2022年06月24日

アホですわ

兵庫県尼崎市の人は、出身地がどこかと聞かれると、決まって「尼ですわ」と答えるらしい。しかし、今回の一件、今回の事件どこであったのと言われたら、皮肉交じりにこう答えるでしょう「アホですわ」と。


兵庫県尼崎市で市内全員の人口にあたる46万人分の個人情報などの入ったUSBメモリを紛失したという話が6/23に入ってきました。紛失したのは、尼崎市が委託していた大阪府大阪市の会社で、尼崎市の新型コロナウイルス臨時特別給付金の支給事務全般を担っていたとのこと。

時系列はというと、6/21に大阪府吹田市のコールセンターで市民の問い合わせに対応するために必要だった個人情報を関係する別会社の40代男性社員にUSBメモリを使って尼崎市からデータを持ち出し、吹田市のコールセンターで入力する移管作業を行うよう大阪市の会社が依頼しました。そのため、40代男性社員は尼崎市の許可がないと持ち出し不可のはずの個人情報を抜き取り、吹田市まで持って行ったのです。兵庫県と大阪府の境を越えるとはいえ、街としては隣同士なので数十分というふうでしょう。
その後、作業を終えた40代男性社員は、大阪市の会社の社員3名に飲みに誘われ、午後7時半から3時間居酒屋で飲酒を共にしているのです。
恐らく酩酊状態になった中で帰宅の途に就いたのでしょうけど、その際に路上で寝てしまい、翌(6/22)朝未明に目が覚めるとUSBメモリの入ったカバンを紛失していたことが発覚警察と大阪市の会社に事の仔細を連絡、そして大阪市の会社が尼崎市に事の仔細を連絡したとのことです。
当然ながら警察と社員(30人ほど)による捜索が行われるのですが、今日になってUSBメモリの入ったカバンが発見されたとのこと。しかも発見された場所が、40代男性社員の住んでいるところではないマンションだったというのですから、性質の悪い話で呆れるばかり・・・。しかもスマホの位置情報でわかったのですから、オマエスマホも忘れてるのかとますます呆れるばかり・・・。
そのかばんは、中身を荒らされる様子もなかったとのことで、USBメモリもいじられた様子がないとのことですけど、もしかすると闇サイトに・・・ということもあるので、引き続き監視をすることになっているらしい。何でそこまでピリピリしているのかというと、ネット上の話ではあるものの、あまりに不自然だという点緊急会見を行った際に尼崎市の担当者がパスワードを類推されるような発言(パスワードの桁数を言ってしまったらしい)をしているからでしょう。もう業者も業者なら、クライアントもクライアントだなとますます呆れるばかり。


まず40代男性社員に厳しい沙汰を下すべきだと思います。46万人の個人情報を晒してしまいそうになったのですから、厳しく見ないといけないのは当然です。そして大阪市の会社・吹田市のコールセンターにも厳しい処分を願いたいです。相手が派遣社員だからとかではなく、モラルハザードに対する対策を練らないといかんのです。
そして尼崎市も被害者面をせずに大いに反省してほしいです。USBメモリは市の許可がないとUSBメモリに抜き出せないし、仮に行ってもその後にUSBメモリから速やかに消去するルールも順守されていない点に対して、尼崎市の認識の甘さを自己追及するべきではないかと。最悪尼崎市長の責任問題になるものと思われます。辞職しろとまでは言いませんが、それなりの責務を負うべきだとは思います。


ともかく、こんなアホな話、二度と起こさないでくれよと思う次第


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2022年05月25日

まさか、再発?

ここ最近、1週間経つか経たないかの頃から、お尻にできものができたらしい。ある時を境に急激に大きくなり、かつ痛みも出てきたので、これはもしかして・・・と思って、今日休みをもらって病院に行ってきました。そう、去年痔瘻(ろう)で入院したあの病院にです。
肛門科として非常に知られている病院なので、人が多い数十分待っていると、再来という扱いになっていたからか、思った以上に早く問診が回ってきた

話をしてものの数分で、結果が出てしまった。医者も手慣れたものなのでしょう。それかあまりに人が多いので、捌くのに精一杯だからなのか、そこは正直わからない。で、その結果が毛嚢(のう)炎というもの。疔(ちょう)と呼ばれていた時期もあったので、その名前で知っている人も多いのではないのでしょうか。
簡単に言ってしまえば、ニキビのようなもので、ひっかき傷などの傷口から黄色ブドウ球菌が入って炎症を起こしたものらしい。コイツが糖尿病(生活習慣病)が要因でなるという人もいれば、皮膚の衛生状態が悪いからなる人もいたり、さらに免疫力が落ちてるから・肥満だから・高齢者がなりやすいなど様々あるため、真相は不明なことが多いそうです。


ということもあり、痔瘻じゃなくてよかったまた入院とか手術とかになったらたまったもんじゃないし、金銭的な面でも相当な負担が掛かって大変なことになるわい。


結果、塗り薬がもらえることになったのですけど、昨今の処方箋は薬剤師のいるところ(調剤薬局)で渡して・・・という流れで、病院で薬を出してくれなくなった。じゃあと近くのドラッグストアに行ったら1時間待てという始末。その上、しっかり休憩が採りたいのか午後2時から1時間お休みとまで宣いやがった。何でこう怠慢できるのかねぇ・・・。人がいないのはわかりますけど、来院者が多いのに休憩だけは取るというのはおかしいんじゃないのかな。前払いもできませんとか言うし。解せん。

もう、前みたいに病院でも個人のクリニックでも処方箋があれば薬を出せるようにしてほしい街の調剤薬局が青息吐息になってしまってはどうしようもない。少しでも負担をシェアしておかないと、仕事で待てない人には厳しいことになりかねない。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2022年05月22日

何か、さいたま市でヤバいヤツらが・・・

昨日と今日とで何とも言えない出来事が・・・。


5/21に行われた浦和レッズ×鹿島アントラーズ(埼玉スタジアム)の試合で、浦和の球団認定でバス待ちを行った際、出迎え時にチャントを歌っていたとのこと。スタッフの制止も聞かなかったことから、確信犯(自分の行いが正しいという信念に基づいて行わる犯罪行為)的な物があったのではないかと思ってなりません。それかACLはいいのにJリーグは何でダメなんだよという反発から来ているのかもしれないとも。

翌日(5/22)には、大宮アルディージャ×ベガルタ仙台(NACK5スタジアム)の試合で、終了後に緩衝帯を乗り越えた大宮サポーターの一部が仙台サポーターに暴力を働いたとのこと。こちらは首位に立つ仙台に対し、昨年同様に下位に低迷している中で、うっ憤の溜まった大宮サポーターが腹いせに行ったのではないかと思われます。


どちらも、さいたま市の球団が起こした愚行と呼ぶのがふさわしい行為対象者には厳罰を加えないとダメです。特に浦和の一件は厳重注意で大丈夫なサポーターじゃないでしょう。過去にいろんな問題行動を起こして、その都度厳罰を処しても直らない。
今回も厳罰で挑んでしかるべきでしょう。新型コロナウイルスのガイドラインに十二分に違反しているのですし。このまま問題行為を続ければ、Jリーグも球団に対しての処分を検討した方がいいと思う。球団に処罰(特にチームの順位等に絡む処罰)が下れば、大人しくなるんじゃないかなとも・・・。
大宮もここまでひどい行動に至ったのは、成績面での問題しかないでしょう。このままだとJ3行きになりかねないだけに、チームがJ3に行かないために全力でてこ入れをするしかないでしょう。ただ、ここまで来たら、落ちるところまで落ちて、腐った部分を削ぎ落すでもいいんじゃないかとも。一度J3で自らを省みるのも悪くないでしょう。ただ、それですぐにJ2復帰できるほどJ3は甘くありませんが・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:52Comments(0)

2022年05月11日

聞いてないよォ・・・

ダチョウ倶楽部の上島竜兵さんが亡くなったのだそうな。何が原因なのかはわかっていないので、詮索はいけないのですが、自殺なのかもしれないですね・・・。


色々なギャグや芸を残していますけど、熱湯風呂とアツアツおでん芸は彼にしかできない芸当だと思います。それこそ、「ビートたけしのお笑いウルトラクイズ」や「スーパージョッキー」の頃から出演している姿を知っているので、彼らの芸はほぼ知っていると言ってもいいかもしれません。


先日、フジテレビで「ドリフ大爆笑」のコントをゆかりのメンバーで行う放送がされてていましたけど、ドリフターズのメンバーがいなくなった時、雷様のコントをやるのは、ダチョウ倶楽部だと思っていました。肥後克広さんがいかりや長介さんの役どころ、寺門ジモンさんが仲本工事さんの役どころ、そして上島竜兵さんが高木ブーさんの役どころで、オチになった後、上島さんが半ギレして終わるみたいな芝居を打ってくれるものと信じていたのに・・・。


いなくなると困る芸人さんの一人ですよ。いたら和む存在の人です。面白い芸を期待するというより、いてくれる安心感かついてくれたら何か面白くなりそうだ・・・という触媒のような役割なんですよね。彼一人でやっても面白いんだろうけど、周りが盛り上げるともっと面白くなる人なんです。だからこそ、彼がいなくなると、面白くするきっかけの人もいなくなる・触媒になる人もいなくなる。非常に残念でなりません。


上島竜兵さんのご冥福をお祈りすると同時に、残った2人でダチョウ倶楽部を頑張ってほしいです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)

東北へ行く2022④

SOG03_170633次の目的地に向かう道すがら、バスの車窓から眺めた南三陸旧防災対策庁舎丁度志津川駅のそばを通ったため、この景色が拝めたわけです。
今は南三陸町震災復興祈念公園の中にある震災遺構として2031年まで保存されることが決まっています。その先は保存か解体かを住民に委ねるとのことです。なお、近くには南三陸さんさん商店街もあります。
時間があれば、ここも寄りたかったなぁ・・・。



SOG03_181255で、私が向かいたかったもう一つの目的地は、陸前橋上駅を降りた先にあります。約15分ほどですが、往復で30分ほどになることから、次のバスはギリギリになりかねないので、急ぎ足で向かいました。
そして、同じ道ではないのでしょうけど、見渡してみると・・・。今は静かな田畑で、ところどころに家が建っているあのあたり、以前訪れた時には、がれきの山になっていて、仕分けが進んでいた場所あまりに量が多くて非常に驚いた記憶が今でも残っています。そんなこと無かったのかのように、今は非常に閑静な場所です。



SOG03_182724遠くから見えるのは、旧気仙沼向洋高校現在は気仙沼市東日本大震災遺構・伝承館になっています。ここも訪れたい場所です。



SOG03_182801海の殉難者慰霊塔となっている場所は、昔は石碑だったと思います。あそこに犬の骨と思しきものが置いてあったんだよな・・・。



SOG03_182854そして、2度目の来訪となった杉ノ下地区 東日本大震災慰霊碑
あの時と向きが変わっていました。南北を向いていた石碑は東西に変えられておりました。どうしてこうなったのかはわかりません。
あとは、近くに避難場所が設置されていました。あの時の教訓から据えられたのだと思います。



SOG03_183001そのそばには、霊松 ~唐崎の松~が植えられていました
滋賀県大津市にある唐崎神社から分けられたもので、NHK大津放送局の記者が震災直後取材に赴いた時、植えられていた松の木が無くなったことに心を痛め、唐崎神社に相談したのだそうな。神社側・遺族側の双方から快諾を受けたので、ここに植えられたとのこと。



SOG03_184425そして、ここで唯一変わっていなかったものは、この看板。
陸中海岸国営公園気仙沼湾から三陸復興国立公園・海域公園に変わっていた以外は、全く変わっていなかった。何だかホッとしたのは、おかしな気分だったのだろうか。



SOG03_192219無事に定刻のバスに乗れた。ここから気仙沼駅に到着もできた。
ここは、「カムカムエヴリバディ」の前にやっていたNHKの連続テレビ小説「おかえりモネ」の舞台になったところ。まだまだホットなところですね。



SOG03_200611気仙沼駅~盛(さかり)駅まで行く大船渡線、その途中の陸前高田駅が今回の最終目的地ホントは奇跡の一本松にも行きたかったのですが、真っ暗で何も見えず
それゆえに約2時間夜行バスを待たないといけないのですが・・・十分に潰せた。その模様はまた別回で。
その間に、何人か人が出入りしたのですけど、中に今期のアニメはどうか前期のアニメがどうとか話している人達がいたなぁ。一瞬混ざろうかと思ったけど、ヤバい人だと思われるのも癪だったので・・・。



で、定刻通りに東京・池袋駅行きの夜行バスが来たのはいいけど、あろうことかコンセント無しだったよ!ゆえに、次の目的地の藤枝市と家路に帰る時に散々苦労するのだった。新幹線課金してまで充電せざるを得なかったよ!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2022年04月28日

あの雑誌も昨今の動きにお怒りのご様子

かつては学研から発刊されていた(現在は学研と日本創発という印刷会社との共同出資会社であるワン・パブリッシングから刊行されている)月刊雑誌の「ムー」。オカルト現象を取り扱う情報誌として、古くから知られた雑誌でもあります。
その月刊ムーのツイッターで挙がったあるツイートが話題になっています。一部の反ワクチン活動に対して苦言を呈していたものです。


新型コロナウイルスがまん延して、2年ほど経ちました。その間にワクチン開発も進み、現在日本で認可されているのは、ファイザー・モデルナ・アストラゼネカの他、最近になってノババックス製のワクチンも登場しました。ノババックスのワクチンは、他3社がmRNA(メッセンジャーRNA)というウイルスのたんぱく質素になる遺伝情報の一部で構成されているのに対し、組み換えたんぱくワクチンという人工的に作られた新型コロナウイルスに似たたんぱく質と免疫補助剤で構成されています。このため、副反応に恐怖感を与えていた人などでも打ちやすいとされています。

というふうに、ワクチンもいいものが出ていますよ・・・という話が拡散されてくれればいいのですけど、ワクチンで出ている副反応やそれに伴う死者数は実際の数字より多いから打ってはいけない・ワクチンの中にGPSシステムが入っており、我々を監視するために仕組まれた政府の罠だとか宣う陰謀論という訴えも大きく拡散されています。最近になって反ワクチン活動を行っている「神真都(ヤマト)Q」なるたる組織が活発する事態(接種会場を襲撃する事件が起こっている)になっており、今後様々な懸念が出るのではないかと不安視している人もいます。この「神真都Q」がオカルト論で動いていると言われていたため、今回月刊ムーのツイッターが、苦言を呈したとも言えるのです。


何を信じるのも日本に言論の自由・信仰の自由がある限り、取り締まることは難しいのですけど、力によって抑え込もうだとかいう動きを認めるわけにはいかないのです。それはアメリカのトランプ元大統領が煽動して起こしたとされる議会襲撃事件を見ればわかるでしょう。


難しい話は、このあたりにしておいて、このツイートに対し、「ガンジーが助走を付けて殴るレベル」にあやかり、「月刊ムーが真顔で説教するレベル」という言葉も生まれました。また今回の一件に対し、想像力を広げるのがオカルトやSFの本来の楽しみだが、逆にそのせいで視野を狭めて悪い方向に行く人もいるとも説いている人もいました(だから、政治・医療に対するデマ・都市伝説は有害になるとも説いています)。
今こそ、メディアリテラシー(情報取捨能力)の重要性が問われる時なのかもしれません。怪しいと思ったら、どんな手段を使ってもいいので、調べることの大切さが必要なのかもしれません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)

2022年02月24日

ウクライナが世界的な戦争の引き金にならなければいいけど・・・

ロシアがウクライナに侵攻を始めました。既に実効支配しているクリミア半島と最近国家承認したと称するドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国、そしてベラルーシ国境から侵攻したとの報道もあり、予断を許さない格好になっています。さらにウクライナの各地(主に軍事施設)にミサイル攻撃を仕掛け、空軍施設を壊滅に追い込んだことで制空権を握ったとも報じられ、こちらも予断を許さない情勢になっています。
この緒戦で、ウクライナ兵が40人ほど犠牲になっている他、住宅など民間施設への『誤爆』も起こったようで、男児が亡くなったとの報道もあります。


恐れていたことが遂に起きたと述べておきましょう。アメリカの外交政策が失敗に終わったという見方もできなくはないですけど、それ以上にロシアのプーチン大統領が、したたかで知略家だっただけなのでしょう。用意周到に事を運んで、最大限の利益を得る算段を、もしかしたら8年前のクリミア併合から組んでいたのではないかと思えるほどです。ほぼ同時期に今回独立を認めたドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国の範囲を抑え、そこにいる住民の中でロシアにシンパシーを持つ人達を際立たせる(ある意味『純化』)という作業をじっくりと行っていたのかもしれません。それが最近になって、質のいいワインのように、いい醸造となったので事を起こしたとも考えれば、すっきりします。

今後、日本を含めた欧米諸国は一致団結してロシアの行為を明確な侵略と位置付け、国際世論を味方に付けなければならないでしょう。かつ国連の安全保障理事会ではロシアと中国の拒否権で握り潰されると思うので、総会で非難決議を行うべきでしょう。そうなると中国にすり寄らなければならない国々をどう説得するかに掛かってきますロシアとの外交チャンネルは実質絶たれた(恐らく聞く耳を持っていない)と思われるので、中国にすり寄らなければならない国々(第三国)の説得にウエイトを置いた方が得策です。


そして、この間にやらなければならないのは、他に飛び火させないこと
一番の懸念は、中国がこの事態を見て、台湾や香港に何かしらのアクションを起こさないか心配です。前者に対しては軍事侵攻も視野に入れた揺さぶり、後者に対しては一国二制度の撤廃(香港議会で『平和裏』に進められると思われる)し、中国国内の中に組み込んでしまうという動きです。中国が動けば、ドミノ式で北朝鮮も動く可能性があります。ロシアとも関係が深い国ではあるので、一気に東アジアが緊迫化する可能性もあります。決してウクライナは『対岸の火事』では済まされない可能性があり、思いたくは無いですが、第三次世界大戦の可能性も無きにしも非ずとなるかもしれません。


可能であれば、ロシアが苦戦して、ロシア国内で厭戦(えんせん)ムードに持って来られれば、早く終わらせることができるのでしょう。ただ、それはウクライナ軍だけでは無理で、欧米の軍隊による支援を仰ぐ格好となるかもしれません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:31Comments(0)

2022年02月16日

死んだふり作戦?

ウクライナ問題が大詰めを迎えているかもしれません。
ウクライナがNATO(北大西洋条約機構)に加入したいことから端を発している今回の問題。ウクライナはNATOに入って、ロシアからの圧力を逃れたいのと西側の自由経済圏(あわよくばEU加盟も狙っている?)に入って更なる国の発展をしたい。それをサポートしたいのが欧米諸国なのに対し、旧ソ連の影響力を残したいロシアという対立構図になっております。ロシアとしてはウクライナに民族の起源がある(ロシアとしてはウクライナとベラルーシは同じ血を分けた兄弟の関係)という見方もできる・ウクライナは自身のアイデンティティ確立のためという、ナショナリズムの争いとも言えます。
現在ロシアはウクライナの国境沿いとベラルーシ国内、そしてロシアが占拠しているクリミア半島とモルドバ内にあるロシア系・ウクライナ系が『建国』した沿ドニエストル共和国に軍隊を展開しています。


そんなウクライナでは、2/16にロシアが侵攻してくるのではないかという話が独り歩きし、ウクライナ政府が払拭に躍起になる中、国民統合の日と題し、各地で国旗を掲げ、国の色である水色と黄色のリボンを付けるように呼び掛けました。これまでパニックになるだなの情報戦に屈するなだの言っていた中で、いよいよ一歩踏み込まれる可能性を示唆しているのかなとも取れる方向に向きましたけれども、現状軍事演習中のロシア軍は撤退しているとの情報もあり、この記事を書いている現在では何事もなく2/16は過ぎそうです(ただし、現地との時差は7時間くらいあったと思うので、まだまだ予断は許さない)。


ただ、あくまで個人的な意見ですけど、撤退は『死んだふり』じゃないのかなと思えてならんのですよ。確かに撤退は進めているものの、もしかしたらゆっくり下がっているだけで、時が来たらきびすを返して侵攻するのではというパターン。ないしは撤退はしてしまうものの、別の方法でウクライナに攻撃するパターン(一番オーソドックスなのは主要都市への空爆かミサイル攻撃)もあり得るのです。ことさらロシアのプーチン大統領は交渉をアピールしていますけど、向こうがその線を切ってきたと煽ってアクションを起こすことだって十二分に考えられます。言葉は悪いですが、あの国は狡猾なところを持ってますからね・・・。実際クリミア半島やドンバスと呼ばれるウクライナの東南部を攻めているのですから。


この問題が大きく動くのは、北京オリンピックが終わるあたりではないかとも思えてなりません。オリンピック期間中は停戦を呼び掛けているのもあるからですね。そしてロシア自身が組織的ドーピング疑惑を持たれている(今回もその疑いのないはずの選手にドーピング疑惑が沸いてきた)ので、下手な動きをした場合、国際的なひんしゅくを買い、一気にロシア糾弾の動きを見せる可能性もあるので、2/16は攻めたくとも攻められなかったという見方もできるわけです。そうなるとオリンピック後に事を起こすというのが、一番無難な着地ではないかとロシアは思っているのかもしれません。


さて、ロシアは事を起こすのか。それとも和平に向けて動くのか今後の動き次第では、世界が大きく動く可能性もあるばかりでなく、高騰中の石油価格や小麦価格などがさらに跳ね上がる可能性もあるので、予断を許さないです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:12Comments(0)

2022年02月15日

駅から無くなっているもの

全ての駅でそうではないものの、最近駅から消えたものが増えた気がします。一昔前だと、伝言板という黒板に要件を書き込むものが無くなりました概ね1990年代後半~2000年代前半だったように思いますが、この原因は携帯電話やポケットベルの普及に伴うものだったかと。
私がよく利用している列車の一つJR東海では、駅のホームにある時刻表が無くなりましたまだ改札口前にはあったかと思いますけど、これもいずれ無くなるのではないかと不安になってしまいます。またJR東日本では、駅構内から時計が無くなっているそうです。まず山梨県と神奈川県にある22駅で撤去が始まり、将来的には3割の駅で時計を撤去する予定なのだそうです。時計の老朽度合・駅の利用状況・保守メンテナンスの軽減を鑑みて撤去する駅を決めているようです。

構内から時刻表や時計が消えている理由は、これまた携帯電話の普及。特にスマートフォンの普及で検索によって時刻表が出せたり、待ち受け画面に時計表示があることで、そこから確認できるなどで撤去に拍車が掛かっているようです。


実は、この流れに対して不便だと主張している人も何人かいるようですけど、どちらも廃止の流れを押し通そうとしているようです。それだけランニングコストが掛かるものを残すよりかは、無くしてしまった方が安上がりだという考えなのでしょう。
そういえば、みどりの窓口(有人での切符販売窓口)や有人駅も減っています(JR九州では大量の有人駅廃止が発表されている)。これもランニングコスト削減の意味でやってるのでしょうな。


時刻表・時計・有人駅および有人窓口。確かに無くなっても困らないかもしれないでしょうけど、場合によっては重要なものでもあるのです。過度に無くすというようなことが無いよう、運営会社の一定の配慮もあってほしいと思うばかりです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:55Comments(0)

2022年02月07日

モデルナ打って!

これが政府の本音。


3回目の接種に現在全国で奔走しているものの、どうも接種率が上がらない全国平均で5%くらいだったと思うのですが、どうしてこうなった・・・とも思っているわけです。


最初の理由は、皆が乗り気じゃなかった点。オミクロン株が出てくる前は特にそうでした。オミクロン株が出てきても、重症化しないから・・・ということで、副反応を考えると打たない方がいいという選択をした人も多かったからというのもあるのでしょう。
ところが、オミクロン株は重症化の割合は低いものの、罹りやすいことがわかってきた。そして万一重症化した場合、これまでとほぼ同じ重たさになるため、これは打っておかないといけない・・・と考える人が増えてきたようです。

そして出てきた次の理由。1回目・2回目とファイザーを接種してきた人達が、今度もファイザーにしてほしいという流れになってきた。しかし、要望に応えていたらファイザーのワクチンが足りなくなってきてしまった。特に名古屋市では、ファイザーのワクチンが一時的に枯渇しかねない状況にまで陥っているとのこと。ゆえに『ファイザー難民』によって接種率上昇が阻まれてしまったのです。
解決策は、ただ一つ。モデルナへの交互接種推奨を政府が全面に押し出す、昨今の流れになったわけです。

ただ、モデルナへの『悪評』は一向に消えないモデルナの方が重篤な副反応が出やすいということをことさらに言われてしまったのが、いけなかったのでしょう。心臓関係の疾患がファイザーよりも出やすいという報道もありましたね。
しかしながら、ファイザーもモデルナも副反応の割合は、あまり変わらないとのこと(らしい)。交互接種になっても効果が薄れることもないとのことなので、できることなら交互接種が望ましいのでしょう。私のように、1回目も2回目もモデルナだった人間には、逆にこれまでファイザーを打てたことが羨ましいと思うくらい。なので、3回目もモデルナにしようと思います。それこそ、ファイザー接種者で抱いている懸念がモデルナ接種者でも起こりかねないですからね・・・。十分に余裕があるのなら、私はモデルナにします。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2022年01月18日

地方の百貨店が巻き返せるきっかけになるのか

昨今、地方にある百貨店が閉店の憂き目に遭うことが多くなりました。地方都市といっても様々で、県庁所在地にある都市から、東京のベッドタウンにある都市まであるのです。中には県内から百貨店が消えるなど深刻な事態に陥っているところもあるのです。
そんな事態に手をこまねているばかりではなく、何とか現状を維持、脱却しようと立ち向かっているところもあるのです。今日の「NHKニュースおはよう日本」の中で、その取り組みが取り上げられていました。


愛媛県松山市にある松山三越。地上8階・地下1階で構成されているこの百貨店は、大規模な改修を施したのです。
これまでレストランのあった7・8階を高級ホテルに改装し、その下(5・6階)はエステやフィットネスを行える施設に改装したのです。さらに1階を地元の人間が立ち寄れるようなフードコートに改装し、地元料理も提供されることから、観光客も伺えそうな作りになっているようでもあります。なお、従来の売り場は、食料品売り場を除いて2~4階に集約され、規模も小さいものになっているとのこと。
本来なら、最上階にあるレストランで食事をした後、階下の売り場で買い物をするというシャワー効果を狙った作りにするのですが、先述の説明の通り、高級路線・体感路線・地元客の憩いの場に大きく割いて分割し、従来の売り場は1/3ほどにまで圧縮したのです。

ここまで思い切った策を練ったのは、中途半端な改装を止め、徹底的な改装を行わなければいけないと悟ったため。客導線の分析を徹底して行った結果、その結論に至ったのだそうです。1階と立体駐車場にある7階のカメラで服装と持ち物を分析したところ、下の階から入るのは主に地元の人間で、上の階から入るのは主に富裕層という結果が出たからです。

リニューアルオープンから1ヶ月ほど経った現在、来場客数は2倍以上になっているとのこと。この試みは、三越伊勢丹グループも注視しており、この松山三越の政策が成功したら、続々と他の地方でも試されるのではないのかなと思います。


地域ニーズに合わせた百貨店作りというのは、生き残りのために必須だと思います。それでも上手くいかない場合もあるので、ある種劇薬ではあるものの、何もやらずに、はいおしまい・・・というのもあまりに切なすぎます高級路線を維持しながら、庶民路線に立てるか。さらにニーズを上手く見抜ける目があるかが今後の生き残りの課題になるのかもしれません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:13Comments(0)

2022年01月16日

海の彼方で起こる地震や噴火は怖いのだ

今日の夜中、スマホから音が鳴っていた(トイレに行っていたのだ)普段はマナーモードにしている関係上、サイレントになっていて、振動のみのはず。しかも大音量なのでビックリする。聞いていると、どうやら津波警報が出ているらしい。なお、緊急地震速報の音とは違っていた(緊急地震情報の場合は、アラーム音。今回の場合は、チャイム音)ので、大きな揺れが起こるとかではないようだったものの、沿岸部にいるのならすぐに離れないといけないものになります。
慌ててテレビをNHKに切り替えると、津波が発生しているとのこと。どこでそんなことが・・・と思った時、昼間の出来事を思い出したのです。


前日の昼間に、南太平洋にあるトンガ王国で、大規模な噴火が起こったらしい。それに伴い津波の心配があったものの、気象庁は心配は無いと言っていたのです。そうなのかと思った反面、遠方で起こる地震や噴火は気を付けないといけないのです。そう嫌な予感を抱いていたら、後々トンガの噴火が絡んでいるとのことがわかったのです。『読み間違い』をした気象庁を責めるのはナンセンスだけど、過去に大きな地震や噴火で津波が来る可能性を抱かなかった私達にも責任は無いのかなとも。実際、今回の津波は最大1.2mに達していますし・・・。


そのことを思った最大の理由は、もう60年以上も昔、1960年に起こったチリ地震にあります。当然私は当時の状況を知りません。歴史や地理などの授業で習ったレベルです。この時、チリ沖で発生したマグニチュードは9.5と観測史上最大のものになり、チリ国内では多大な被害をもたらしたと言われています。それだけでなく、大規模な津波も発生し、今回のように太平洋上の国や地域にも大きな被害をもたらしているのです。日本も例外ではなく、三陸海岸で6.4mを観測するなど日本国内でメートル観測を叩き出したところが相次いだのです。この津波で死者・行方不明者が142人に達したとされ、遠方での地震を警戒するきっかけになったと言われています。
ちなみに、チリは日本と同様地震国とも言われ、2010年のチリ地震でも日本に津波が到達しています(最大1.45m)

噴火による津波というのは確かに珍しく、近年だと2018年にインドネシアの火山噴火で起こった津波(スンダ海峡津波)がインドネシアに被害をもたらした例があったくらいでしょう。ただメカニズムは地震とほぼ同じなので、そこで起きる津波も警戒しないといけません


なお、トンガでは通信網が復旧しておらず、具体的な被害の実態が明らかになっていません。それでも2000km以上離れたニュージーランドでも音が聞こえ、560km離れたフィジーでも雷鳴のような音がしたというのですから、相当なものでしょうし、津波もトンガで1.2mとは言っているものの、周辺国や地域では0.6m~1.4mほどのものが来ていると言われています。ましてやトンガは標高の低いところが多い国ちょっとの津波でも甚大な被害が出ている可能性もあります(実際家が浸水した報告がある)。在留邦人は今のところ無事のようですけど、具体的な被害が入ってこない限り、何とも言えないでしょう。


とにかく、今はトンガからの情報が配信されない限りは、鵜呑みにできないということでしょうか。古くからトンガとは深い付き合いのある国です。私世代なら相撲の力士になると言ってやって来たこともありました。今なら、かぼちゃの産地としても知られています。何かしらのことができれば・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 19:09Comments(0)

2021年12月22日

勉強ばかりしないで、ゲームしなさい

こんなこと言われる日が来るかもしれない。私もそうあってほしいと思います。


先日、とある会社が出した全面広告が話題になりました。それが表題の言葉です。いわく、過去小説やマンガが毒と言われた時代がありました。しかし、現在では人々の糧になっている。同様に、ゲームもプレイ中の試行錯誤により自己成長ができ、オンライン(仮想空間)で全世界のプレイヤーと分かち合うこともでき、人生を豊かにできるのだと。

この全面広告を出した会社は、ゲムトレというところで、『ゲームのオンライン家庭教師』を生業としています。『ゲームのオンライン家庭教師』とは、ゲームプレイを子供達に指南するという、個人的な言い方になりますけど、結構変わった会社だなと思わせます。

この広告、東京メトロ丸の内線新宿駅のメトロプロムナードに掲載されている・・・だけじゃなかったんです。何と、四国新聞の全面広告で掲載されてもいたのです。この四国新聞というのは、香川県の地方紙、そう今年ネット・ゲーム依存症対策条例が施行されたあの香川県です。
なぜ香川県で掲載したのかは、この条例絡みという面もありまして、ゲムトレの社長さんが幼少期にいじめられていた際、ゲームで救われた(これが会社設立のきっかけでもあるのですが)こともあったから、ゲームを悪と定めた香川県の人達にゲームの魅力を伝えられればと思い、今年10月から掲載を考えていたそうです。
しかし、よく四国新聞で載せられたなぁ(四国新聞は香川県の肩を持つとばかり)・・・と思っていたのですけど、案外四国新聞の方々も好意的に掲載に動いてくれたとのことです。


少しでも今回の条例に対して、香川県の人達の認識が変わってくれればと思っております。中国での例も然り、正直よろしくない法律であることは否めません。節度なプレイを心掛けるようお互いが気を付けるようにするべきで、法で縛ることが是ではないと思うからです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2021年12月13日

南の島で何が起こったのか

南太平洋に浮かぶニューカレドニア。オーストラリアの北東に位置し、オセアニアの中のメラネシアに属しています
ニューカレドニアは1774年にクックによって発見され、1853年にフランス領となり、当初は流刑地として機能していたものの、19世紀後半にニッケル鉱山が発見されて以降はフランスの重要な拠点となりました。その後は、フランスの軍事拠点として重要度が増し、近年は観光業も盛んになっています2008年にニューカレドニアのサンゴ礁(バリアリーフ)が世界遺産になったことも追い風になっています。

しかし、元々はメラネシア系の住民が5万年前にやって来ており、フランスの支配が行われる前は、メラネシア系の後からやって来たポリネシア系の民族との混血(カナック)が大勢住んでいたのです。


第2次世界大戦後以降、フランスからの独立運動が盛んになります。当初はフランス人(白人)から差別されてきたカナック達の文化の復権が主となったものの、フランス側が拒絶したため過激化死者もたくさん出て、ニューカレドニア全土に非常事態宣言が出されるほどになりました。
様々な状況を経て、ようやくフランス政府は、1998年にカナック(独立派)達とヌーメア協定を締結ニューカレドニアの自治と市民権を与え、独自の旗を掲げることも許可されました。そして、3度にわたって独立の是非を問う住民投票を行うことが決められたのです。

これまで2018年と2020年に行われたものの、1回目・2回目共に独立反対が多数を占める格好となりました(1回目は56.40%、2回目は53.3%)。この間にも政権の中で独立派が支持を伸ばし始め、今年7月には3月に起こったニッケル事業売却を端に発して崩壊した政権に代わる新政権を選ぶ議会内選挙で、独立派の政権が誕生することとなりました。


そんな中で先日3回目の住民投票が行われました最後になる住民投票は、独立派が新型コロナウイルスの感染拡大のため準備ができていないとしてボイコットを行ったこともあり、投票率が43.90%と大幅下落(過去2回の投票率は8割を超えていたとされる)したものの、独立反対は過去最高の96.49%を獲得することになりました。


今回の一件を受けて、フランス政府は歓迎とフランス領(海外領土化)の維持は決まったものと受け止められていますが、独立派は先述の理由で結果を受け入れないとし、再び争いの種にならないか心配なところです。


仮にニューカレドニアが独立にかじを切った場合、それはそれで大変なことになっていたと思われます。
まずフランス政府が手を引くことになるので、資金面で苦しくなる可能性があります。ニッケル鉱山があるとはいえ、そのノウハウをフランス人(白人)が握っていた場合、資本も引いてしまう可能性があるからです。また、その資本を引き継ぐ名目で中国が進出してくる可能性があります。中国は軍事面でも強化を図ろうとするでしょうから、地域内に軍事基地を設ける可能性もあります。そうなるとニューカレドニアから近いオーストラリアにとっては脅威となるでしょう。

逆に独立しない道を選ぶとなると、他のオセアニアの地域にも影響を与えるかもしれません。
現在独立を考えている地域がいくつかあり、その中の一つに、最終的にはソロモン諸島への復帰を考えているブーゲンビルがあります。
ブーゲンビルは地政学的にはソロモン諸島の一部とされているものの、列強の統治の中でブーゲンビル島はドイツ領に、ソロモン諸島はイギリス領となりました。後にブーゲンビル島はオーストラリアの委任統治領に組み込まれ、パプアニューギニアとして独立します。この島もニューカレドニア同様に銅鉱山が島の経済のウエイトを占めているものの、本土に搾取される格好となったため、民族的な違いもあり、独立運動が盛んになったのです。
2019年に独立の是非を問う住民投票で結果賛成多数だったことを受け、自治・独立に向けて動き出したものの、ニューカレドニアで海外領土の維持が打ち出されたという事態になれば、パプアニューギニア政府の態度が硬化しして、最高でも自治権までしか得られない可能性もあります。他にもニュージーランドとの自由連合を目指すトケラウも、その流れがとん挫する可能性もあります。


民族の自立というのは、原則として認められるべき案件だとは思います。ただ、今回の住民投票を認めるのは、少々厳しいのではないかと思われます。何せ4割近い人達がボイコットしているのは、少し考えた方がいいと思うのです。そこでフランス政府は、してやったりと独立不可は不可侵とするのではなく、もう一度体制を整えたうえで、住民投票を行うべきではないのでしょうか。いずれにしても2022年に行うのを最後としていたのですから。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2021年10月19日

(令和になって初めての)解散

今日、衆議院議員選挙が告示され、いよいよ選挙戦がスタートしました。
今回は、2019年の参議院議員選挙(これが令和で最初の国政選挙)と同じように野党共闘(立憲民主党・日本共産党(以下共産党)・れいわ新撰組・社会民主党(以下社民党))で統一候補を立てました。一方で野党の中にも、日本維新の会・NHKと裁判してる党弁護士法72条違反で(以下NHK党)のように独自の戦いを行うところや国民民主党のように野党共闘とは一線を画したところ(ただし、国民民主党は国会内ではある程度歩調を合わせている面)もあります。

私の地元の選挙区では、自由民主党(以下自民党)と野党統一候補(立憲民主党)とNHK党の候補者の3人で争われるとのことですが、事実上自民党と立憲民主党の一騎打ちになるでしょう。仕方がないとはいえ面白くはない展開ですわね。こうでもしないと野党は勝てないわけですから、何とも。


ただ、今回は色々な疑惑が噴出している自民党には少々不利な戦いになるかもしれません。岸田文雄内閣発足直後なので、やや支持率が持ち直しているのが自民党にとっては希望になるのかなと。森友学園・河合夫妻選挙違反事件などの不祥事、数多くの強行採決など安倍晋三内閣時代の『負債』を岸田内閣は一手に背負うことになるため、その御祝儀相場を帳消しないしはマイナスに振られる可能性は高いと思います。現状は単独過半数を確保していますが、恐らく公明党と合わせてギリギリ過半数を保てるレベルでしょう(これが岸田内閣の目標というのだから少々情けない)
一方で立憲民主党は解散前よりも伸びるかといえば、さにあらずじゃないかなと。目立つ不祥事があるわけではないんだけど、どうしても10年前のドタバタ劇が鮮明に残っているのと野党になってからも与党を攻め切れていない、再び政権与党を担わせるには不安な要素が多いという点。そして野党共闘はある意味諸刃の剣のようなもので、特に共産党に対するアレルギーの強さが伸びないポイントになってくるでしょう。仮に政権を獲れても共産党は閣外協力という位置付けになるそうだし、必ず党内の齟齬が目立つ可能性が高いとにらんでいます。だからといって、自民党と立憲民主党の二大政党制は、全くごめんですけどね。

そうなるとキャスティングボードを握るのは公明党で、また議席を伸ばすでしょう。小選挙区は全員当選、比例も目標の800万票を集める可能性が十分に高いです。ある意味脅威とも言えます。

野党では立憲民主党に批判的な人達の受け皿で、共産党とれいわ新撰組が議席を伸ばす可能性があります。前者は倍増まではいかないものの、12ある現有議席から微増する可能性もあるんじゃないかと推測していますし、れいわ新撰組に至っては上手く行けば5議席くらい獲るかなとも思います。

独自の戦いを見せるところは明暗が分かれるのではないかと思います。勢力を維持できるか拡大できそうなのは、日本維新の会くらいで、国民民主党は大きく減らす可能性があるでしょう。社民党・NHK党に至っては衆議院議員の議席を失うのではないのでしょうか。社民党は参議院で議席を確保しているのと直近の投票率が2%を超えているため国政政党を何とか維持できるのでしょうけど、NHK党は恐らく国政政党の権利を失うことになるでしょう。勢いで上がってきたところなので、議席を有していた間の不祥事や顛末を見るにつけ、ここに一票を投じたことを後悔している人の方が多いのではないのでしょうか。日本にワンイシュー政党を根付かせなかった罪は大きい。


今回は18歳以上の投票権を得た有権者が初めて投票に行ける選挙になります。コロナ禍の中での選挙なので、行き辛いという方々もいることでしょう。3密を避けたいのであれば、早い時間帯に行くか期日前投票という手段もあります。今回はコロナ対策の是非も焦点になります。自分達の未来も決まる話も出てくるでしょう。未来を託す人が誰なのか、小選挙区ではいなくとも、比例なら入れたいと思うところはあるかもしれません。是非とも投票に行って、未来を託す人を応援してあげて下さい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2021年09月06日

おかげさまで

まずは、ご心配をお掛けしました。


ワクチン接種の件で副反応が出て、大変なことになっていましたが、翌日の朝か昼に計ったところ、平熱になっていました38°Cに上がった時に鈍痛がしてきたので、その際に頭痛薬を飲んだのがよかったようです。
日曜日は平熱だったのですけど、どこも出掛けずに大人しくしていました(熱が上がった原因は、用事で買い物に行ったのがアカンかったんだろうなと推測)。食欲は問題なかったですね。

そして今日、問題無く仕事をしていたのですけど、同じ日にワクチン接種の2回目を受けた人が熱が下がらないということで休む事態になったのを思うと、明日は我が身とも紙一重だったとも思いましたね。たまたま打って1日で熱が上がってきたのがわかって、すぐに解熱してくれただけですから。


副反応の重大さは、打つ前から懸念されていたことではあります。実際私の身にも小さいながら降りかかってきたのですから、他人事ではないとも思います。それでもなお、ワクチン接種は可能な限り打ってほしいものと思います。もちろん、国産ができるまでとか副反応が怖いというのも納得できます。なので、『可能な限り』と言うのです。


これで、しばらくはコロナ対応ができたかなと思っています。だからといって、遠出ができない・観戦所いう対策は引き続き行っていくということに変わりはないですけど、安心感が違うのは事実。うれしい限りです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:53Comments(0)

2021年09月04日

ワクチン接種の副反応が出たようです

今日の朝は大したことは無かったものの、昼以降(少し出掛けたのもあったのか)熱が上がり出し、22時に計ったら、38.0°Cとか言ってますわ・・・。
ゆえに、今日は今書いている記事のみにさせて頂きます。よろしくお願い致しますと共に申し訳ありません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:01Comments(0)

2021年09月03日

【職域接種】コロナのワクチン接種を受けてきた【2回目】

今日、職域接種の枠組みで、新型コロナウイルスのワクチン接種を受けてきました今回2度目なので、前回と同じワクチン接種を受けないといけないため、モデルナ製になります。


SHV47_1547さて、モデルナと言えば、異物混入があったことで話題になったあのワクチン
以前に大丈夫だろうなぁ・・・と書いておりますけど、今回もらった前回接種の書類を確認してみたら、近似値の番号で少し焦る。何せ、あの話題が出た後、以前受けた職域接種でも該当するロット番号があったとのこと。その時には目視で異物が無いか確認しているため、問題無いと判断して接種に踏み切ったのだそうな。とはいえ、マイクロ単位の異物もありかねないので、安心し辛いのも事実ですわね・・・。正直今回の異物混入の件で、(GPS機能のある)マイクロチップがワクチンの中に入っているとかいう陰謀論が変に正当化されないか懸念しております。



そんな懸念をよそに、今回は前回より少し遅く来たにもかかわらず、思っていた以上にスムーズに進んでいました受け手も慣れているからなのかもしれないですね。あらかじめ書類を書いている人も多かったですし。そんなこともあり、予定時刻よりも数分早く接種が受けられましたよ。

今回と前回の打ち手が同じ方ではないので何とも言えませんけど、色々な人が指摘しているように、今回の方が刺さった時の痛みは強いですね。それ以外は、今感じる限りではあまり変わらないですね。ただ、頭がぼーっとした感じよりも強い、身体がほわほわしたような感じがありましたね。このあたりは『誤差の範囲』なんでしょうけど・・・。
それでも、今回は発熱や頭痛などの副反応が前回よりも多く出る(翌日に出る事例として、発熱はおよそ78%、頭痛はおよそ68%、倦怠感や接種場所の痛みに至ってはそれぞれおよそ84%・92%)とのことなので、まだしばらくは気が抜けません土・日に差し掛かっているため、救急病棟で心配なこと以外はゆっくりできるので、少し安心できるかなと思っています。


これで2度ワクチン接種を終え、一安心ではあるものの、それでもなる人はなるし、3度目の接種も議論されているので、今後も感染症対策だけは怠ってはいけないものと思いながら生活していかないと、とも。
皆様も、できることならワクチン接種は受けた方がいいと思います。痛いのが嫌だとかいう私でも受けましたからね・・・。副反応が怖いとか重大な懸念のある反応が過去の接種であった人以外は特にやるべきとも。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)

2021年09月01日

同情はない。あるのは当然だけだ

河村たかし名古屋市長が新型コロナウイルスに感染したそうです。
この一件に関しては、何にも同情しないです。むしろ罹って当然酷い言い方をすれば、ざまあみろと思っただけです。


ご存じの通り、先日東京オリンピックのソフトボールで金メダルを獲った日本代表の一人と表敬訪問した際に、彼女がもらった金メダルをかじったことで避難轟々を浴びただけでなく、その後の対応も燦々たるものだったため、炎上騒ぎにも発展しました。最終的に3ヶ月の給与の自主返納という極めて緩い処分で幕引きが図られたかなと個人的には思っております。元々イカれてた部分はあったのかもしれないですけど、カリスマ的な人気のためにあまりクローズアップされなかっただけで、老害になってきたのも手伝って、河村たかしという人物の『悪行』があぶり出されてしまったんでしょうね。


で、今回河村市長がコロナ感染に至った経緯ですけど、まず彼の特別秘書が8/29に感染したことが判明したことから始まります。その際は、河村市長は濃厚接触者では無かったことがわかったものの、自主的に自宅待機を選択し、同時にPCR検査を受けたとのこと。そして今日出た結果で陽性が明らかとなったそうです。ただし無症状のため、現状では入院などの措置は取られず、当面は自宅療養となるそうです。そのため基本的な公務は副市長が代行し、重要案件で河村市長がリモート参加というふうになります。なお、河村市長は2度目のワクチン接種を7/2に完了しており、8/30以降は自宅待機だったため、公務関係者の濃厚接触者はいないとのことです。


実は、金メダルをかじった件以外でも、緩いマスク着用でも問題視されていたそうで、罹って当然という意見も散見されていたとのこと。見方は違えど、私と同じように思ってた人がいたのね。


今回の一件で、最近の件も含め、過去に起こした自身の不貞を反省して頂くいい機会になって頂ければなと思う限りです。これまでの事象の積み重ねで起こった報いだということ。それだけですわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)

2021年08月26日

モデルナに異物混入

今日、モデルナ製のワクチンの中に異物が混入されていることが明らかになりました。既に茨城・埼玉・東京・愛知・岐阜の5都県で確認されており、一部は既に接種済みとのこと。私自身もモデルナ製のワクチンで接種していたため不安だったものの、たぶん大丈夫じゃないかなと。出ているのが8月中旬の接種に出ているためです。詳細は今度の接種の際に聞くつもりですけど、接種済みの用紙が出てこないんだよな・・・。


今回ワクチンの中に金属片と思しき異物が入っていたため見合わせとなりましたが、どうやって入ったのかはわかっていないようです。恐らくですが、製造の過程で入ったのではないかと思われます。
今回約163万回分が見合わせとなり、代替品をすぐに回すとのことですが、当日打つ予定だった人達は打てなくなってしまったのは事実なので、少なからず影響を与えているのは間違いありません。当然異物が入ったワクチンは廃棄処分となるでしょう。非常にもったいない話でもあります。


今回異物の入ったワクチンを打った場合でも健康被害は無いとのこと。筋肉注射なので血管に入ることは無いとのことですけど、金属片なので、いつ何時悪さをするかわからないですからね。不安ではあると思います。


もう二度と、こんな事態にならないように、製造過程での検査はしっかりしてほしいと思います。目視での検査もしっかりやっているそうですけど、限界はありますからねぇ・・・。むしろ目視で発見してくれた方々には感謝しかありませんよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:44Comments(0)