまう任期になると推測しているからです。


河村さんに人気を握らせたくなかった最大の理由は、いわゆるリコール不正署名問題。
これは、大村秀章愛知県知事の「あいちトリエンナーレ」を巡ることから端を発し、自治体や国のお金で日本を侮辱する展示を認めるのは何事かと怒った河村さんが、自らの仲間と右派の有識者、中でも美容外科を手掛ける高須クリニックの高須克弥院長を頭的に担ぎ出して運動を率先させました
結果的には不成立ではあったものの、集まった署名の約8割が無効で不正に集められたものではないかという疑惑が湧き、実際に佐賀市内で集められたアルバイトによる不正署名だったことが明らかになったのです。
この一件に関して、当初は高須院長をはじめとして全ての人間が関与を否定していたものの、後にリコール団体副事務長だった元常滑市議が不正署名の関与を認める発言を行っています
なお、高須院長は自らがリコール運動を行う予定だったものの、そこで手助けをしたのが河村さんでした。河村さんにとっては渡りに船だったのかもしれません。
この件での河村さんは、否定している中でも自らは関与していないというスタンスを取っています。この発言などで高須さんの怒りを買い、当選が決まった後は絶縁宣言まで出る始末です。

この高須さんの件だけでなく、今では犬猿の仲では済まないほどの冷え込みになっている、当初は盟友としてやってきた大村知事をはじめ、市政に携わった人のほとんどが河村さんに対して反旗を翻したり、仲が悪くなるという事態に陥っています。自らが率いる減税日本でも離反が相次いだ時期がありました。
こうなったのも河村さんの独善的な行動から来ていると思われます。名古屋城木造化問題・SL問題・1000mタワー建造問題も河村さんの思い付きをねじ込もうという意識からだと思えてなりません。また河村さんは右派的な思考を持ちながらも、ブルジョワジー的な官僚・政治家・資産家に対して厳しい見方をする傾向があり、同じ右派的な思考を持っている高須さんとも最終的に揉めたのでしょう。それゆえに自らを庶民派を自称しているわけです(その実は、変わり身の早いポピュリストでしかないのだが)。

しかし、もっと怖いのが、記者会見の際に「もう72歳。お迎えが近い。この歳になれば、言いたいことは言わせてもらう」と発言したこと
現状減税日本の市議会での議席が13しかない、相手候補が挙党一致で挑んできたこともあり、4/5ほどが野党になっている状態なのにもかかわらず今回の発言をしております。自ら最後とするその任期を全うするためには、市議会との調整は必至で、今回の発言は真逆。あたかも市議会との対決姿勢を宣言したようなもので、場合によっては過去の署名運動のように市議会を強制的に解散させる動きを取るかもしれません。


繰り返しますが、河村さんの為政に関しては、特に問題はないと思います。ただ、今回の一件や多選の問題と独善的な行動では、『言いたいことを言わせてもらう』と述べている河村さんだと市政は大丈夫なのかと思ってしまうのです。失礼な言い方をしますが、相手候補が今回まともだったら、河村さんは退場となったでしょう。それだけ今回の選挙は接戦だったのです。河村さんの側近や奥さんでさえも敗北覚悟だったそうなので。


コロナ禍の中で名古屋市がよくやっているというのもあったでしょう。ただそれはあくまで名古屋市の職員と愛知県職員との連携が上手くいっているからで、河村さんの手柄ではありません大村さんとは子供のケンカのような発言を繰り返しているので、今こそ休戦(停戦)・共闘してコロナの大波に対処してほしいです。


河村さんの4期目は始動しようとしています。独善的な行動に対して、私も含め市民の皆様は監視の目を緩めない、何よりリコール不正署名問題の責は果たしてほしいと思います。自身が関与している・いないにかかわらず、何らかの発言を行うべきです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:01Comments(0)

2021年03月20日

5強って揺れじゃなかったな

今日(3/20)、宮城県を中心とした東北地方で大きな揺れを感知しました。
マグニチュードは7.2、最大震度は宮城県で観測した5強で、同県沿岸に津波注意報が発令されています。発生から時間が経過していますけど、津波注意報解除までは海や河川に近付かないようにしましょう今回の津波は最大1mの予想なので、そんなのが来たらひとたまりもありません。例え数十cmでも足下を波で引っ張られて流されるから、かつ規模の大小はあれど何度も津波は押し寄せるからです。

地震発生の映像をテレビで見ていたのですが、東日本大震災の時まではいかないものの、先日発生した地震並の揺れ方をしていたんじゃないかと思います。あの時の地震は震度6強だったのですが、あの時と同じ揺れ方でしたよ・・・。

この地震で、関東圏など広範囲で震度3を観測し、名古屋でも震度2ほどの揺れになったようです。実際に数分遅れてやって来て、最初はやんわり揺れたかと思ったら、下から少し突き上げる、勢いはなかったものの、のっしのっしとした揺れでした。


これも恐らく東日本大震災の余震なんでしょう。もしかすると数週間前に起こったニュージーランドの沖合にある無人島を震源とした地震とリンクしているのでしょうかねぇ・・・。遠い場所の地震も、これから注視した方がいいかもしれません。


明日は東北では雨が予報されています。建物を見る限り大丈夫そうですけど、念のため雨漏り対策をするといいかもしれません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 19:20Comments(0)

2021年03月11日

あの日から10年

東日本大震災から今日で10年になりました。
見た感じでの復興は大きく進んでいるところが多いと思いますけど、いまだに福島第一原子力発電所周辺の復興は進んでいません放射能の除染がまだまだ進んでいないのと、個人的な見方ではありますが、そろそろ打ち切りを視野に入れているのではないかと思えてならないです。
心の復興に至っては、まだ震災の傷が完全に癒えきっていないと感じます。恐らく一生掛かっても癒しきれるものではないと思います。彼らの心のケアを国や自治体は、これからも噛み砕いてやってほしいものです。

10年ひと昔と言いますが、まだまだひと昔の出来事で片付けられるような地震ではありません1ヶ月前には、東日本大震災の余震と思われる大きな地震がありました。この先もまだ大きな余震が続くかもしれない恐怖と不安にさいなまれながら、さらに10年重ねていくかもしれません。
だからこそ、ここで区切りだとか10年ひと昔とか言えないのではとも思っています。まだ震災後は続くのです。もしかすると世代を越えて、100年・200年の大きなスパンで進められるのかもしれません。


そんな東北を今年こそは見に行きたいと思っています。去年は東北には行く機会はあったものの、被災地だったところを直接行ける機会が新型コロナウイルスの影響で得られなかったのが一番の理由ですね。丁度毎年5月に行っていたのですが、そこは緊急事態宣言の関係で動けなかったですから。
もし、今年行けるチャンスを得られたら、一昨年までの8年間で回った中で、特に印象の残っていたところに行きたいと思っています。2ヶ所は間違いなく行きたい。あと1ヶ所をどうしようかと思っているところです。どれだけ変わったのかをこの目で見て、時の流れを感じたいのです。


最後に、被災して亡くなられた方のご冥福をお祈りすると同時に、いまだ復興道半ばな中で一生懸命働いている方々に心より感謝申し上げます


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:47Comments(0)

2021年01月20日

受験生を狙った悪質な『テロ行為』

1/16・1/17に開催された「大学入学共通テスト」。これまで行われた「大学入試センター試験」に代わり、読解力や記述などマークシートでの回答、つまり記憶力頼みの試験から脱却するために始められました。今年は記述など一部が見送られた格好となったものの、受験生や予備校では大きく変わっていると評されました。


そんな大きな変貌を遂げた入試やコロナ禍というこれまでにない危機の中で挑んだ受験生に対し邪魔立てするかのような悪質な行為が東京都内で起こってしまいました。
この受験生は地理歴史・公民、国語、外国語を受験し、最初の試験の際に鼻がマスクから出ていたため、試験官が注意したものの応じず、その後も事あるごと計6回複数の試験官から注意されても応じず拒否したため、不正行為とされ失格扱いに。それでも別室への移動を拒んだため、外国語(英語)のリスニングに差し掛かった時、問題の受験生以外は別室に移動して受験させられる事態になりました。
恐らく試験終了後なんでしょうけど、問題の受験生はトイレに立てこもり出てこなかったため、警察が出動。午後10時過ぎに逮捕されました。なお、問題の受験生はその後釈放されたとのことです。


はっきり言って、ものすごく迷惑な行為で、試験前にマスクの着け方まで指示しているのに、鼻出しマスクの着け方を正しいんだと曲げなかった時点で即刻退室でもよかったくらいです。逮捕は行き過ぎという見方もあるでしょうけど、受験生のことを慮れば、懲役は厳しくとも過料は課すべき案件だと少なくとも思います。あまりにも悪質過ぎ、一緒にいた受験生がかわいそ過ぎます。
しかも問題の受験生は40代。本当に真面目に大学を受けたかったのかも疑問符が付きます。受験生への嫌がらせなんじゃないかと、本人がそうじゃないと述べていたとしても、そう思えてならないのです。


今後、同じような事態が発生した場合は、早い段階で強制退去で構わないと思います。こんな下らないことで受験生の気持ちを乱したくないですわ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:18Comments(0)

2021年01月03日

屋外で無料なのが問題

今年も箱根駅伝が行われ、往路で優勝した創価大学が、復路では最後の最後で駒沢大学に逆転を許す大どんでん返しで終わりました。
今年は新型コロナウイルスの影響で沿道での応援自粛が呼びかけられたものの、テレビで見た方はご存じの通り、例年のような密集ではなかったものの、観客が集まっている場所も散見され、呼びかけが本当に実ったものになっていたのかは疑問視されました。
今年はオリンピックもあり、無観客ないしは制限の下で開催された場合、これの比ではない可能性もあるなと危機感を持ってしまいました。そればかりか、そこからクラスターが起こるのではないかと心配になってきます。


こうなった原因は色々あるのでしょうけど、個人的に思ったのは、一番は『自粛』では効かなかったということでしょう。
今年は自粛が呼びかけられたため、遠方からの観客は来ていなかったと思います。ところが近所の人達や電車で数駅のところの人達が、近所だからいいやとか今年は誰も来てないから空いてて見やすいぞとかで来てしまっているのではないかと思うのです。
これが『自粛』ではなく『禁止』にして、沿道を観戦禁止エリアにしていれば、少なくとも沿道で見に来る人はいなかったのではないのでしょうか。散歩とかその辺の理由も意固地と思われるくらい聞き入れないくらいの徹底ぶりは欲しかったと思います。どうしても出たい場合は、あらかじめ許可をもらって駅伝開催前に出るだけとかにしてもいいと思います。


ホントに厳しいトーンで言わないと、この先の屋外のイベント、しかもタダで見られるものは防げないでしょう。この後東京マラソン・びわ湖毎日マラソン・名古屋ウィメンズマラソンなど沿道での観戦イベントが相次ぎます観戦しに行って感染したなんてシャレにならないので、改めて沿道で観戦するのは止めましょう


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:39Comments(0)

2020年09月08日

あつ森から見える政治的問題

Nintendo Switchから発売されている「あつまれ どうぶつの森」。海外でも「Animal Crossing: New Horizons」として発売しており、国内外問わず大ヒットしております。国内では1985年に発売した「スーパーマリオブラザーズ」の販売記録を抜くのではないかと言われているほどの空前のヒットとなっており、海外でも据え置き機としては史上最大の販売本数になるのは間違いないと思っています。


この作品をめぐって、日本ではひと悶着起こりました。
現在自由民主党の総裁選挙が行われていますけれども、石破茂元政調会長が、この作品を使って選挙活動を行い、ユーザーから利用規約違反を指摘され、同作品内での活動終了に追い込まれた経緯が起こりました。
この利用規約というのは、ニンテンドーアカウントの8条20項「政治的または宗教的な主張を含む行為」ではないかと言われています。恐らく石破陣営は、この部分を十分に確認せず、見切り発車してしまったものと考えられます。


しかし、単純に『見切り発車』とも言えないのです。海外の事例を見て、これはイケると判断したものの、国内にはあった政治利用に関する規約に触れてしまったため、結果的に『見切り発車』になった、とも取れるわけです。
その事例とは、春先の香港と大統領選挙真っただ中のアメリカ

香港では、中国本土が制定した国家安全維持法により、大規模なデモができなくなっています。実は、その前から反対運動は起こっていたものの、当初は新型コロナウイルスの影響で大々的に屋外で行えない状況でもありました。その時、この作品を触れていたユーザーが、自分の島を香港の民主主義を守る運動に仕立て上げたのです。日本国内の規約なら、理由の有無を問わず即刻アウトなのですけど、海外の規約にはその部分が無いようで、この件に関して任天堂は何もコメントしなかったのです。もっとも、企業・自治体・その他団体が、この作品を使ってVR的な展開・商品や活動PR・啓発活動に使っていたのです。その流れの延長線上に香港の一件が起こったとも取れます。
そして、香港の一件を見たアメリカの民主党のジョー・バイデン候補が、自身のPR活動で島を作り、大統領選挙で使っているという副次的な流れを生み出したと考えられるのです。そして先程も書いた通り、それら一連の流れを見て石破元幹事長が総裁選に使おうというふうになったのでしょう。


日本ではエンタメ分野に政治的・宗教的な話題を持ち込むのを嫌う傾向にあります。ニンテンドーアカウントにその規約があるのは、日本人の特性を見たうえでのものかもしれません。昨今でも、大坂なおみ選手やきゃりーぱみゅぱみゅさんなどスポーツ選手や芸能人が政治的話題を訴えた際、一部の人間が快く思わないコメントを残していますけど、恐らくそれが一因でしょう。もちろん、オリンピックやワールドいカップなど、国際的な大会ではそのような主張を行うのはタブーなので、その部分はわきまえているのではないかと思いますが。


個人的な意見として、国内や世界で重要な案件や事象が起こっている時は、誰もが何かしらの意見を述べられる場を設けるべきだと思います。サンクチュアリではないのですが、そのような場所を設けていれば、誰もが安心して意見を述べられると思うのです。一番は学校の授業でディベート(討論)や(正しい)少数意見の尊重を積極的に教えるべきでしょうし、政治的な思想の何たるかを偏りなく中庸な立ち位置で、少なくとも中学生あたりから教えていくべきなのだと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:44Comments(0)

2020年08月21日

31年前のあの頃を思い出す


こちら先日、東ヨーロッパにあるベラルーシのルカシェンコ大統領が、首都ミンスクにあるトラクター工場で演説した時の映像自身が何の不正も無く大統領選挙に勝ったことを訴えたものの、従業員は「ウソだ!」「辞めちまえ!」といった罵声で返しているというもの。最後にルカシェンコ大統領は半ばブチ切れ気味に「(演説を最後まで聞いてくれて)ありがとう。さあ皆さんどうぞ。辞めてしまえと言ってもらって構わないから!」と述べ、壇上を降りるのですが、その時を待ってましたとばかりに皆罵声を浴びせるのだから、よほど酷かったんでしょうね。
なお、この動画には収められておりません(テレビ朝日のニュース動画には収録されている)けど、その後罵声を浴びせた人に「殴らないから言ってみろ」と挑発するのですから、ある意味肝が据わってる


しかし、私はNHKでこの動画(ニュース映像)を見たのですけど、今回の件、31年前にルーマニアで起こったあの映像を思い出すのです。



1989年に起こったルーマニア革命の引き金になったチャウシェスク大統領(当時)の演説。いわゆる官製集会なのですけど、途中ルーマニア革命のきっかけになったティミショアラの暴動に抗議する人達が爆弾を爆発させたとも10代の子供が爆竹を炸裂させただの詳細は不明なものの、実行犯を警察が射殺した言われている事態が起こりパニック状態になります。その時動揺するチャウシェスク大統領の姿が、今回の姿とオーバーラップするのです。
なお、演説そのものは何とか滞りなく終わらせることができたものの、国営テレビが動揺する大統領の姿を映してしまったこと、あまつさえパニック状態になった時に中断したことで、体制が制御できなくなったと判断した国民が、大規模な抗議集会を開くきっかけになったのです。


さて、ベラルーシという国は、1991年に旧ソ連の崩壊と共に独立を果たすものの、旧ソ連の構成国と同じく独立後の大混乱に差し掛かってしまいます。その時に出てきたのが、ルカシェンコ大統領で、1994年に当選以降、民主的な選挙を経ている(ただし、不正選挙の可能性が濃厚)とはいえ、四半世紀以上独裁政権を維持しており、『ヨーロッパ最後の独裁国家』とも言われています。
そして、今年大統領選挙が行われ、対抗馬に民主化運動を率いた活動家の妻(夫は立候補を表明したものの、国から資格停止処分を食らって出馬不可になった)との争いになったものの、約8割の支持を集めて当選したと報じられました。しかし、対抗馬側は不正を主張(実際その不正と思しき録音テープが最近挙がっている)し、呼応した国民が抗議の印として、白・赤・白の独立当初の国旗(現在の国旗は旧白ロシア・ソビエト共和国時代に倣ったものになっており、赤と緑に加え、竿側に赤と白の装飾が施されたものになっている)を掲げています

現在は、まだ特段大きな動きは出ていないものの、欧米諸国は制裁の方向に進んでいます。国内では労働者がストライキを起こしており、国営メディアも同じくストライキを踏んでいるため、リトアニアに事実上亡命した対抗馬と残った国民の連携および動静を見極めている状態の軍がどう動くかに掛かっているでしょう。特に軍が動けば、ルカシェンコ大統領の退陣は避けられない事態となるかもしれません。状況によっては、ルーマニア革命のようなドラスティックな展開になるかもしれません。

ただ、ロシアがルカシェンコ大統領を支持しており、彼が窮地に立たされた場合、軍を派遣してベラルーシ併合に走る可能性もあります。というのも、ベラルーシとロシアが共同国家としてやっていこうと動いた経緯がある(人種的にもロシア人とベラルーシ人はほぼ同じとされる)、ウクライナのクリミア半島での実績、最近になってロシアの野党指導者(民主活動家)に毒が盛られる事態が発生していることを勘案すると、そう至ってしまいかねないのです。


できることなら民主化が上手くいき、対抗馬の訴える「大統領就任後半年以内の公正な選挙」を実現できるよう願います。それまでは一枚岩になって反ルカシェンコを訴えない限り、握りつぶされてしまうことでしょう。また国際社会もロシアの干渉をできる限り排除できるように協調していくべきだとも思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2020年08月11日

鶏口となるも牛後となるなかれ、烏合の衆より確固たる信念

国民民主党が分党を決意したようです。基本理念の面で立憲民主党と折り合いが付かなかったため、玉木雄一郎代表が理念や政策に違う人間が集って無理矢理党を作っても、過去の反省を生かせないと述べ、国民民主党を解党したうえで、残存勢力と地方組織で新党を一から立ち上げるとのことです。


国民民主党とは、2018年に当時の最大野党だった民進党が小池百合子都知事の率いた希望の党設立の過程で立憲民主党と分裂した際残った議員(主に選挙の無かった参議院議員)と、その後衆議院議員選挙で希望の党が惨敗となり、これ以上党としてやっていけないと判断した希望の党の議員が合流してできた党です。
いわゆる改革は行うとしているものの、政策的には中道とされています。しかし憲法改正に前向きで、原子力発電の再開もポジティブとも言われており、憲法改正・原子力発電再開に反対している立憲民主党とは対極の立場にあります。


今回合流に積極的なのは、立憲民主党だけでなく、支持基盤の連合といった労働組合で、今後国民民主党が新党となった際、連合の支援を得られるのかが課題になってくることでしょう。


ただ、理念も無く一本化したところで、待っているのは政党として破綻するという事態です。
過去、新進党という政党ができた時も、結局は政策を一本化できず、左右両派の主導権争いで空中分解していきました。民主党が政権を取った時も、結局は社民党も絡んだ主導権争いで政権運営がままならなくなりました
今回の立憲民主党に一本化も、本音を言えばその通りだと思います。野党が一つになって戦わなければ、与党には太刀打ちできないでしょう。しかし、理念なき党は例え一つになれても烏合の衆で終わります。ましてや国民民主党の党員は立憲民主党内で相当な冷や飯を食わされるのではないかと思われます。新しい党名も立憲民主党が『立憲』の名を入れたいと言っている時点で、彼らを冷遇したい可能性が高かったとも言えます。
ならば、立憲民主党に付いて行くよりも、独自路線という確固たる信念を打ち出して、国民に訴えるしかないと思うのです。現状は埋没していますけれども、今回の一件で自分達のやりたいことを打ち出せれば、党員の数が少なくとも、国民の支持は固いと思います。提案型の野党として、自民党とも立憲民主党とも違う立ち位置を発揮できれば、次の選挙でも存在感を出せるでしょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:40Comments(0)

2020年07月30日

ハム太郎、タイの若者に政治への意識を目覚めさせる


ご存じ、「とっとこハム太郎」のオープニングである♪ハム太郎とっとこうた。こちらは第1期のオープニングとして使われたものです。
この「とっとこハム太郎」は海外でも放送しており、世界中に愛好者がいるらしい。それがわかる出来事がタイで起こったのです。こちらをご覧下さい。



・・・ええ、あの曲がタイでは反政府デモの替え歌になってしまったのです。
歌詞がタイの軍事政権から誕生したプラユット政権を揶揄するもので、国会の解散・政府批判者への嫌がらせの中止・憲法改正を訴え、かつ『大好きなのはヒマワリの種』の歌詞の部分を『大好きなのは納税者のお金』というふうに置き換えて非難もしています。

このデモは主に「とっとこハム太郎」を子供の頃に見ていたと思しき若者世代が多く、デモ行進の中にはハム太郎グッズを持って参加する人もいたりします。その時に、この替え歌が歌われているのです。また、デモ参加者が車輪を回るハムスターのごとく、首都バンコクにある民主主義記念碑を回っていることからもハム太郎なのではないかと言われています。


実は、最近タイに限らず、世界の若者世代は日本のアニメの影響を受けており、アニメキャラがデモの中に抗議の象徴として出てくることもあるそうなのです。タイのように表立って出てくるのは少なく、SNSの中で出てくることが多いそうですが。


ところで、タイのデモがなぜハム太郎だったのかというと、ゆがんだ社会構造の世界に住む、将来の見通せない自分達をかごの中のハムスターに例えたのだそうです。歌ってるシーンは、少し失笑してしまいそうですが、結構シニカルの利いたものでもあります。なお、若者のコメントでも真面目にやっているように思われないかもしれないがと述べており、本人達もそのことを十分留意してデモを真剣に行っているようです。


ただ、日本のアニメが世界中で影響を与えてるということは、それだけ国によっては規制の対象になりかねないというふうにも見られてしまうのです。特に日本はアニメを文化コンテンツとして世界中に拡散しようと思っているため、政治利用によって利用が制限されることがあれば、経済損失に繋がりかねないのです。今後は、若者に広がったアニメ文化をいかに平和的に利用されるように持って行くかがカギになるでしょう。
まぁ、個人的には今回のような出来事で政治に関心を持つことは決して悪くないと思いますが、思想的なものを混ぜ込んでしまうと危険だよねと思っております。そこは何とかコンテンツ制作者がさじ加減で差し引きできればいいのですが・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2020年07月08日

軽視したツケだと思いたい

ブラジルのボルソナロ大統領が、新型コロナウイルスに罹ったことが判明しました。
7/5から体調を崩し、7/6には38゚Cの熱と倦怠感が出ていたため、検査を受けたところ、新型コロナウイルスの陽性反応が出たということです。
とはいえ、重篤化までには至っておらず、現状はヒドロキシクロロキンとアジスロマイシンという薬を服用して対処しているそうです。このうち、ヒドロキシクロロキンはマラリアの治療薬として知られ、アメリカのトランプ大統領も予防代わりに服用していることで話題になりましたが、副作用も激しいということでも知られています


ところで、ボルソナロ大統領は新型コロナウイルスを非常に軽視していることで有名になりました。
主だったところだと、ただの風邪レベルという非常に舐めた発言や、ブラジルは数々の伝染病に打ち勝ってきたから大丈夫だという根拠のない発言集団の中でもマスクを付けずに入り込み、ブラジルの最高裁判所から着用命令が出されたことも。かつまだ収束もしていないのに、経済活動を優先させなければということで、いつも通りの生活を送るよう半ば強制的な働き掛けをしたこともあります。
ブラジルという国が少しでも経済活動が弱まってしまうと、国全体が立ち行かなくなる可能性があるということで、経済活動を回し続けなければならないというのはわかります。しかし、人命軽視で経済活動を回すことが、決していいわけではありません感染拡大防止のために、経済活動を回しながらもソーシャルディスタンスを保たせる、手洗い・うがい・マスクの着用などを促す、それができない地域では、必要な機器を提供するなどを行って感染拡大防止策を支援するべきなのではないかとも。
それができないのは、ボルソナロ大統領が人命軽視という面だけでなく、弱者切り捨ての論法を振りかざしているからなのではないかとも思えてならないのです。つまり、カネのある人しか彼の目が見えないのではないかと思うのです。貧困層には全く目を向けず、それどころか『汚物は消毒』的な見方をしているのではないかと疑いたくなるくらいに。


選んでしまった人達は激しく後悔しているのではないかと思います。こんなはずじゃなかった。汚職まみれのエスタブリッシュメント(既存の政治家)ではなく、清廉潔白な人を選んだはずだったのに、と。


あくまで私個人の意見ですが、ボルソナロ大統領が新型コロナウイルスに罹ったのは天罰です。なので、十分に苦しんで、自分の行ったことがいかに間違っているか反省し、心を入れ替えてほしいのです。でも、現状は快方というのか悪化はしていないということで、ますます持論を振りかざすのではないかと心配でなりません


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:48Comments(0)

2020年06月14日

コロナの風評被害がまだまだ続いている

先日、新潟日報に株式会社コロナの全面広告が載りました。新型コロナウイルスの影響で会社には中傷のようなものは来ていないものの、社員の子供達が落ち込んで帰ってきているという事案が出ているとのことで掲載されたとのこと。家族や親類の中にコロナの社員がいらっしゃったら、彼らは自慢の社員であること、人々のために働いている彼らを誇りを持って迎えてほしいという趣旨の内容です。
さらに、コロナは「子どもの未来応援プロジェクト」という新型コロナウイルスの影響によって困難な状況に直面した家族を支えるプロジェクトに参画しています。
本当に頭が下がります。新型コロナウイルスの影響で売り上げは相当落ちていることでしょう。その中でも支援を表明したり、社員を守るための広告を打ったりと、この状況下でなかなかできないですよ。守りに入るところで、攻めというのは苦しいかもしれないけど、少なくとも人々の心に訴えてくる切ない広告です。だからこそ、表向きでも中傷がないことは救いです。

この一件以外にも、以前の話になりますが、メキシコのコロナビールが新型コロナウイルスを連想するということで売れなくなってしまい、遂には生産を一時中断することになってしまいました。そのまま終売とか会社そのものが無くなったという話は聞いていないので、一時であると信じたいです。
また、オーストラリアに住むコロナ君が、新型コロナウイルスを連想するということでいじめられたという話もありました。その時、オーストラリアで新型コロナウイルスに感染して療養していたトム・ハンクスさんに手紙を出したことも話題になりました。その時、君は僕の友人だよと返しただけでなく、彼のコレクションだったコロナ社のタイプライターが贈られたことも話題になりました。彼はタイプライターをマスターして、ハンクスさんに手紙を送ったんでしょうかねぇ・・・。


まだ治まる気配のない新型コロナウイルス。治まらないから今回のような出来事が起こるのだとすれば、今回の一件は何とも罪作りだと言えるのでしょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:36Comments(0)

2020年05月30日

例のマスクを寄付しに行ってきた

先日家に届いた、通称「アベノマスク」
もう既に色々なところで買うことができるようになった現在、第2波の恐れもあって再度需要が増える可能性があるかもしれないけれども、生産体制を整った現状を考えると、不必要になっているかもしれない。だからといって捨てるのはおかしな話。何とかならないかと思っていた中、NHKのニュースでこんな話が出ていたそうな。
いわく、不必要になった「アベノマスク」を寄付できるというのだ。これはいい機会だと思い、寄付を受け付けているところに行くことにしました。丁度、バスで行ける場所だったというのもあるのだが。


SHV47_0090今回、その「アベノマスク」の寄付を受け付けているところというのは、昭和区御器所(ごきそ)というところにあるキョーワ薬局。今回はその御器所店に行ってきました。場所的には御器所駅から歩いて5分ほど、西友やマクドナルドの並ぶ通りから少し東、川名本町(川名駅)寄りのところです。バス停で言うと、広路通一丁目というところから歩いて数分ってところですか。

このキョーワ薬局というのは、調剤薬局。つまり、病院に行った際に処方箋を出してくれるのですが、それを持って薬を調合してくれる場所です。昔は病院が行ってくれたのですけど、今は調剤薬局で作った方が割がいいのだそうで(要は、詳しい経緯は忘れた)。

で、キョーワ薬局は今回医療従事者・介護事業者が組織した団体「なごや高齢者見守りネットワーク(みま~も名古屋)」の主催した回収プロジェクトのお手伝いを担ったわけです。今回のようにキョーワ薬局全店(東海地方に86店舗)で受け付けており、郵送でも対応しているとのこと(6/30まで)。なお、今回頂いたマスクは未開封かつ未使用が条件になっているので、開封してしまったらNGということを留意しておきましょう。



実際受付に置かれた回収箱を見たのですが、思った以上にマスクいっぱい回収開始時刻(平日は10時~17時、土曜は10時~12時)早々だったにも関わらず、もう5袋ほど入ってた。皆同じようなことを考えてたんだね・・・。

今回回収されたマスクは、介護施設や障害者施設など必要とされる施設に優先して配られるとのこと。小さくとも何度も洗える使い勝手はいいマスクなので、本当に必要な人に役立ってくれるなら、悪いことではないはずです。


今回のような取り組みは、他のところでも行っているそうなので、自分の地域は・・・と思いながら検索してみてはいかがでしょうか。確かに今回の「アベノマスク」は愚策。でもその愚策を少しでも和らげなければ、本当の意味で取り返しのつかない愚策になってしまうことでしょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:51Comments(0)

2020年05月28日

内向きなのか外への開放をしているのか、よくわからないツイッター

この頃のツイッターのやり取りがおかしい。


先日、ツイートに返信できる対象を制限する機能を設けると公式ブログが発表しました。まだテスト段階とはいえ、いわゆる『FF外(フォローおよびフォロワー関係にないユーザー)から失礼します』ができなくなってしまうんです。
この機能は、ツイート時に返信できるアカウントを全員・フォローしているアカウント・@ツイートしたアカウントのみから選択するというもの。全員以外は、いわゆるFF外からの返信ができなくなります。
公式によれば、管理のしやすさ・より多くの人々に会話に参加する機会を与えやすくする・創造的になれるとのことで導入を検討しているそうですが、管理をしやすいのはともかく、これで会話に参加する機会を増やせるのか、ましてや創造的になれるのか甚だ疑問。逆に閉鎖的になって自分の都合のいい意見しか通さない風潮を助長しかねないと思うんですよ。

この流れは昔から気にしておりまして、SNSが一般的になる少し前、丁度日本でGREEがちょっとしたムーブメントを起こしていた時から嫌な流れだなと思っていたんです、イエスマンしか入れない風潮というのを。あの時の嫌な感覚が今でも甦るんじゃないかと思うと、ものすごく気分が悪いです。
私がツイッターをやる予定が無いのは、自由な書き込みができない。つまり、ツイッターのアカウントを持っていないと閲覧だけしかできないのです。そんな不自由を認めることは、何かその事象に反対することも自由にできなくなってしまうのです。身勝手な意見だけを通して、自由に発言することを許さない。あの悪辣な出来事、もう10年以上経ったというのに、また今噴き出さんとしているのか・・・。


そんなことを起こしている一方で、ツイッター自身が締め付けをして、相手の都合のいい意見を抑え込む動きも見せています
きっかけは、アメリカのトランプ大統領のツイート。郵便投票をすれば、不正が横行しかねないとツイートしたことに対して、ツイッターが事実無根だと警告を出して『対抗』しました。このことに怒ったトランプ大統領は、ツイッターなどSNSに対する締め付け(対象の規制や同じく閉鎖)を考えているとも言われています。
これは先程と逆で、FF外から失礼して対抗した、つまり公権力の行使をしたわけですね。ユーザーが起こす『公権力』にはNOを突き付けながら、自分達の『公権力』はOKというのも何か矛盾していますよ。もちろん、事実無根であることを訴える点で行使したなら、問題はないと思いますが、これは他のユーザーが大勢で出すべき物事なんだと思うんですよね・・・。


とにかく言いたいのは、自由に物事を言えるようにしなければ、ユーザーも管理者もほぼ対等(唯一管理者が上に立てるのは、事実無根の意見に対する削除権があるか無いかくらい。これは晒されたユーザーの申し立てを吟味する人がいないといけないと思う)でなければ、健全な議論も言論も生まれないのです。一方の力が強過ぎて、かつ一方の意見しか通せない風潮は、イエスマンを生み出すだけの陳腐な叩き台にしかならないのです。与党の力が強過ぎる今の国会がそれに近いと思いますし、イエスとノーしかない二大政党制もそれに近いです。つまり多様性が失われるのです。


誰でもいいので、誰もが自由に閲覧できるだけでなくログインが無くとも書き込めるソーシャルネットワークサービスを実現してほしいです。これもよく言っていますが、「にちゃんねる」(現在の「5ちゃんねる」)のような言葉使いが荒く殺伐としていても、自由闊達な意見を書き込める場所が一番いいのだと。時におかしな意見が出ても、ユーザーが『違う』と修正を掛けてくれる。ツイッターにはそれが十分に無い。あくまで炎上で派手になっているだけで、私のような『FF外』は、違うと思っても参加もできないのだ。だから、私はアカウントを取るつもりはない取ったら負けだ、そう思っています。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:40Comments(0)

2020年05月25日

予定より早く全国の緊急事態宣言が解除されました

既に2府40県の緊急事態宣言が解除されましたけれども、今日最後まで残っていた北海道・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の緊急事態宣言が解除されました。首都圏(この場合、南関東圏)は神奈川県のみ基準オーバーになっているものの、首都圏の平均で見ると基準オーバーになっていないということで、北海道は基準オーバーにはなっているものの、感染経路が追い掛けられるという理由で解除になっています。
ただ、正直感染者数が増えたり減ったりとしている点と増えた時は2ケタに達していることから、まだ時期尚早じゃないのかなと不安でもあります。東京都だけとか神奈川県だけとしたいところなんでしょうけど、首都圏は広域移動する人が多いため、一体で規制をしようという流れになっていました。実際各県と東京都の知事も広域規制に反対していませんでした
ゆえに、条件付き解除か月末までの期限まで待ってもよかったんじゃないかとも思ったのですが、やはり経済のこれ以上の影響は避けたかったのかと思うと、やるせない。


そして、全国で解除されたことにより、今後のロードマップも示されています

他都道府県への移動に関しては、5月末まではこれまで通り自粛6/18までは北海道・東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県への移動は自粛だが、それ以外の府県への移動は自由6/19から制限なく移動可能になるとのこと。

観光に関しては、6/18までは各都道府県内のみとなり、6/19以降から全国に広げて展開してもいいとしています。

イベントも6/18までは100人(屋外は200人)程度で、6/19から7/10までは、対策を練ったなら、1000人ほどの動員も可能に。7/10から7/31までは、先述の条件を練った場合にのみ5000人ほどの動員が可能となり、8月以降は先述の条件を練った場合のみ、屋内は50%まで、屋外は無制限になるとのことだそうで。ただ、ライブハウスに関しては、対策を十分に練ったうえでの再開になりそうで、6/19まで待たされることになります

そして気になる野球・サッカーなどのプロスポーツ(恐らくアマチュアスポーツもこれに準じるのだろうが)は6/18までは無観客での試合6/19以降、有観客(最大5000人程度)の展開が可能になるそうです。
そのため、プロ野球は6/19から試合を開幕させると発表しています。サッカーに関しては、まだ発表は無いものの、無観客でも構わないと各クラブの了承が得られたなら6月末、観客を入れて運営するという当初の方針を貫くなら、7/10以降になると思われます。


ただ、いずれにしても新たなクラスターが発生し、第2波が起こってしまったなら、全て絵に描いた餅になってしまいます解除された・移動が自由になったからといって、気を緩めることのないようにしたいです。しかしながら、節度を持っていれば、酒を飲もうが遊ぼうが構わないとも思うので、過度な自粛を促すような行動も考え物だと思います。難しい判断が続きますけど、相手に対して厳しく律するよう促すのではなく、お互いに気を付けようねという優しい声掛け(注意喚起)レベルでの促しで進めていければと思っています。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:15Comments(0)

2020年05月16日

二度漬けアカンと言えることを夢見るという不思議

大阪名物の一つ、串カツ。カウンター席やテーブル席にソースのたっぷり入ったブリキ缶が置かれ、そこに注文した串カツを浸すというスタイルが浸透しています。そして、このスタイルの最大のタブーが、二度漬け禁止なのです。もし二度目をしたい場合は、缶のそばないしは中にあるスプーンでソースをすくって掛けるという流れもあるにはあるのですが、たいていの場合二度漬けは、いかなる理由でも禁止になっています。

そんな串カツ屋も新型コロナウイルスの影響で休業しているそうです。ただ、先日の緊急事態宣言解除の話が出てから、大阪府ではまだ継続の中でも、吉村洋文知事は独自のスタイルで休業要請解除を模索していました。その独自のスタイルで定めた基準を守れていたため、今日(5/16)から一部業種を除き休業要請解除したそうです。もちろん串カツ屋も対象です。

じゃあ、二度漬け禁止のソースの入ったブリキ缶はというと、席から撤去され、代わりにプラスチック容器にソースを詰め、掛けるというスタイルに変更されました。この形態なら、二度漬けならぬ二度掛けもOKとのことだそうです。

お客の間でも店の間でも困惑しているというこの新スタイル、他の地域では一般的なんですよね。でも、大阪の人達にとっては、これがセンセーショナルな出来事として受け止められているようです。先述の吉村知事も、「『二度漬けあかん』は大阪の文化。僕もその文化で育ちましたから、ちょっと寂しい。また『二度漬けあかん』を復活させるのを夢見ながら、この期間は感染防止対策をお願いしたい」と述べています。


やってはいけないことを言えるようにしたいというのは、結構異例で不思議なことなんですよね。それだけ『伝統文化』だったのかと。もしや新手のギャグなんじゃないかと、大阪の府知事が体を張って述べたギャグなんだと言い聞かせようとも思いましたけど、本気なんですよね・・・。


もしかしたら、大阪の人達にとって、「二度漬け禁止」は『日常』なのかもしれません。ゆえにその一言を言えることこそ、彼らにとって日常が返ってきたと言えるのでしょう。そうなるように、できることを少しずつ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:19Comments(0)

2020年05月14日

緊急事態宣言が解除されたものの

新型コロナウイルス蔓延のために出された緊急事態宣言。およそ1ヶ月たった今日、まだ感染拡大が続いている北海道、東京都とその周辺(埼玉県・千葉県・神奈川県)、大阪府とその周辺(京都府・兵庫県)以外の39県で解除されました。

とはいえ、まだまだ浮かれ気分でいられない。
東京都などでは感染拡大の兆候が見られ、実際東京都では30人感染(昨日(5/13)が10人ほどだったので3倍に)という話も。県内の移動がほぼ自由になっただけで、県外の移動は自粛を求められる状況その県内もお店によっては、まだ自粛を求められるふう。そして、感染拡大が見受けられれば、再び緊急事態宣言も止む無しとのこと。

当分は、特異な生活を送らなければならないし、不便な生活を強いられることになるんだろうけど、日常を取り戻す戦いはヤマ場を迎えているんだなと思います。それまでは、この特異な、不便な生活を何とか乗り切っていくようにしないといけないです。正直、働ける状況・1日生きていける状況を送れているのが幸せだと。


もう少し、あと少し・・・そう思って日々を過ごしていきたいと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:56Comments(0)

2020年05月13日

カラスの脅威

この頃、カラスが増えたと感じています。同時にカラスが悪さをする事態も増えてきたのではないかと思います。
ゴミ収集、特に生ゴミの日になると、ゴミ置き場やゴミを置いた場所の周りが荒らされてしまっているのです。それこそ、中身を散らかしに散らかして、歩くのもままならないほどに。また餌を求めて凶暴になっているので、そこを通り抜けるのも怖いです。
ちゃんと網をやってるんじゃないのと言うかもしれませんが、ちゃんとやっているところもあるんです。ところが、結びの甘いところを狙って、もしくは知恵の付いたカラスによってめくられることがあり、漁られるのです。

原因は色々考えられるのですけど、一番考えられるのは、繁華街にある飲食店のゴミが減ったことでしょう。
緊急事態宣言発令に伴い、飲食店が自粛の方向に向かったため、休業する店が相次ぎ、繁華街から人がいなくなりました。そのため、生ゴミが減り、それを拠りどころにしていたカラスなどの生き物が繁華街から住宅街に流れたと考えられるのです。


この一件の一番の対策は、ダストボックスの制定でしょう。
最近ではマンションのゴミ捨て場の一角が、堅牢な扉と網の施された空間に変わりました。家のマンションも数年前に切り替わっています。
昔は鉄製のゴミ箱が用意されていて、ゴミ収集日になると、それをクレーンの付いたゴミ収集車が吊り上げながら傾けて(底を開けるふうだったかもしれない)、中身を出すということをやっていました。しかし、安全面・衛生面などの理由で廃止になっていったようです。個人的には、ここまでしなくてもいいので、ダストボックスの復活をさせれば、カラスに漁られる可能性は減ると思うんですよね・・・。まぁ、衛生面という部分がぬぐえないのでしょうけど。

そうなると、これまでの網掛けを正しく行うことが重要になるわけです。上から下にしっかりと覆うようにして置く・上から口をしばる場合は、ほどかれないしばり方をするということが重要になるでしょう。

そして何より、捨てる時間を遵守することだと思います。
明日ゴミの日だから・・・といって前日の晩に捨て置くことの多いこと。このことで、早朝カラスに狙われ、荒らされる。そうならないようにするためにも、自治体の収集ルールはきちんと守るべきでしょう。朝早いところもありますけど、自分の身勝手な行動がきっかけとなり、カラスによって街が汚くなって、掃除しなければならなくなることで、今回の新型コロナウイルスのような病気が広まりかねないのです。人に降りかかることもさることながら、自分にも降りかかって来かねないのです。


自治体も、ダストボックスの設置資金の援助ないしは網の援助、啓蒙活動を行うだけでなく、状況によってはカラスの駆除にも予算を割くべき時が来ていると思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:41Comments(0)