2020年10月29日

秋の新アニメ2020 ベスト

秋の新アニメ2020、ベスト作品の紹介です。
今期は、これまでにない作品のラッシュになり、注目作が多かったのではないのでしょうか。私自身、今期だけでも24本見ることになり、恐らく過去最高になります(それまでは22本が最高だったと思う)。それゆえに評価も大変で、今回ばかりは、きちんと評価できるか心配です。<いつものことじゃないの(苦笑)?
・・・というわけで、今回はベスト作品の紹介ですが、本来多くなったら紹介本数を増やすところなんですけど、今期はいい意味でも悪い意味でも、いい作品は揃っている。ただ、佳作扱いの作品ばかりなんです。それだけクオリティが高いという見方もできる(特に新型コロナウイルスの影響で延期になった作品が夏にきちんと出ていれば、高い評価になると思う)し、逆にどんぐりの背比べになってしまったのかなという見方もできるのです。そんなこともあって、今期も今まで通り、ベストはベスト3作+次点1作での紹介に、ワーストはワースト3作の紹介で進めて参ります


そんなわけで、今期のベスト作品、色々迷って「魔女の旅々」かなぁ。
どんぐりの背比べなので、決め手がほとんどない中で、この作品を推したのは、出会いと別れをきっちり描いている点と、勧善懲悪的な終わり方を必ずしもさせない、心の中にもやっとしたものを残す終わり方をしている点でしょうか。後者は、後味が悪いと言い切ることもできますけど、同時に何か考えさせられる教訓的な部分も垣間見え、人によって選ぶ作品ではあるものの、新機軸の香りがするとも思いましたね。

2番目は、「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」
終始シリアス展開で動いていくのかなと思っていたら、何ともほのぼのギャグ的な展開も見せ、戦時中の国のお話なのと疑問が生まれるほど。でも、その中で2人の主人公が敵同士ながらも少しずつ信頼を築いていき、そこから恋愛要素も芽吹かんとするあたり、見せ方は上手いなと。仲間にも敵の姿を見せているので、今後仲間が主人公に対して、どういうアドバイスというのか対応を見せるのか気になりますね。

3番目は、「神様になった日」
こちらも、最終的な流れは世界が滅ぶというシリアスな展開になっていってもおかしくないはずなのに、日常系的なほのぼのかつギャグさえも感じられる展開になりました。過去の2作品とほぼ同じ流れなので、続きモノっぽい見方もできるのですが、ちょっとずつ違うんですよね。ヒロインが居候する展開は恐らく初めてでしょうし、主人公の両親がヒロインに対して(遠い親戚以外で)何かしら知ってるんじゃないかという含みを持った部分が、今後作品のエッセンスになっていくのかなと期待して、ここに据えます。

次点は、「戦翼のシグルドリーヴァ」
今期は、「無能なナナ」(話の展開がこれまでになく面白いんだけど、主人公に共感が持ちにくい)・「いわかける! -Sport Climbing Girls-」(オリジナリティは高いけど、総じて地味で主人公がチート気味)・「キングスレイド 意志を継ぐものたち」(古臭さは否めないのだが、1周回って面白かった)といった新規作、「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」(安定のデキだけど、しょせんリメイクという流れ)・「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかⅢ」(続編モノなので、主人公達の説明が薄いけど、過去作を見ている人達には面白いと思わせる部分が多々ある)・「おそ松さん」(第3期)(エッジの利いた面白さやシニカルさは最高なんだけど、この作品も続編なのと人を選ぶ部分がマイナス)・「ひぐらしのなく頃に 業」(リファインなのだが、まだ過去のトレースがメインにしか見えない)・「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」(続きモノの中では非常に安定した面白さで、アツい)といった続きモノ・リメイク・リファインモノが拮抗しておりまして。その中で、この作品を挙げようかなと。
ヒロイン達がかわいいだけじゃなく、暗い情勢の中でも(主人公を除けば)明るいかつ人間味あふれているんですよね。基地の仲間も似た感じで、恐らく社風ならぬ基地のカラーなんでしょうね。この部分に主人公が徐々に感化されてくるんじゃないかなと思って見ております。
主題歌・ドラマパート・戦闘パートもよくできているのですけど、次点に据えた理由は、同じ候補の中にあった「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」(ストライクウィッチーズシリーズ)と作風が似ている点ですね。敵の部分(特徴)が非常によく似ていて、そこの部分でオリジナリティは弱いかなと。オリジナルアニメで、他の作品と特徴が似ている点があるのは致命傷ですわ。


次回はワースト作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:55Comments(0)

2020年10月15日

秋の新アニメ2020 その18 キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

秋の新アニメ2020、18回目はKADOKAWAのレーベルである富士見ファンタジア文庫から刊行されているライトノベルが原作の「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」です。
この作品もCMが頻繁に打たれていて、印象的なシーンが多かったかなと。個人的には主題歌も悪くないかなと思っています。最近CDを買っていないので、チャンスがあれば買おうかいなぁ・・・。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


科学技術が驚異的に発達した帝国と超常の力で動かす皇庁という2つの大国が、100年にわたりお互いの存在に異を唱え戦争を続けていた

ある時、最年少で帝国の最高戦力となった主人公は、ある大罪を犯し、名誉をはく奪されていたのだが、氷禍の魔女と呼ばれる星霊使いの拘束を条件に釈放される。その後、彼は前線で魔女と出会うのだが・・・。



というふう。


初回は、いわゆるボーイミーツガールモノではあるのですが、戦闘シーンの中で出会うという、展開としてはよろしくない印象を持って出会うわけですね。「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」のワンシーンを思い浮かべるとわかりやすいのかな。お互い剣と魔法(超常の力)でバチバチとなるのですけど、ひょんなことからお互いの素の部分を出してしまうことになって、そのモヤモヤが中立都市というお互いが火花を出してしまうとえらいことになる場所で、一気に昇華されてしまう・・・という流れなのかなと。
主人公は仮釈放的な身なのに中立都市とかうろつけるのかとか中立都市とはいえ敵がいるのですから下手に出会うと監視の目が・・・とかとかツッコみたくなるのですけど、ヒロインも護衛が一応いるとはいえ中立都市にのこのこ出てきてしまうのですから、危機管理能力云々かんぬん(苦笑)。まぁいいか、話の流れをぶった切ることは考えない(ギャハ)。


今後、お互いの素の部分をさらけ出してしまった2人が、互いの想いをどう伝えていくのか、そして争うお互いの国をどう治めるのかがポイントでしょう。そう考えると、「ロミオとジュリエット」も混ざってるのか、この作品。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:11Comments(0)