2020年10月01日

レコゲー2020 10月①

10月になりました。秋が深まらんとする中で、ゲーム業界は久方ぶりの活況になるであろう時期になっています。来月PS5とXBOX SERIESが出るからです。かなりの高性能機というのに、値段は抑えているので、大丈夫かと思われていますが、普及すればそれもペイできると踏んでの価格攻勢なのでしょう。現状は新型コロナウイルスの影響で巣ごもり需要は高いと言われているので、スタートダッシュがカギになるかなと思います。
そんなこともあり、今月は新ハード発売前の抑え目な時期。売りにくい時期ではありますが、堅実に売りを作っていくべきかなと思います。


というわけで、注目作の紹介です。今回も最初はマルチ展開の作品からです。


最初は、「新女神転生Ⅲ ノクターン HDリマスター」(PS4Nintendo Switch)(★)
原作(「真・女神転生Ⅲ-NOCTURNE」)は2003年にPS2で発売、ベースは2004年に発売された「真・女神転生Ⅲ-NOCTURNE マニアクス」および2008年にPS2で発売された「デビルサマナー 葛葉ライドウ 対 アバドン王」の初回特典だった「真・女神転生III-NOCTURNE マニアクス クロニクルエディション」になっています。人によっては念願の発売となっているのではないのでしょうか。
リマスターに伴い、初心者向け難易度の設定(設定はダウンロードコンテンツとして配信)、グラフィックの向上、ボイスの追加が図られています。

もう一つは、「イース・オリジン スペシャルエディション」(PS4Nintendo Switch
2006年にPCで発売された同作品の移植版。PS4版はダウンロード版として2017年に発売しておりますが、パッケージ販売は初めてになります。
イースシリーズの一番最初の部分にあたる物語になります。遥か昔の物語にあたるため、シリーズの主人公は登場せず、複数の主人公で構成されています。
2006年発売のパッケージをイメージして作られており、特典も付いてくるとのことなので、シリーズのファンも楽しみなのではないのでしょうか。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)