2021年09月21日

お、オマエのせいだったのか!?

SHV47_1584今回紹介するのは、「がっつり×ヘルシー 国産豚もつ煮込み×豆腐」という商品
・・・どこかで聞いたことがあると思った人は鋭い。この商品は、以前紹介した「がっつり×ヘルシー 牛すじぼっかけ×豆腐」の兄弟分的なもののようです。『兄弟分的なもの』と書いたのは、今回の商品が、むつみという会社の手掛けるものだからです。前の商品はハギワラという会社が手掛けているので、なぜ違うのかがわからない。もしかすると、ローソンの商品扱いなのかなとも思ったのですけど、ラインナップに無いんですよね・・・。
そしてもう一つ、この「がっつり×ヘルシー 牛すじぼっかけ×豆腐」に関する記事を昨年末に載せて以降、なぜかコンスタントに見られているんですよ。時にトップに躍り出ることも。もしかすると、今回紹介する商品を検索してたどり着いたんじゃないかと思ってもいます。

ちなみに、これらの商品を出したハギワラもむつみも、豆腐を商品の柱としている会社です。それゆえに「がっつり×ヘルシー」の名を冠した商品を出せるのでしょうね。



さて、色々推論を立てていても仕方ないので、味を確かめてみましょう。今回は、以前の反省ということで、豆腐も中の国産豚もつ煮込みも湯煎で頂いております。実は、どちらも湯煎ではなくレンチンでやるように指示されているのですけど、どうもレンチンだと豆腐がしっかり温まらないんですよ・・・。

その味は、意外なことに「がっつり×ヘルシー 牛すじぼっかけ×豆腐」よりも味がいい。恐らく違う会社が手掛けているからというのが最大の理由なんでしょうね。豚もつ煮込みの味付けがやや濃いめになっているものの、薄過ぎないので、豆腐と食べても豆腐のあっさりさに負けていないんですよね。前は豆腐のあっさり味に乗っかっちゃった感じになって、ものすごく薄く感じたので、なおのこと。ただ、あくまで味付けなので、素材の味そのものは、やはり薄いかなぁ・・・。


「がっつり×ヘルシー 牛すじぼっかけ×豆腐」よりもマシな味というのが結論。湯煎でやった方がいいのでしょう。なお、レンチンでは500Wで2分なので、これより少し長めに湯煎すればいいと思います。それか豆腐だけ湯煎でもいいのかもしれないですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:19Comments(0)

2021年09月20日

微ールとⒻ(マルエフ)

SHV47_1581先日、3連休になるからと久しぶりにビールを買ってきた。前に店を覗いてきた時に気になっていたからです。
それが、サッポロビールの「ザ・ドラフティ」(左)とアサヒビールの「アサヒ生ビール」(右)。どちらも何かと話題になっているビールですね。

「ザ・ドラフティ」はアルコール度数0.7%というビールテイスト飲料で、ビールではないのが特徴作り方は、ノンアルコールビールとほぼ同じで、最後の工程でアルコール分を注入するふうだそうです。
そういえば、アルコール大国のロシアではクワスというビールのような飲み物があったなぁ・・・。調べたら、1~2.5%のアルコール度数なのにジュース扱いで販売とか、頭おかしい(苦笑)。

「アサヒ生ビール」は1986年に低迷期を歩んでいたアサヒビールが起死回生の商品として生み出され、実際に大ヒットを生み出したものの、翌年に発売した「アサヒスーパードライ」というドライビールの元祖によって、瞬く間に一般販売での終了に追い込まれた、『幻のアサヒ』と呼ばれるものになっていました。あまりに売れ過ぎて、今後店頭から幻になりそうですが(爆)。
なお、通称はⒻ(マルエフ)とのことですが、安孫子不二雄さんはⒶ(マルエー)ですよ・・・とか野暮なことを言いそうになった(苦笑)。とか思ってたら、Phoenix(フェニックス)から取ろうとして、『P』から始まることを後日知って、Fortune(フォーチュン)から取ったとごまかしたらしい(ギャハ)。



今回は、まず「アサヒ生ビール」から頂きましょう。
こちらは、アルコール度数は4.5%と従来のビールのアルコール度数5%よりやや低め。ただ、この『やや低め』が、辛口になりやすいビールの中でも、まろやかさと飲みやすさに繋がっているのかなと思いましたね。口当たりがとてもよく、他のビールによくある引っ掛かりが無いんですよね。個人的には、「アサヒスーパードライ」よりも飲みやすいのに、何で無くなっちゃったんだろうと思いました。

そして、「ザ・ドラフティ」です。
こちらは、ビールテイスト飲料なのに、しっかりとしたビールの味が残ってるノンアルじゃないからというふうに言えばそれまででしょうけど、それでもこのしっかりとした味なら、ノンアルで満足していなかった人にもイケるのではないかなと思います。


どちらも、従来のビールとは一線を画そうと必死になったともいえるものになっています。その意味では、今回の商品は、その思いをくみ取って飲んでほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:06Comments(0)

2021年09月19日

アレに乗って行ってきた

9月になってやっと来たアレに乗って、とあるところに行ってきたのですが、そのアレって何でしょうかねぇ・・・。
そのアレとは?


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


次回に続く!<マテ!

ゴメンゴ、写真撮り忘れたんだ(ニヤニヤ)。<ただの面倒臭がりか、ネタを引っ張りたいだけだろ!
・・・とりあえず、ネタを腐らせるのはマズいので、先に紹介だけしておくべ。


SHV47_1586行ってきたのは、愛知県名古屋市中川区にある五王製菓というお店。とはいっても、五王製菓というのは、店の仮の名前と言うのか店に正式名称が無いのでそう呼んでいるだけとも言えるのかな(一応『みたらし半額の店』が正式名称らしい。ただメディアでの紹介は『五王製菓』となっているので、それが正式名称なのかもしれない)。そう、五王製菓という名前は、今回紹介する「みたらし団子」(中央)と「五平餅」(右)を卸している会社の名前なのです。それゆえに、「みたらし団子」と「五平餅」は生(クール便の場合アリ)ないしは冷凍にてオンラインショップで購入可能です。なお、五王製菓は江南市にあります。そこで製造したものを卸しているんですね。
あ、この中川区にある五王製菓には、「たこ焼き」もあります。ソースとしょうゆとがありますけど、今回はしょうゆをチョイス。名古屋の味ですからね。



名古屋の味といえば、今回紹介している「みたらし団子」もそうですね。
甘味を強めにした、ともすればカラメルっぽい甘辛の味わいに、もっちもちの団子が合いますな。団子は軽く焦げ目が付いており、香ばしさもアップ。生だからこそできる柔らかさと焦がすことで生まれる香ばしさがホントいい仕事しています。

そして「五平餅」は一部の中部圏にはお馴染みのおやつかつ主食皆殺しに突き上げたお米ですが、餅のように粘りのある仕上がり。そして「みたらし団子」とは違うクルミやゴマの利いたたれが何とも美味い焼くことで香ばしさもアップし、これまた焦がした餅に合うんです。いわゆる御幣型(小判型とも)もいいんですけど、手軽さなら今回のような小丸型や団子型も捨てがたい

最後に「たこ焼き」。こちらはオーソドックスな味で、そんなにしょうゆの味わいが濃くないですね。濃い味の中で、このような落ち着いた味があると、ちょっとホッとする(笑)。


なお、「みたらし団子」が30円(税込)、「五平餅」が60円(税込)、「たこ焼き」が200円(税込)となっています。「みたらし団子」に関してはここ数年値段は据え置きとのことで、ある意味涙ぐましい企業努力をされているのではないかと思うと、何とも申し訳ないとも。


この店は週末(土・日)のみの営業で、時間帯によっては結構行列になるので、早めに行くことをオススメします。また「みたらし団子」・「五平餅」と併せて1人あたり10本までという購入制限を掛けられることもあり、かつ個包装をお願いすると、「みたらし団子」は5本以上、「五平餅」は3本以上という制約が掛かるので、注意が必要です。ゆえに、「みたらし団子」7本に「五平餅」3本という変則注文になった(苦笑)。


SHV47_1587その帰り、五王製菓に少し戻ったところにある、たこ焼工房 ぐるるに行って、「ふわとろたこ焼き」を買ってきました。せっかく通ったし、近くに通ってる床屋さんがあるのですけど、たまに買って帰ってたのでなおのこと。
この店は、「焼そば」と「からあげ」もあるとのことです。



こちら、山芋と餅などでふわとろに仕上がったものになっているので、非常に柔らかい箸でつまむと、中のたこによってびよーんと伸びてしまうんじゃないかと心配になるほど(苦笑)。味はしょうゆにしているからか、やや濃いめの味わい。そして紅しょうがの利いた、ややパンチのある味でもあります。


歩いて行くと少し時間の掛るところなので、アレで行けるのは何ともうれしい。今度は是非とも紹介したいと思うので、乞うご期待!<煽るだけ煽って悲惨なことになるに100万ペリカ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:44Comments(0)

【感染対策】2021年秋の名鉄百貨店の大九州展 おまけ【バッチリ】

SHV47_1579先日、名鉄百貨店の「大九州展」に行ってきたんですけど、冷凍で保存していたので、その日のうちに食べられなかったものを1つだけ紹介しておきます。今日の晩ご飯で焼きそばにして食ったんですわ。

それが、福岡県にあるふくやの「国産 博多もつ焼き」。あのふくやが明太子以外にもこんな商品を手掛けているんだなんて知る由も無かった。
こちらは、国産の牛小腸を使用しており、特製だれで炒めて食べるというもの。野菜は入っていないので、キャベツとかを一緒に用意して炒めてほしいとのこと。なお、今回は焼きそばの麺を買ってきて、一緒に炒めております



食べてわかったのは、麺や野菜を入れているのに、味は結構濃いめ。そして脂っこい(苦笑)。油を入れて炒めて下さいとあるけど、もしかすると焦げ付きやこびり付きを気にしないで済むフライパンなら、そのままでもいいかもしれないと思えるほど脂が浮いてきた(爆)。恐らく小腸から出てくるものなんでしょう。

その味に関しては、意外にもピリ辛ではなく、まろやかな味わい赤い色しているのにあんまり辛くないんですわ。肉から出る脂の濃厚さばかりに目が行くので、そこに至らないんでしょうね。それゆえに、一緒に入っているにんにくが効果的な辛さをもたらしますこのにんにくが輪切りの唐辛子になっていることもあるようなので、詳細はその時によって変わるかもしれませんが、辛いことには変わらないと思っていいでしょう。


脂っこさだけ克服できれば、これほど美味しいものはないでしょう。麺も悪くなかったけど、脂を吸わせたいならご飯でもいいかもしれない。もつ焼きと一緒に炒めたらどうなるんだろうな・・・と思いながら麺をすすっておりましたとさ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:51Comments(0)

2021年09月18日

【感染対策】2021年秋の名鉄百貨店の大九州展【バッチリ】

名鉄百貨店では、9/15から「大九州展」を開催しております。今年初めにも「大九州展」は行われましたけど、今回はかなり感染対策を施しており、リアルタイムで入場数をカウントしており、混雑してくれば入場制限を行うなどしておりました。
ちなみに、この物産展で流れていたBGMがなぜかLiSAのアルバムからだった(笑)。彼女は九州と何か関係があるのか?<ただの『地元』への貢献でしょうに。


SHV47_1574最初は、宮崎県にあるチキン南蛮専門館 金の皿の「鶏皮」。以前は鶏肉のチキン南蛮を食べたのよね。あとは「鶏の炭火焼き」か。
今回は、こちらを買ってきました。「鶏の炭火焼き」が無かったからね・・・(泣)。



いやはや、こちらも「チキン南蛮」だった(笑)。あの甘酸っぱさ(フルーティーな酸味に爽やかな甘さ)が鶏皮でも味わえるなら、かなりリーズナブルですわ(ニヤニヤ)。それでいてやはり皮ということもあるのか、パリパリな仕上がり。食べ応えは本体よりあるぞ(爆)。


SHV47_15752番目は、鹿児島県にある「鹿児島肉の専門 島田屋」の「黒豚トロトロなんこつコロッケ」(左)と「黒毛和牛のコンビーフコロッケ」(右)
「黒豚トロトロなんこつコロッケ」はテレビで紹介されていたんですよね。これらに「黒毛和牛すき焼きコロッケ」の3種類が入った「コロッケ3種」というのも数量限定で用意されています。



「黒豚トロトロなんこつコロッケ」は、なんこつは美味いんだけど、コロッケのじゃがいも部分が濃い味になっているので、どうしてもそいつに負けてしまうんですよね・・・。何とももったいない。
「黒毛和牛のコンビーフコロッケ」は、逆にコンビーフにある塩気で、中のじゃがいもの味の濃さに負けておらず、肉の旨味が噛めば噛むほどじわじわと出てきます。さすがコンビーフですわ。


SHV47_15823番目は、福岡県にある味のめんたい福太郎(山口油屋福太郎)の「めんべい とり皮風味」です。焼き鳥のとり皮の味わいをイメージして作り上げたものだそうな。



いやいや、「めんべい」って海産物を使ってるはずなのに、一口食べたらとり皮の味だった(爆)。当たり前かもしれないけど、やっぱりビックリするよ。とり皮の味わいだけじゃなくて焼き鳥の甘辛な味わいもしっかり再現しているので、これはたまりませんわ。


SHV47_1585最後は、長崎県にある「岩崎本舗」の「てりマヨバーガー」です。
ここは、「角煮まんじゅう」が有名なんですけど、その「角煮まんじゅう」で使われる皮でハンバーガーも作るんですよね。その変わり種の一つです。



コイツは、ハンバーガーも美味いけど、一緒に掛かっているマヨネーズが美味いエッジの利いた酸味が、これまた一緒に掛かっているてり焼きソースの甘みを引き立てます。それでいて肉の味わいを殺していないので、メインとしてしゃしゃり出てこないあたりもいいですなぁ。


こちらの催しは3連休明けの9/21まで開催しております。連休どこにも行く予定がない人が多いと思いますけど、感染対策をバッチリ行っていますから、来る私達も感染対策を怠らずに行ってみてはいかがでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)

フュージョン! 後編

先日、日清食品がカップヌードル50周年ということで、8つのフレーバーをフュージョンさせることになりました前半では、「カップヌードル スーパー合体シリーズ カップヌードル&しお」と「カップヌードル スーパー合体シリーズ カレー&シーフード」を頂いたのですけど、後半の今回紹介する残った2品は、どんなもんざんしょねぇ。


SHV47_15723番目は、「カップヌードル スーパー合体シリーズ チリトマト&欧風チーズカレー」
もう一つのカレー味の「カップヌードル」である「カップヌードル 欧風チーズカレー」と「カップヌードル チリトマト」とがフュージョン!こちらは、日清食品の社員が太鼓判を押した商品になるのですけど、一般の人達との感覚と会っているのか心配にはなる、この手の商品(苦笑)。



中身に関しては、「カップヌードル チリトマト」寄りなのかなと。ただ、こちらには付属のチーズ粉が付いてきており、このあたりが「カップヌードル 欧風チーズカレー」なのかなと。・・・いや、スープの色合いもだった(ギャハ)。
で、味に関してはカレーの風味とチリトマトの風味は半々くらいで上手くまとまっているなと。最初はカレー味の風味、食べ進めるうちにトマトの美味さが引き出されてくるふうでしたね。ただチーズ粉を掛けても、そこまでチーズの味が強まるかと言われると、さにあらずというふうかな。無難な味に仕上がったけど、革新的なというのかインパクトのある味かと言われると、そこまでではないという感じでした。


SHV47_1573最後は、「カップヌードル スーパー合体シリーズ 味噌&旨辛豚骨」
近年のカップヌードルでバカ売れした「カップヌードル 旨辛豚骨」と「カップヌードル 味噌」とがフュージョン!新参者同士の味わいが、どのように変えていくのか、注目の一品です。



こちらも中身は半々といったふう。キクラゲが「カップヌードル 旨辛豚骨」をキャベツが「カップヌードル 味噌」を思わせますわ。
ただ、味に関しては、どちらもインパクトがあるはずなのに、混ざるとインパクトが無くなってしまったような。味噌の味わいも豚骨の味わいももう少し表に出てくれればと思いました。一緒に付いているラー油を掛けても、まぁまぁ豚骨味に寄ったかなと懐疑的な雰囲気になっただけ。これに関しては、味は悪くないけど、別々でもいいかなと思わされました。どちらも好きな味だっただけに、混ぜてもアレかと思わされる事態になったとさ(ニヤニヤ)。


そう考えると、一番最初の「カップヌードル スーパー合体シリーズ カップヌードル&しお」が一番デキがいいのかなと。無難な味同士なんだけど、双方の特徴を上手く引き出した傑作になっています。要は塩が足らんのですよ!<「機動戦士ガンダム」に出てくるコック長かな。
まぁ、この手の商品は、思い入れや思い出とかで味の評価が大きく変わってくるものですから、スーパーにたくさん残っているうちに買っておきましょう。一度は食べてみる価値はあると思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:01Comments(0)

2021年09月17日

JR高島屋の秋の北海道物産展に行ってきた

JR高島屋で先週から「秋の大北海道展」をやっていたのね・・・。折り込みチラシも入っていたみたいだけど、見てないなぁ・・・。何せ知ったのは名駅の広告(爆)。先日覗きがてら見に行ったわけです。


SHV47_1576とりあえず、今回は偵察がてらだったので、この商品だけご紹介をば。富良野市にあるぷちぷちバーガーの「和牛ハンバーガー」です。



SHV47_1577中はこんなふう。
道産の和牛パティに旬の野菜(パプリカとかが入っていたはず)を照り焼きにしたものを挟んでおります。



SHV47_1578今回は入口そばのレストスペースがイートインスペースを兼ねていたので、そちらで頂いております。せっかくなので、北海道マートで買ってきた「コアップガラナ」も買ってきました



確かに肉は美味い。よく言えばしっかりした食べ応えのある肉なんですけど、悪く言うと筋が少しあってかつ少し硬めの仕上がりなのかなと。挽き肉の加減と焼き加減によってはもっと美味しくなるんだろうなと思いましたね。あとは季節の野菜も美味いんだけど、もう少し照り焼きの味を付けてもいいかなとか思ったり思わなかったり。


しかしながら、1000円丁度ではなかなか味わえない、美味しいクオリティは出せているので、食べてみてほしいですね。

人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)

2021年09月16日

【実はただの】まさかの東西融合!?【西日本仕様】

SHV47_1563日清食品のどん兵衛シリーズには、「日清のどん兵衛 きつねそば」というきつねそばがあるのはご存じでしょうか。どうしてもうどんの陰に隠れがちなんですけど、私はこちらの方が好きですね。
この商品リニューアルされたようで、本鰹と昆布のWだしが利いたものになったそうです。ということは、東日本のかつおだしと西日本の昆布だしが合わさった融合品なんだ・・・と思って、この商品の概要見たさに日清食品の公式サイトを調べてみたら、何だよ西日本仕様のうどんつゆがベースなのかよ(泣)。



だからなんでしょう、かつおだしの味と昆布だしの味のバランスが非常に良くて、角の無いまろやかな味わいに仕上がっています。かつおだしだけの味も悪くないのですけど、合わせだしの美味さがよくわかります。
麺に関しては、のどごしのいい長い麺になっているので、食べやすい。つゆをよく絡めてくれるので、あっという間になくなっちゃいます(苦笑)。揚げは相変わらず甘い味付けで、大好きですね、私は。


東日本の「どん兵衛」ユーザーには、今回の味はそばとはいえ、西日本仕様の「どん兵衛」を味わえる貴重な機会になると思いますから、見掛けたら買いましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)

2021年09月15日

フュージョン! 前編

その昔、「ドラゴンボール」の末期に出てきた、2人の息を合わせた合体技「フュージョン」なるものがありました。上手く融合すれば、合体前の人物よりもはるかに強力なキャラになるものの、失敗するととんでもないことになるということもありました。また成功しても、敵が強ければそれまでボロボロにやられるなんてこともあったそうです。


そんなことを知ってか知らずか、日清食品もカップヌードル50周年ということで、8つのフレーバーをフュージョンさせることになりました日清食品内で吟味された結果、4種類でき上がったのですけど、果たして上手く融合できたのでしょうか・・・。今回は、その4種類のうちの2種類をご紹介。


SHV47_1570最初は、「カップヌードル スーパー合体シリーズ カップヌードル&しお」
普段の「カップヌードル」(醤油味とされる)と「カップヌードルしお」とがフュージョン!普段私は塩味のカップヌードルはそんなに食べないので、どんなふうに変化するんでしょうねぇ。



こちら、中身に関しては「カップヌードル」寄りになっていました。なので、普段の物を食べているのと違和感は無かったですね。ただ、スープの味が普段の物よりもまろやかになっているかなと思いました。少し角のあったスープが、角の取れて飲みやすい味になっていますね。逆に言えば醤油風味が薄まったとも。これは味の変化は乏しいものの、上手く融合したと言えるでしょう。


SHV47_15712番目は、「カップヌードル スーパー合体シリーズ カレー&シーフード」
こちらは、「カップヌードルシーフードヌードル」と「カップヌードルカレー」とがフュージョン!どちらも濃い味わいの物同士ですが、はてさて上手く融合できるのでしょうか。



こちら、中身に関してはほぼ半々といった感じ。「カップヌードルシーフードヌードル」でお馴染みの海産物系の具に「カップヌードルカレー」のじゃがいもが存在感を発揮しております。その代わり、「カップヌードルカレー」の入っている他の具材(肉・にんじん・ねぎ)は外されております。でも見た感じなら、ほぼ変わらないなと思えるくらい(苦笑)。ただ、スープの味はカレーが強めもう少しシーフードの味わいが強ければ、シーフードカレーという新ジャンルを生み出せるきっかけになったんじゃないかなと。それでも「カップヌードルカレー」よりも味はまろやかなのよね・・・。融合具合は可もなく不可も無くかなと。それゆえに、強い敵に立ち向かったら、やられてしまうでしょう(爆)。


次回は、クセ者揃いのフュージョンになりそうです。大丈夫か(ニヤニヤ)!?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:08Comments(0)

2021年09月14日

レーズンサンド(お酒は使っていません)

SHV47_1564先日、岐阜に行った時のこと。
乗ったJRの駅のベルマートで、ヤマザキの「レーズンサンド」を買った。小腹が空いていたのでね。
一般的にレーズンサンドのレーズンはラム酒漬けになっているので、微量ながらもアルコールが入っているのですけど、この商品に関してはラム酒を使っていないので、アルコール成分は無いとのこと。そんなんで美味しいのかねぇ・・・と思って買ったわけです。



実際食べたところ、まずは美味しかった。アルコールが入ってなくとも、ラム酒漬けの雰囲気は味わえるのね。レーズンも程よい酸味でサンドとの相性もピッタリです。そして、サンドの部分はサクサクもっとしっとりしているかなと思ったら、サクサクなので食べていてポロポロ細かいのがこぼれるのは欠点なものの、食感のよさはそれを補って余りあるものになっています。またクリームも甘過ぎなくて美味い。後味すっきりに仕上がっていますよ。


確か、これで120円くらいだったと思うのですが、価格としては悪くないなと思いました。また見掛けたら買おうと思っています。なかなか他のコンビニやスーパーでは見掛けないのよね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2021年09月13日

潔いのか?

SHV47_1557先日、ローソンで「厚切りハムカツサンド」を買ってきた
こちら、分厚いハムカツが入ってるのですけど、ローソンってファストフーズで「贅沢厚切りハムカツ」というのがあるんですね。あれをそのまま挟んだ・・・と思ってたけど、ちょっと衣の薄さとか大きさが違うんですよね。



で、ハムカツは肉厚なので、意外にも肉を食べた感じは強い。しかしそれ以外が無いのだ。
一応千切りキャベツが入っているらしいのですけど、その千切りキャベツは心許ない量で、ホントに入っているのとツッコみたくなる(苦笑)。味も甘酸っぱめのマスタードの利いた味だったので、ちょいと単調な感も。とはいえ、今回食べたのは温めずに食べたから、温めるとまた違うのかもしれない


潔くかつ肉を食べたい人ならそこまで気にならないのかもしれないけど、野菜が欲しい人は、先述の「贅沢厚切りハムカツ」と「ミックスサラダ」というカット野菜を「Lチキバンズ」に挟んで頂くことをオススメします。案外同じくらいの値段で野菜も食べられる(今回の商品が348円(税込)なのに対し、今回紹介した3商品の組み合わせで計340円(税込))ぞ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

【新フレーバー】カップヌードルが辛麺を作ると、こうなる【また爆誕!?】

SHV47_1549「カップヌードル 辛麺」が発売されて、しばらく経ちました。発売当初から好調な販売で、一部では売り切れになったほど。生産体制は整っていたからか販売休止には至らなかったようで、現在も十分な供給下で販売しております。
このカップ麺の特徴は、焙煎唐辛子というもの。ただ辛いだけじゃないのも特徴になってくると思うので、そのあたりを気を付けながら頂きましょうか。



味は何といっても辛いのですが、一般的な辛麺にあるような激辛というふうではなく、程よく辛いという感じ。辛くて食べられないわけではなく、後を引く辛さに仕上がっています。また辛さ以外に酸味も利いているのがポイントで、キムチの酸味が甘さも一緒に出してくれていて、これも後を引く美味さになっています。そこに麺が絡んでくると、辛さ・酸味・甘味を吸ってまた美味い。麺の量が足りないと思うくらいに麺との相性がいいですね。


辛過ぎずすっきりながらも、辛さ・酸味・甘味のキリっとした味わいのスープが最高ですね。焙煎唐辛子も辛みを引き出すのではなく、コクを引き出す感じになっていましたね。最後までクセになる味わいは、得も言えぬ美味しさになって、また食べたいと思わせてくれました。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0)

2021年09月12日

懐かしの看板商品を頂く ファミリーマート編 後編

現在ファミリーマートでは、「懐かしの看板商品復活祭」と題して、1980年代に発売した商品から2010年代発売の当時話題となったヒット商品やロングセラーとなった商品をリバイバル販売しています。全10種類ある中で、今回はファミリーマートの商品の後半戦です。


SHV47_15504番目は、「ビックリチキンカツ弁当」1987年と今回の中では一番古い商品になります。元中日ドラゴンズの岩瀬仁紀さんが学生時代によく食べていたというエピソードが語られていました。
この商品、何と言っても大きなチキンカツが特徴的ですね。



見た目はこってり目ではあるものの、実際食べてみると、チキンカツは脂の少ない部分で食べやすかったです。ソースが元々掛かっているのもあり味はしっかりしており、そこから追いソースを掛けると、ソースの酸味が、ご飯とマッチしてますます美味いですわ。


SHV47_15585番目は、「メロンペストリーバター」。2002年に発売した商品です。
デニッシュにもビスケットにもバターをふんだんに使い、そこにグラニュー糖を掛けたというものです。



まずはビスケットのサクサク感がザクザク感となっており食べ応えが満点で、食べてすぐに満足感を味わえるものになっています。中のデニッシュもクリームとかが入ってないのに甘くてまろやかな味わいが感じられ、ビスケット生地の甘さもあって、とろけそうでしたわ(ニヤニヤ)。


SHV47_1552最後は、「Wクリームエクレア」2008年に発売した商品です。当時テレビCMで話題になったとのことですけど、あまり覚えてない(爆)。
カスタードとホイップがたっぷり入ったチョコエクレアですね。



見た目とは裏腹に、しつこくない。確かにカスタードは甘いけど、一緒に入っているホイップのおかげである程度相殺されているし、エクレアをコーティングしているチョコが少し苦めの味わいになっているので、それもカスタードの甘さを抑え目にしているのかなと。


今回紹介した全10品は、9/20まで販売予定です。あの時を懐かしみながらというのもまた一興なのかなと思いながら、また頂きましょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:45Comments(0)

2021年09月11日

懐かしの看板商品を頂く ファミリーマート編 前編

現在ファミリーマートでは、「懐かしの看板商品復活祭」と題して、1980年代に発売した商品から2010年代発売の当時話題となったヒット商品やロングセラーとなった商品をリバイバル販売しています。全10種類ある中で、今回は前編・後編と分けてファミリーマートの商品を紹介。


ファミリーマートは、1972年に西友の一部門として設置されたのが始まりで、1973年に実験店舗がオープンします。1978年にファミリーマートは誕生したのですけど、ファミリーマートとしての創業は、1981年に分社化した時点としているようです。国内で試行錯誤して作りあげたコンビニだったので、海外資本だったセブンイレブン・ローソン等とは違い、積極的に海外に打って出て行ったのが特徴の一つです。
その後、西友の子会社だったファミリーマートは1998年に伊藤忠商事の子会社になりました
そして、ファミリーマートは積極的に他社との併合を進め、am/pm(2009年)、ココストア・エブリワン(2015年)、サークルKサンクス(2016年)をファミリーマートに転換していきました。


SHV47_1543では、ここからはリバイバルされた商品の紹介ですが、前編は過去に紹介した2商品と過去に紹介したかと思ったら、していなかった1商品を一緒に紹介します(苦笑)。


最初は、「具入りラー油」。2010年に発売したもので、こちらは発売当初に他社の同製品と共に紹介していますね。発売6日間で200万食を売り上げた驚異的なおむすびです。



味もあの時とほとんど同じようで、あまり辛くないラー油にニンニクチップが入っており、ニンニクの風味は、なかなか利いております。やや甘辛なので、ご飯にも合うなぁ。


SHV47_15422番目は、「ファミチキ(甘辛味)」。2016年に発売したもので、こちらも過去に紹介していますね。
ファミチキとしては初のフレーバー商品とのことですけど、当時はファミチキ販売10周年記念商品という部分が強かったように思えます。フレーバーの部分であれば、REDと称した辛い物も出ていますし。



味の面に関しては、やや辛め(唐辛子のフレーバーが利いているキレのある辛み)ながらも甘みのあるコントラストの利いた味わいはそのままに、肉がドラムからサイに変わったため、ジューシーさは以前以上になったのではないかなと。
SHV47_15543番目は、「プレミアムフランク」。2014年に発売したもので、豚肉を72時間熟成させただけでなく、スモークも利かせています



こちらは、熟成した豚肉の味わいが口の中に広がるばかりか、ジューシーさも普通のフランク以上です。スモークした風味も食欲をそそり、こっちを定番にしてもいいんじゃないかと思ってしまったわ(爆)。


次回もファミリーマートの40周年記念商品を紹介していきます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)

2021年09月10日

懐かしの看板商品を頂く am/pm編

現在ファミリーマートでは、「懐かしの看板商品復活祭」と題して、1980年代に発売した商品から2010年代発売の当時話題となったヒット商品やロングセラーとなった商品をリバイバル販売しています。全10種類ある中で、今回はam/pmの商品を紹介。


am/pmは元々アメリカにあるコンビニ会社で現存しています。日本に進出してきたのは1989年、神奈川県横浜市港北区にオープンしました(日本法人は翌年に設立)ガソリンスタンド会社が設立したコンビニということで、日本でも共同石油(現在のENEOS)が出資しており、主に都市部に集中的に出店していました(後に鉄道会社との合弁でエキナカにも進出)。ただ、主に進出していたのが、関東圏・関西圏・九州だったため、名古屋には無かったんです。でも、しばしば雑誌やテレビで紹介されていたので、行ってみたいという憧れはあったのですよ。それゆえに、私自身行ったことがあるのは大阪のミナミにあったのと三重県四日市市の近鉄駅の辺りにあったところくらいでした。


am/pmの特徴として、冷凍食品の充実とキャッシュレス決済の導入でした。
前者は店にあるレンチンで解凍して頂くもので、先述の憧れの理由の一つになってましたね。実際食べたこともあり、とても美味しかった記憶があります。今回のリバイバル企画でも復活してくれればよかったのになぁと思ってましたけど、再現するのは難しかったのかな?
後者は現在盛んに行われている施策の一つでもありますけれども、日本ではam/pmが先駆けだったんですね。鉄道会社との連携も積極的だったため、当初からsuica・pasmoやSUGOCAも使えました。


なお、am/pmは共同石油からレックス・ホールディングス(牛角のフランチャイジー)に経営権が移るものの、2009年にファミリーマートが買収して完全子会社になった後、ファミリーマートへの移行が進み、2010年に日本法人の解散、2011年に全店舗の転換をもって終了となりました。


SHV47_1551では、ここからは今回リバイバルされたam/pmの商品の紹介です。


最初は「パリジャンサンド(ハム&チーズ)」
1995年に発売したもので、フランスパン(パリジャン)にボンレスハム・ゴーダチーズ・レタスを挟んだものです。



シンプルな素材を使っているので、味もシンプル。ハムとチーズの塩気がマスタード入りのマヨネーズと馴染んでいいですね。フランスパンも硬過ぎないので、食べやすいです。


SHV47_1555もう一つは、「フレッシュチーズめいっぱいJr.」
2007年に発売された、めいっぱいシリーズの一つです。平たく言えばレアチーズケーキで、ラズベリーソースが中に挟まっています



こちらは、以前紹介した「天使のチーズケーキ」とタイマン張ってきたとか思っちゃいましたよ(苦笑)。まさかのチーズケーキかぶり(爆)。
実は、「天使のチーズケーキ」よりもチーズの味わいが濃かったりする(笑)。レアチーズとフレッシュチーズの2種が入っているからなんでしょう。そこに甘酸っぱいラズベリーソースがアクセントとして利いている感じですね。まぁ、私はラズベリーがあまり好きじゃないんですけど(苦笑)。そしてフカフカのスポンジケーキが入ってて、これもチーズチーズせずに飽きの来ないものになってます


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2021年09月09日

中二病感あふれる名称なのに

SHV47_1556こちら、ローソンで発売中の「からあげクン 光と闇のクリスタル味」「ファイナルファンタジーXIV」とのコラボ商品ですが、光と闇のクリスタルに掛けた名前とはいえ、何とも中二病をくすぐるものですなぁ・・・。
・・・と思ってたら、下に何か名前が残ってるぞ。おい、『ペッパータルタルソース味』とかあるぞ!
そうなんです。この商品のPOS登録上での名称は、「からあげクン ペッパータルタルソース味」『光と闇のクリスタル味』は、さすがに商品名としてマズイとローソンが判断した可能性が高いです。この根性無し(ギャハ)!<やめてあげて!



犬と猫の出来損ないロボットがドラえもんという中二病テイストな設定(実はホントにあった設定)ならば、光と闇の味の出来損ないが今回の商品という中二病テイストな設定・・・ということにならないように、美味しいことを願うのみですわ。

・・・で、今回敢えて開けた状態にしておいたのも、「闇のペッパーフレーバー」とか「光のタルタルソースフレーバー」とか書いてあるから、もう光と闇の味の出来損ないが今回の商品という中二病テイストな設定にしたいんじゃないかと思っちゃったわ(爆)。
・・・味だよね?悪くはなかった。しかし、私には光が強過ぎた(ニヤニヤ)。それ以上は語らまい。だからこそ、『(ペッパー)タルタルソース味』でいいや(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

懐かしの看板商品を頂く サークルKサンクス編

現在ファミリーマートでは、「懐かしの看板商品復活祭」と題して、1980年代に発売した商品から2010年代発売の当時話題となったヒット商品やロングセラーとなった商品をリバイバル販売しています。全10種類ある中で、今回はサークルKサンクスの商品を紹介。


サークルKサンクスは、サークルKとサンクスが合併してできたコンビニで、共に1980年にサークルKは愛知県、サンクスは宮城県で1号店を出店しています。その後、一部地域を除きながらも全国展開を果たしていくのですが、サンクスは経営基盤の脆弱さもあって、1998年にサークルKとその運営母体であるユニーに引き取られることになります。しかし、2004年にサークルKサンクスという名称になったようにブランド統合に失敗し、サークルKとサンクスという同じ内容なのに名称の違うコンビニとして生き残ることになったのです。これにより統一感を出せなかったことが響いたのか、セブンイレブン・ローソン・ファミリーマートの3大コンビニとの競争に勝てなくなり、ユニーの不振も相まって、2014年には伊藤忠商事の薦めでファミリーマートの傘下に入ることを決定し、2018年に消滅となりました。
ちなみに、今回紹介する2品は、サークルKサンクス時代のものとなり、サークルK時代およびサンクス時代の商品は出てこないあたり、ファミリーマートは個別時代の商品を重要視していないのではという疑念が無くはないです。もっとも、その時代のヒット商品って何だろうとかいうのは無しか(ニヤニヤ)。


SHV47_1545最初は、「天使のチーズケーキ」
2010年に発売した、サークルKサンクス時代最大のヒット商品とも言えるものです。ファミリーマートに合併された際、この商品だけは残してほしいとしばしば言われておりました。



実は、サークルKサンクス時代に一度も食べていないものなので、どれだけ美味いのかなと思って頂きました。
味に関しては、全くもって薄味。しかしながら、ムースやカスタードはまろやかで口あたりのいいものに仕上がっていますほのかなチーズの風味と甘酸っぱさが後味の爽やかさに繋がってくるのかなと。このバランスのよさが後を引くものになっているんでしょうね。


SHV47_1548もう一つは、「びっくりのり弁」
2007年発売に発売したもので、今でもよくあるたくさんのおかずを詰め込んだ商品の先駆けになったのではないかと思われるものでもあります。



いやはや、白身フライ・コロッケ・鶏唐揚・ちくわ磯辺天・ハンバーグ・ソーセージ・ポテトサラダとたくさんのおかずがあるので、ご飯を食べる分には困りません(笑)。一つ一つの味付けもしっかりしているかつ悪くないです。逆に多過ぎて、ご飯足りないよ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:40Comments(0)

2021年09月08日

ラップロールなタコス

SHV47_1540先日買ってきた「ラップロールタコスミート」セブンイレブンで新たに売り出されたタコスですね。既にファミリーマートで似たようなものを販売していますけど、それよりも一回り大きい気がしないでもない
中に入っているのは、タコスミートと呼ばれるもの。豚挽き肉を辛く味付けして炒めたものですね。



SHV47_1553こちらは、別の日に買ってきた「ラップロールグリルチキンタンドリーソース」
ソースはタンドリーソースというインド料理に使われるものが掛けられています。



まず「ラップロールタコスミート」は、中に入っているタコスミートが少しピリ辛の味付けになっているばかりか、中に入っているタネも多いみじん切りにしたキャベツとかひよこ豆みたいな豆が入っていたりと見えないはずなのに具だくさんさを感じさせるものになっています。トルティーヤも悪くなかったです。でも、これはとうもろこしで作ったものがベストだなぁ・・・。

そして「ラップロールグリルチキンタンドリーソース」は、ピリ辛と酸味のバランスがいいタンドリーソースが美味いヨーグルトが酸味の決め手らしい。チキンも多いし、野菜も多い。栄養バランスを考えられたと言っても過言ではない作りのものになっていましたね。


今後、ラップロールシリーズは続々出てくるのではないかと思います。サンドイッチと比べても食べやすいと思うので、見掛けたら一度お試し下さい。


・・・そういえば、栄のテレビ塔広場にできたタコス料理の店に行ってみたいと思う今日この頃(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:45Comments(0)

2021年09月07日

今度はTOKIOが大人向けうどんをプロデュース?

SHV47_15469/3から丸亀製麺で「トマたまカレーうどん」を販売しています。この商品は、大人にもウケた「丸亀こどもうどん」を手掛けたTOKIOの3人が味を占・・・もとい(爆)、本格的に大人に向けて作った「日本でうどんを元気に」を全面に出したものになっています。

元々、丸亀製麺にはカレーうどんが存在し、それにどんな味を付けたら美味しくなるかを考えたのだそうです。
なお、店内飲食の場合は、一口ごはんが付いてきます。テイクアウトでは付いてこないこの一品、残った汁を掛けたり、残った汁に放り込んだりしてリゾットにすると美味しいのだそうですけど、麺とご飯を一緒に食べたくない私にとっては迷惑千万断ろうかと思ったのですけど、もったいないので普段掛けない天丼用のたれをぶっ掛けて真っ先に食べたった(ギャハ)。



で、今回の商品。
まずカレーうどんのつゆですが、辛いだけじゃなく非常に酸味も利いたメリハリのある味に仕上がっていたんですね。カレーの辛さは、カイエンペッパーが決め手になってるんでしょうけど、それ以外にも、おろししょうが・生にんにく・ごま油が入っています。恐らくそのあたりのエッセンスもあるから辛いんでしょう。何せしょうがとにんにくのツートップですから(ニヤニヤ)。
そして酸味は、名前にも入っているトマトですね。大きめにカットされたものを先述の4種類の材料の中に放り込む(その後カレーの入ったつゆに放り込まれる)のだそうで。それゆえに、つゆの中にも大きくカットされていたトマトが小さくなりながらも残っています
ただ、辛味と酸味のエッジが利き過ぎたがために、溶き卵のまろやかさとかはあまりないんですね。だからといって美味しくないとか単調とかではなく、クセのある後引く味なのは事実で、また食べたいと思わせる旨辛な一杯になってるんですね。事実、現行で売っているカレーうどんとは食べ比べたい、そう思わせたほどです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:49Comments(0)

2021年09月02日

暴君がピザサンドに進出

SHV47_1544ファミリーマート限定で「ピザサンド 暴君ハバネロ味」が発売されました。
この商品は、東ハトの「暴君ハバネロ」という激辛唐辛子(ハバネロ)を使ったお菓子とのコラボになり、ハバネロパウダーを使用したフィリングと、ゴーダ・モッツァレラという2つのチーズを使ったものになっています。個人的には、ピザというよりタコスに近いんじゃないのとか思っていますけどね(ニヤニヤ)。



こちら、チーズの風味が素晴らしい辛さよりもチーズの濃厚さが引き立っています。いや、辛さのあるおかげでチーズが引き立ってるんでしょうね。辛さとしてはそれほどでもないかも。辛いのが苦手でなければ十分に美味しいですよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)