2021年05月18日

FC岐阜観戦記2021 アウェイ編 その3 おまけ 北上の時よりすごいよスタメシ

今回は、先日いわぎんスタジアム(盛岡南公園球技場)で行われたいわてグルージャ盛岡×FC岐阜で出ていたスタメシの紹介です。
去年は北上市にある北上総合運動公園北上陸上競技場で行われ、そこでのスタメシがアマチュアリーグの試合に毛が生えた程度の申し訳程度にあっただけだったので、正直期待していなかったんです。ところが、行ったらこれでもかと出店していて、岐阜の屋台村以上にバリエーション豊か。さながら無国籍料理屋と化していました。今回紹介する以外にも、ちゃんこ屋とかも来てましたよ。いやはや恐れ入りました。


SHV47_1223というわけで、今回のスタメシ紹介です。


最初は、盛岡大通にあるをかしら屋から「ピリ辛ホルモン」と「荒挽きロングウィンナー」
「荒挽きロングウィンナー」は、岩手県産の豚肉を使用しており、いわちくという会社の商品を使っているとのこと。地産地消ですな。



「ピリ辛ホルモン」は、味噌のコク深さの中にほんのりと辛みがありながらも、豚ホルモンの臭みとかも全く無いから非常に食べやすい。味も濃いめなので、丼(一緒に販売している)とかお酒のアテには十分です。
「荒挽きロングウィンナー」はパリッとした食感がまずいいね(ニヤニヤ)。それでいて中のジューシー感は損なわれていない。これを市販で買えるのだとしたら、欲しいわ。


SHV47_1226をかしら屋からは、「豚バラ焼」も頂きました。
こちらは、青森県の南部地方(十和田湖周辺)の料理だな。まぁ、岩手県も北部は旧南部藩の地域だし。



こちらも、「ピリ辛ホルモン」と同じ味噌を使っていると思われる味わい。そこに豆板醤の辛さが加えられており、「ピリ辛ホルモン」よりも辛く作られているのがポイントかな。しかし、「ピリ辛ホルモン」と違うのは、豚バラ肉の脂の多さねっとりとした脂の味わいと風味が、辛さと旨味をさらに引き立てます。これも丼(一緒に販売している)やお酒のアテにピッタリの品です。


SHV47_1224こちらは、杉生園の「パステウ」ブラジル料理の一つですね。
入ってた袋には、盛岡の選手写真が。これはブレンネル選手だな。



SHV47_1225中はこんなふう。
「パステウ」は、ポルトガル語で『PASTEL』と書き、いわゆる揚げ春巻きのようなものです。今回のものは、餃子の皮で巻いたもので作られていました。



こちら、中に入っている牛挽き肉と野菜のシンプルな味わい香辛料が少し利いたスパイシー寄りな味わいでした。そこにチーズが入っているのもあり、それが入っているとチーズのコク深さで、より味わいが深まります。なお、揚げてあるから、皮はパリパリです。


SHV47_1227こちらは、美童の「タコス焼きそば」盛岡市で沖縄料理を出しているお店のようです。この手の店が出店してくるのは珍しい。
沖縄そばをタコスミートのソースで和えた一品です。一緒に入っている緑のものは、宮古島産のピーマンだって。



元々タコスミートがピリ辛で美味い。そして、一緒に乗ってるチーズが辛味をまろやかにし、コク深さも与えてくれます。またピーマンのほろ苦さもいいアクセントになっていますし、沖縄そばを炒めた時にできるおこげもカリッとした食感になって、これまたいいねぇ。これは食材を揃えれば、家でも手軽に作れそうです。何せ沖縄そばでナポリタンを作る文化が沖縄にはあるそうですから(ニヤニヤ)。


SHV47_1236最後は、岩手県民ならご存じな福田パン。帰りの新幹線で食べようと買ったものです。
今回はド定番の「ジャム・バター入りサンド」と「あん・バター入りサンド」を買ってきました。名古屋人なら郷愁を誘う味になる(笑)。

で、左にあるJA江刺の「陽光熟成 江刺りんごジュース」この日いわぎんスタジアムに来ていた奥州市のイベントで配っていたものなのですけど、ちょっとしたエピソードがありまして。
丁度隣に座っていた人が、レノファ山口のサポーターで、吉濱遼平選手の個人サポでもありました。サッカーは、この個人サポというのが多いんだなと思いますわ。野球ではなかなか見受けられない光景というのは、以前にも話したかもしれません。
その方が、帰りどうしようかとなり、JRで来たのでという話をしたら、付いて行くということになり、盛岡駅まで送ってあげることになりました(ご飯も食べる場所も探していたことから、せっかくなので駅内にある観光案内所もお連れしました(笑))。
その時、お礼代わりにもらったのが、この「陽光熟成 江刺りんごジュース」だったのです。親切そうだからと言ってくれましたけど、そんなに親切な人間じゃないのになぁ(ニヤニヤ)。



常温でしたけど、十分に美味しい。りんごの甘みと風味が存分に味わえました。果汁100%なのもさることながら、上手くりんごの味を出せるように作られているのもあるんでしょうね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2021年05月17日

FC岐阜観戦記2021 アウェイ編 その3 ヘディングの鬼と呼ばれている(かもしれない)我がチーム

FC岐阜、昨日はいわてグルージャ盛岡との一戦を迎えました。
この日の試合までで全体の約1/4(6~7試合。アスルクラロ沼津のみ5試合)を終えたことになります。ここまでの順位(上位陣)を見ていきましょう(左からチーム名・勝ち点・得失点差)。


1位 盛 岡(14) +6
2位 富 山(14) +3
=== 昇 格 ラ イ ン ===
3位 宮 崎(13) +2
4位 熊 本(12) +2
5位 岐 阜(10) +5


開幕から盛岡が快進撃を見せ、ここまで6試合無敗(4勝2分)で乗り切っています。春の珍事か・・・とか言いたくなりますけど、秋田豊監督の手堅いサッカーが実を結んだ結果なんでしょう。
一方で岐阜は、2敗が響いて5位に甘んじている状況。ロアッソ熊本戦に負けたからなのか、上に立たれている有様。それでも、先日の沼津戦に勝利したことから、少し上向きになってきているかなと思っています。
しかし、テゲバジャーロ宮崎が大健闘昨年のFC今治と同じく、初物のチームは強いのもあるのかもしれないけど、データが揃ってないので対策が練り辛いというのもあるのかいねぇ・・・。

ちなみに、岐阜の今季特点数11点のうち、実に半分近い5点がヘディングでの得点。これは秋田監督の別名「ヘディングの鬼」もビックリなヘディングシュートが見たいですなぁ(ニヤニヤ)。


SHV47_1216今日の試合は、岩手県盛岡市にあるいわぎんスタジアム(盛岡南公園球技場)JRとIGRいわて銀河鉄道の盛岡駅から2駅南にあるJR東北本線の岩手飯岡駅が最寄り駅になります。ここから歩いて15分ほどと少々遠目ではあるのですが、ほぼ一本道なので、わかりやすいアクセスではあるかなと思います。去年、北上市にある北上総合運動公園北上陸上競技場はシャトルバスでいかないと行けなかったからなぁ・・・。



SHV47_1218こちらが、いわぎんスタジアム(盛岡南公園球技場)。パッと見は、かなり独特な作りをしているんだなと思われることでしょう。



SHV47_1228こちらがピッチ。
このスタジアムは、いわゆる専スタと言われる球技専門スタジアムなのですが、東西(A・Bと呼ばれている)に2つ、同じ規模(まるで双子のような)のスタジアムになっているんですね。このうち、盛岡が使っているのは東側のAグランドになります。
Bグランドとの違いは、スコアボードに広告が付いている点と照明塔が立っている点。これまで、いわぎんスタジアムは照明が無いことがネックになっていましたけど、次の試合からナイトマッチが行えるようになるとのこと。岩手県とはいえ、そろそろ暑くなる時期に差し掛かりますからねぇ・・・。



SHV47_1230試合はというと、早々に岐阜が動かしました
前半2分、吉濱遼平選手がキッカーのコーナーキックが、甲斐健太郎選手→三ツ田啓希選手の背中にあたる格好で、川西翔太選手の背に当たった後、身体を一回転して蹴り込んだ球がゴールマウスに吸い込まれました。ゴールキーパーの先にいて守備陣の奮闘を振り切った先制点になりましたね。
先制すれば強い岐阜、今季負け無しの勢いそのままに攻め立てます。すると前半23分にビッグチャンスが訪れます。
同じく吉濱選手がインターセプトして蹴ったプレーが起点になり、それを村田透馬選手が受け取って裏を抜けようと奮闘2バウンドほどした球を思いっきり振り抜いたら、ゴールマウス右側に突き刺さりました。動きながらのシュートなので、上手く決まりにくいのですけど、ドンピシャで決めてくれました。
しかし、この頃から主審のミスジャッジや盛岡のラフっぽいプレーが目立つようになり、それを取ってくれない岐阜イレブンにいら立ちが募り始めます前半終了間際には、盛岡のモレラト選手と甲斐選手の小競り合いもあり、一触即発の事態を抱えながら前半を終えます前半終了間際のプレーには、秋田監督も執拗に抗議したのですが、安間貴義監督はエキサイトしていたと思われる吉濱選手に対し「(秋田監督は)うるさいから構わなくていい」と言ってたのにワロタ&拍手喝采(爆)。
しかしながら、このフラストレーションがかなり来ていたんでしょうね、盛岡の積極的なプレーも重なって、岐阜のプレーが単調&雑になっていました。ただ、今までの岐阜なら追い付かれるないしは逆転でやられるというふうだったんだろうけど、失点にも至らしめず、クリーンシートで収めたのですから、これは勝ち点3以上の価値があると評価しています。よく我慢してプレーしてくれてますわ。もちろん、後半の試合展開は反省点ですけどね。



SHV47_1231試合後、皆で万歳四唱。
今年は岐阜のゴールキーパー陣が、いいムードメーカーになっておりますわ。



SHV47_1233そして、ヒーローインタビューを受けてからやって来た川西選手(右)。
・・・万歳小さい、やり直し(ギャハ)!



この試合に勝ったことで、一旦は首位に立ったものの、カターレ富山が勝ったため、勝ち点1の差で2位になっています。富山も今年は強いなぁ・・・。
ここで再び波に乗れれば・・・と思ったら、来週の試合は天皇杯1回戦によりお休み。正確にはリーグ戦はお休みで、岐阜はHonda FCとの対戦が控えています
下手したらJ2クラスの戦力と言われているHonda FCにどう挑むのか。メインを休ませるのか戦わせるのか、古巣との対決になる安間監督の腕の見せどころではあります。なお、無観客試合が確定になりましたので、ハイライトをNHKでやってくれると思いますから、それで確認しましょう(泣)。
というわけで、次の試合は5/30のY.S.C.C.横浜戦になります。実は、開幕以来1勝もしていないという、ある意味カマタマーレ讃岐よりも深刻な事態になっていることに、誰も気付いていないのではないか(汗)。でも、こんな状態のチームほど、怖いものはないんだよね。気を抜かずに全力でぶつかって、勝ち点を積み重ねましょう。


次回はスタメシの紹介です。色々あって目移りしたわい(笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:15Comments(0)

2021年05月16日

何とか勝てた

いわぎんスタジアムで行われたいわてグルージャ盛岡×FC岐阜の試合は、0-2で岐阜が何とか勝利を収めました。
何だよクリーンシートじゃんと仰るかもしれませんけど、主審のミスジャッジと相手チームのラフっぽいプレーで岐阜の選手が少々エキサイトしてしまったのか、特に後半雑になってしまってたんですね。
それでも逆転される・追い付かれるより負けなかった同じ負けなかったでも、失点して勝ったわけでなくクリーンシートで勝ったのですから、よく精神面でのコントロールができたなと。
反省すべき点はあるでしょうけど、今回は精神面でやられず集中力を切らさずに戦い抜いたことを褒めたいと思います。


そして今節終了に伴い、首位に返り咲きました暫定とはいえ首位は首位。これをできる限りキープしていきましょう。


次の試合は2週間後。その間には天皇杯の1回戦が控えてます。Honda FCにどう挑むか、また試練が訪れようとしています。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 17:06Comments(0)

もう現地が賑わってます

先程いわぎんスタジアムに着きましたが、現地もうホームの太鼓(ドラムス)鳴ってるよ(笑)。
それに合わせたかのように、店もオープンしてるし。午後1時キックオフですよね(苦笑)?
それはさておき、店のラインナップがいろいろおかしい(ホメ言葉)。地元だけじゃなくて、東京・沖縄、果てはブラジルまで・・・。滅茶苦茶過ぎてどれ取り上げたらいいの(泣)?
まぁ、おかげでスタメシには困らんわい。試合もこうだといいなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 10:25Comments(0)