2013年12月04日

レコゲー2013 12月 携帯ゲーム機編

レコゲー、ここからは携帯ゲーム機編です。
据え置き機編でも触れましたが、既にモンハン・ポケモンの最新作が出ているので、年末商戦はあまりパッとしていません。しかしながら、普段誕生日以外ではなかなか買ってもらえない子供達にとって、クリスマスを控えるこの時期は既に発売している作品でもかなり売れる可能性が出てきて、その際、モンハン・ポケモンといった人気作品は大きな原動力になるわけです。


その既存の力に頼りがちなニンテンドー3DSの最後の一矢が、ゼルダの伝説 神々のトライフォース2」(★)
1991年にスーパーファミコンで発売された前作の続編にあたる作品。シリーズとしては初の続編になります。
今作ではハイラルとロウラルという2つの世界を往来するというふうになっています。また3D表現(立体視)を生かした謎解きやリンク自身が絵のようになって壁を移動するといったトリッキーな動きもできるようになっています。
なお、ある程度進むとダンジョンは自由に攻略できるようになるので、様々なルートで遊ぶことができるようになります
今作は本体同梱版も発売されます。金色でトライフォースの付いたカッコいいものになっているので、ファンの方は是非に。

もう一つは、パズドラZ」(★)
スマートフォンアプリ「パズル&ドラゴンズ」の事実上の移植版とも言える作品(3DSに合わせて一から製作しているため)で、低年齢向けのパズドラとも言えるものになっています。一時の過剰なブームは無くなりましたが、今でも根強い人気を誇っている作品です。
ストーリーモードが強化されているのが最大の特徴で、3DSのメインターゲットである小学生向けの作品になっています。
基本的な流れはスマートフォンなどで展開されているものと同じ。なので、既に遊んでいる人なら遊びやすいのですが、今回はスマホで基本的に遊ぶことの少ない小学生がターゲットになっているので、どこまでウケるのかがポイントになってくるでしょう。


続いてPS Vita。


ここでの注目作は、劇場版 魔法少女まどか☆マギカ The Battle Pentagram
現在絶賛公開中かつ記録更新中の劇場版をベースにしたオリジナルストーリーで、ジャンルはアドベンチャーモードの付いた3Dアクションゲームになっています。
中身としては、魔法少女達の出会いを描くプロローグルートとまどかの願いを叶えるためにほむらが時間を巻き戻しながら展開される本編ルートからなっていますバトルモードはHP/MPという基本的なものになっていますが、ソウルジェムという魔法少女達の魂の入った入れ物からHPないしはMPにパサーすることが可能になってます(ただし使用量が限られている)。
キャラものにしては結構本格的な作品になっているので、アクション作品として楽しみたい人、物語を追いかけたい人にも楽しめる設計になっていますね。

続いては、ファイナルファンタジーⅩ HDリマスター」(★)・「ファイナルファンタジーⅩ-2 HDリマスター」(★)
据え置き機編で紹介したものがPS Vitaでは単品でそれぞれ発売されます。まず遊んでみたいと思ったらⅩの購入をオススメします。

PS Vita最後は、クドわふたー Converted Edition
今年4月にPSPで発売された同作品のPS Vita版です。
新要素としては、高画質な映像とタッチスクリーンで操作可能になっている点、また先日発売したPS Vita TVにも対応しています。
HDスクリーンで遊べるだけでなく、テレビ上でも高精細な映像で楽しめるようになっているので、既に持っている人にも楽しめるのではないのでしょうか。


最後はPSP。


その作品は、俺の彼女のウラオモテ ~Pure Sweet Heart~」(★)
2011年にPCで発売された同作品の移植版。PSP版への移植に際し、新ヒロインの追加・シナリオの大幅加筆・グラフィックの追加・新規オープニング曲およびムービーの追加がなされています。
原作も高評価されていたので、ギャルゲー好きにオススメです。


携帯ゲーム機編 結論
3DSは最後にダメ押しを用意して来れただけまだマシな状況。それと既存作で食い繋ぐというふうになっている。
対してPS系ハードは移植作中心で固定ファンを固める戦略に出ているといったふう。唯一オリジナルの「劇場版 まどか☆マギカ」がどう出るか注目といったところか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:44Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月04日

レコゲー2013 4月 携帯ゲーム機編

レコゲー、ここからは携帯ゲーム機編です。
据え置き機同様、あまり多く作品の出てこない携帯ゲーム機各種。特にPSPに至ってはベスト版で穴埋めというふうです。そういう時は、既存の人気作品を上手いこと売り込みたいところですね。


では見ていきましょう。まずは3DS。
3DSからは、トモダチコレクション 新生活」(★)
2009年にDSで発売した作品の続編。初週は10万本ほどだったものの、徐々に口コミ効果で売れ始め、累計367万本まで販売数を伸ばしたキラーソフトです。
自身以外に友人や家族といった人物を登録し、彼らとのコミュニケーションを計ることで、様々な人間模様を見ることができます。
今作では、これまで結婚までだったのが子育てまでできるようになっています子供は成長し一人前になると、後述するすれちがい通信やいつの間に通信で旅に出るか、島に残って新しく着た島民をもてなす立ち位置になるのかが選べるようになります。
活動場所もこれまでの島以外に別の島が近くに登場し、それに伴い新しい施設も登場します。さらに、すれちがい通信・いつの間に通信にも対応し、外部から新住民を呼び込むことも可能になり、さらに幅の広いゲームになっています。
なお、一部(過去に築いた人間関係など)を除きDSからデータを引っ越しさせることができます。これまでじっくり遊んでいた人にも安心して新生活が楽しめます。また本体同梱版も発売されるので、初めて遊ぶ人も安心して楽しめます。


続いてPS Vita。
PS Vitaからは、フォトカノ Kiss」(★)
2012年に発売された同作品のバージョンアップ版。
画像がきれいになっただけでなく、3キャラ同時に登場するようにもなっています。またCERO認定がD(17歳以上推奨)になっているので購入時に注意して下さい。
丁度発売時期にアニメが放送されるため、メディアミックスによる相乗効果が狙えるのではないのでしょうか。


最後にPSP。
PSP1つ目は、セブンスドラゴン2020-Ⅱ」(★)
ファンタシースターシリーズ(Ⅰ~千年紀)を手掛けた小玉理恵子さんをプロデューサーに、イースやソーサリアンなどを手掛けた古代祐三さんを音楽に迎えた4部作と言われるシリーズ3作目。2011年に発売した「セブンスドラゴン2020」の続編にあたる作品でもあります。
多大な犠牲により、ドラゴンとの戦いに勝った人類が2021年に再びドラゴンたちの戦いを余儀なくされるというふう。
現代的な職業と古風かつファンタジックな職業にアイドルという新職業が登場します。また3種類のカラーバリエーションが選べるようにもなっています
どちらかというと硬派な作品ともいえ、骨太でもあります。歯ごたえのある作品を遊びたい人にオススメです。

もう一つは、クドわふたー Converted Edition
2010年にPC(18禁)から発売された「リトルバスターズ!」のスピンオフ作品。同作で登場していた能美クドリャフカをフィーチャーした作品になっています。
今作は近日発売予定の全年齢版の移植になります。18禁版にはなかった新規書き起こしシーンをたくさん収録しています。
こちらは、アニメが終了し歌直後に登場するので、余韻に浸りたい人やアニメを見て作品を好きになった人達に売り込めるのではないかと思います。


携帯ゲーム機編 結論
据え置き機同様に反動の大きい月。
それでも3DSはミリオンヒットに繋げられそうな作品を並べたので、任天堂の並々ならぬ黒字化への熱意を感じられる(逆に息切れした時が怖いけれども)
PS Vita・PSPは作品が揃えられなかったものの、過去の資産で何とか・・・というふうか。PSPはそれでもいいものの、せっかく上り調子だったPS Vitaには少々痛手か。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:00Comments(0)TrackBack(0)