2014年12月06日

ねんどろいど・figma、国産化

グッドスマイルカンパニーから発売されているフィギュア「ねんどろいど」と「figma」。前者は2Dベースのフィギュアになっているのに対し、後者はリアリティベースになっています。
両者とも中国で生産されているのですが、12/5に国産化を図るために建設していた同社の日本国内の工場が鳥取県倉吉市にあるオンキョーの子会社の敷地を間借りして完成しました。この工場を建てるために、鳥取県や倉吉市から補助金を受けているのだそうな。


しかし、なぜ鳥取県なんだという方も多いかと。実は、鳥取県は水木しげるさん(境港市)や青山剛昌さん(東伯郡大栄町)の出身地ということもあり、かねてからアニメや漫画を活用した地域活性化策を熱心に取り組んでいた経緯がありました。もちろん日本国内で一・二を争う人口の少ない都道府県ということもあって、若者流出を防ぐだけでなく、逆に若手を呼び込むためという目的もあります。
国内に移行しようとした背景としては、中国国内の人件費の向上と為替変動で振り回されることが無くなるというメリットがあったから。特に円安になっている現状だと海外に拠点があると経費がかなり掛かるようで。また、国内に生産拠点を設けることで開発や生産のクオリティーを追求しやすくなるという点やフィギュアの製造が高度化・複雑化する中で、新技術導入による製造技術革新を進められるようになるとのことだそうです。もちろん技術流出を防ぐということもできるでしょう。


日本の未来を担ったこの工場が末永く鳥取県の支えになってくれることを望みます。なお、この工場第1弾作品で、「ねんどろいど」500体目となる「桜ミク Bloomed in Japan」が来年発売予定です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月13日

ありのーままのー

主題歌大ヒットも手伝ってロングラン上映になった「アナと雪の女王」。私は見に行ってないんですがね(爆)。<そんなこと書かんでもええがな。
そんな、「アナと雪の女王」に登場するエルサ(主題歌を歌ってる方(爆)<女王って紹介してやれよねんどろいど化されることとなりました。
どうやらニコ生(ニコニコ生放送)を通じて紹介されていたようで、発売時期は未定ながらもかなりの段階(着色)まででき上がっていたので、細かいところを詰めればすぐにでも売れまっせ状態になっているようですね。このねんどろいどには、お付きのオラフという魔法の雪だるまも付いてくるようです。


♪Let It GoのプロモVは嫌ってほど見ている(苦笑)ので、エルサの顔はよくわかりますから、評することができるのですけれども、デフォルメしていてもよーく似てるわ。ディズニー作品がねんどろいど購入者にどれだけ浸透しているのかはわかりませんが、売れるんだろうねぇ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2011年08月29日

今更ながら世界線を越える切手を買ってきた

PA0_0224今更ながら、今年3月に発売された「秋葉原公式切手」を買ってきた
これは秋葉原駅前商店街振興会がメインになって、秋葉原に関連する企業が共同で参画したもの(企画制作は株式会社ネルフ・株式会社コラボ総研・株式会社キッズプロモーション)
本来はアニメコンテンツエキスポで先行販売の予定だったんですが、東日本大震災の影響で中止になったため、アニメイト(およびアニメイトオンライン)で売られていた・・・そうですけど、今回買ったのはなぜかソフマップ(笑)。
ちなみに限定1000部のみの販売。まだ2・3部残っていたような・・・。



PA0_0238中は、こんなふう。
秋葉原の歴史を交えた理事長の挨拶文と秋葉原の名所(先日解体されたラジオ会館もある)の写真、そして参画企業の50円切手×10枚。



PA0_0239切手以外では、参画企業のポストカードとイラストが付いています
このポストカードは、仮にハガキとして使っても、その下からイラストが出てくる仕組みになっています。

最初は、「ソニコミ」(ニトロプラス)と「ブラック★ロックシューター」(グッドスマイルカンパニー)
「ソニコミ」は「すーぱーそに子」を主人公にしたPCゲームで、9/30発売予定。ちなみに、「スーパーそに子」はニトロプラスのマスコットキャラ。また「ソニコミ」とは「COMMUNICATION WITH SONICO(コミュニケーション・ウィズ・そに子)」の略



PA0_02363連写真は、「Steins;Gate(シュタインズ・ゲート)」(サイエンス・アドベンチャー・チーム。5pbとニトロプラスとの合同企画)・「まおゆう魔王勇者」(エンターブレイン)・「SMILE SHOOTER」(YAMASA)
「Steins;Gate」は秋葉原を舞台にしたアドベンチャーゲーム。今年の春からアニメ化もされており、現在8bit版(PC)が製作中。
「まおゆう魔王勇者」は橙乃(とうの)ほまれさん著作のライトノベル
そして、「SMILE SHOOTER」はYAMASA制作の萌えユニットキャラこれまで硬派なパチスロが多かった同社では初の試みらしい(ただ他社のキャラを使ったパチスロはあった)。



これだけのコンテンツを揃えてくるのは相当すごいことだし、秋葉原だからこそできたのだと思います。
東日本大震災の影響で、第2弾以降はお蔵入りになるかもしれませんけど、立て直し前のラジオ会館が掲載されている点では貴重なので、買っておいてもいいと思います。


・・・しかし、「Steins;Gate」のキャラ、傍から見たらちょっと怖ぇなぁ(苦笑)。


ソニコミ 限定版(Amazon.co.jp専用オリジナル衣装収録デジタルコンテンツディスク&クリアファイル付き)ソニコミ 限定版(Amazon.co.jp専用オリジナル衣装収録デジタルコンテンツディスク&クリアファイル付き)通常版はこちら



『ブラック★ロックシューター THE GAME ホワイトプレミアムBOX』(限定版:オリジナルフィギュアfigma「WRS」、ブラック★ロックシューターアートワークス、リミテッドサウンドトラック同梱)『ブラック★ロックシューター THE GAME ホワイトプレミアムBOX』(限定版:オリジナルフィギュアfigma「WRS」、ブラック★ロックシューターアートワークス、リミテッドサウンドトラック同梱)



『ブラック★ロックシューターTHE GAME  WRSチャームBOX』初回限定版『ブラック★ロックシューターTHE GAME WRSチャームBOX』初回限定版通常版はこちら



STEINS;GATESTEINS;GATE(Windows)



Steins;Gate (シュタインズ・ゲート) (通常版)Steins;Gate (シュタインズ・ゲート)(XBOX360 通常版)



Steins;Gate(通常版)Steins;Gate(PSP 通常版)



まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」まおゆう魔王勇者 1「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」(ライトノベル)



まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」 (1) (角川コミックスエース)まおゆう魔王勇者 「この我のものとなれ、勇者よ」「断る!」 (1) (角川コミックスエース)



スマイル☆シューター ~ふぁーすと☆ちけっと~スマイル☆シューター ~ふぁーすと☆ちけっと~



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ


  
Posted by alexey_calvanov at 23:11Comments(0)TrackBack(0)