2022年01月17日

レプカの飛行機だ!<違います

SHV47_2047そんな名前が付いてますけど、違いますからね!


今回紹介するのは、東ハトから発売している「ギガント!暴君ハバネロ」通常の「暴君ハバネロ」よりも約2倍の大きさになったものです。ちなみに、ギガント!はシリーズの名前で、「暴君ハバネロ」の他に、「キャラメルコーン」と「ポテコ・うましお味」があります



味は、いつもの「暴君ハバネロ」。適度な辛さが美味いと思わせてくれます。一昔前は、これでも辛いかなと思ってたけど、昨今の激辛商品が多数登場していることで、辛さ慣れをしているのではないかと。ただ、大きく違うのは、食べ応えの面でよくなっているなと。2倍の大きさになっているので、食べ応えはホントにいいです。


できることなら量も2倍であってほしいとは思ったものの、それをやってしまうと値段がいくらになるのかいなと心配になってしまう。全くもって、とても嫌な世の中になりましたとさ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)

【4年ぶり】スガキヤの味噌ラーメン【2度目】

今回紹介するのは、実は4年前(2017年)に紹介したことがあるもの。基本的に、ここで飲食物を紹介する時は、余程のことが無い限り2度目は無いのです。
なぜ紹介するに至ったか。理由は、この文言にあります。


バターも欲しかったかなと思った



そう、4年ぶりの登場となったのは、バターが載って復活することになったからなのです。


SHV47_2044それが、スガキヤの「味噌ラーメン」
4年前の紹介時には、「スガキヤサンキュープロジェクト!」の一環で登場したもので、低価格での販売が仇になったのか、バターは付いていなかったのです。
それが、今回登場の際には、バターが別途ながらも登場することになりました。それ以外は、どうやら変わっていないようです。



ということで、味も恐らく変わっていません
コクのある麹味噌(と思しきもの)と渋みのある赤味噌(と思しきもの)のミックス具合がとてもよく、クセになる味なのよ。いい意味で変わっていないと思われる味で、定番メニューに組み込んでほしいほど。
そこに、新要素のバターを入れれば、味噌の味わいがまろやかになって、さらに美味しい。やっぱり無いよりあった方がいいと思いました。


値段は490円(税込)とバターの代金分(?)値上がりとなりましたけど、その分美味しさが増したと思えば、安いものですよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:04Comments(0)

2022年01月14日

寒い時は、鍋焼きですなぁ

昨年末から年明けに掛けて、非常に寒い日々が続いております。場所によっては都心部なのに雪が積もったなんてところも。今日だと、名古屋市の隣にある岐阜県岐阜市では10cmの積雪を記録したとか。朝の名古屋もエラいことになっていましたね・・・。あれが晴れてくるとすぐに溶けてしまうのですから、都会は恐ろしい。


SHV47_2042そんなクッソ寒い日々には、温かい物が恋しくなってきますね。ということで、最近丸亀製麺のCMで見た「熱盛鍋焼きうどん」が食いたくなったので、行ってきました
・・・といっても、イオンのテナントに入っている丸亀製麺では売ってないロードサイド(店舗)型の丸亀製麺にならあると思っていったら、やっと見付けた的な感覚で見付けましたよ(汗)。要は店頭で宣伝をしてないので、やってないんだと思って帰ってしまいかねないということ。


コイツは、鍋焼きと名乗る通り、専用の鍋(取っ手付き)で用意されます。電気コンロで温めながら調理するんですよ。だから出来立てアツアツが頂けるという算段1人前なのに取り皿も付いてきて、なかなか本格的。
なお具材は、わかめ・しいたけ・かまぼこ・厚焼き玉子・きつね揚げ・海老天ぷらと具だくさんテイクアウトもできるものの、サイズは並のみなので注意が必要です。



やっぱりアツアツサイコー(笑)。
麺はもっちり食べ応えのあるあの麺なので、すごく美味しいのは言うまでもない。うどんだしは、甘めの味付けになっていました。すごく甘いのに、しつこくなく、うどんや具に合う。特に揚げの甘さと呼応しているという恐ろしいヤツだった(ニヤニヤ)。
その具材、海老天ぷらはカラッと揚がっている時も、つゆが染みても美味しいのはあっぱれ一つ一つの具材が、うどんやつゆと上手くセッションしているので、どれも必要不可欠だと感じさせます。


また食べられるチャンスを得られたのなら、是非とも食べようと思いたい、そんな一品です。冬の定番メニューとして定着してくれないかしら。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:41Comments(0)

2022年01月08日

「ジョブチューン」で大荒れになった、あのおにぎりを買ってきた

SHV47_2029丁度1週間前、つまり元日にTBSテレビ系列で放送された「ジョブチューン元日SP コンビニ3社ジャッジ」大手コンビニ3社(セブンイレブン・ローソン・ファミリーマート)の商品を有名シェフがジャッジメントするというもので、各社かなり息巻いていたようです。まぁ、元日のテレビは面白そうなの無いなぁと思っていたので、早々にテレビを切っていましたよ(苦笑)。テレビを付けっ放しにするほどテレビは見ている人間なのに・・・。



SHV47_2027そんな中で、物議を醸したのが、ファミリーマートから発売されている「直巻 和風ツナマヨネーズ」ご飯を炊く時と和風ツナマヨネーズを混ぜる時に和風だしと昆布だしを加え、かつ旨味と甘みを感じられるように仕上げたとのこと。
この商品、とあるシェフが食す前に失格の烙印を押してしまい、アナウンサーが食してからジャッジしてほしいと促しても、食べたいという気にさせないという理由で、またしても拒否したのです。最後は、ファミリーマートの広報が涙目になっていたというのだから、結構手厳しいことを言われたのかねぇ・・・。

まぁ、食べないでジャッジするのは、どうかなとも思うんです。食べて初めて云々言えるのだと思うので(だから、今回きちんと買った)。
ただ、個人的に去年ファミリーマートの運営に嫌な目に遭っているので、傲慢なファミリーマートの運営には、このくらいの仕打ちは生ぬるいとさえ思えてならんのですよね・・・。正直、今後同じ事態が発生しないように対策書を出せと言って、出せないとはっきり言っちゃってる会社だもの。個人相手にやってられないのはわかるけど、同じ事態が仮に続いた場合、どう対処するのという不信感がぬぐえないのよね。ましてや全国に何千店舗もあるんですから・・・という個人的に嫌な思いをさせられた去年の暑い6月半ばの出来事を蛇足的に紹介



というわけで味なんですけど、食べる前から失格というふうな味じゃないことは確か普通に美味しいんですよ。
でも、何となくバランスの悪い味だなと。甘いのか渋いのかわからない味付けになっているのも確かで、これはものすごく美味しいと思う人は少ないのかなぁとは思いました。もう少しだしの風味は強めにするか弱めにするかして、甘味やうま味を出す行為は控えめにしてもよかったんじゃないのかなとは思いましたね。個人的には、だしの風味を強めにするか弱めにすることでよくなるかもちょっとわからないと思うほどバランスが悪いんです。普通には美味いだけに残念です。


SHV47_2028そう思うと、一緒に買った「直巻 高菜明太」の方が、明太の辛味と高菜の(いい意味での)しょっぱさが、いいコントラストになっていて美味しかったのよね。ご飯の美味さも引き立ててるし。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:04Comments(0)

2022年01月07日

ちょっと変わった七草

SHV47_2024今日は、七草。正確には人日(じんじつ)の節句というそうな。この日に食べる七草がゆから暦の上では七草と呼ばれるようになったらしい。春の七草と言われる野草・野菜と餅を入れて煮込んだかゆを食べることで、正月から続く贅沢な食事で荒れた胃腸を休めると言われています。
そんな七草がゆを作るのは大変・・・ということで生まれたのか、こんな商品が七草とセットで売られていたので、買ってみた。それが、こだま食品の「春の七草茶づけ」国産の七草をフリーズドライした商品です。ちなみに、こだま食品は、広島県福山市にある乾燥野菜加工メーカーだそうです。



結果的に、味はお茶づけなんだよね(ニヤニヤ)。おかゆになると、塩気が薄ければ食べられたもんじゃない・・・と言われかねないんですけど、お茶づけにすればしたで、様々な食品メーカーで売られている顆粒のお茶の味わいが強いものになっています。あれって少々塩気が強めになっているんですよね、美味いんですけど。それゆえに、七草は入っているというふうに感じるだけフリーズドライゆえに細やかに入っているからなんでしょう。


手軽に七草の風習を味わうのなら、十分アリでしょう。ただ、本格的な七草を味わいたいなら、七草を調理済みにしたセット(ご飯入りもあり)があるようなので、そちらを買って頂いた方がいいかもしれませんね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:56Comments(0)

【少し】正月だから【贅沢】

SHV47_2019正月と期間限定、そして今年のFC岐阜の躍進を願って(笑)・・・ということで、セブンイレブンで「飛騨牛の濃厚ビーフカレー」を買ってきた
その昔、松阪牛で似たような商品を買ったけれども、あの時と少し違うパッケージのような気がする。



やはり600円(税込648円)もすることもあってか、一つ一つのクオリティが高い
肉は、松阪牛の時のようにブロックではなく、スライスになっているけれども、柔らかくてすぐ溶けてしまいそうほろほろとしているというのかいなぁ・・・。カレールー自身も肉の旨味が詰まっていながらも、辛さやスパイシーさは控えめ。甘く仕上がってはいないけども、誰でも美味しいといえる味になっていました。


肉の旨味がなかなかに感じられ、さぞかし飛騨牛のテイストが詰まっていたんだなぁと思ったら・・・。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


SHV47_20191・・・なん、だと!
飛騨牛使ってないだと(汗)!



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:33Comments(0)

2022年01月05日

実は、ここでしか食べられない

先日、平日が休みになっていることを生かすため、平日にしか頂けないメニューを食らいに行こうと思い立つ
目的地は、コンパルという喫茶店コンパルは名古屋市内に10店舗ある喫茶店で、御器所駅のそばにあるコンパルが本部所在地なのだそうな。何だよ、大須本店とか名乗ってる店に本部があるんじゃないのかよ(泣)。
その中で、今回行ってきた店は、平和店。実は、コンパルは地下鉄の駅地下ないしは駅から徒歩圏内で行けるところにあるので、メトロネットワークと称しているのですけど、この平和店だけは、東別院駅と金山駅の中間にあるのです。どちらから歩いても10分弱にあるんですね・・・(どちらかというと、市民会館のそばになるので、金山駅が最寄り)。この平和店、最近拡張工事を施した模様。建物1階部分まるまる店舗スペースになったようです。


SHV47_2022そのコンパル平和店にあるのが、「あんかけスパゲティ」
これを食べられるのは、平和店のみ。しかも自家製なので10食限定というレア度満載の一品なのです。しかもランチメニューとなれば、平日のみというレア度がさらにマシマシになるわけですから、せっかくならランチで・・・と思ったのです。
なお、「あんかけスパゲティ」だけでも・・・と思えば、全日頂けるようです。また、ランチの際にはトッピングが追加でき、この日は赤ウインナーかからあげというセレクトになっておりました。



味に関しては、ちゃんとあんかけスパゲティの原則になる、とろみの付いたこしょうの味わいが感じられるのですけど、イマイチパンチが弱いかなと。ただ、名古屋人ゆえの味わいの感じ方なので、そうじゃない人間には、十分パンチのある味わいになるのかなと思っています。ということで、もっとパンチを利かせたいワイ、タバスコ攻めにする(ギャハ)。
あとは、個人的に思うところはあるんですけど、そのあたりはノーコメントで。行ってみて、それがどういった意味かわかって頂ければ幸いです。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

誰も行かなさそうなところに行く旅 2日目 後編

最後は、家路に着くまでの話なので、いわばおまけのような話(苦笑)。大和八木駅の停留所に着くところから始めるべきなんでしょうけど、少し前の十津川温泉にまでタイムスリップ(ニヤニヤ)。


SHV47_2013十津川温泉にて。
新宮駅前のローソンで、朝ご飯を兼ねて買ってきたおにぎり2つ。「ラーメン魁力屋 焼きめし」(左)と「高菜明太」(右)なり。
どちらも関西圏のローソン限定(と思われる)商品「高菜明太」が少なくとも関西圏限定と言い切れるのは、のりが味付けだからです。もしかしたら西日本仕様というふうかもしれないが。



「ラーメン魁力屋 焼きめし」は、焼きめしの香ばしい味わいはあるものの、炒飯のような濃い味わいではない(そもそも論で、炒飯と焼きめしはほぼ同義語ということも考えられる)かなと。あと、関西仕様の味付けのりのおにぎりは、今でもあまり馴染めないんだけど、美味しくないわけじゃないんだよね・・・。塩にぎりにのりが巻いてあれば、一番美味しいと思ってしまうのは、この手のおにぎりに慣れていない証拠なんでしょうね、関西圏の人達からすれば。


SHV47_2015そして、五條バスターミナルにて。動いてなくとも腹は減る。
ここでも近くにあるセブンイレブンでおにぎり2つ買ってきた。セブンイレブンアプリの塗り潰しに買ってきたとか言わない(ニヤニヤ)。
ここでは、「しそ昆布とつぼ漬け」(左)と「お出汁味わう かやくごはん」(右)をチョイス。どちらも近畿(関西)地方のセブンイレブンでのみ販売しています。なお、「しそ昆布とつぼ漬け」は焼きのりになっています。セブンイレブンは、味付けとそうでないのりが、中の具によって分けられているんですね。



「しそ昆布とつぼ漬け」は、関西圏の薄味という概念を打ち砕くほどの濃いしそ昆布の味付け。これだけ濃ければ、ご飯何杯でもイケる味わいに仕上がっておりましたゆえに、おにぎりの具材ではもったいないなぁ(苦笑)。そんなこともあって、つぼ漬けの存在感がペライチの紙切れのような薄さになってしまいました。実際、ペライチ(1枚)しか入ってないんですけど(苦笑)。

「お出汁味わう かやくごはん」は、いかにも関西の味。昆布・かつおだしと鶏ガラだしで味付けされたものは、薄めのものになっているんですけど、じんわりとした優しい味になっています。素材が生きてるんですね。


SHV47_2016遂に時は大和八木駅まで巻き戻った。ここからは本題。
大和八木駅で近鉄に乗って帰ろう(その時、株主優待券を金券ショップであらかじめ買っておこう)と思ってたんですけど、少し歩けば、JRの路線(桜井線(万葉まほろば線))があり、そこに駅もある。そこに向かおうではないかと思ったのです。
・・・そこ、橿原市役所で降りればよかったじゃん言わない(ギャハ)。

そんな、JRの駅に向かう途中にあったセブンイレブンで調達したお昼ご飯。「そばめし(ぼっかけ入り)」(上)と「泉州キャベツ使用!お好み焼き」(下)です。いやぁ、どっちにとか絞れなかったので、両方買っちまった(ニヤニヤ)。<おかげで腹いっぱいになってたな!
今回買った「そばめし(ぼっかけ入り)」は、近畿(関西)地方・岡山県・四国のセブンイレブン、「泉州キャベツ使用!お好み焼き」は近畿(関西)地方限定の一品です。



「そばめし(ぼっかけ入り)」は、ご飯のパラパラ具合が最高でした。味わいは、今まで頂いたそばめしとほぼ同じじゃないかなと。大きく違うのは、こんにゃくの存在感が半端なかったこと(爆)。

「泉州キャベツ使用!お好み焼き」は、名前にある通り泉州キャベツの存在感よ。シャキシャキで甘みのある味わいが最高でした。それがたっぷり入っているのですから、案外ヘルシーなんじゃないかとも。その犠牲が肉なんだがな(ギャハ)。肉の存在感が希薄でなりませんでした。でも美味いよ。


先程紹介したセブンイレブンから向かったJRの駅とは、畝傍(うねび)駅橿原神宮と仁徳天皇陵の最寄り駅とのことで、貴賓室もあるらしいが、そんなことは一切知らず、ただのひなびた駅としか見ていないワイは、相当な罰当たりかもしれない(ニヤニヤ)。そこで、写真にある通り、飯を食らい、ただひたすらに列車が来るのを待つ。

飯を食べながら待っていたこともあって、思っていた以上に短い時間で列車が来たここから、奈良まで乗り、そこから乗り換える算段。このあたりから、乗客数が多いかなと思えるように。


SHV47_2017奈良では、母親の土産代わりに「柿の葉寿司」を買って行き、次の列車を待っていた。

そこにたたずんでいたのは、ご存じせんとくん
いつだったっけか・・・と思って調べたら、2010年からか。平城遷都1300年記念事業(平城遷都1300年祭)のマスコットでしたが、後に奈良県のマスコットに。当時は奇抜なデザインで否定派が圧倒的であったのですけど、今じゃ(いい意味で)空気や(ギャハ)。<奈良県の皆様、『馴染んだ』って意味ですよ(汗)。



奈良で待ってしばらく、今度は関西本線(大和路線)に乗り換え、加茂まで。この加茂という駅は、関西本線で見れば、ただの中間駅なんですけど、JR西日本の愛称大好き政策に伴い、大和路線という愛称の路線の起終点扱いになったんですね・・・。その先は、関西線という、関西本線という名称があるのに、これまた愛称で言われるもんですから、他の地域から来た人間には混乱しか招かない・・・(汗)。

加茂からは三重県入りするための列車を待ちます。ここで乗るディーゼル車が、亀山行きになるのです。これを乗り通せば、ぐるっと1周したことになります。
さすがに疲れがたまり、思いっきり寝てはいないものの、うつらうつらと夢現(うつつ)・・・。

そんなことになっていたら、列車は亀山に着きました。そこからは電化路線。一気に快速列車で名古屋まで・・・と言いながら、入れ違いのために停車駅じゃないところで何回も停車しやがった(ギャハ)。それでいながら、客の乗降は一切無しだもんねぇ・・・。何とももったいない。


以上が、「誰も行かなさそうなところに行く旅」の全てでございます。風光明媚なところに行きながらも、人はそんなにいないという、ある意味贅沢な旅をさせて頂きました。
実は、まだ青春18きっぷ、1回分余っているんですよね。何に使おうか画策中。今度の3連休が最大にして最後のチャンス(1/10まで)だもんなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:29Comments(0)

2022年01月03日

誰も行かなさそうなところに行く旅 1日目 後編

SHV47_1997名松線から松阪で再び乗り換える。今度は、その先の多気に向かっても、8分ほどで乗り換えられるので、何にもないところで待ちぼうけにならなさそうだ。
多気では新宮行き、つまり目的地に行ける列車に乗れるのですが、どうしても寄りたいところに行こうと思って、途中下車。それが、尾鷲です。2019年に行ってるので、2年ぶりになりますね。
今回向かうところは、この地図には残っている場所になります。

ちなみに♪尾鷲節の一節が、ここで拝めます今は正午の時に流れるのは、2年前の時に確認済み。



SHV47_1998駅から歩いて30分ほどになるのか、目的地に。旧三田火力発電所のあたりです。
・・・あると思っていたものが無いというのは、こうも寂しいものなのか。がらんどうとした空を見るにつけ、尾鷲にそびえていたあの煙突の存在感の偉大さに気付くのでした。



その後は、道に少し迷いながらも、昔通っていた小学校を見て行き、国道42号を出て、おわせ魚センターおととに。晩御飯の買い出しをしながら、尾鷲の駅に戻ってきたのは、発車10分くらい前。実に2時間を『有意義に』潰したのでした(苦笑)。


午後5時12分発の新宮行きに乗ると、丁度午後7時に終点の新宮に着する。ここで明日の下見をしておけばよかったものの、南紀なのに夜は寒いというトラップに引っ掛かり(苦笑)、スタコラサッサと宿泊先に向かう

ちなみに、新宮市は、熊野川を挟んですぐ三重県なのにもかかわらず、名古屋の4局(+三重テレビ)が映らなかった(泣)。もう関西圏なんだというのを痛感させられると同時に、少しアンテナの向き変えれば映るじゃんと恨み節(苦笑)。


SHV47_1999さて、晩御飯を頂こう。


実は、おわせ魚センターおととに寄る前に、主婦の店にも寄っていたのです。しかも尾鷲市内にあると思われる3ヶ所全てコンプリートというオマケ付(ギャハ)。
最初(尾鷲駅前)の店で「さんま寿司」、最後(おわせ魚センターおととの隣にある)の店で「めはり寿司」を買ってきた。特に「めはり寿司」は大好きなのよね・・・。



個人的には「さんま寿司」の方が美味かったな(苦笑)。甘酸っぱい味付けで、ちゃんと辛子も塗ってあったようだし。「めはり寿司」は、ちょっと高菜の味がイマイチだったなぁ・・・。(店は違えど)同じ主婦の店製造なのに、どうしてこうなった。


SHV47_2000もう一つが、おわせ魚センターおととで買ってきたもの。
地の物と思われる「ぶり握り」(中央)に、明らかに地の物じゃない(爆)「数の子のうま煮」(上)と「サーモン握り」(下)をチョイスすごくお腹が空いていたのと、数の子が食いたい衝動に負けた(ギャハ)。



握り寿司に関しては、ものすごく脂の乗っていたものに。ぶりは確か冬が旬ですからね。美味くないはずがない。サーモンは意外だったけどね(ニヤニヤ)。
「数の子のうま煮」は、正月に食べるアレなんでしょうけど、醤油で煮たものなのに、薄味で美味しかったです。数の子もいい塩気の抜け具合なので、口の中でしょっぱく感じなかったのもよかったですね。


たらふく飯を食べた後は、明日に備え寝る・・・つもりだったけど、眼が冴えてしまったので、仮眠レベルに(苦笑)。何せ朝早く起きないといけないから、寝坊ができんというのもあって、寝られなかったのよね(泣)。
何はともあれ、1日目の夜は更けていき、いよいよ本命になる2日目に突入するのでした。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 20:55Comments(0)

2022年01月02日

誰も行かなさそうなところに行く旅 1日目 中編

午前9時38分、定刻通り松阪を発車した列車。これから約1時間半掛けて、終点の伊勢奥津まで目指します。名松線の詳細は、伊勢奥津駅に着いた時にお話ししましょう。


超ド級のローカル線ではあるものの、途中の家城駅までは結構なスピードで走るものですから、超鈍行という噂を聞いていたワイ、驚愕する(笑)。

しかし、そんなことを吹き飛ばすエピソードが・・・。
数少ない乗客の一人が、どうやら誤乗したらしい(汗)。そのため運転中にも関わらず、乗務員に事の次第を話そうとしていたのです。<バスもそうだけど、運転中に話しかけるのは、アカンからね!
そして、次の上ノ庄で降りることになったのですが、ここの路線の事情を知らない人だったようで、次の列車のことを気にする有様返す刀で乗務員は、「マジで無いっすよ」と手慣れた回答(爆)。そう、少なくとも帰りの路線は2時間に1本、酷いと3時間に1本しかないのですよ、この路線・・・。

ちなみに、この方は伊勢市に行きたかったらしい。運賃表が伊勢市の表示をしていたのもまずかった。たぶん松阪までタクシーで帰ったんだろうなぁ・・・。


SHV47_1987そんな名松線は、風光明媚な路線でもあるのですけど、それは実際見て頂いた方がいい。<そんな写真を撮るテクニックが無い言い訳(ニヤニヤ)!
・・・まぁ、ちょっとわかりにくいのですけど、山の上に風力発電の風車が建っておりますなぁ。「マクロスプラス」のワンシーンを思い浮かべそうな、そんなシーンです。
なお、山間部に行くとシカが出てくることもあり、私が乗った時も遭遇しましたてっきり北海道とか信濃路の代名詞と思ってたけど、ここで出会うとは・・・。え、写真?撮り損ねたよ(泣)!



SHV47_1988この名松線では、風光明媚なところ以外にも、もう一つの見どころがあります。今では珍しいスタフ交換方式を採用している路線でもあります。その模様を見てみましょう。なお、この一連の写真は、松阪と家城での写真を非連続で並べたものなので、風景が違うとか思ったら、そのせいだと思って下さい(汗)。


まず、どちらかの起終点(松阪ないしは伊勢奥津。一部家城でも)でスタフをもらいます現在はタブレットに変わっているので、タブレット交換とも言えるふうになっています。実は、この時通票というものももらっており、併用交換方式になっているのですね。こちらは、かなり珍しいものになっているそうな。



SHV47_1994列車は、名松線の中間駅(と言っても伊勢奥津寄りにある)の家城に。ここは唯一上りと下りが入れ違いのできる駅になっており、交換もここで行われます



SHV47_1995しばらく待っていると、伊勢奥津から列車がやって来ました。



SHV47_1996乗客を降ろした後、ホームの向こう側に待機していた駅員が、スタフと通票を持ってきました。



SHV47_1985これで、この先の路線を走ることができるようになります。松阪行きの列車も同様です。



この先は、山間部を走ることになり、ここで噂の超スロー走行になります。最高時速は25km/hだったかと・・・。道がよくなった現在では、山間部だとだいたい30km/h~40km/h(もっといいと50km/hまでスピードアップできる)だと思うので、こんなに鈍行だとバスや車の方が便利だと思うのも無理はありません。しかし、ここの住民は列車という選択肢にこだわっていたのです。


SHV47_1989それがわかるのが、終点の伊勢奥津
名松線という路線は、松阪から名張まで延ばす予定の路線だったものの、現在の近鉄の大阪線が先行開通してしまったため存在意義が無くなってしまい、この先の建設は中止されてしまったのです。その夢の代わりを路線バスが引き継いだものの、2021年の春に廃止になってしまったそうです。そりゃ、下車時に5人だもんなぁ・・・。
ちなみに、ここから少し進むと奈良県になるんですよ。奈良県を経由して再び三重県に入って上野に進むのね・・・。



SHV47_1992この伊勢奥津の象徴とも言えるのが、蒸気機関車の給水塔かつて蒸気機関車が走っていた頃の名残でもあり、名張延伸の夢の跡とも見られるものになっています。



SHV47_1991この名松線を語る上で外せなくなったのが、いわゆる存廃問題です。

名松線は2009年10月に襲った台風18号により、全線が不通。数週間後には家城まで復旧できたものの、その先(伊勢奥津まで)は代行バスでの運行となり、それが約7年続くことになりました。
その間JR東海は廃線の動きを見せていたのですけど、津市(旧美杉村)の住民による存続運動が起こりました事態を重く見た三重県も存続にかじを切り、JR東海に訴えたのです。
長い協議の末、JR東海による山間部の災害対策を施せば復旧に同意するという条件を三重県が呑み、実行されたことで2016年3月に全線復旧となったのです。
そのため、現在でも旧美杉村の住民は存続に向けて様々なアプローチを掛けております駅舎に付けられているこの弾幕は、長い間復旧を待っていた住民の気持ちを体現しているのでしょう。
この鉄道が無くなると、バス運行になるのでしょうけど、バスになればさらに本数が減らされ、限界集落に落ちる(もっと言えば集落存亡の危機)ことを危惧したからかもしれないのです。そうなら超鈍足区間は、それを生かして中間駅を増やしてもいいのかなと思いますね。実際走っている姿を見ると、ここに駅を設けたら使ってくれるんじゃないのという集落をちらほら見掛けましたしねぇ・・・。



SHV47_1990そんな伊勢奥津で再び列車をパチリ。
着いてすぐに撮ったので、行先方向幕はまだ伊勢奥津行きになっていますけど、この後すぐに松阪行きに変わります(笑)。



SHV47_1986さて、帰りは景色を見ながらお弁当でも・・・と思って買ってきたのが、弁当あら竹(新竹商店)の「本居宣長弁当」(弁当は旧字体ですけど、これで勘弁して(苦笑))2001年に発売開始したロングセラーの弁当になりましたねぇ。なお、松阪駅で待った理由は、これができるまでというのもあります



SHV47_1993中身は、こんな感じ。
地元松阪の品々を取り揃えたそうですけど、江戸時代に牛肉を食べる風習は、ごく一部の地域を除いてなかったんじゃないかとツッコミを入れるのは、野暮ってものですな(ニヤニヤ)。
お品書きは、松阪牛のそぼろ(牛肉のそぼろ風甘辛煮)、松阪牛のしぐれ(牛肉の生姜風味しぐれ煮)、錦糸卵、桜の花塩漬け、桜の花麩、田舎風煮しめとなっています。桜が入っているのは、前回書いた通り、本居宣長が桜好きだったこともあったのでしょうな。



味に関しては、素朴なものですけど、素朴だからこそしみじみとした趣のある味わいに仕上がっているかなと。特に牛肉2種は味があまり濃くないのに美味いと感じました。これは松阪牛の力・・・。


正味30分くらい伊勢奥津に滞在し、再び松阪に戻ってきた。その後は、直行で新宮まで行ってもいいんですけど、南紀に行くなら、やはりあそこにも寄っておきたいと寄り道を再度決行するのでした。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2021年12月28日

【実は】時計回りで大回り【2度目】

今日、中央本線と飯田線を経由した大回りの旅に行ってきました。
・・・以前行ったんじゃないかって?そうです、確かに行ってきましたよ。でも、その時は反時計回りでの旅今回は時計回りでの旅なんです。
どういうルートなのかというと、最寄り駅から中央本線に乗って塩尻駅まで。そこから乗り換えで岡谷駅まで乗って行き、そこで飯田線(岡谷~豊橋)に乗り換え、完乗豊橋駅で最寄り駅まで帰るというものです。実は、表題の通り、何年か前に一度試みたものの、降りてはいけないところで降りてしまい、失敗した経緯があります(ゴルフ大会の客に釣られたんだよな・・・)


SHV47_1969昨日は名古屋でも大雪になったものの、家を出た時には、昨日本当に2cm積もったのと言いたくなるくらい、雪は全く溶けて無くなっていました
しかし、中央本線で東濃方面に向かうと、まだまだ雪が残っていました中津川駅で松本行きの列車に乗り換えないといけなかったのですけど、そちらの方は、塩尻や岡谷といった都市部や一部の地域を除いて、根雪となって残っていた感じでした。



SHV47_1970そして、塩尻駅で乗り換え。
10分強乗り換えまで時間があったので、駅そばをすすろうと画策。駅構内にある、そば処 桔梗に。以前、「安曇野葉わさびそば」を食べたあの場所です。今回は「かき揚げ山菜そば」をチョイス。



ここは、そばの風味が立っていて、つゆもキリっとしたものながらも、濃過ぎない山菜も美味いねぇ・・・。ここは何でも美味いから、ざるそばとかを食べてみたいんだけど、夏に行く機会が無いのよ。


SHV47_197110分ほどの乗り継ぎ待ちを経て、高尾行きの列車に乗って、岡谷駅に。
・・・高尾って、あの高尾だよな?高尾山のある高尾、東京都八王子市にある高尾駅のことだよな!?どんだけ長距離走ってんねん!?
今回乗れなかったけど、岡谷(最高で上諏訪)~豊橋も大概だし、この高尾行きも大概だわ。しかも、長野から来ているらしい(その逆もあり)都心(東京23区)を走っていないとはいえ、この長距離列車を完乗する人は、本当にすごいわ・・・。


話が相当逸れてしまったので、本題に。
写真のものは、御柱祭りの縄7年に一度、もみの木に縛り付けるものです。ちなみに、次回の御柱祭りは、来年(2022年)だったりする。



SHV47_1974岡谷駅では先程の3倍近い時間を待つことになったのですけど、これくらいの時間なら・・・と思い、岡谷駅前にあるララオカヤに。
以前来た時とは違い、ほとんどの店が移転などでほぼもぬけの殻。そんな中で残っていた、これまた以前に食べようか再三迷って食べなかったうなぎ屋に。
清水屋といううなぎと佃煮(ちりめん以外にも鯉やイナゴといった、長野県らしいものも)を取り扱う店。もう来年以降、このテナントが残っているか怪しい状況になっていたので、せめてもの・・・と思って、うなぎ弁当を買うことにしたのです。
前にも書きましたけど、冬が本当の旬なんですよ、うなぎって



SHV47_1976そして、これがうなぎ弁当。並なんですけど、うなぎは大きいし、ご飯も店の主人が、ちょっと多めにしてやれとか心遣いを見せてくれたものです。そんなこと言われたら、来年また絶対行かないかんじゃん・・・(泣)。2000円するけど、その心遣いを見てしまったら、とんでもなく安いよ。



本当にお金を出して買って食べた甲斐がありました。
うなぎの身は柔らかいのに、外はしっかり焼かれていて、パリっとしています。たれが無くとも、たれを掛けても、どちらも美味しい。たれを掛ければ、たれのほんのり甘い味わいが、うなぎの味の濃さを控え目にしてくれます。逆に、無ければ無いで、うなぎの脂の美味さを味わえます


SHV47_1975そんな飯田線の列車には、豊橋駅での清算方法を説明してくれている掲示板が。
・・・確かにワンマンで走っているけど、豊橋まで乗る人なんて、そういないよ(苦笑)。



SHV47_1977最後は、天竜峡駅の一つ前にある川路駅のそばにあるセブンイレブンで買ってきた、ヤマザキパンの「レーズンブリオッシュ」
生地にレーズンを練り込み、ラムシロップソースを挟んだものになっています。



コイツ、クリーム状になっているラムシロップソースの甘さが、ブリオッシュの生地にマッチしていて美味いレーズンも甘酸っぱくて美味いわ。なおブリオッシュは、ふっくらしていて柔らかいですよ。


岡谷駅から乗った列車は一旦天竜峡駅で一休み。先程も書いたように、豊橋からやって来た列車に乗って、一つ前の川路駅に戻って、セブンイレブンで買い出しをした後、時間もあったので一駅分歩いてみた
・・・おかしい、思ってたより遠いぞ(ギャハ)。
それでも乗車10分前に着いたので、事なきを得る。そして乗る列車は、岡谷駅から乗って来たヤツじゃん!乗務員が1時間休憩取りたかっただけじゃないのか!
しかし、後続の列車(これが本当は乗る予定の列車)が遅れたため、乗る列車も5分以上遅れることに。飯田線は線形がよくないので、回復運転もままならないにもかかわらず、豊橋駅での乗り換えは定刻通りに。あーよかったと思いながら家路に着いたのでした。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:04Comments(0)

2021年12月26日

キムチゲ!

SHV47_1863先日、スーパーで買ってきた日清食品の「カップヌードルBIG 海鮮キムチゲ」海鮮コク辛スープ味とのことで、昨今値上がりしているイカがメインの具材になっています。



今年は、「カップヌードル 辛麺」というのが出ているので、この商品も辛い系統の商品なんじゃないのかなとタカをくくっておりました。確かに辛い商品ではありますが、キムチなので酸味も程よくあって、辛麺のように辛み一辺倒でないのが大きな違いです。しかし、具に関しては、キムチ・ニラ・玉子は目立つものの、肝心のイカが(底に沈むような薄さも手伝って)なかなか出てこない。エースコックの「大盛りいか焼そば」が一時終売に追い込まれたように、やはりイカをたくさん入れることは難しいのね・・・。


どうせなら、少々値が張ってもいいので、具の多いカップ麺になってほしいとも。特に『海鮮』と名乗るからには、エビを入れてほしかったかなぁと。「カップヌードル」に入っている、あのエビでもいいので、再び投入される時には、エビを少しでもいいので入れて下さいまし


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:31Comments(0)

2021年12月25日

ポップよ、大きくなったのぉ・・・

SHV47_1937今回、サントリー飲料の「POPメロンソーダ」のビッグサイズ(600ml版。以下「BIGPOP」)を取り上げたのは、この日放送の「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」のポップが成長したなぁ・・・とか感動して紹介しようと思ったわけではないですよ(ニヤニヤ)!<マトリフ師匠に申し訳ないと思えよ。
現在、スーパーやコンビニで「BIGPOP」は展開されているようです。あの自動販売機限定商品が、安く買えるのは、ありがたい限りです。



味は、甘ったる過ぎない、飲みやすい炭酸・・・って、いつもの「POP」と変わらないんじゃないか!
・・・と、私は思っているものの、どうやら一部界隈では味が違うという評価がなされています私個人は誤差の範囲内だと思っているのですが、せっかくなので、一度「POP」を見掛けたら、「BIGPOP」と飲み比べて見ても悪くないなと思ってます。ただ、「POP」の手に入る場所が、なかなかないのよね・・・(汗)。


というわけで、ポップが成長したのかどうかは、今後の展開次第ですな。まずは輝聖石を輝かせてからじゃないと、評価できんわい(ニヤニヤ)。<だからマトリフ師匠に申し訳ないと思えよ!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(2)

目的地が東京都内なのは、いつぶりなのだろう? 後編

ここからは、アーツ千代田3331から家路に着くまでの話をば。


SHV47_1959アキバから向かった先は、上野
ご飯を食べに行くためというのがメインになってしまっておりましたけど、そこから帰りの列車に乗ろうとも思っていたわけです。また面倒くさい乗り換えも大概だし、東京駅は混むからねぇ・・・。

アメ横近くの通りには、双子のパンダ誕生祝いの垂れ幕が今も飾られています。ちなみに、この日(12/23)は暁暁(シャオシャオ)と蕾蕾(レイレイ)が誕生して半年だったとのこと。何たる偶然(笑)。



SHV47_1960上野駅から歩いて5分くらいのところにあるのが、銀だこ酒場。銀だこを一角に追いやるほど広い居酒屋です。
せっかく東京に来たのだから・・・と、この銀だこ酒場に久しぶりに寄ったわけです。<そして、ハイボールを飲んで酔ったわけですね、わかります(ニヤニヤ)。
・・・一杯しか飲んでないわ!


色々食べたのですけど、今回は「もつ煮込み」を紹介。これで2人前だそうです。心配になって量を聞いたら、鍋を用意してくれて、それで確認したところ問題なさそうだったので、頼んだ次第。



いい塩気ともつの煮込みが素晴らしいので、臭みはほとんどない。とはいえ、味噌の味わいは、やや辛目なのでご飯が欲しくなるものの、残念ながらご飯ものは、焼きおにぎりしかないんですよね・・・。白いご飯を放り込みたくなってきた(泣)。


SHV47_1961そんな上野界隈で見付けた「刀使(とじ)ノ巫女」のイラスト
どうしてここに・・・と思ってよく見ると、パチンコの台で使われていたのね。そう、ここは、この作品の権利を持っている西陣という会社があるところ



ここで危機的な状況になっていることに気付く。
ケータイの充電がもう無くなっているのだ(汗)。実は、行きの段階で結構使ってしまっており、既にモバイルバッテリーの残量が3割ほどしか残っていなかったのです。その充電も使い切り、ゼロ状態。
そこで、上野駅そばにあったヨドバシカメラの急速充電器で充電にトライしたものの、30分で100円払ったのに、充電量が10%って・・・(大泣)。ガバガバUSBケーブルがアカンのや!<いや違う。


SHV47_1967それでも時間が無いので、そのまま帰ることになる。
唯一の救いは、乗り継ぎを少なめにして帰れる点かな。そして、今回はちょっと贅沢な乗り継ぎにしていた楽して乗り継ぎしたいな・・・とかねてから思っていたので、今回実行したわけで。

最初、上野から熱海まで普通列車ながらも乗ることに。そこでグリーン車に乗ろうと、いざ電子決済・・・しようと思ったら、manacaは非対応(泣)。これに伴い、電子チェックイン機能が使えない。そのため、大慌てで改札口を通り抜け、切符売り場でグリーン券を購入(上)熱海まで1000円するのか・・・(汗)。なお、検札がグリーン車の売り子(アテンダント)が兼ねていたようです。ここでチェックイン処理をしてくれるらしいです(ただし時間が掛かるので注意)
それでも、初めて2階席に乗って風景を堪能しましたよ。ホームから見上げられるのは、ムスカになった気分でよかったです(ニヤニヤ)。<バルス!

そして熱海に着いてからは、一旦沼津までロングシートの普通列車に乗り、沼津でホームライナーは浜松に乗り換え(下の券が乗車整理券)。ゆったりと過ごして浜松まで。そこからは普通列車に転換されて豊橋までずっと乗れる。以前にも紹介しましたけど、これは静岡越えを快適にしてくれる列車ですわい。
ただ、その後の快速列車が急病人対応で8分(最終的に6分)遅れになったので、けっこうやきもきしたけど・・・。
なお、新型コロナウイルスの影響で、ホームライナーは全て自由席になっておりました。



SHV47_1962上野~熱海までは、崎陽軒のシウマイと「アサヒ生ビール」(マルエフ)と共にヤマザキパンのランチパックを頂くことに。それが「ランチパック タンタンメン風」川崎市ではお馴染みの元祖ニュータンタンメン本舗監修のものです。



タンタンメンのメインであるにんにくの風味はよく利いてるものの、辛味はそんなにないので案外食べやすいとも物足りないともどちらとも取れる味・・・と思っていたけど、これは以前に食べた「ランチパック 台湾まぜそば風」と味が似てないかい(ニヤニヤ)?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
  
Posted by alexey_calvanov at 23:44Comments(0)

2021年12月24日

目的地が東京都内なのは、いつぶりなのだろう? 前編

先程の記事で、東京に行ってきたのですけど、コロナ禍になってから東京を目的地にして行ってきたのって無かったはずなのよね。経由地として行ってきたのは何回もあるんですけど。

なお、調べてみたら、2019年末にお台場(ドラえもん未来デパート)に行ったのが最後のようです。お台場には機会があれば、また行ってみたいなぁ・・・。


SHV47_1939今回は青春18きっぷにて行くことにしたため、名鉄に乗って行くという『裏技』が使えません遅くて早く行かないといけないのは、何とも矛盾している・・・と思いながらも仕方ないので乗って行こう。

ホームドアが金山駅にできてから、乗り位置がわかりやすくなったなぁという一枚の写真から、今回の旅はスタートです。



SHV47_1942途中の豊橋駅のベルマートで、岡崎にあるすずやという手作りサンドイッチの店で売っている「牛肉コロ助サンド」を購入。「ブタゴリラも大好きなり~」と書いてあった(笑)。



これは、コロッケが美味いね。ジャガイモのマッシュ具合が最高で、口の中で滑らかさが伝わってきます食べ進めると口の中で溶けてしまうよな口あたり。そこに肉の旨味が吸収していることから、さらに美味しさが増しています値段は高い(420円(税込))がいい味の代名詞になってもおかしくないです。


SHV47_1944豊橋からは熱海まで一本で行けるトイレ無し列車で修行(笑)。
そして、熱海駅にあるNewDaysで「贅沢海鮮」というおにぎりを買ってみた。連載の終わろうとしている「進撃の巨人」とのコラボで、まぐろ・数の子・小柱が入ったものになっています。



コイツは、まぐろの存在感が半端なかった(苦笑)。その次に小柱で、食べた時の旨味になっていたかな。数の子の存在感(汗)。<これ以上言ってやるな。


SHV47_1946熱海以降は、秋葉原に向かうために細かい乗り継ぎ(小田原・大船・東京)を経ていくことになる。
そして着いた秋葉原。アキバといえば、ガンダムCafeなんだけど、ここも今年いっぱいのようで。随分長いことあったような気がするんだよなぁ・・・。



ここから歩いて10分くらいにあるのが、先程の記事で紹介した3331アーツ千代田なわけです。


後編は、3331アーツ千代田から家路に着く話になります。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:06Comments(0)

2021年12月21日

マックフライポテト販売休止のお知らせ

マクドナルドで販売しているサイドメニューの中で、最も頼まれる回数が多いと思われるのは、「マックフライポテト」でしょう。S・M・Lの3種類があり、MとLは真っ赤な紙箱に入れられている、ある意味マックを象徴する商品とも言えるでしょう。時期によっては、どのサイズを頼んでも150円(税込)など同一金額で頼めるキャンペーンもやっているので、まるで空気のような存在感だと思っている人達も意外に多いのではないかと思っています(ニヤニヤ)。


そんな「マックフライポテト」に一大事。何と12/24~12/30まで一時販売休止になるとのこと。すわ一大事・・・と思っていましたけど、一応Sサイズのみ販売は継続ということで、全く無くなるわけではないようです。ただ、Sサイズは60gくらいしかないので、食べた感じがしないとお嘆きになることでしょう。
この非常事態に対し、ハンバーガーとのセット(バリューセット・バリューランチ)で購入の場合、割引が適用されるとのこと。例えば、ビックマックのセットの場合は、「マックフライポテト」と一緒なら50円引きになるそうです。それだったら、朝マックにあるコンビを臨時に設定してもいいのではと思ったのですけど、レジを改正しないといけないので、一時的とはいえ、それは無理か・・・

ちなみに、夜マックにも影響が及び、「ポテナゲ」の大・特大も共に販売停止になります(期間は同じ)。しかしながら、同じポテトを使っているであろう朝マックで提供されている「ハッシュドポテト」に関しては、今のところ販売停止にはなっておりませんポテトが恋しくなったら、朝に行けということか・・・。


どうしてこうなったのかというと、輸入元の北米で問題が起こっていることが最大の原因経由地であるバンクーバー港周辺で起こった大規模水害や新型コロナウイルスの影響で起こっている流通網の混乱によるものです。Sサイズでの販売の間に在庫を集め、流通が回復したタイミングを見計らって、元の状態に戻す考えのようです。そのタイミングが合えば、12/31の午前10時半(つまり朝マック終了後)より再開できるそうです。


しかし、クリスマスというある意味かき入れ時に、メジャーなサイドメニューだと思う「マックフライポテト」が買えないのは痛い、痛すぎる。まぁ、チキンがメインだと思うので、マックにはそんなに痛くないのかな・・・と勝手なことを思う(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:28Comments(0)

2021年12月20日

ご当地うまいもん弁当 宮崎編

SHV47_1927私の家から一番近いイオンには、こんな弁当が売られております。その名も「ご当地うまいもん弁当」各都道府県の名物が1つ詰まった弁当になっています。
今回は、宮崎県の名物「チキン南蛮」が詰まった弁当です。



SHV47_1928中はこんなふう。
チキン南蛮以外には、ウインナー・玉子焼き・ちくわ天・シュウマイが入っており、きんぴらと漬物が敷き詰められたのり弁当になっております。



お弁当一つ一つは、よくできており、そつのない仕上がり。メインのチキン南蛮は、甘酸っぱい味付けが非常にしっかり付いています。確かに、これはチキン南蛮の味だと納得できるくらいに。
ただ、レンチンした方がいいのか、肉が少し硬い。あとは、のり弁当の量がものすごく少ないお茶碗で盛ったら半膳あるか怪しいレベル(苦笑)。味付けは悪くないのに、非常に損しているなぁ・・・。


なお、値段は衝撃の398円(税込)。なかなか素晴らしいレベルだと思いますよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:01Comments(0)

2021年12月19日

鶏の炭火焼を食べ比べてみた

SHV47_1930個人的には、鶏肉料理の中で一番美味いと思うのは、鶏肉の炭火焼だと思うのです。強火の炭火で熱せられた鶏肉は、ジューシーさを保ちながらも炭火の香ばしさをまとわせ、独特の風味になってくれるのですよ。あの味わいを知ってしまうと、他の鶏肉料理が薄っぺらく感じてしまうのです、失礼ながら。さながらドラえもんが、どら焼きにご執心するのも何となくわかってしまうような味わいと言えるでしょう。


そんなこともあり、先日宮崎に行ってきた時のお土産で買ってきた綾の地鶏の「宮崎綾鶏 炭火手焼」(上)とローソンで買ってきたMGSの「とり源鶏炭火焼」(左下)と伍魚福の「KOBE 伍魚福 赤どり炭火焼」(右下)を食べ比べるために用意しました。
なお、ファミリーマートでもファミマルの一品として鶏炭火焼がラインナップされていますが、あれはそう見せているだけのものだと、これまたドラえもんがどら焼きに対するこだわりを熱弁するくらい語りたいのですけど、この記事内に収まるか不安なので割愛(ギャハ)。



3つとも言えるのは、美味い(笑)。3つとも鶏炭火焼の最低条件である『炭火の香ばしい味わい』を多い・少ないはあるものの感じられたので、その点でまず満足できますし、オススメしたいものに仕上がっています。


その点を踏まえ、まず「宮崎綾鶏 炭火手焼」は、鶏肉の弾力が強めで、ともすれば固いかなと思ってしまうものの、味わいは最高で、かつジューシーで塩気の強めな濃い味わいになっています。スタメシで食べたあの味に近いかなと。

「とり源鶏炭火焼」は、「宮崎綾鶏 炭火手焼」よりもさらに濃い味わいで、鶏の脂が溜まるほどに濃い鶏の旨味と濃さを味わえます。歯応えは3つの中では一番柔らかいかな。残った鶏の脂と鶏肉にご飯を絡めたくなってきた(ニヤニヤ)。

「KOBE 伍魚福 赤どり炭火焼」は、色合いも薄いんですけど、味は塩味だけのシンプルな味なので、余計な味わい(こしょうの風味等)は一切無し。逆に炭火の香ばしさも薄めなのが残念なところですけど、独特の風味が苦手な人には、こちらが食べやすいかもしれません歯応えは3つの中ではほぼ真ん中なようですけど、肉が一番小さいです。なお、鶏肉は赤どりというものを使っているそうです。


三者三様ながらホントにどれも美味しい。ローソンのものはすぐにでも買いに行けるので、今度また買えたら買おうぞ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:33Comments(0)

キャベツが辛さをすくう?

SHV47_1929現在ファミリーマートで「ペヤングやきそば 超大盛 激辛 マシマシキャベツ」が発売しております。明日(12/20)には一般販売店でも全国展開されるようです。そう、ギリギリセーフで飛び込みましたよ、と(ニヤニヤ)。
こちらは、超大盛と激辛が組み合わさった商品なのですが、そこに大量のキャベツを放り込んでいます。今までありそうだと思ってたけど、無かったんですね。



このところ激辛とうたっていても、他のペヤングの商品でもっと辛いのが出ているので、正直激辛と言っても・・・と思っていたのですよ。そう思ってたら案の定、確かに激辛とも言える味わいなんだけど、なぜかあの時感じた<(激辛の)予感は本物なんだろ?
・・・♪Diamonds(ダイヤモンド)の一節やめい(ニヤニヤ)!
・・・違うの。激辛だと思ってた味わいが、今となってはそこまで激辛だと感じなくなったんです。もちろん、一般的には激辛と言われてもおかしくない辛さなんですが、ペヤング的には普通になりつつあるということですよ。恐ろしい。
それでも一般的には激辛とも言える辛さ。ゆえに、大量に入っているキャベツの甘さでその辛みが薄まるのもまた事実なのです。そして残った激辛ソースを吸わせてしまう効果もあり、キャベツ偉大なりとお祈りしたくなってしまうほどです(笑)。キャベツによって辛さの窮地から救われるだけでなく、キャベツが激辛ソースをすくってくれるのです。


大盛りで激辛好きな人にも、この味わいが素晴らしいと思ってくれるはずです。ほぼキャベツだけの焼きそばですけど、個人的にはアリかなと思ってたりする(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:02Comments(0)

2021年12月18日

2021年JFL・地域入れ替え戦を見に行ってきた

明日、天皇杯の決勝を最後に今年のサッカーイベントが終わるのですけど、その前哨戦的な位置付けでJFL・地域入れ替え戦が行われました
今年のJFLは、17チームよって争われ、いわきFCの優勝とJ参入が決まった一方で、最下位にFC刈谷、16位にホンダロックSCとなり、入れ替え戦に挑むこととなりました。
地域リーグ側は、熾烈な争いの末、関東リーグ1部所属のCriacao Shinjyuku(クリアソン新宿)が全国地域サッカーチャンピオンズリーグ優勝、東海リーグ1部所属のFC.ISE-SHIMAが準優勝となり、共に入れ替え戦に挑むこととなりました。そして優勝した新宿が、今回JFL最下位だった刈谷と戦うこととなったのです。


入れ替え戦は、JFLの規定の下で行われることとなったため、刈谷のホームグラウンドで開催となりました。というわけで、本日・・・。


SHV47_1905何で名古屋市港サッカー場なんだよ!てっきりウェーブスタジアム刈谷だと思ってたのに(泣)!
・・・ということで、今日の入れ替え戦は、名古屋市港サッカー場での開催になりました。どうも刈谷にとっては縁起のいいスタジアムなようです。
・・・今回は電光掲示板は動いているけど、相変わらず修繕は施されていないなぁ。河村たかし名古屋市長は、こういったところにカネを出しなさいと言いたくなるわい。



SHV47_1910先程も書いたように、今回はJFL主催の試合。ゆえに、JFLのスポンサー旗がはためいています。そこに1つだけはためく、地域リーグの新宿の旗。来年も新宿は、JFLの下ではためくことができるのか。



SHV47_1908今回は刈谷の主催になるので、マッチデープログラムも用意されたようです。
相手チームの紹介も写真付きでわかりやすいですなぁ。このマッチデープログラム、刈谷の一部の選手がアマチュア契約なこともあり、スポンサー企業に就労していることまでしっかり書かれていました



SHV47_1912スタグルも来ていました。唯一でもあったスタグルは、おきあがりこぼしの「三河からあげ」を紹介。
ヤマシン醸造の「極(きわみ)」という醤油で味付けされているそうです。ちなみに、2020刈谷グルメ総選挙1位・刈谷グルメグランプリ最優秀賞受賞をしているそうな。



こちら、醤油の香ばしい味わいと鶏肉のジューシーさが美味い。カリッとした食感も悪くない。そして、何より寒い中での温かい食品は、ありがたい限りでした。


SHV47_1911さて、気温7°C、北頃には小雪ちらつき、試合開始時には晴れたものの風が吹きすさび、原博実Jリーグ副理事長が見守る中での試合となりました。
実は、コイントスの際に陣地の入れ替えが起こり、刈谷が風下側・新宿が風上側を選択しました。恐らく刈谷は後半に得点を獲っていく予定だったのでしょう。それか、早いうちに新宿の攻撃的なサッカーを封じてしまえば、延長にもつれ込んでも引き分けで逃げ切れると判断したのかもしれません(入れ替え戦は90分(前半・後半共45分)で決着がつかない場合、延長戦が30分(前半・後半共15分)ある)
これが吉と出たのか凶と出たのか。その結末は前半終了間際に現れます。



SHV47_1913試合開始時は、刈谷と新宿はほぼ互角な雰囲気でした。しかしながら、新宿の動きが硬いので、刈谷が攻め立てる時間を増やし、コーナーキックなどのセットプレーを得る気概を増やしていったものの、結果的にこれを決めきるまでには至らずとなり、今年の刈谷の順位の意味を知ることとなりました。これじゃダメだ・・・。
そうこうしているうちに、新宿の緊張感がほぐれてきました練習の時から刈谷が淡々としていたのに対し、新宿は活発にウェイウェイ声を出していて、雰囲気作りをしておりました。でもね、声出しの一つで、試合に勝てるほど甘いものではないのは知っています。サッカーだけじゃなく全てのスポーツで言えることです。
しかし新宿は違った。声出しをしていることで、一体感と連携が生まれていたのです。緊張こそすれ、時間が経てば慣れてくるのか、徐々に攻撃のリズムが生まれてきました。その結果が、前半終了間際に訪れたのです。
前半45+2分に、後ろに一旦ボールを下げた新宿が、空いた左端のスペースに蹴り込み、少し駆け上がったところで、中央に。そこへ飛び込んできたのが、ロアッソ熊本とカマタマーレ讃岐に在籍経験のある池谷友喜選手。ゴールマウス左隅側から右隅側に蹴り込む難しいシュートを決め、先制点を挙げたのです。

その直後にも新宿が刈谷のゴールマウスを襲来コーナーキック(セットプレー)からドンピシャのヘディングを決めたのが、徳島ヴォルティスに所属していて、プロ選手を引退してまでも新宿にやって来た井筒陸也選手だったのです。電光石火のような攻撃に目を白黒させられながら、前半は終わりました。この時、刈谷の戦意は失われかけていたのかもしれません。

その刈谷のメンタルをポッキリと折ったのが、後半33(78)分。イケドンになっていた新宿は、風下に立たされてももろともせずに刈谷を攻め立て、自陣が攻められた中でも、しっかりインターセプトを果たしたかと思ったら、パスを回して駆け上がり、刈谷のゴール前でシュートを放つもキーパーが弾いてしくじった・・・かと思ったら、こぼれ球を見逃さず蹴り込んで3点目しっかり守っていたはずだった刈谷の守備が崩壊したのと同時に、新宿の後半の試合の中で3点目取るぞという掛け声を正しく『有言実行』で成し遂げたのです。
正直、これで試合も決まったし、新宿は守備に切り替えて終わるわな・・・と思っていたら、最後にまたドラマがやって来た。
3点目を決めた選手が後半39(84)分に引き揚げ、交代選手が入ったのですけど、その選手がその直後に仲間が受け取ったボールをしっかり相手陣内で受け取り、そのまま無人の中を駆け抜け、最後はやっと追い付いた刈谷の選手をスライディングでかわしながらのシュートそれが決まっちゃうんだよね(汗)。刈谷のライフが0に至っていたかもしれないのに、決めてしまった4点目がダメ押しになりました。まさか4点も・・・と、この時思いましたよ。これは、とんでもないものを見てしまっているとさえ思ったほどに。


結果は、0-4で新宿の勝ち。地域リーグのチームがJFLのチームを破る下克上となりました。



SHV47_1914この結果に伴い、新宿がJFLに昇格となりました。



SHV47_1921歓喜の輪を作って、喜びを爆発させる新宿の選手達。最後の試合となった小林祐三選手へのいいはなむけになったことでしょう。



SHV47_1923そして、ホームで惨敗となった刈谷は、この結果に伴い、地域リーグ(東海リーグ1部)に降格となりました。刈谷にとっては2度目の降格、そして昇格1年目での出戻りという屈辱的な結果となりました。
それでもなお、刈谷のサポーター達は選手達を温かく迎え、彼らをねぎらっていました



SHV47_1926新宿の選手達は、東京から駆け付けたサポーター達にもあいさつ。刈谷ほどではないものの、結構な数の方々が来ていたようです(観客動員数は1032人)



そして、同時刻で開催されたホンダロックとFC.ISE-SHIMAとの一戦は、3-2でホンダロックが逃げ切りました後半怒涛の追い上げをFC.ISE-SHIMAは見せていたものの、あと一歩及ばず。やはり3点取られてしまったのが大きかったのかなと。小倉隆文監督には、また来年、刈谷の落ちてくる地獄の東海1部を戦い抜いてほしいものです。


刈谷×新宿、新宿のワンサイドだったとはいえ、素晴らしい試合でした。新宿の火力の大きさを知ることもでき、この火力が維持できれば、来年は台風の目になるかなと期待しております。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0)