2021年06月09日

4年ぶりの福島へ 後編

SHV47_12754年ぶりの福島市、そして4年ぶりの飯坂温泉です。
まずは飯坂温泉駅から。ここでデーンと登場するのが、温泉むすめの飯坂真尋(まひろ)。時刻表にもなっている掲示の裏側が、こんなふうに変化したとは・・・。



SHV47_1276駅に出たら、駅前のモニュメントが飯坂真尋さんの数々のシーンが載ったものに変わってた。これには駅前に立つ松尾芭蕉さんもビックリしたことだろう(笑)。



SHV47_1277観光協会の前にあった自販機も飯坂真尋仕様に。右側は、各地の温泉むすめのミニキャラバージョン。



SHV47_1278同じく左側は、各地の温泉むすめの等身大バージョンに。どちらも福島担当の飯坂さんがわかるようにアクセント(福島という吹き出し)が付いています。



SHV47_1279以前に行った旧堀切邸のそばには、鯖湖神社があります。ここは飯坂温泉発祥の地とされている場所のようで、そのために建立されているのではないかと。2世紀から鯖湖の湯という温泉があることで知られ、ヤマトタケルノミコトも入ったという伝説も残っているほど。



SHV47_1281そして、飯坂温泉に福島ユナイテッドFCの自動販売機が。
アマチュアチーム時代から応援しているそうで、コラボ企画も行っているとか。実際街中にはあちこち福島の応援ポスターを見掛けました。このあたりは4年前と変わらなかったですね。



その後は福島駅に戻り、スタジアムに行って応援。そして再び福島駅に戻って、周辺で時間を潰して名古屋に帰るというふうでした。今回も新幹線で東京経由でした。

で、福島でもう少し書きたいのですけど、それは別記事で。ほれ、ネタは小出しと言うし(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:09Comments(0)

2021年06月08日

4年ぶりの福島へ 前編

SHV47_1270先日開催された福島ユナイテッドFC×FC岐阜の試合を見に行くために福島市にやって来ました。例年なら大型連休あたりに東北を巡る旅をしているのですけど、コロナ禍の現状ではアウェイ遠征で行くのが精一杯になってしまっています。来年こそは・・・と思っておりますわ。10年経った現状を見ていけなかった悔しさだけが募るばかりです。

写真は、福島駅行きの夜行バス。埼玉県にある羽生サービスエリアで撮ったもの。このバスは、栃木県の宇都宮駅、福島県の郡山駅などいくつかの場所を経るので、福島駅に着く時は朝の8時過ぎ実に10時間の長丁場となりました。新幹線なら3時間くらいで行けるのにね。

なお、福島交通が運営しているのですけど、新人研修も兼ねていたようで、名古屋から出た時、ベテラン運転手が細やかにあそこがどうこうと教えていました。そんな時期なんだね・・・。



SHV47_1271そしてやって来た福島市。
この街は、2020年の連続テレビ小説(朝ドラ)の「エール」の主人公である古関裕而(ゆうじ)さんの出身地でもあります。こちらは福島駅東口にあるバスターミナルで撮ったもの。



SHV47_1315新幹線の改札から入ったところ、ホーム下にも古関さんの紹介ボードがあります。



SHV47_1314福島市は、以前にも書きましたけど、東京オリンピックの野球とソフトボールの予選会場になる県営あづま球場があります。なので、駅周辺には「TOKYO 2020」というのぼりが立っていました。写真のには、マスコットのミライトワ(東京オリンピックマスコット)とソメイティ(東京パラリンピックマスコット)がいますね。



SHV47_1272バス車内では食事関係ができなかったので、非常にお腹が空いている(苦笑)。なので、駅に着いてすぐにセブンイレブンに飛び込む(笑)。
そこで買ったのは、おにぎり2つ。朝だったからか、あまりいいのが置いてなかった(泣)。それでも、地域限定の「塩むすび」(上)と「味めしおむすび」(下)をゲット



どちらもしょっぱい(ギャハ)。東北の人達がしょっぱい物好きだからなんじゃないかと勝手に納得する。
「味めしおむすび」は具だくさんで食べ応え十分です。中でもごぼうのシャキっとした食感と鶏そぼろみたいなのが美味しかったです。
なお、「塩むすび」は山形県のお米「つや姫」を使用したものだったので、米のもっちり感がたまりませんなぁ。


SHV47_1273さて、再び福島駅。JR側ではなく、北側の「電車のりば」と書かれた小ぢんまりとしたところから乗り込みます。
4年前には無かったと思われる鉄道むすめの丸森たかこ阿武隈急行の鉄道むすめです。
福島駅は、JR以外に2つの私鉄があり、一つが阿武隈急行、もう一つが今回乗る福島交通飯坂線です。



SHV47_1274今回乗るのが、東急から譲り受けた電車(1000系)。飯坂温泉駅まで全て電化されているからできる芸当です。なお、ホームは2つしかなく、左側のホームが阿武隈急行の持ち分になっています。
ここから4年ぶりに飯坂温泉に向かいます。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:01Comments(0)

2021年04月27日

実に6年ぶりの富山

先日カターレ富山×FC岐阜の試合を見に行くために富山県富山市に行ってきました。
あの日の富山は非常に寒かった(泣)。雨が降りそうな曇り空(途中晴れてきたりはしたけど)で、風も強かったんですよ。この日の最高気温が17.7°C(名古屋は23.1°C)だったんですけど、ホントに寒かった・・・。


SHV47_1090富山には高速バスで向かいます。他にはJR高山線で行くルートと米原経由で金沢まで行き、そこから北陸新幹線というルートもありますが、格安でそれなりに早いので、バスはオススメしやすいんですよ。

そのバスの始発になる名鉄バスセンターに向かうので、セブンイレブンで朝ご飯代わりのおにぎりを買ってきた「黒毛和牛のしぐれ煮 ごぼう入り」(上)と「七日間熟成 辛子明太子」(下)です。



やはり、高級な作りのおにぎりなので、通常のものよりワンランク上だった気がする(笑)。明太子は、思っていた以上にしょっぱくなかったよ。いい頃合いの味わいでした。


SHV47_1093で、富山に着いた時には、駅中のセブンイレブンで「とろろ昆布」を買ってきた富山県でのセブンイレブン踏破をセブンイレブンアプリに残したかったのと富山県限定商品を欲しかったのもあって買ったのです。
握り飯部分は、三島食品の「ゆかり」を使っています。「ゆかり」ってホント便利だなぁ(ニヤニヤ)。



富山県は、昆布の使用量が全国有数なのもあって、日常に溶け込んでる印象がありますけど、コンビニまで取り扱うんだ・・・とか思いながら食べておりました
昆布の味わいは、塩気がなく旨味たっぷりで、「ゆかり」によく合います。「ゆかり」の酸味ある塩辛さを引き立てるんです。


SHV47_1091さて、富山駅。
2010年の時にも書いていますが、北陸新幹線開業に伴い高架化を実現しました。
その際に、富山電鉄の路線と富山ライトレールの路線をこの富山駅構内で繋いで南北往来ができるようにしたのです。そのため、全国でも恐らくここだけにしかない、歩行者専用の大型踏切が用意されています。もちろん、歩行者専用踏切はそれなりにあるのでしょうけど、ここまで大規模なのは、という意味で。
面白いのは、遮断機が無い信号で電車の往来を伝えているところです。もちろん、警笛やアナウンスでも知らせてくれるんですけど、目視で電車の往来を確認できる信号があるのは、わかりやすいと思うの。



SHV47_1092もちろん、構内にはホームも設置されています。ここから南北に行くこともでき、利便性は高まってますね。それまでは駅前まで出ないといけなかったですから。



SHV47_1107さて帰り。
晩ご飯を食べていこうかと思ったものの、どこもかしこも混んでいたばかりか欲しいものも売り切れの状況。そんな中、わらをもすがる思いで順風屋というお店に飛び込んだら、まだあった。
そう、「白えび唐揚」(上)と「ます寿司」(下)。富山といったら、これですわ。
ホントは、源の「ますのすし」が欲しかったけど、もう売り切れていたのね・・・。



でも、ここの「ます寿司」も美味かった。何より、ますが肉厚だった。食べ応えがあって甘めの酢飯にもマッチしていました。いつものよりよかった(笑)。


SHV47_1104そして家に帰ってから、IACから販売している「黒部からのおくりもの」というミネラルウォーターを飲んでみた
IACはシーズン途中から富山のスポンサー(トップパートナー)になり、ガラ空きだった胸のスポンサーになってくれました
ちなみに、120円の販売価格のうち、5円は富山の強化費に充てられるとのこと。



雪解け天然水ということだからか、口あたりが柔らかく、すっきりとした味わいでした。


SHV47_1115そして、富山といえば、「ドラえもん」作者の藤子・F・不二雄さんと一緒に執筆していた藤子不二雄Aさんが上京するまで高岡市に住んでいたからなんですね。いつか2人の記念館に行ってみたいものです。

で、クリアファイルとポストカードを買ってきた。この2つは富山県限定らしい。
「とやま和牛カレー」はいつか食べる(ギャハ)。



富山に訪れたのは6年ぶりになりました。その時は北陸新幹線の開業日で、金沢から通り過ぎただけなんですよね。実際に訪れたところまでさかのぼると2010年までになるんですよ。2010年の時は、1周旅で行ったのですが、今の第3セクターがJR北陸本線だったことから、金沢から「青春18きっぷ」で行けたんですけど、今はJRだと高山から行くしかないんだよね・・・。あの時とは大きく変わっていたというのが第一印象です。やはり新幹線効果は絶大だ。
そして夜に名古屋に着いた時、夜なのに暖かかった(泣)。どんだけ富山は寒かったんだ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0)

2021年04月18日

緊急ミッション:出雲カラ帰還セヨ! 後編

SHV47_1041さて姫路駅にやって来た。
ここでは草津行きの電車に乗ってもいいのですが、途中草津駅で乗り換えになるので、結果的にはその後に来る米原経由長浜行きに乗っても変わらないんですね。なお、草津で乗り換える電車というのは、今回乗ることになる米原経由長浜行きになります。
その電車を待つので、少しだけだが時間は空く。そうならば・・・と、かねてから行きたかった店に。

それは、えきそば まねきというお店駅の構内にある駅そばの店ですね。神戸・大阪・米原方面のまねきは、昔の列車の姿をしています。



SHV47_1043ここでは、「春の一本穴子えきそば」をチョイス。穴子の天ぷらに春ということだからか、たけのこが入っておりました。
そこにトッピングで丸天を入れてみました。玉ねぎの入った天ぷらです。



ここで頂いたそばですが、一般的なそばとは違うなぁと。白っぽい麺なんですよ。
実は、このそばというのは日本そばではなく中華そば戦後の物不足の際、うどんが手に入らなかった代替品として、このそばが使われたのだそうな。以降、うどんはメニューにあるんですけど、このそばは現代もメインとして扱われているのです。

小麦粉で作った麺なのですが、口あたりは悪くなく、もちもちしていて美味しいし、あごだしのつゆにもマッチしていますね。関西圏のだしにしては濃い味付けなのですけど、濃過ぎず丁度いいですね。
穴子はサクサクの衣に穴子の味わいがよかったし、たけのこもシャクシャクしていてよかった丸天も玉ねぎの風味もさることながら、すぐにしなしなになる衣が、濃過ぎないあごだしのつゆを吸って美味しくなりましたね。あごだしの風味がさらに生きていますよ。


この後は、先述の通り、米原経由長浜行きの電車で、一気に関西圏を脱出する格好に。米原駅では豊橋行きに乗り換えて、最寄り駅まで。総時間は12時間以上掛ったものの、夜中になることはなかったです。


SHV47_1044そして後日、お土産の出雲そばを食べることにした。
今回のは、中浦食品の「出雲蕎麦」というもの。こちらもあごだしを使ったつゆで頂きます。



出雲そばの麺は、やや太めなのね。そのせいか少しコシのある麺になっていました。ただ、材料を見ると小麦粉メインになってる(苦笑)。二八でもないのか・・・。まぁ、美味かったからいいけど。
つゆに関しては、かえしの強い味わいで相当濃い。そば湯で味わう前提なのかしら。とびうおというより醤油の味わいが強いだしでした。江戸そばのつゆみたいかいなぁ・・・。


今度は、試合が見られることを祈って山陰地方に行きたいですなぁ。できることなら帰りは日本唯一の寝台列車になったサンライズ出雲に乗って、東京まで行ってしまいたい(ニヤニヤ)。
山陰地方の観光もしたいなぁ。出雲市もそうだし、安来市・境港市・鳥取市もさることながら、琴浦町にも行ってみたいなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2021年04月17日

緊急ミッション:出雲カラ帰還セヨ! 中編

鳥取駅までやって来た。この先は、スタジアム帰りに想定していたルートを通っていくことになります。まずはJR因美線で智頭駅まで下ります。しかし、ここで乗った列車はJRの車両ではなかったようです。列車の型番が、あまり聞き慣れないものでしたからね。


SHV47_1035その列車は、この先乗る第三セクターの智頭急行の列車だったのだ。


智頭急行は、智頭線を持つ第三セクターの鉄道会社で、兵庫・岡山・鳥取の3県を駆け抜けますが、ほぼ山地ということもあり、路線のほぼ半分トンネルというふうになっています。
なお、列車の型番は、HOTとなっており、先述の3県の頭文字と『熱い』の意味を持つHOTに掛けたものになっています。

この路線は、JRとJRの間を挟むふうになっているのですが、元は国鉄時代に山陰地方の高速化を図る意味で敷かれたそうなので、特急列車の運行比率が高いことで知られているそうです。そのため、収益のほとんどは定期外収入(つまりJRから通す列車の収入)となっております。代表例として、スーパーはくとが挙げられます。
今でこそ、全国でも珍しい黒字を出している第三セクター路線ではありますが、開業(1994年)すぐ阪神淡路大震災(1995年)に遭い、大赤字を計上して廃線の危機を迎えたこともあったとか。

そして、第三セクターということで、JRの路線が乗り放題になる「青春18きっぷ」の対象外路線になるわけです。そのため通常なら、その区間の切符を買うことになるのですが・・・。



SHV47_1062今回は、土日休日と指定日で使用可能な「智頭線1日フリーきっぷ」を買いました。正確には智頭急行の駅員さんが薦めるくらい(笑)。しかも、指定日の方が普通にきっぷを売ってる日よりも多いんじゃないのか(爆)。
価格は1200円と乗り通し1300円よりも安い。ええんか、黙っておかんで(ニヤニヤ)。



SHV47_1036この智頭急行、ただ通り過ぎるだけの路線にあらず。
路線の中にある駅の一つ、恋山形駅は日本に4つしかない恋の付く駅名なのだ。そのため、縁結びの境内まである。



SHV47_1040こちらは智頭急行の鉄道むすめの宮本えりお。車掌として働いているそうな。



SHV47_1037これが例のHOTの型番の付く車両。2両編成のディーゼルカーです。この列車は智頭から上郡まで走りました。



SHV47_1039駅そのものは複線になっており、車両の入れ替えができるようになっています。特急列車が通り過ぎる時は、かなり長い時間待ってくれますが、通常時でも5分ほど停まってくれるそうです。



JRの駅にもなる上郡駅までオプションを行使し、その後は再び細やかな乗り継ぎに。最初は上郡駅から相生駅の3駅まで、その次は相生駅から姫路駅の6駅までというふうですよ。一気に進めずもどかしいだけでなく、乗り継ぎ時間もタイトなのよね・・・。


でも、次回は一気に関西圏を突破できるのよ。家路に着くところまでと土産でも頂きますか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:19Comments(0)

2021年04月16日

緊急ミッション:出雲カラ帰還セヨ! 前編

4/4に開催予定だったガイナーレ鳥取×FC岐阜の試合は、岐阜の選手から新型コロナウイルス感染者が出た影響で中止になりました。この試合は4/21に決定となりましたけど、まだ予断を許さない状況ではあります。岐阜県の感染者数も増えてますからねぇ・・・。


で、以前にも書いた通り、中止を知ったのは山陰地方に向かう夜行バスの中できれば色々行きたいなとも思っていたのですが、結構大変な道のりなのは、薄々わかっていたので、どうやって帰ろうか算段はしていました。


SHV47_1029そして着いた出雲市駅。JRと一畑電車(駅の名前は市電出雲市駅)の駅になります。出雲市のシンボルとなる出雲大社を思わせる高架駅になっています。
駅構内には待合室があり、テレビも置いてあるのですけど、たいていそこで流れているのはNHKだったりするんですよ。ところが、そこで流れていたのは、さんいん中央テレビというフジテレビ系列のテレビ。何でやと思ったのですが、そういえば元々はテレビしまねという島根県の県域局だったんだよね・・・(後に電波の相互乗り入れで鳥取県も放送エリアになった)。
ちなみに、本社は島根県松江市にあり、出雲市は支社扱いになっています。ということは、松江駅の待合室も、さんいん中央テレビの流れるテレビが置いてあるのか・・・。



SHV47_1031駅前には、「からくり楽器」という時計があり、定刻になると大和風の髪型と衣装を着た人達が、なぜか洋楽器で演奏するというシュールな姿が見られます(苦笑)。しかし、この日は雨だったためお休みだった。うーむ残念。

「からくり楽器」のあるからくり楽器広場は、グレートガーデン出雲の一角にあり、2001年に整備されたそうです。



SHV47_1030さて、腹が減ったので飯を買おう。


まずは、トイレを借りがてら買ってきたローソンの「大山どりのそぼろ煮」。鳥取県の大山の名を冠した鶏を使っているんですね。



味は甘辛の中の甘めの味付けで、一味唐辛子の味わいはあまりなかったけど、ご飯にはよく合う甘辛さになっておりました。


SHV47_1034そして、駅構内にあるセブンイレブンで「阿波尾鶏の炭火焼」(右)を買った。こちらは四国の徳島県発の商品ですね。「海賊むすび」(左)も買ったよ。こちらは山口県の名物ですな。



「阿波尾鶏の炭火焼」は、炭火の香ばしさと甘だれの濃厚さ、そして鶏肉のジューシーさが伝わってきた。美味いです。


いよいよ名古屋に向けて帰るミッション始めていきます。本来なら鳥取まで行って、そこからAxisバードスタジアムに向かうはずだったのですが。とほほ。
・・・と思ってたけど、実は途中までは同じルートになってしまった(笑)。最初は出雲市駅から米子駅まで乗った後は、倉吉駅までの列車に乗り継ぎ、さらに鳥取駅まで乗り継ぐという細やかな乗り継ぎを経て来たのですよ。最初の乗り換えで少し待たされたので、今停まってる列車でいいのかとか心底不安になりましたわ・・・(汗)。


次回は鳥取から一気に姫路まで行きます。今回は、できる限り早く確実に帰れるように『オプション』を投入しています。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2021年02月03日

家に帰って来ました

あれから回帰祝いということで回転寿司を食い、浦島さん状態を解消するためにスーパーやコンビニをはしごして様子見と買い物を済ませ、午後2時過ぎになったけど、家に着きました。


数週間いなかったとはいえ、我が家であることには変わらず、いると落ち着くものです。母親も元気そうというのか、暇を謳歌(おうか)していたようで(爆)。ボケてしまってるかと心配して損したわい(苦笑)。
と、のんびりできるのは今日まで明日から仕事です。コロナ禍とはいえ、それなりに忙しいので気は抜けません。きちんと身体を動かせるかだけが心配ですけど、じっと座っていることは少ないので何とかなるか。


で、今回の病気は痔瘻と膿皮症という症状でした。前者はよく聞くかと思いますが、後者はあまり聞かないのかもしれないですね。
そもそも痔瘻というのは、肛門周囲膿瘍(のうよう)という病気から発展していくようです。この症状は、直腸と肛門の間にある凹みから入った細菌が肛門腺(肛門周囲腺とも)に入って悪さをすることで膿が出て溜まるようになります。これが膿瘍と呼ばれるものだそうです。この肛門周囲膿瘍は筋肉質の中にできるため、痔の手術をする時と痛いとか便意が堪えられなくなったとかが起こるのは、この手術に関係しているからだと思われます。昔は肛門の弛緩をする括約(かつやく)筋を切ることがあったためです。今は括約筋を切らないで手術をするようになり、私の手術もそのように配慮されました。

対して膿皮症というのは、表皮と真皮の間の部分で膿が溜まる症状です。普段痔瘻は肛門周囲膿瘍を経て、最終的に管となって慢性化するケースがあるとのことですけど、私の場合は表皮と真皮の間で逃げ場が無くなり、縦長の管のように溜まっていったようです。
筋肉に入っていたら、括約筋を切らないようにするとはいえ、最悪のケースも考えていたので、先進的な専門医のいる病院を受けていてよかったとも思っています。普通の病院だと切って膿を出して終わりのケースが多いようで、今回のように根治療法を行える病院は少ないとのこと。


ともあれ、これからはならないようにするのが大事ですけど、万一再発した場合(再発はままあるとのことらしい)、軽いうちにいらっしゃいと言われたので、おかしなところ(一番は肛門周囲の腫れ)が出たらすぐに行くようにしようと思います。


最後に、この度はご心配をお掛けしました。申し訳ありません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:03Comments(0)

退院の日

1/12に入院してから23日、診断結果の確定も含めれば、およそ1ヶ月。遂にこの日がやって来た。


いつもより早めの入浴以外は、ほぼ変わらない。今は洗濯機に洗い物を入れ、回している最中。数十分したら乾燥機に放り込む予定。それまでは100円玉を握りしめ、鉛のように濁ってしまった空をば眺めようぞ。しかし、さっき病室見たら、傘差してたヤツがいたなぁ・・・。雨は嫌だよ・・・。ウソだと言ってよ、バーニィ(泣)!<スペシャルヒント : 日頃の行い(ギャハ)。

その後は、部屋の立ち会いを看護士と行って精算。公的支援があるとはいえ結構な額なので、クレジットカードで分割払い決定です(泣)。

病院を出たら、飯を食って家路につく予定ですが、天候次第だなぁ・・・。誰だよ、明日は曇るけど後から晴れるって予報したヤツ(泣)!


そろそろ洗濯が終わりそうなので、このへんで・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 09:30Comments(0)

2021年02月02日

入院22日目

そういえば、病院で着ている病衣(浴衣みたいなもの)の交換が昨日で終わったんだった。
病衣は基本的に、この時期なら毎週月曜と木曜に交換となる。夏(6月〜9月)になると月曜・水曜・金曜の週3回になるそうだ。暑いからだろうね。もちろん、何らかの理由で汚れた場合は、いつでも交換対応可能。
なお、病衣はレンタル扱いで、お金を取っていたはず。だから自分の家から持って来た寝間着で過ごす人もいた。


閑話休題。
今日も片付けを進める。後は明日一気に進めるしかない。
その一気に進められるかを確認するため、明日の具体的なスケジュールを聞くことにした。風呂に呼ばれるのが早いのと退室の際に一緒に確認することと一度降りると二度と戻れなくなることは聞いていた。ただ、いつまでいられるかと洗濯と乾燥を回せる時間があるのかを気にしていたのだ。
で、明日は午後1時までに全ての作業を完了させてほしいとのこと。それだけあれば、風呂もゆっくり漬かれるし、洗濯と乾燥を回す時間も十分ある。片付けも午前中には終われるでしょう。


ゆっくりできそうなのも今日までか。明日は帰るまでバタバタするだろうなぁ・・・。あ、あと昼ご飯どうしよう(汗)?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 13:33Comments(0)

2021年02月01日

入院21日目

2月になりました。本来なら「レコゲー」をやっていくところですが、退院後(2/3ないしは2/4の予定)に書いていきます。


さて、昨日2人目の『隣人』が去ったかと思ったら、もう3人目の『隣人』がやって来た。検査用パンツという声が聞こえたので、大腸内視鏡検査関連の短期入院じゃないかと思われる。
いやはや、来院者がこれほど多いとは・・・。そして、私はまるで病室の『牢名主』や『座敷わらし』のような雰囲気になってしまっているのではないかと思いあぐねる(汗)。


しかし、そんな入院生活も明後日で終わる。退去前にやっておかないといけないことが、まだいくつかある。

まず午前中に巻きガーゼ作り。早い段階で消毒してもらわなければならないからだ。前日買っておいた反物状の巻きガーゼで作る(作り方は前に書いたと思うので割愛)。
今日は主治医の診察だったので、午後からになることはわかっていた。ゆえに順番が来るまで病室の片付けをし始める。とはいっても、まだ本格的にはできないので、とっ散らかった病室周りの整理くらいか。明日なしは退院日にせっせとしまうこととなるだろう。問題は退院日に洗濯と乾燥を掛けられるかだ。時間的には大丈夫だと思いたいが・・・。

診察後には、かねてから言っていた新しいワセリンが来た。ワセリンは入院時に500gの瓶でくれたのだが、今や心許ない量にまでなってしまっていた。そのため、退院の話になった時、ワセリンが欲しいと申し出ていたのだ。じゃあ退院日に・・・と言っていたら、あまりの減りように、もう出すわということで、つい先程来た。とりあえず退院までわずかに残ったワセリンを使い切ろうぞ。もう一瓶持っていくなんて、それこそ『お荷物』だ(ギャハ)。


あと2日、しかしゆっくりと過ごせるのは明日だけだろう。退院まで長かったという感情ともうちょっといてもよかったなという感情とのアンビバレンスを抱えて、2月最初の日は暮れていく。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 14:34Comments(0)

2021年01月31日

入院20日目

入院して20日になった。2度目の『隣人』は、今日退院していった。正味4日しかいなかったが、今後しばらくは毎日通院になるそうなので、大変な生活なのは変わらないのだろう。

ただ、今回の件でわかったことがある。どうやら短期入院や日帰り入院もあるのだなと。
以前瞬間的に私のいる病室が満室になったと書いた。次の日になる前に急にいなくなったのは、日帰り入院だったからだと思われる。私も受けた大腸内視鏡検査は、ポリープがあって切らない限りは、日帰り入院で帰れそうなのだ。それだけ大腸内視鏡検査は身体への負担が少ないということなのだろうが、ワイにとっては心理的負担の大きさに辟易しておるわ!<スペシャルヒント:点滴(ギャハ)。

もう一つわかったことがある。大腸内視鏡検査が終われば、翌日には退院という流れなのだ。最初の『隣人』もそうだったし、大腸内視鏡検査の終わった時、日曜以外来る清掃のおばちゃんの一人にも明日退院ですねと言われ、いやもう少し先ですと返したところ、たいそう驚かれたことからも、そう思った理由である。

詰まるところ、ワイのケースは異例の部類やと(泣)。別室にいる同じ3週間という人もいたけど、その人は大腸内視鏡検査は受けたないしは受ける予定なのかしら。そのあたりは聞いてなかったなぁ・・・。


そんなこんなで、病院にいられる時間は3日とは言っているが、実質2日半。明日(2/1)までには消毒作業の絡みで患部に貼る巻きガーゼを作っておかないといけないので、今日売店にも立ち寄る。パンとお菓子も買いたかったのは内緒だ(ギャハ)。
支払いになった際、ちょっとしたシステムトラブルに見舞われる。今回担当している売店のおばちゃんは、機械関係に疎いようで、以前クレジットカードでの支払いの時も、かなりもたついていた人だったかと。
その時は、まぁ仕方がないよね・・・とあの時は思ってはいた。しかし、今回はクレジットカードの支払いで躊躇(ちゅうちょ)したのではない。レシートが出ないことでもたついたのだ。
そんなヤツおれへんやろう・・・と、チッチキチーのギャグで一躍話題になった漫才コンビの大木こだま・ひびきのこだまさんの発するボケのような言葉が出てきそうだけど、実際にあったんだから仕方ない。

あれこれいじくってもレシートが出てこないので、もらわず帰るという手もあったのだけど、それだとこの後欲しいとなった時に困るはず。私もレシートの出ない原因調査に乗り出し、レシートの出力する機械の電源が入っていないことがわかった。
じゃあ電源入れれば・・・と思って入れてもうんともすんとも言わない。そうなると電源そのものが来ていないのではと思い、コンセントを挿し直すよう助言するも、やったんですけどねぇといい色の返事が来ない。
結局、コンセントの挿し直しが正解で、電源の来ていないところに挿っていたコンセントプラグを別のコンセントに挿し直したら、見事に起動したのだった。<そんなヤツおれへんやろう。

もう売店に来るのは、風呂に行く時だけだからなぁ。無事に売店で買い物を済ませられたのって1回しかないんじゃなかったとか思いつつ、いい思い出になったと感慨にふけりながら売店を後にするのだった。


・・・ああ、なんていい話なんだろう(ニヤニヤ)!<んなこと言われたらアンタ、往生しまっせ〜!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 11:47Comments(0)

2021年01月30日

入院19日目

屋根の上に夜中じゅう降っていたことを示す白さが残った今日、大腸内視鏡検査も終わって、いよいよ退院後の詳細な話が出てきた。


簡単に言ってしまえば、どういう病状で退院後何回通うか、また退院後の就労は可能なのかを書いた退院治療計画書なるもの、退院日のスケジュールや退院後の診察案内が書かれた紙、退院後の生活についてまとめた紙についての説明および退院後のガーゼ交換についての話だった。
通院に関しては、2月に2回行くことにはなったが、1ヶ月〜2ヶ月定期的に通わないといけないらしい。最初は半年とも言っていたので、もしかしたらそうなるかもしれない。今回の病気の代償は、やはり切った跡並みに大きかった・・・。

ガーゼ交換は、消毒済の巻ガーゼでなくとも処置は可能らしい(市販品でも代用可能とのこと)。ただ心配なら多めに作っておくのが吉とのこと。その上に充てる大きいガーゼは市販されていないので、大きいガーゼに綿を乗せて畳むように巻いて作ることで代用可能らしい。ただし生理用ナプキンは蒸れるとのことなので使わないように言われた。そういえば、昔痔になったとある先生が、出血を止めるために使っていた生理用ナプキンが落ちて変態教師扱いされたという話を聞いたことがあったぞ(苦笑)。そもそも論で、男が生理用ナプキンを買ったら、かなり怪しまれかねん(爆)。


退院後の生活に関しては結構事細かに書かれていた。
やはり長時間の着席は控えなさいとのこと(車の運転は頻繁に休めば可能らしい)。

後はお腹を下した時、続く場合は病院に電話するよう言われた。ただ風邪とかならいいが、時節柄コロナの場合もあるので、その時は必ずコロナの症例ではないかと疑わしい旨を電話するようにも言われた。感染拡大防止のため終盤に診察というふうにもなる可能性があるからだ。

そして、痔関係で忘れていけないのが、刺激物とアルコールの摂取制限。前者は粘膜が安定する(要は傷口が塞がって膿が出てこなくなる)まで制限され、後者は主治医の許可が出るまでNGなのだそうな。後者はともかく、前者はキツいなぁ・・・。退院したらカレー食いたい思ってたからなぁ(泣)。

なお、この退院後の生活に関して面白いのが、性生活という項目があった点。
実は痔でも痔瘻でも問題無いそうなのだ(ニヤニヤ)。若い看護士だったので、いやぁ具体的に『ナニをさす』んですかねぇと根掘り葉掘り聞いてやりたい気分が頭の中をほんの一瞬横切ったものの、その後どうなるかわかっていたので、スッと血の気が引くようにことを納め、普段飲んでないクセに飲酒の件を持ち出して切り替えた(ギャハ)。・・・うん、看護士さん若かったから、性生活の説明なんてさせないようにフォローしてあげたんだよ、フォロー(ニヤニヤ)!<連続テレビ小説「おちょやん」に出る主人公の父親並みのクズが何を言うか!


まぁ、しばらくは会社の休みの日に通院となるけど、普通の生活はほぼほぼ送れそうなのでよかった。残り4日(実質3日半)、ゆっくり穏やかに過ごそうぞ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 13:15Comments(0)

2021年01月29日

入院18日目

いよいよやって来た大腸内視鏡検査の日。その準備は火曜日(1/26)から始まっていたのは、以前から話していた通り。なお、最後の晩餐は文字通り晩だった(笑)。チクショー、そんなんだったら晩ご飯代わりにジュース買ってへんわ・・・。
晩ご飯の後、下剤がやって来る。この時の下剤は2種類で、錠剤のものと水薬と言われる物がコップに入ってやって来る。これを水と一緒に飲むのだ。効いてくるのは人それぞれなんだろうが、私の場合、寝る前と翌朝になって効いてきた。

当日は絶食で、飯代わりに3Lの水薬がやって来る。このうち2Lを1Lの水で1時間半以内に飲み干すのだ。そして、その後催したくたるので、その時間を刻名に記載するための書類ももらえる。4回目以降はナースコールで看護士を呼び、腸内洗浄が完璧に行われるまでチェックされるのだ。この時、腸内洗浄がよろしくないと追加で残った量のうち500mlを45分以内に飲干さなければいけないらしい。
また、効きをよくするために、横になるのは厳禁。むしろ座っていることを推奨される。横になるのは、普段やってる所作の99,9%のことやんけ!
かつて発明家のエジソンは、天才は99%の努力と1%のひらめきと称していたが、私なら、大腸内視鏡検査は99%の普段やってる所作の禁止と1%の所作どころか0%の所業を強いる拷問でしかないと述べたい(泣)!

トイレに行きたくなるのは突発的にやって来るので、正直辛い。トイレにこもりきりになってしまいかねないので、何回催したかなんて数えられるか(泣)!


無事OKが出たら、検査の時間まで待つのだが、その前に点滴を打たないといけない。何で大腸内視鏡検査で点滴なんだよ・・・と嘆きつつ、その時を待つ。
通常この点滴は、右腕に打つとのこと。検査の際に寝返り等をうつためにとのことだが、もうおわかりですよね。脈が出ねぇ(大泣)。
注射針の関係で手の甲に打つのですけど、空打ち(泣)。痛いだけじゃなく、人生で初めて手がしびれた(大泣)。結果蒸しタオルふたたび。打ち手も打つ場所も左手に交代となり、もうホントに泣きたい・・・。
点滴を打たれた後は順番が来るまで病室で待機。何もすることもできないので、ただ横になってじっと手を見る。


検査の時間になって、大腸内視鏡検査の部屋がある1階に移動。注射ではないが麻酔を点滴と共に打たれ、目を閉じろと言われる。♪昴の歌詞が一瞬思い浮かんだが、最終的に嘉門達夫さんの替え歌に切り替わって行ったのは内緒(ギャハ)。<穴が詰まるよ〜。


気が付いたら大腸内視鏡検査が終わっていた。見事に眠らされたらしい。異常は無かったようだ。よかった、晩ご飯にありつける(笑)。
その後は車いすに乗せられ、病室に。まだ患部のせいで座るのは少々辛いと思ったが、麻酔のせいかあまり気にならなかった。数十分して、やっと点滴が外され、横になる。
そして気付いたら晩ご飯が運ばれてきたところだった。どうやら(以下略)。


現在は至って問題なく過ごせてます。逆に絶食があったせいか、お腹が空いて仕方ない(笑)。まぁこの苦行を乗り越えたので、後は退院までラストスパートを駆けていきますか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:00Comments(0)

2021年01月28日

入院17日目

先程、大腸内視鏡検査前の『最後の晩餐』が終わった。昼ご飯なのに晩餐とはこれいかにとかツッコまない(泣)。これ以降は絶食で、夜(午後8時くらい)に下剤がやって来て、『腸内洗浄』に掛かるのだ。ジャブジャブ洗われるよ、ジャブジャブと(ギャハ)。

そして、今日は『隣人』が退院していった。ああこれで大部屋で1人くつろげるぞ・・・と思っていたら、午後3時に新たな患者が入院するとのこと。あわれワイのくつろぎ時間は5時間ほどで終わってしまうのだった(泣)。

さらに今日は、診察の中で退院に向けての具体的な話が出てくることだろう。今日は主治医の診察ということもあるからね。今日出ないと退院日直前になる。それでいいのかというツッコミも含め、早いこと切り出さないと・・・。会社には3週間(2/3まで)というふうに言っているのもあるし。


何だか今日は、未確定な話もある中で、色々とてんこ盛りだったなぁ。一番は明日の大腸内視鏡検査の件だと思ってたのに(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 12:58Comments(0)

2021年01月27日

入院16日目

今日も注腸食で幕を開ける。食べている物は、いつもと変わらないのだろう。種のある物は省かれているので、おひたしにゴマとかが振られてないのは、そのことがあるからだと思われ。
今日は大腸内視鏡検査の人が多いのか、お風呂に行った時も結構静かだった。いつもならおしゃべり好きな人がいて、その人が色んな人と話しているのだが、その人も検査のようだ。その代わり、トイレが混み合っていたようだ。一体今日だけで何人検査を受けさせるんだ(苦笑)。

そういえば、洗面所には昨日あたりから新しい貼り紙が貼られていた。いわく、洗面所での歯磨き中の会話禁止・手指のアルコール消毒実施・洗面所内3人以上の利用回避だ。まさかね・・・(汗)。

私も金曜日に検査を受けることになるので、これから大変なことになるだろう。そう思ってたら、少々鬱(うつ)っぽくなってきた(泣)。嫌だけど、何も無ければいいのだ。


そして、退院までに予約した品を取りに行けないことをソフマップに電話したが、連絡先は全国の統括だったのかよ!店へダイレクトに繋がらないので、何かと面倒だったわい・・・。
あとは、おかんに決定ではないが、来週予定通り退院とは伝える(会社には確定するまで伝えないつもり。面倒なので(爆))。その時には1人で帰ると伝えた。コロナ禍で不要不急の外出は云々かんぬん言われているので、余程のことがない限りは煩わせたくないのよね・・・。先んじて荷物を持っていってもらうかは検討中だが。


丁度退院予定まで1週間。手術の次にヤマになるであろう大腸内視鏡検査に挑もうぞ。何も見つかりませんように。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 15:06Comments(0)

2021年01月26日

入院15日目

今日から金曜日の大腸内視鏡検査に向けて食事制限が始まることとなった。
病院食に関しては、「注腸食」というものに切り替わった。これが絶食になる検査当日まで続く。
「注腸食」というたいそうな名前が付いていますけど、今日の段階では至って普通。どうやら、この病院では種の無い物を出すというふうらしい。要は野菜、きゅうりやトマトのような中に種がある物は出さないのだ。ただ別の病院では、お粥メインとか病院によって考え方が違うようなので、そこいらは病院次第なのでしょう。

そして、この食事が始まったことで、病院食以外の食べ物は一切口にできなくなってしまった。ああ、この前お菓子とか買いだめしたのに(泣)。

あとは大腸内視鏡検査のための準備。今日売店で検査用パンツと当日飲む下剤を飲むための水を買っておきました。これである程度の準備が整った。


・・・これから数日、昼ご飯から晩ご飯の間の時間と晩ご飯から朝ご飯の間の時間がしんどいなぁ。でもね、英語の『breakfast』の語源(breakfastは、『断食(fast)を破る(break)』から来ている)を体現できるとはねぇ(苦笑)。
・・・え、絶食で体験したんじゃないかって?それは言わない(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 12:56Comments(0)

2021年01月25日

入院14日目

入院して2週間が経った。残り1週間少々で退院となるのだが、まだ実感は涌かない。看護士からは切った傷口が塞がってきてるとは言われているけど、やっぱり実感は涌かない。自分で見えるところじゃないからねぇ。もっとも積極的に見たいとも思わんが(笑)。


さて、今いるのは病室。ここで寝起きし、食事をしたりするのですが、この病室にもランクはあるんです。そのあたりを今日は見ていきましょう。


病室は、無料の大部屋と有料の個室に大きく分けられます。


大部屋にもいくつか種類があり、2人室から始まって、最大8人室なんてところも。どの部屋にも出入口そばにはロッカー、プライバシー確保のためのカーテンが間仕切り代わりに存在しています。あとはテレビ・冷蔵庫・貴重品を収納できるセキュリティボックスとそれらを収納する引き出し付きの棚があります。風呂とトイレは共用になります。

この中で、テレビはテレビカードが無いと視聴できないのは以前話した通り。また、このテレビはイヤホンが無いと音が出ないようになっているらしい(もしくは音が出るようになっていても大部屋なので、『近所迷惑』になりかねないからだろう)。そのため、家からイヤホンを持参したわけだ。ただ少し距離があり、ちょっとだけ身体を乗り出さないといけないのが難儀なところ(苦笑)。ヘッドセットの付いたイヤホンにしとけばよかった・・・。あれはケーブルが長めだったし。
冷蔵庫も以前話した通り。有料でないと冷やしてくれない(泣)。


以上が大部屋の話。この先は有料の個室の話ですが、実際に泊まったわけではないので、病院の公式サイトの受け売りです。ただ、それらしいところは確認済み(ニヤニヤ)。


個室は4ランクあり、ランクごとに滞在料金が違います(敢えて金額は書かないつもり)。

最高ランク(便宜上Aランクと述べよう)は、公式サイトに掲載されている写真を見る限りでは、一番部屋が広そうで、机や応接ソファーもあり、まさにエグゼクティブルームのような感じ。さすがに内装は病室だが(苦笑)。この部屋には、テレビ・冷蔵庫の他に、浴室とトイレが備わっています。

Bランクは、Aランクよりも部屋が狭めな以外はほぼ同じの様子。一人暮らしの部屋みたいと言えばわかりやすいか。

Cランクは、風呂が無いことを除けば、A・Bランクとほぼ同じ。部屋の広さはBランクと同じくらいか。

Dランクになると、大部屋の個室版といった感じになるものの、部屋の広さはある(Bランクと同じくらいか)ので、それなりに快適なのだろう。

個室があるのは、人と一緒にいたくないというのもあるでしょうけど、数日で退院できるからというのもあるでしょうし、介助がいるなどの理由で同伴者がいるスペースが欲しいなどでしょうね。もちろん差別化で儲けたいというのもあるでしょうけど(ニヤニヤ)。


そういえば、今私がいる部屋の状況を話していなかった。
私が入院している部屋は3人部屋。大部屋は基本フルで入れず、半分〜2/3程度に収まるようにしているみたいだ。看護士の負担もさることながら、コロナ禍でソーシャルディスタンスを保ちたいというのもあるのだろう。
で、入院当初はそこに1人だった。ああ、個室のようだと楽園気分を味わっていたのもつかの間、入院3日目から別の人が入院してきた。一時フルになったものの、すぐに元に戻る。なお、入院3日目に入院した『隣人』は、もうすぐ退院らしい。また個室のようになるぞ(ギャハ)!<ダメだコイツ、早く何とかしないと。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 14:04Comments(0)

2021年01月24日

入院13日目

もうすぐ入院から2週間。色々と書いてきたから、あまりネタも無い(苦笑)。そんな折、身体は十分に動かせるので、病院内を『冒険』することにしよう。


今入院している病院は、地上6階・地下1階建ての建物。道を挟んだ隣も病院(笑)。それでもあちらは大きな病院で、休みの日でもそれなりに人の往来がある。まぁ、今いる病院も東海地方では有名で、肛門科の権威だそうで。

院内は地下以外は基本往来自由。ただし各階管理棟という医者・看護士・病院スタッフなどの関係者以外立ち入れないスペースや6階にある特別病棟は入れない。また1階は診察関係のところなので、閉院後(平日は午後5時以降、土日祝は午後2時以降)となる。実際の閉院時間は早いのだが、色々とあるのだろう。
ここの裏玄関そば(守衛室そば)が喫煙スペースになっている。本来は2階の喫煙室で・・・だったが、ここにもコロナ禍の影響を受け閉鎖中とのこと。それ以外の時間は、本来吸ってはいけない屋上が、特例なのか喫煙スペースになっている。

2階は、診療関係(CTスキャンやレントゲン室などがある)のスペースや管理棟といった特別な用事がない限り入れないところの他、売店と浴場などがある。ここへ向かう際は、エレベーターで行くよう注意書きがなされていた。(一般の診察の人が)基本階段で行ってと言われたので、ミックスゾーン化するのを恐れてのことだろう。
なお売店は、かつては数少ない一般とのミックスゾーンだったようだが、コロナの影響で立ち入れないことになっている。欲しいものがある時は、肛門科の窓口に申し出て現金払いでお願いしますだって。
3階以降は病室になっていて、ナースステーションも各階に設けられている。ただ常駐しているのは4階だけのようだ。他の階で看護士を見かけることは少ない。

3階には他の階に無い物がいくつかある。
その中の一つは談話室というところ。
患者間のコミュニケーションを図る場所だったり面会してきた人との会話スペースにもなっていたのだろう。ここ以外でも面会スペースは病室のある各階に狭い廊下の一角ながらも設けられているものの、広い部屋の方が落ち着くという人もいるのだろう。また、ここには新聞・雑誌が置いてあったり、自動販売機もあったそうな。
利用可能時間は午前7時〜午後10時、つまり院内で動ける時間の間ならいつでもOK。ただし面会の場合は、平日・土曜は午後1時〜午後8時、日曜・祝日は午前10時〜午後8時となっている。
と言っても、談話室の件は全て今は昔の話。コロナ禍の現在は、以前お話しした通り面会は禁止され、談話室は感染拡大防止のため閉鎖中。唯一自動販売機だけが稼働しているものの、談話室中深くに入れないように、室内にあったいす・机・ゴミ箱でバリケードが築かれているのだった・・・。
その他3階には、談話室前にも自動販売機があり、両替機もある。この両替機は1000円札以外の両替が可能。じゃあ1000円の両替はというと、売店か自動販売機で飲料ないしはお菓子を買って崩すしかない(泣)。後者しかない土曜の両替は大変だ(大泣)。

4階・5階は病室くらいしかないので割愛。もちろん、トイレや給湯室などといった最低限の設備はあるぞ(ニヤニヤ)。

6階には先程書いた特別病棟があるくらいで、基本的には4階・5階とは構造はそう変わらない。

そして屋上。
階段でしか行けないそこに洗濯機と乾燥機と流しのある小部屋が設けられている。部屋干しも可能。外には「野々村病院の人々」に出てくるようなシチュエーション(要は物干し台がある)の場所があるものの、ここもコロナ禍で行けない。


とまぁ、コロナコロナで行けないところも多いものの、大方不自由なく歩けるので、なーんもやることが無くてヒマした時は、院内散歩で気を紛らわすとするか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 16:03Comments(0)

2021年01月23日

入院12日目

今週末は雨の1日になりそうで。NHKプラスを見ている関係上、関東甲信越の話がよく入るようになったので書けるわけですが、南岸低気圧の影響で東京では日曜は朝方雪になるとのこと。関東甲信越のほぼ全域で雪の予報でもあるので、休日とはいえ出掛けなければいけない方々は、足元に十分気を付けて下さい。


さて、今日は病院にあるお店の話。いわゆる売店というヤツです。


院内で現金の動く場所は、1階の会計以外では、1階と3階にある自動販売機、3階にある両替機、ほぼ各階にあるテレビカード販売機と払い戻し機、屋上にある洗濯機と乾燥機、そして今回紹介する売店だ。

中でも売店は多額の現金が動く場所でもある。なぜなら治療のために欠かせない、エッセンシャルなアイテムがずらりと並んでいるからだ。
ガーゼ各種・術後パッド・メッシュパンツ・検査用パンツ・紙テープ・T字帯というふんどしとおむつの合の子のようなアイテム(手術後に必須)・清浄綿がそう。内視鏡検査をするためのアイテム、検査用パンツと検査食もある。
痔ならではのアイテムとして、簡易型お尻洗浄機(「シュピューラー」と言うらしい)や円座(ドーナツのような形の座布団)というのもある。円座は売店の中では一番高い(3,300円(税込))。

一応身の回りの物も持参するよう言われているが、売店でも一部買える。下着類・生理用品・歯ブラシ・歯磨き粉・シャンプーとコンディショナー(セット販売)・ボディソープ・洗顔フォーム・フェイスタオル・ボックスティッシュ・マスク・洗濯用洗剤・洗濯バサミ・割り箸・紙コップ・スリッパと多岐にわたる。
生活必需品以外もある。耳栓は恐らくいびき対策用だろう。テレビイヤホンというテレビの音を聞くためのものもある(テレビから直接音が出ないようになっている。いずれ話そう)。

そして異彩を放つのが、パンと『お菓子各種』である。
パンは、コモという地元(愛知県小牧市)の会社が出している天然酵母の菓子パンで、個人的にオススメしたいもの。前にも紹介していると思う。パネトーネ菌のおかげで長期保存できる優れものなので、在庫の管理もしやすいのだろう。ただ一番好きな「おぐら小町」(あんこ)が無いので、「いちご」を買うのがセオリーになってしまった(苦笑)。
『お菓子各種』はホントに多岐にわたっているのだが、中でも亀田製菓のお菓子が多い。不二家の「カントリーマァム」があった。カルビーは最初詰め合わせしかなかったなぁ・・・。
ポテチ食いたい思ってたら、先日ヤマザキビスケットの「チップスター」を発見!カルビーの「じゃがりこ」も置かれていたので、速攻で確保したよ(泣)。オマエ達は今・・・胃の中にいる(ギャハ)!
そういえば大塚製薬の「SOYJOY」もあった。腹持ちのいい商品があってよかった。

なお、売店で買える飲料は水(2L)だけ。それ以外は自動販売機頼みなのだ。


この売店、現金以外の決済ができる唯一の場所(1階の会計も可能だが、入院中にお世話になることはない)。そう、クレジットカードが使えるのだ。ただし、1回につき1,000円以上でないと使えない(1階の会計は6,000円以上でないと使えない)。ゆえに、いつも1,000円以上買っている。現金をあまり使わないようにするためだ。全てはテレビカードのせいだ!<アンタが悪い!


売店は平日は午前9時〜午後5時、日曜・祝休日は午前10時〜午後5時で土曜と3連休の2日間や年末年始は休みになる。そう、今日はお休みだった(笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 17:31Comments(0)

2021年01月22日

入院11日目

数日前から、胃の感じがおかしい。


今飲んでる薬は、朝・晩に腫れ止め、不定期で痛み止めと胃を荒らさないための胃薬が全て錠剤で出されている(当初は、それらに加え、止血剤(錠剤)を朝・昼・晩に飲んでいた)。痛み止めを飲んで1週間くらい経ってから、胃に膨満感(張ったような感じ)、胃を素手で掴まれたような痛みが襲ってきたのだ。もっと言えば、胃の中でパンパン何かが弾けて張った感じと痛みが交互にやって来るのだ。
ただ、胃がキリキリ来るような痛みは無く、吐き気とか食欲の減衰は全く無い。むしろお腹が減って仕方がない(ギャハ)。そういったふうなので、これはいわゆる『腹が減って腹が痛い』という事態なのではと思い、昨日の診察がたまたま主治医だったので、相談することにした。

いわく、痛み止めと一緒に飲んでる胃薬が効き過ぎているのではと。
この胃薬と一緒に飲んでいる痛み止め、飲んでいるのは、頭痛薬や湿布でも出てきたロキソニンなのだが、痛い時に飲んでほしいというのと、食事の時間関係なく、6〜8時間間隔で飲むように推奨されている。そうなると、食後だと6時間を切る格好で飲むのでよろしくない。ゆえに食間(最初の食事と次の食事の間。食事中の意味ではない(笑))に飲むことになるのだが、この時に飲むと胃が空っぽになっているケースがあるので、薬が効き過ぎるというふうになるらしい。
そこで主治医は、お菓子を食べるとか胃に『負荷』を掛けておいて薬の効き目を抑えるのがいいとアドバイスしてもらった。そして、念のため胃薬をもう1種出してくれた。これを飲めば、胃の膨満感とかは抑えられるのではないかと。

昨日の晩に飲んで、今日を迎えたのですが、随分治まりました。毎晩1週間分もらったので、引き続き飲んでいこうと思います。
なお、今日頭痛いなぁと思ってたが、今回飲んだ薬の副作用では無い模様。うん、ただの寝違い、枕があまり合ってないだけだ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 13:50Comments(0)