2021年09月20日

微ールとⒻ(マルエフ)

SHV47_1581先日、3連休になるからと久しぶりにビールを買ってきた。前に店を覗いてきた時に気になっていたからです。
それが、サッポロビールの「ザ・ドラフティ」(左)とアサヒビールの「アサヒ生ビール」(右)。どちらも何かと話題になっているビールですね。

「ザ・ドラフティ」はアルコール度数0.7%というビールテイスト飲料で、ビールではないのが特徴作り方は、ノンアルコールビールとほぼ同じで、最後の工程でアルコール分を注入するふうだそうです。
そういえば、アルコール大国のロシアではクワスというビールのような飲み物があったなぁ・・・。調べたら、1~2.5%のアルコール度数なのにジュース扱いで販売とか、頭おかしい(苦笑)。

「アサヒ生ビール」は1986年に低迷期を歩んでいたアサヒビールが起死回生の商品として生み出され、実際に大ヒットを生み出したものの、翌年に発売した「アサヒスーパードライ」というドライビールの元祖によって、瞬く間に一般販売での終了に追い込まれた、『幻のアサヒ』と呼ばれるものになっていました。あまりに売れ過ぎて、今後店頭から幻になりそうですが(爆)。
なお、通称はⒻ(マルエフ)とのことですが、安孫子不二雄さんはⒶ(マルエー)ですよ・・・とか野暮なことを言いそうになった(苦笑)。とか思ってたら、Phoenix(フェニックス)から取ろうとして、『P』から始まることを後日知って、Fortune(フォーチュン)から取ったとごまかしたらしい(ギャハ)。



今回は、まず「アサヒ生ビール」から頂きましょう。
こちらは、アルコール度数は4.5%と従来のビールのアルコール度数5%よりやや低め。ただ、この『やや低め』が、辛口になりやすいビールの中でも、まろやかさと飲みやすさに繋がっているのかなと思いましたね。口当たりがとてもよく、他のビールによくある引っ掛かりが無いんですよね。個人的には、「アサヒスーパードライ」よりも飲みやすいのに、何で無くなっちゃったんだろうと思いました。

そして、「ザ・ドラフティ」です。
こちらは、ビールテイスト飲料なのに、しっかりとしたビールの味が残ってるノンアルじゃないからというふうに言えばそれまででしょうけど、それでもこのしっかりとした味なら、ノンアルで満足していなかった人にもイケるのではないかなと思います。


どちらも、従来のビールとは一線を画そうと必死になったともいえるものになっています。その意味では、今回の商品は、その思いをくみ取って飲んでほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:06Comments(0)

2021年07月23日

【サッポロ】普及・限定・記念の一品【ビール】

SHV47_1476昨日から4連休という人も少なくないと思います。
長い休暇をもらっても、今年は去年同様にコロナ禍で遠出はできない、下手をすれば外に出るのもはばかられる状況に追い込まれている人もいらっしゃるのではないのでしょうか。
そんなふうだから、家で遠出をした気分を味わおう・・・となるんじゃないかと。そこで、北海道に行った気分になりたいと思って、サッポロビールのビールを買ってきました


左から、「サッポロ生ビール黒ラベル」、「サッポロ クラシック」、「サッポロビール園サマーピルス」になります。
「サッポロ生ビール黒ラベル」は、この会社のベースとなるビールとなり、「サッポロ クラシック」は、北海道限定のビールで、普段は北海道でないと買えないことの多いビールでもあります。そして「サッポロビール園サマーピルス」はサッポロビール園開園55周年を記念して醸造されたビールだそうで、こちらは期間限定品のビールになります。



SHV47_1475なお、おつまみとして、築地銀だこの「だんらんパック」を買ってきました。
久しぶりに24個入りのジャンボパックにして飲んでやるぞ(ニヤニヤ)!



同じ会社のビールとはいえ、少しずつ味が違うんだなというのが、飲んでみた時の感想。


具体的には、「サッポロ生ビール黒ラベル」を標準とすると、「サッポロ クラシック」はライトな口当たりで、北海道の爽やかな気候によく合っているとも思いましたね。対して、「サッポロビール園サマーピルス」はホップの苦みを感じる味わい、これぞビールなものになっていました。三者三様とはこのことで、それぞれに個性のある味わいでしたから、あっという間につまみのたこ焼きが無くなったわ(爆)。やっぱり、銀だこのたこ焼きはビールに合うね(ニヤニヤ)。


個人的には、北海道日本ハムファイターズでよく宣伝しているからじゃないけど、「サッポロ クラシック」が美味しいと思ったなぁ。北海道以外でも積極的に売り出してくれんかのぉ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:43Comments(0)

2020年11月26日

2020年最後の3連休は・・・

SHV47_0689せっかくなのでビールを買ってきた(爆)。勢いで3本(つまり1日1本的な意味で)買ってしまった(ニヤニヤ)。ええ、1日で消化してしまった大バカですよ(ギャハ)。<プリン体と糖質にやられてしまえ。

最初は、サッポロビールの「サッポロ生ビール黒ラベル エクストラモルト」(左)。「サッポロ生ビール黒ラベル」(右)との飲み比べです。
大きな違いは、「サッポロ生ビール黒ラベル」がアルコール5%に対し、「サッポロ生ビール黒ラベル エクストラモルト」は5.5%になっています。
そして、麦芽にも違いが。「サッポロ生ビール黒ラベル」は外国製造または国内製造なのに対し、「サッポロ生ビール黒ラベル エクストラモルト」は海外製造でもカナダ産のものを使っています。



飲んでわかったのは、一口目が違う「サッポロ生ビール黒ラベル エクストラモルト」の方が、口あたりが柔らかいのかなと思いました。雑味が少ないので、私はサッポロビールが結構好きな部類になりますけど、「サッポロ生ビール黒ラベル エクストラモルト」は飲みやすさでいけば、普通のよりいいかも。


SHV47_0690そして、キリンの「キリン一番搾り 糖質ゼロ」。うん、罪滅ぼしだ(爆)。
日本のビール飲料としては初の糖質ゼロを達成したことで話題になりました。



「一番搾り」ってもっと雑味があったかなと思ってたけど、こちらも飲みやすいね。名前の通り、一番搾りだけしか使っていないからかもしれないけど、すっきりとしているのは、それだけではないはずだろう。もしかしたら錯覚なのか!?<味覚異常じゃないのか。


いずれも飲みやすさではピカイチ・・・というのは言い過ぎかもしれないが、美味しいのは確か。オススメです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2020年06月14日

まさしく、きたのほしだね

SHV47_0120こちら、サッポロビールの「サッポロ 北海道 奇跡の麦 きたのほし」普段近所にありながら、あまりのラインナップのおかしさ&乏しさに『やる気のない』と家族から言われているローソンで買ってきたものです。『今売れています』とポップが付いていたからなのか、もう1本しかなかったこともあり、モノは試しと買ってしまった一品です。ホントは売れ残ってたんじゃないか定期と思っていたりする(爆)。


この商品は、「きたのほし」という2016年に品種登録された北海道産大麦を50%以上使用しております。ビールのおいしさに貢献できる大麦としてサッポロビールの研究者が長年追い求めていたものらしい。


いやはやビールなんて普段買って飲まないのに、何で買ったのか金・土・日と連休だったから、気持ちに余裕があったんだろうなぁ。絶対土・日のみだったら買ってない。

ちなみに、以前紹介した加和喜フーズの「味付いくら」は、この時のつまみでほぼ消滅したのでした(苦笑)。その理由は、このビールにもあった。



普通ビールはホップにの苦みが強いことが多いのですけれども、このビールに関しては、あまり無いので飲みやすいのです。すっきりしているというのが、私のよく使う定番の言葉ですけど、本当によく当てはまるのです。変に渋みが無いので、つまみとの相性もよく、今回は一緒に食べていないのですが、枝豆もいいでしょう。味の濃いものでも十分にイケます。ゆえに、いくらの醤油漬けでもビールの味が変わることもなくグビグビとイケた(爆)。


個人的には、サッポロビールとオリオンビールのホップがあまり利き過ぎていないすっきりとした味わいのビールが好みのようです。アサヒビールの「スーパードライ」も勧められれば飲むのですけど、やはりホップの苦みでそうたくさん飲まないのよね・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:07Comments(0)

2017年11月09日

スコール!

SHV32_1567今回紹介するのは、デイリー(南日本酪農協同)とサッポロビールとのコラボ商品である「サッポロ 愛のスコールホワイトサワー」。はい、お酒です(笑)。
「スコール」というのは、デイリー(南日本酪農協同)が手掛けるヨーグルト風味の炭酸飲料。元々余った牛乳を処理するのに困ったために作られた飲み物だったそうで。現在は大ヒットしたことで、その心配はほぼ皆無。そして儲かっていると(ニヤニヤ)。

今回は、サッポロビールがアルコール分を足してお届け。ちなみに、スコールという名前は、デンマーク語で乾杯の意味だそうなので、今回のアルコール飲料化は、うってつけだったのかもしれません。



ではスコール(笑)!


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


まんまやん!



ええ、「スコール」の味そのまんま。これ、「スコール」って言われて出されてもわからんぞ
でも、ただ一つ違うこと。酔っぱらう(爆)。いやね、美味しいのと変わらないので、一気に飲み干して、身体中がグロッキーになってしまったわ(ギャハ)。アルコール度数4%なのに・・・(泣)。
皆も、美味しいからって一気に飲んじゃダメだよ!<急性アル中にでもなってしまえ!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)