2020年10月18日

秋の新アニメ2020 その24 おちこぼれフルーツタルト

秋の新アニメ2020、最後になる24回目は芳文社の4コママンガ雑誌である「まんがタイムきららキャラット」で連載中の「おちこぼれフルーツタルト」です。
この作品は、かなり期待されていたようで、まだ連載前にCMが打たれたこともあったそうな。ということは、人によっては、結構な期待作ということなのかな。元々きらら枠は日常枠の位置付けなのでしょうから、皆の目も多く集まることでしょう。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公はアイドルになるために岡山から上京してきた女の子。マネージャーに連れられてやって来たのは、東京でもまだ素朴なところが残る場所にある古い寮。そこには、同じ事務所に所属している売れない女の子達が住んでいた
そして、マネージャーから非情な通告このまま売れ続けないと、今の寮を取り壊すという話。その打開のために、売れない4人がアイドルユニットを結成して、5分間のバラエティ番組で顔と名前を売るという企画に打って出たのだった。



というふう。


初回は、4人とマネージャーが登場と登場人物が多めでしたけど、ちゃんとキャラが立っていたので、お互いの関係がよくわかった回だと思います。ただ、もっと派手さを出してもいいかなと思って見てもいました。現状は、かわいさだけで押し出しているだけなので、もっと個性をガツンと出してもいいんじゃないかなと思います。なお、マネージャーがあの人か(ニヤニヤ)。ほぼそのままやろ、あれ(爆)。


今後は、各キャラクターの性格がもっと引き出せる展開になってくれればと思います。悪くはないけど、このままだと埋没しかねないふうですから、なおのこと。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む

Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)

2020年10月17日

秋の新アニメ2020 その23 おそ松さん

秋の新アニメ2020、23回目は赤塚不二夫さんの「おそ松くん」をベースにした「おそ松さん」の第3期です。
3年ぶりにの新作になりましたけど、2期で正直終わったんじゃないのとかツッコむのは怒られますかねぇ(ニヤニヤ)。過去の人気ほど今は人気があるのと思ってはいるのですけど、今回のようにアニメ化されるということは、まだまだコンテンツとしては死んでいないということなんですね。今回のアニメ化で巻き返せるのか気になるところではあります。


あらすじは続きモノなので無し。3期になっても相変わらずニートな6つ子。その1人が家に帰ると、とんでもない事態になっていることから始まります。


・・・これ、今期から見ている人をぶった切ってるだろう(ギャハ)。1期・2期を見ている人なら十分付いて来れるけど、3期から始めてみる人に、このノリはキッツいよなと嘆いてしまう次第(苦笑)。でも、これでいいのだ・・・とバカボン的なノリで言ってしまっても何の違和感もない(爆)。

まぁ、総じて言えるのが、昨今のご時世を全力で否定しているのにワロタ
新しい6つ子がコンプライアンスに沿って暴力や下ネタなどを禁止した『きれいな6つ子』になってるあたりが、「ドラえもん」に出てくる『きれいなジャイアン』を皮肉ってるとも言えるし、ジェンダーフリーな6つ子とかグローバルな6つ子とか、終盤に出てきた「鬼滅の刃」のワンシーンとか、全方向にケンカ売ってて大丈夫かとか相変わらず思ってしまった。ただ、第1話の配信ができなくなる事態はギリギリ回避できそうですけど(苦笑)。


今後も暴力・下ネタなどの下品オンパレードは相変わらずで、1周回って面白い作品になるのかなと。もう突っ走ってコンプライアンスをぶっ壊すつもりでやっていくんだろうなぁ・・・。うん、それでいいですわ(爆)。
放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


おそ松さん SPECIAL NEET BOX
おそ松さん SPECIAL NEET BOX(第1期)
Blu-rayDVD



おそ松さん ULTRA NEET BOX[Blu-ray]
おそ松さん ULTRA NEET BOX(第2期)
Blu-rayDVD



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

秋の新アニメ2020 その22 まえせつ!

秋の新アニメ2020、22回目はオリジナル作品の「まえせつ!」です。
こちらは、新型コロナウイルスの影響で7月放送が延期になり、今期の放送になったのですけど、「らきすた」のイラストを描いた人が今回イラストになるということで、期待している人もいるのではないかなと。
お笑いをネタにしたアニメということなのか、吉本興業も企画に参加しています。アニメに関わるのは珍しいんじゃないのかねぇ?


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


日々バイトや学業に勤しみながらもお笑い芸人を目指す4人の女子達。彼女達は、お笑いの殿堂でもあるなんばグランド花月を目指し、日々ネタ合わせや実践で奮闘していた。

ある日、母校の文化祭に穴が開いたからヘルプが欲しいと妹から電話が掛かってきた。これはチャンスとばかりに馳せ参じたのだが・・・。



というふう。


今回、彼女達のお笑いシーンよりも、エアバンドを組んで披露するシーンがメインになってしまっており、この子達はお笑い芸人を目指しているんじゃないのと懐疑的になってしまいましたね。まぁ、女子高校生ながらもお笑いの席を持っているコンビとのコントラストでそうなったんでしょうけど、それなら、いっそのこと白けるだけの漫才シーンをしっかり見せた方が、彼女達がお笑い芸人の卵なんだというのがわかりやすいんじゃないかと思った次第。もちろん、エアギターで賞を取ったダイノジの一件を意識したんだろうと思うし、それをディスりたいわけではないけど、なんか違うという違和感を感じたのよね・・・。そもそも論で、お笑いコンビが合同(同じステージに一緒に出演してネタを組むという点)で出演すること事態あまりあり得ないかなと思うのですが、ホントにこの製作陣はお笑い芸人の仕事をわかっているのですかねぇ?

作品そのものは、お笑い芸人を目指すという部分では共感は持てたけど、そのアプローチの掛け方がおかしいというところが目立って、もったいないなと。埼玉県を舞台にしているなというのは、見ていてすぐわかったので、聖地巡礼はハマれそう(笑)。まさか、さいたま市(大宮)にあるあの喫茶店が出てくるとは・・・。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:15Comments(0)

2020年10月16日

秋の新アニメ2020 その21 神様になった日

秋の新アニメ2020、21回目はオリジナル作品の「神様になった日」です。
原作と脚本はKey(ビジュアルアーツ)の麻枝准さん、キャラデザの原案はNa-Ga、製作はP.A.Worksという、「Angel Beats!(エンジェル・ビーツ!)」・「Charlotte(シャーロット)」に続くオリジナル作品3作目になります。本人も結構気合を入れているらしく、これが外れたら終わりだというようなことをおっしゃっていたような。私的には、1作目も2作目も楽しませてもらってますし、P.A.Worksのよさを引き出しているとも思いますね。皆そうだと思いますが、期待作になります。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


高校最後の夏休み、主人公は大学受験に向けて勉強をしていた息抜きでバスケットボールを楽しんでいた。その時、今の世の中には似つかわしい、修道服を着た女の子が突然現れた自分を全知の神と称し。
彼女は主人公にこう言った。この世は、あと30日で終わると。しかし、彼は彼女の言葉を信用していない。そこで、彼女は主人公に様々な予知能力を見せ、先々起こる出来事を完璧に当ててしまう。そして、ひょんなことから彼女を家に招くことになるのだが・・・。



というふう。


初回は、主人公の前に現れた謎の少女が様々なことを巻き起こすのですけど、麻枝さんの作品は初回で突拍子もないことをギャグテイストで絡め取る感じなので、30日経つと終わる世界だと思えないほど、見ていて笑えるものになっていましたヒロインが神ゆえになのか、世間知らずで突拍子が無いので、主人公は振り回され、人をダメにしかねない恐怖を感じてヤバいと思ったのだろうね(競馬の予想が、ことごとく当たっちゃって、彼女が利用されかねんと思って逃げ帰るように店を出たあたりが特にそう)。で、自分の想い人との距離を縮めようと利用(?)したものの、彼女が野球のルールを知らなかったようで、大失敗(ギャハ)。あーやっちゃった、これで終わったな(ニヤニヤ)。


話の流れは、ドタバタしていたけどノリは面白かったし、彼女の超常能力は肌で感じられました主人公はごく普通の少年っぽいので、彼が今後どうなっていくのかも楽しみですね。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:36Comments(0)

秋の新アニメ2020 その20 ご注文はうさぎですか? BLOOM

秋の新アニメ2020、20回目は芳文社の月刊4コママンガ雑誌である「まんがタイムきららMAX」で連載中の「ご注文はうさぎですか?」の第3期になる「ご注文はうさぎですか? BLOOM」です。
こちらは、実に5年ぶりの新作。その間に連載も結構進んだと思うので、ストック十分だと思います。いわゆる癒し系アニメで日常枠でもあるので、早くこころがぴょんぴょんしたい人達がテレビやPC・スマホの前で正座しているところまで見えた(爆)。ちなみに、地上波・BSではプライムタイムでの放送なので、明日早起きの人も安心(ニヤニヤ)。


あらすじは続きモノなので無し。主人公が街に移り住んで2年の夏が過ぎ、ラビットハウスの緩やかな日常は相変わらずのまま、何か新しいことができないか模索中のところから始まります。


1話からラビットハウスの3人は相変わらずなので、ここから見た人も安心して彼女達の性格などがわかるのではないかなと。主人公は、どこか抜けてるところがあるし、軍人の娘の顔を持つ主人公の仲間は、クールながらもどこか一本ねじが抜けてるところがあるし、オーナーの娘である主人公の仲間は、見ていてほんわかさせてくれる。ああ、いつものごちうさだ(ギャハ)。
あまりにほんわかし過ぎて、この作品何を訴えたいアニメだっけとか考えてしまいそうなんですけど、まぁいいか、癒されれば・・・と、この作品の『毒牙』に掛かってしまうのでした(ニヤニヤ)。
いやね、もう頭の中を空っぽにして、3人のほんわかほのぼのした雰囲気を楽しめれば、他は何もいりません今期も血生臭かったり、スプラッタなシーンがわんさか出てきたり、謀略と策略がうごめいたりする作品が多くて、頭と心が疲れちゃうんですよ・・・。せめてこの作品だけでも、そうならないでほしいなと思いつつ、あーこころがぴょんぴょんするんじゃー(笑)。<これ、もうレビューから逃げてるな。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


ご注文はうさぎですか? Blu-ray BOX
ご注文はうさぎですか?
Blu-ray BOXDVD BOX



ご注文はうさぎですか?? Blu-ray BOX
ご注文はうさぎですか??
Blu-ray BOXDVD BOX



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:52Comments(0)

2020年10月15日

秋の新アニメ2020 その19 安達としまむら

秋の新アニメ2020、19回目はKADOKAWAのレーベルである電撃文庫から発売されているライトノベル月刊誌「電撃文庫MAGAZINE」で連載中の「安達としまむら」です。
今期の中で注目作と思っている作品の一つで、作者の関係で岐阜県が舞台になっているようですから、岐阜や名古屋も描かれるらしい。あと日常系の百合モノということなので、その手の作品が好きな人も注目しているんじゃないのかな。個人的には「電波女と青春男」以来なので、かの人の作品の持つ独特のレトリックをどう表現するのかも楽しみですね。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、ごく普通の高校生。ある時授業をサボって向かった体育館の裏で一人の女子と出会うどうも同じ学年の生徒ではあるのだが、友人でもない距離感を丁度良いと思っていたことから、緩い関係で付き合っていた


ある時、主人公の知らない友人と一緒に帰っているあの子に出会う。それ以降2人の関係に微妙な空気が流れて・・・。



というふう。


初回は2人の出会いを描いているのでしょうけど、もうちょっとその出会いにインパクトが欲しかったかなと。全体的に穏やか過ぎてて淡々としていることから、少し波風立ててもいいんじゃないかいなと思ったり、むしろ2人と関係ない謎の存在(宇宙人?)がメインを張っているので、話の導線がおかしくなりそうに・・・(汗)。


話としては緩い(爆)。淡々とし過ぎてもう少し何とかならんかいなとは思っていたものの、話としては悪くないので、今後2人の距離がどう縮まるのかが気になりますな。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:48Comments(0)

秋の新アニメ2020 その18 キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

秋の新アニメ2020、18回目はKADOKAWAのレーベルである富士見ファンタジア文庫から刊行されているライトノベルが原作の「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」です。
この作品もCMが頻繁に打たれていて、印象的なシーンが多かったかなと。個人的には主題歌も悪くないかなと思っています。最近CDを買っていないので、チャンスがあれば買おうかいなぁ・・・。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


科学技術が驚異的に発達した帝国と超常の力で動かす皇庁という2つの大国が、100年にわたりお互いの存在に異を唱え戦争を続けていた

ある時、最年少で帝国の最高戦力となった主人公は、ある大罪を犯し、名誉をはく奪されていたのだが、氷禍の魔女と呼ばれる星霊使いの拘束を条件に釈放される。その後、彼は前線で魔女と出会うのだが・・・。



というふう。


初回は、いわゆるボーイミーツガールモノではあるのですが、戦闘シーンの中で出会うという、展開としてはよろしくない印象を持って出会うわけですね。「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」のワンシーンを思い浮かべるとわかりやすいのかな。お互い剣と魔法(超常の力)でバチバチとなるのですけど、ひょんなことからお互いの素の部分を出してしまうことになって、そのモヤモヤが中立都市というお互いが火花を出してしまうとえらいことになる場所で、一気に昇華されてしまう・・・という流れなのかなと。
主人公は仮釈放的な身なのに中立都市とかうろつけるのかとか中立都市とはいえ敵がいるのですから下手に出会うと監視の目が・・・とかとかツッコみたくなるのですけど、ヒロインも護衛が一応いるとはいえ中立都市にのこのこ出てきてしまうのですから、危機管理能力云々かんぬん(苦笑)。まぁいいか、話の流れをぶった切ることは考えない(ギャハ)。


今後、お互いの素の部分をさらけ出してしまった2人が、互いの想いをどう伝えていくのか、そして争うお互いの国をどう治めるのかがポイントでしょう。そう考えると、「ロミオとジュリエット」も混ざってるのか、この作品。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:11Comments(0)

2020年10月14日

秋の新アニメ2020 その17 ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN

秋の新アニメ2020、17回目はKADOKAWAのメディアミックス企画の「ストライクウィッチーズ」の第3期にあたる「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」です。
実に10年ぶりの第3期。その間に劇場版・OVA・スピンオフ作品と小刻みな展開をしておりました。滋賀県の自衛隊にも採用されたのですが、あの格好のせいで・・・。
今回で3期目になりますが、この先に別のシリーズが控えているようなので、もしかすると、この3期でストライクウィッチーズシリーズとしては終了なのかもしれません。


あらすじは続きモノなので無し。人類の敵との戦いが続く中で、ベルリン奪還作戦が進められようとする中、主人公は作戦開始までの間、医学部への短期留学が認められ、勉学に励んでいるところから始まります。


この作品、大勢のキャラが登場してくるのですけど、初回はあくまで主人公とその憧れの人で先輩にあたる人だけに絞って展開されていました。他のキャラも登場はするのですが、あくまで顔見せ。そりゃ久しぶりの新展開ですから、やり方としては間違ってないですね。既存ユーザーにとっては歯がゆいのかもしれませんけど、久しぶりに見るという人や初めて見る人には、話がとっ散らからないのでいいと思います。もう少しだけ、過去のあらすじや現状を語ってほしいかなと欲を言えばあったんですけどね。


先程も書きましたけど、登場人物を絞ったおかげで、話の流れがわかりやすくなり、現状も少しだけ見えたかなと思います。少し淡々とし過ぎたかなとは感じたものの、丁寧な作りだったので、気にはならなかったです。
今後は、他のキャラも登場してにぎやかになるでしょうけど、話の筋はきちんとしてもらえるとうれしいですね。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


ストライクウィッチーズ コンプリート Blu-ray BOX(初回生産限定版)
ストライクウィッチーズ コンプリート Blu-ray BOX



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)

2020年10月13日

秋の新アニメ2020 その16 くまクマ熊ベアー

秋の新アニメ2020、16回目はオンライン小説サイトの「小説家になろう」が原作で、主婦と生活社のレーベルであるPASH!ブックスから刊行されているライトノベルの「くまクマ熊ベアー」です。
主婦と生活社ではコミカライズも行われており、かなり注力されているようです。また、テレビアニメ化が決まった際も結構な頻度でCMが打たれていて、見る限りにおいては、かなりのほほんとした感じの作品なのかなと思って見ていました。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、悠々自適な引きこもりで、十分以上な素質のあるデイトレーダーでもある少女彼女はVRMMORPGの廃人的なプレイヤーでもあり、何かあればその中にダイブしてプレイしていた。
オンライン上の彼女の格好は、かなり奇抜で、熊の着ぐるみに熊の手袋、そして熊の靴といったふう。さらに繰り出される魔法も熊形態ならかなり強い召喚できるのも熊といった、熊にこだわったものになっていた。


そんな彼女が、ある日いつもプレイしているゲームの中に入ると・・・。



というふう。


初回は、彼女がご執心のVRMMORPGの世界での出来事を描いたものなので、1話を丸々イントロダクション的に使ったとも言えるでしょう。そのためなのか、元々そうだったのか、かなりシリアスな展開になっていましたねぇ。その中であの熊の着ぐるみのような格好なので、そりゃ浮くわいな(苦笑)。
でも実力は折り紙付きホントは結構強いのに、ギルドの皆は何も言わないのは、強いかなと思っていても、彼女でも手に負えないと思っていたのだからなんだろうけど、結構無茶やってるのに、勝って帰ってきている経緯を考えれば、そこまで心配する必要はないかなとも思ったんですけどねぇ・・・。まぁ、わからんでもないけど、少し気になったところでもあります。
そしてチート級の彼女の強さ現実世界でもデイトレーダーとして才能を発揮しているのだけど、オンラインの世界では打撃や魔法とかの能力も類稀なる能力を持っているようで。


初回は主人公の恐ろしいほどに高能力を発揮しているのですが、他の作品もよく似た展開を見せているので、個性が上手く発揮できていないかなと。次回以降で勝負というふうなんでしょうけど、展開がありきたりだと、逃げられちゃうんじゃないかと心配になってきます


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:17Comments(0)

秋の新アニメ2020 その15 アサルトリリィ BOUQUET

秋の新アニメ2020、15回目は人形造形などに力を入れている会社であるアゾンインターナショナルと創作集団acus(アカス)が手掛けるメディアミックス作品「アサルトリリィ」のアニメオリジナル作品「アサルトリリィ BOUQUET(ブーケ)」です。
この作品は、アクションドールから端を発しており、ノベライズ化や舞台にもなっています。当初はアニメ・ゲーム・コミカライズの予定は無かったものの、今回のようにアニメ化がなされ、配信時期は未定なものの、スマホアプリとしても登場予定です。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


謎の生命体の出現によって破滅の危機に瀕していた近未来の地球。全世界が謎の生命体に対して団結し、科学と魔法の力を秘めた決戦兵器を開発し、それらを遂行するための養成機関を各地に設立した。

最も名高い養成機関である女学院に合格した主人公は、かつて自分を助けてくれ、入学するきっかけにもなった女性と再会するのだが・・・。



というふう。


作中で戦闘シーンが出てきているせいもあるのか、話の展開が早く感じられ、登場人物もやや多めなので、少し見逃すともうわからない(汗)。制服のせいもあるのかもしれないのですが、見わけも付けにくい。戦闘に関しては、もう少し先でもいいんじゃないのかなと思ったのですが、1クールしかないからね(ニヤニヤ)。

今後は、もう少し話を落ち着かせてくれないと、わからないまま話が進行してしまいかねない。せっかく大規模なネット体制を組んだのに、地方によっては、この作品にかなり期待をかけていた人もいるでしょう。だのにこれでは・・・となりかねないです。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:14Comments(0)

2020年10月12日

秋の新アニメ2020 その14 ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会

秋の新アニメ2020、14回目はKADOKAWAのレーベルであるアスキー・メディアワークス、バンダイナムコアーツのレーベルであるランティス、サンライズの3社共同プロジェクトで展開されているラブライブ!シリーズの最新作「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」です。


SHV47_0415以前から、写真のようにアミューズメントゲーム内で登場しているなど、メディアミックスの効果は出ていると思うので、今回かなり期待していた人も多いのではないかと。舞台はお台場だそうですけど、注目すべきはキャラシリーズ初の外国人キャラや同じく素顔を出さないキャラといった、これまでとは奇抜な変わりように、皆付いてこれるのか心配にもなってきた(苦笑)。



あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


東京・お台場にある虹ヶ咲学園。自由かつ専攻の多い学風で各分野にはばたく人材が集まるため、人気を博していた。
主人公もそんな学園の生徒として友人と過ごし、いつもと変わらない生活を送っていたある日、圧倒的なパフォーマンスを見せる生徒を見掛け、スクールアイドルの魅力に取り付かれてしまう
そして、虹ヶ咲学園にもスクールアイドル同好会があるということを知り、同好会のある部室に向かったものの、同好会は生徒会長の手によって既に廃部になっていた・・・



というふう。


初回は、主人公とその友人がスクールアイドルに出会って、自分達もそこに入部(同好会なので入会)しようと思ってたら生徒会長に握り潰されていたという流れなんですけど、思っていた以上に静か。まぁ、ラブライブ!シリーズは過去2作品とも静かな幕開けでスタートしているので、今作もそれに倣ったとも言えるわけです。
最初からたくさんのキャラを出すと、話がとっ散らかってしまい、わかりにくくなることをよくわかっているなと思わせる一方、あまりに静かな展開になっているので、もう少し動きを加えてもいいかなとも思いましたね。彼女たちが憧れるアイドルが生徒会長の前に出てきて、何かしら一言述べるとかの動きもあってもよかったかなとも。


結論としては、まだこれからなので少し様子を見ようというふうですかね。過去2作品は3話以降で大きく動いているので、もしかしたら今回も・・・となるかもしれません。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:27Comments(0)

秋の新アニメ2020 その13 神達に拾われた男

秋の新アニメ2020、13回目はオンライン小説サイトの「小説家になろう」が原作で、ホビージャパンのレーベルであるHJノベルズで刊行されている「神達に拾われた男」です。

いわゆるなろう系の作品、主人公は子供というふうで、まぁよくある話といえばそれまでかなと思って見ておりますが、話の展開次第では面白くなるんじゃないかなと思って見ていきます。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、超ブラック企業に勤めていたシステムエンジニアで、就寝時のくしゃみが原因で死亡したが、異世界の神達の計らいで、魔力不足に陥っている異世界への魔法力補充の際に、その世界へ転生してもらう

神達から大きな加護をもらった主人公は、異世界で見付けたスライムをきっかけにその研究に没頭する。気が付けば、自分の住み家には総勢1000匹を超える何種類ものスライムが居つくことになった。


ある日、主人公の住み家のそばにある森で、侯爵とその護衛達に出会う盗賊に襲われたことにより、護衛の一人がけがをしていたので、住み家に迎え入れることになったのだが・・・。



というふう。


初回に関しては、主人公の生い立ちと現在の生活がメインで、あくまで侯爵と護衛達というのは添え物レベルという扱い。ただ、生い立ちが語られるのは、少し経ってから。それでも普段はクールというのか無感情な主人公が、自分の死に様で激しく動揺しているのが何ともギャップのある(苦笑)。
そうはいっても、基本的に話の流れは淡々としたもの主人公の生活を表したかのような淡々さ(苦笑)。侯爵家のご一同がスライムを使役している主人公にいぶかしがりながらも、結局は助けてくれたのだから悪い人ではないようだと気を許しているあたりに、危機管理能力云々と言いたくはなるものの、確かに悪い人じゃないからいいか(爆)。あまり気にし過ぎると話が進まなくなるし(ギャハ)。


今後、主人公に色々刺激が入るようなので、少し話がにぎやかになってくれるかな・・・にぎやかになってくれないと、この作品がなぜウケたのかわからなくなるわい(爆)。
放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:57Comments(0)

2020年10月11日

秋の新アニメ2020 その12 トニカクカワイイ

秋の新アニメ2020、12回目は小学館の週刊マンガ雑誌である「週刊少年サンデー」で連載中の「トニカクカワイイ」です。
この作品は、「ハヤテのごとく!」でお馴染みの畑健二郎さんが描いている連載マンガ。サンデーは普段読んでいませんが、この人の作品はよく知っております。少年誌らしいピュアでプラトニックな恋愛模様を描かせたら上手い人だと思うので、期待しております。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、NASA(アメリカ航空宇宙局)と同じ名前を付けられた男。名前負けしないために猛勉強をして、超秀才の高校にもA判定で受かるほどの実力になっていた。

いよいよ高校受験を迎えんとしていた頃、彼はある少女に出会う。トニカクカワイイと一目惚れしたものの、彼はトラックにはねられてしまう。それでも必死の思いで彼女に告白したのだが、彼女は結婚したら付き合うと言い、彼は即座にOKしたものの、その後気絶。そして意中の彼女は彼の下から消えたのだった。

入院がきっかけで高校受験に失敗し、中学浪人も経験し、行きたかった高校にも受かったものの、燃え尽きてしまった彼にとってはどうでもよかったのか、辞退してしまう。その後はフリーターとなり、コンビニバイトで彼女を探す日々を送るのだが、突然彼女が彼の家にやって来て・・・



というふう。


まぁ、主人公のたどる運命が、自分の招いたものとはいえ、波瀾万丈ですわ。その一途な思いが叶って、最終的には結婚できたわけですけど、妻になるヒロインは、どこかミステリアス。そもそも論で、なぜ彼女は主人公をかばっても死ぬ、少なくとも重症に至らなかったのはなぜか。そして失踪した理由は何か最後にちゃんと語られるのか、それとも謎のまま終わるのか。仮に後者になった場合、それを気にしないほど主人公夫婦の愛が、どのくらい熟成するかで評価のされ方が変わってくることでしょう。まぁ何だかんだで面白い作品ですよ。主人公のウブさは見ていてニヤニヤしてしまうわ(笑)。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:23Comments(0)

2020年10月10日

秋の新アニメ2020 その11 魔法科高校の劣等生 来訪者編

秋の新アニメ2020、11回目は小説家になろうが原作で、後にアスキー・メディアワークス(現在のKADOKAWA)のレーベルである電撃文庫から出ているライトノベルの「魔法科高校の劣等生」の族異変になる「魔法科高校の劣等生 来訪者編」です。
第1期になる「魔法科高校の劣等生」がアニメ化されたのは2014年で、実に6年ぶりの続編になります。いわゆるなろう系の走りの作品なわけですが、今はなろう系の乱立で、この作品をなろう系とは思わないでしょうね。しかも今のなろう系は、異世界に転生する、ごく普通の人間が主人公ですからね。


あらすじは続きモノなので無し。朝鮮半島にある軍事都市と艦隊が落とされた事件から数ヶ月後、クラスメイトの転校に伴う送別会を開いた主人公達その翌日には、1人の転校生がアメリカからやって来たものの、その転校生が主人公に対して何かを調べているのではないかというところから始まります。


いきなり始まった感があるので、過去の出来事などこれまでの主人公達の足跡が十分に追い切れていないかなと。6年のブランクがあるのですから、もう少し既存ユーザーも含め、見ている人達への配慮が欲しかった気がするのですけど、話数少ないんじゃと言われると言い返せない(苦笑)。
まぁ、主人公のことを結構調べている転校生がやって来て、CMでも流れていましたけど、劣等生のふりをしているんじゃないのとツッコまれると、主人公も返す刀で、確かにそう見えるかもしれないけど、実際にその扱いなのだから仕方ないという趣旨の発言をして相手をけん制してるんですよね。この言葉の巧みさも主人公のクールかつクレバーな部分だと思うのですけど、見どころが現状それだけなのも・・・。
この先、前期のような派手な戦闘シーンも出てくると思うので、そこまで待ちましょうか。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:03Comments(0)

秋の新アニメ2020 その10 無能なナナ

秋の新アニメ2020、10回目はスクウェア・エニックスから刊行されている月刊マンガ雑誌である「月刊少年ガンガン」で連載中の「無能なナナ」です。
タイトルやキービジュアルを見る限りは、能力者の中に無能力者が入って来てというのはわかりますけど、肝心の内容がわからない。原作未読なのでなおのこと。ノーマークではありますが、期待はしています。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


孤島にある不思議な学園。この学園は様々な能力を持った人間達が、人類の敵になる怪物を倒すために養育される施設だった。その中で、一人の少年が学園内で浮いた存在になっていた。能力は持っていたものの、簡単に表に出せるものではなかったため、周りから無能だとバカにされていたのだ。

ある時、転校生がやって来る。男女1名ずつやって来たのだが、そのうちの女子の転校生は、彼に対して興味を持つ。そのことがきっかけで、少年は自身の能力を発揮するのだが・・・。



というふう。


てっきりクラスの少年が主人公だったと思ったら、転校生の一人である女子が主人公らしい。『ナナ』となっているので、少年も『ナナオ』だし、無能と呼ばれてるんだし、そうミスリードしちゃうじゃん(ニヤニヤ)!というわけで、転校生の女子が主人公だったわけですけど、最後の最後にキッついどんでん返しですわい。

ちょろっと書きましたけど、主人公だと思った少年は主人公ではなく、本当の主人公は転校生の少女(と思われる)。さらに無能と思われた少年は、実は結構重要かつ高い能力を持った人間で、人の心を持つ能力を持っていると思われた少女は、実は無能力者という視聴者をあっと言わせる展開にしてくれました。そして、主人公達能力者を強烈に恨んでいると思しき無能力の少女が今後場を引っ掻き回すんだろうと思うんですけど、この1回目が出オチ的展開にならないかなと心配しております。あまりにインパクトが強過ぎるもの。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 21:21Comments(0)

2020年10月09日

秋の新アニメ2020 その9 いわかける! -Sport Climbing Girls-

秋の新アニメ2020、9回目はCygames(サイゲームズ)の提供するマンガ配信サイトである「サイコミ」で連載中の「いわかける! -Climing Girls-」が原作の「いわかける! -Sport Climbing Girls-」です。
スポーツアニメというジャンルは数あれど、昨今人気の出てきているボルダリングが入ったスポーツクライミング(リードクライミング・ボルダリング・スピードクライミングの種目をこなすのが一般的)を描いたものは珍しい。ともすれば、ルールがわからないと楽しめないのが、マイナースポーツの難点ですけど、払拭できるのでしょうか。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、無類のゲーム好きだった女子高生。あまりにゲームにハマり過ぎたため、行ける高校が無くなってしまうことを危惧した彼女は、ゲームを捨てて猛勉強し、何とか高校に入学することができた。

ゲームに代わる、ハマれるものは無いかと色々な部活を物色していた中、カラフルな石の付いた人工壁を見付ける。それが、彼女とスポーツクライミングとの出会いだった。



というふう。


1回目は主人公の驚異的な能力がメインで描かれ、ライバルになるスポーツクライミング部の仲間との入部を賭けた一戦になるのですけど、はっきり言って素人がここまできんわ(爆)。何でここまでできたのかというと、彼女のゲーマー、特にパズルゲームで培った洞察力というものでしょうか、そいつでルートを割り出して登っていくのだそうな。尋常じゃないし、普段運動らしい運動していない主人公が、そこまでやったらライバルの部員の子も怒り心頭ですわな(苦笑)。


少々荒唐無稽な部分はあるものの、スポーツクライミングの基本的な部分はわかるようになっていましたね。今後はライバルを含めたスポーツクライミング部の仲間達とのふれ合いが待ってるのでしょうけど、翌日に大会ってアカンやん、新人に酷させるの(ゲラゲラゲラ)!


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

秋の新アニメ2020 その8 戦翼のシグルドリーヴァ

秋の新アニメ2020、8回目はオリジナル作品の「戦翼のシグルドリーヴァ」です。
この作品も7月に放送予定だったのですけど、新型コロナウイルスの影響で秋に延期になりました。春先からガンガンCMを放り込んでいたので、「100万の命の上に俺は立っている」同様、バツの悪い展開に(苦笑)。夏のアニメの時にもオリジナル作品ということで結構注目を浴びていたかと思いますけど、乱立する秋アニメの中でも、その注目を浴び続けることができるのでしょうか


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


2020年、突如地球上に現れた謎の物体によって人類は窮地に追い込まれる。しかし、『神』の指示により、人類は謎の物体とほぼ対等に戦うことができるようになる。

それから5年後、世界各地に戦乙女と呼ばれる謎の物体を討伐できる女子達が世界に配置された。その中で、戦いの後に自分以外の仲間を失ってしまうため、死神と呼ばれた主人公は、欠員補充のために日本の館山基地にに派遣されることになる。
彼女の見た館山基地は、腕はいいが、どこかおかしくて明るく開放的な仲間達のいる場所だった。しかし、その雰囲気に馴染めなかった主人公達に、海上に現れた敵襲討伐の指令が下る



というふう。


初回は1時間のスペシャル放送となりました。
最新鋭の飛行機の中に飛んでくるのが、何とレシプロと呼ばれる双翼の飛行機。まぁ、結構旧式で、第1次世界大戦が終わって以降はほとんど飛んでない代物じゃなかったかと。他の飛行機もアナログなもので、何ともキッついコントラストやのう・・・と思う次第。
で、シリアスな展開というのは序盤の10分弱で、後は長~いギャグパートです(ギャハ)。ギャグパートというのは失礼か。コメディタッチな展開になっております。あまりにシリアスな部分とのギャップが大きすぎて、大丈夫かこれと言いたくなったほど。
それでも、各キャラの特徴を前面に押し出し、どんな役割を持たせているのかが非常によくわかるように作られてましたね。見せ方としては、コメディタッチの中でありながら真剣かつ分かりやすくしていました。ほぼ満点でしょう。


今後は、変わり者の多い館山基地に馴染んでいく主人公が、どう変わっていくのかがポイントになるのでしょう。初回でもまま丸くなっていますけど、より馴染んで丸くなり過ぎてしまわないか心配です(ニヤニヤ)。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:17Comments(0)

2020年10月08日

秋の新アニメ2020 その7 魔女の旅々

秋の新アニメ2020、7回目はAmazon Kindleの自費出版小説が原作で、後にSBクリエイティブから刊行しているGA文庫で連載されているライトノベルになった「魔女の旅々」です。
原作は読んだことは無いのですけど、キービジュアルを見る限り、面白そうな作品だなと思っています。意外にも、キービジュアルは大事で、この中で躍動感やかわいらしさなど作品のファクターとなる部分が垣間見せられないと厳しいものになるんです。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、魔女になりたいため猛勉強し、14歳という史上最年少で魔法使い見習いになる資格を得た少女。しかし、あまりに異例なことでもあり、大きくない国の中での出来事でもあったため、彼女が修行を付けてもらうよう方々の魔女にあたるものの、全て断られる有様だった。

そんな中で、彼女を唯一受け入れてくれたのは、どこか訝し気な魔女すんなりと受け入れてはくれたものの、なぜか修行ではなく、雑用ばかり不満はあったものの、いつか魔女になる日を信じて、黙々と師匠になる魔女の依頼をこなすのだが・・・。



というふう。


この回で、この作品のポイントである出会いと別れが凝縮されていると思いました。
まず師匠となる魔女の出会いが描かれ、その魔女というのが主人公に魔女になる覚悟を見せるため、あれこれいじわるをするわけですけど、どうも両親の差し金らしい。魔女なのにワイロをもらってるんだよな(ニヤニヤ)。自分は卑しい人間じゃないのに・・・とか言って、ちゃっかりもらってるわ(爆)。どこかの国のお偉いさんなのにね。
さて、主人公は魔女との決闘を挑まざるを得ない格好になり、最終的に負けるものの、ここで真相を知るわけですわ。覚悟を知るためとはいえ、主人公のまっすぐな気持ちを知り、和解。その後は主人公の弱点を察知してそのことを教え、主人公に魔女のイロハや心得、さらに生きる術を教えるなど、短い時間ながらもきちんと凝縮させて見せており、よくできているなぁと感心しきり。
そして別れ。主人公のように胸アツな展開になりましたよ。1話でこれだけ感動できたのはなかなかない。
あ、主人公はちょっと高飛車なところがありますわ(ギャハ)。お母さん、あなたの言い付けが守られていないようですよ(ニヤニヤ)。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:40Comments(0)

秋の新アニメ2020 その6 ドラゴンクエスト ダイの大冒険

秋の新アニメ2020、6回目は集英社の週刊マンガ雑誌である「週刊少年ジャンプ」で連載されていた「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」です。
連載そのものは1989年~1996年と異例のロングランとなり、1991年にはテレビアニメ化もされています。そのため、今回が2回目のアニメ化となります。昔見た記憶がありますけど、はっきりと覚えてない(苦笑)。ただ、あの頃子供だった人間には印象に残っている作品でしょう。
なお、ドラゴンクエストを原作にしたアニメは、もう一本あり、「ドラゴンクエスト 勇者アベル伝説」としてフジテレビ系で放送されました。作品そのものはマンガの原作が無いオリジナル作品で、1年程放送していたかと。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、孤島に住む養父となっているきめんどうしに育てられた人間の少年。きめんどうしに魔法使いになるための特訓を受けているものの、からっきし成長せず、自身は勇者になりたいとせがむほど。

ある日、勇者と思しき人が乗った船がやって来た。しかし、不穏な様子を知った養父は、その存在にいぶかしがっていた
その思いは的中。彼らは主人公になつくゴールデンメタルスライムを捕まえんとした盗賊くずれだったのだ。



というふう。


当時の内容をあまり覚えいない(当時の作品は配信されていたらしいが見ていない)ので、さらな気分で見られましたが、面白かった少年マンガだったんだということがわかる展開スピーディーながらも要所はしっかりと抑えているし、主人公の熱血漢でピュアな性格もわかりやすく表現しています。手の掛かる子ではないものの、勇者になるとせがむ主人公に対して頑固なほど魔法使いにさせようとする養父の行動もわかりやすいし、島のモンスターも主人公によくなついているのがよくわかります。結果的に初回の中で主人公の立ち位置や強さがしっかりと描かれていましたね。
あと、モンスターがきれいに描かれていた。見て作品の崩れは無いふうに感じます。


今後、新しい仲間や魔王の復活などが描かれていくのでしょうけど、原作通りの展開になるのか、原作からオリジナリティを出していくのか、楽しみな部分ではあります。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


ドラゴンクエスト ダイの大冒険 (1991) Blu-ray BOX
ドラゴンクエスト ダイの大冒険 Blu-ray BOX
※1991年の作品です。




人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:47Comments(0)

2020年10月07日

秋の新アニメ2020 その5 キングスレイド 意志を継ぐものたち

秋の新アニメ2020、5回目は韓国発のゲームアプリ「キングスレイド」が原作の「キングスレイド 意志を継ぐものたち」です。
この作品は、ゲームの内容とは若干違うようで、アニメオリジナルの展開を見せるとのこと。そのため、アニメオリジナルのキャラが登場するそうです。まぁ、原作を知らないので何とも言えないですけどね(苦笑)。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


100年前、魔界より現れた魔王による侵攻に端を発した戦争が、国王によって討伐されて以降平和を謳歌していたものの、街外れに魔族の出現を聞き付け、討伐隊が編成された。
しかしながら、待っていたのは魔族によって討伐された報告と稽古を付けてくれた施設出身の幼馴染みの行方不明という報告だった。主人公は彼を探すため、同じ施設仲間で幼馴染みの神官の女子と共に旅に出るのだった。

同じ頃、人間によって蔑まれたダークエルフの不穏な動きが起こる中で・・・。



というふう。


この作品、1回目は二局面で描かれているため、話の筋がわかりにくかったなというのが正直なところ。ただ、この二局面で描かないといけないほど、人間とダークエルフの対立構造が見えてこないんだと思うんですね。正直、最初は人間側だけを描いて、次回ダークエルフ側の事情・・・でもいいような気がしましたけどね。そうすると話数が足りないんでしょうなぁ。複雑ながらも面白くなりそうな展開になりそうですけど、残念です。

話そのものは、それ以外ならまぁまぁ面白いかなと。仲間想いの熱血漢とかいがいしい部分も見えた幼馴染みの女性という雰囲気ですかね。
メインになったのは、ダークエルフ側のようで。人間(王国)の貴族に雇われた兵隊達にもう一人の主人公となるアニメオリジナルキャラの兄妹が所属しているようです。いつでも王国に対してクーデターを起こさんとしているふうですが、雇った貴族というのもきな臭い人で、彼らを利用しているだけじゃないかとも思えるんですよ。魔族と繋がっているんじゃないかと思いましたが、もしかするとダークエルフ側は知らない(貴族の方が繋がっているだけ)かもしれないですね。


先程も書いたように、複雑ながらも話としては悪くないので、次回以降の展開が楽しみです。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:17Comments(0)