2013年03月05日

レコゲー2013 3月 決算期スペシャル 携帯ゲーム機編 PS Vita編

レコゲー、ここからはPS Vitaの作品紹介です。
PS Vitaは2/28に値下げを発表し、今月はその効果が大々的に現れる月になります。ある意味PS Vitaにとっては勝負の月になってくるものと思われます。当面の目標は150万台の達成を1ヶ月でできるかどうか。これができれば、PS Vitaは導火線に火が付いてブレイクの兆しを掴めるかもしれません。


そんなPS Vitaの最初の注目作は、テイルズ オブ ハーツ R」(★)
2008年にDSで発売した同作品の移植版。DS版とは違うディレクター・プロデューサーで制作されています。
移植に伴い、メインシナリオのフルボイス化とサブキャラクターの本編参入が行われるようになりました。またサブイベントがイラストで表現されるという、以前同じように移植された「テイルズ オブ イノセンス R」と同じ手法が採られます
戦闘システムも3Dに書き起こされ、戦闘人数も最大4人に変更され遊びやすくなっています。
既にDSで遊んだ人も高精細なグラフィックで、追加されたシナリオで遊べるようになっているので、これを機に再び遊ぶのも結構ですし、PS VitaでいいRPGがないかと思ったら、これが五本の指に入って来るでしょう。

続いては、デッド オア アライブ 5 プラス
2012年にPS3・XBOX360で発売した同作品の移植版。
PS Vitaの移植に際し、タッチパネルを利用したバトルシステムを採用しています。これは、PS Vitaを縦画面にしたうえで立体戦闘(相手が正面に出てくる形)で行われ、タッチパネルでタップしたりフリックをすることで、相手に攻撃を与えたり防御を取ったりすることが可能になっています。
またチューリアルモードにあたるものが2種類用意され、この作品のイロハが学べるようになっています。
さらに、詳細な技データをリアルタイムに表示できたり、お気に入りのBGMでゲームを楽しめる機能が搭載されています。
なお、PS3版のみですが、ダウンロードコンテンツを含めたデータ共有・オンラインサーバーの共有ができるようになっています
人気格闘ゲームが手のひらで遊べるというのは本当にいい時代になったもので、いつでもクオリティの高い格闘ゲームを遊ぶことができます。人によっては据え置き機の練習用として楽しむこともあるかもしれません。

3番目は、メルルのアトリエ Plus ~アーランドの錬金術士3~
2011年にPS3で発売した同作品の移植版。
移植に伴い、コスチュームの着せ替えが前作「トトリのアトリエPlus ~アーランドの錬金術士2~」と同様できるようになりました。またPS3版のコスチューム以外にも新しいコスチュームも追加されます
これ以外にもイベントの追加、倒したボスの強ボス化、前作「トトリのアトリエPlus ~アーランドの錬金術士2~」とのデータ連動、PS3版のダウンロードコンテンツの標準装備などPS3版のユーザーアンケートを元に様々な微調整が行われています。
ファンやユーザーの意見がふんだんに取り込まれた作品なので、初めての人はもちろん、これまでプレイした人もとっつきやすくなっているのではないのでしょうか。

4番目・5番目は、シュタインズ・ゲート」と「シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん」
「シュタインズ・ゲート」は2009年にXBOX360で発売されたのを皮切りに、PC・PS3・PSP・iOS(iPhone・iPad・iPod touch)と様々なハード・OSで展開されました。「シュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん」は「シュタインズ・ゲート」のスピンオフ作品で、2011年にXBOX360に登場して以降、PS3・PSPで発売しています。
作品内容そのものはこれまでと同じものになっていますが、PSP以上に高精細な画面で楽しめるようになっているのが今作のポイントとも言えるでしょうか。
この作品が登場するのは、4月に劇場版、同月に同作品に登場する各キャラにスポットを当てたスピンオフ作品「シュタインズ・ゲート 線形拘束のフェノグラム」が発売されるため、ここで新規ユーザーを獲得しておきたいという思いもあるのかもしれません。


次回はPSPの作品紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ
ダブルパック  

Posted by alexey_calvanov at 23:38Comments(0)TrackBack(0)

2012年04月04日

レコゲー2012 4月 携帯ゲーム機編 前編

レコゲー、ここからは携帯ゲーム機編です。
携帯ゲーム機も今月は落ち着いた感じで進行しています。それでもPSPの発売数は尋常じゃないですが(苦笑)。しかし、今月はいい作品がそれなりに揃っているので、先月以上に選ぶのが大変なのじゃないのでしょうか。
では、見ていきましょう。今回はPSPの作品から。


やっぱり最初はこの作品、第2次スーパーロボット大戦Z 再世篇」(★)
スーパーロボット大戦シリーズ20周年記念作品で、昨年4月に発売した「第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇」の後編にあたる部分になります(ただし、どちらも独立した物語になっているため、どちらかをプレイしていなくても話の展開がわかるようにはなっている)。今作でも、これまでのシリーズ同様に、破界篇のデータがあれば、再世篇でボーナスがもらえます。なお、シナリオ数は破界篇を上回り、携帯ゲーム機でのスパロボでは最大のシナリオ数になるのだそうです。
今作は全40作品が参戦することになり、うち初参戦が6作品となっています(機体のみの参加も含む)。
今作もアツい展開が期待できるでしょうし、原作の再現度も半端ないことでしょう。しかもPSPでは最高とも言われるグラフィックを誇っているので、PSPの限界を引き出した集大成的な作品ともいえるでしょう。

続いてはコンセプション 俺の子供を産んでくれ!」(★)
タイトルだけ聞くと素っ頓狂なんですが、恋愛アドベンチャーとRPGを組み合わせた作品です(笑)。
人付き合いが苦手な主人公がイトコと共に異世界に飛ばされ、世界を救ってほしいと頼まれるものの、その成就のためには、12星座の巫女との間の子(星の子)が産まれないといけない・・・というこれまた素っ頓狂(以下略)。ちなみに、イトコは妊娠してるとかまた素(以下略)
システムとしては、恋愛アドベンチャー的要素とRPG的要素が融合したものになっており、前者に関しては12人いる巫女との相性を上げるか迷宮内の探索をしていき、かつそこから子作りである愛好の儀を行うためには、子供を宿すための器を手に入れなければなりません産まれてくる子は職業に就かせることができ、彼らをパーティー編成することで、さらに強い子を産む下地を作る・・・というふうになってきます。
後者に関しては、シンボル型のターン制バトルになっており、前後左右四方向から攻め込むことが可能になっています。先述の星の子も戦闘に参加することができます。
どこから切り取っても、一風変わった作品ではありますが、アクは強いものの、やりがいのある作品になりそうです。

3番目はゲームでも、パパのいうことを聞きなさい!
現在連載中のライトノベルやコミック、今年の1月~3月まで放送されたテレビアニメ化もされた同作品のゲーム化。
基本的には原作と同じく、アルバイトをしながら3人の従妹(イトコ)達の面倒を見ていくというもの時折チェックしに来る伯母さんを納得させられなければゲームオーバーになるというふうになっています。
1ヶ月という期間ながら、原作の雰囲気をトレースでき、かつ原作以上のスキンシップを図れる可能性もあるので、原作を好きな人にはニヤニヤものかもしれません。

最後はシュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん
2011年に発売した同作品の移植版。原作の雰囲気とは違い、甘い雰囲気の残ったギャルゲー風の雰囲気になっています。
今作に関しては、そのままの移植になっているので、まだプレイしていない人や携帯ゲーム機でプレイしたい人向けの作品と割り切ってもいいでしょう。


次回はPS Vita・ニンテンドー3DSの作品紹介。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:44Comments(0)TrackBack(0)

2011年06月02日

レコゲー2011 6月 据え置き機編②

レコゲー2回目は、今回は残りの作品紹介です。


今月はほとんどX様ことXBOX360の月なんじゃないかと言いたくなるくらい充実しています

まずはシュタインズ・ゲート 比翼恋理のだーりん
現在テレビアニメが放送中の同作品のファンディスク。シリアスだった本編と違い、ドタバタラブコメになっています。今作品を製作するに当たって新しくオープニング・エンディング主題歌が製作されています。
なお、今作発売に併せて、XBOX360プラチナコレクション化された「シュタインズ・ゲート」をセットにした「シュタインズ・ゲート ダブルパック」も発売されますプラチナコレクション化されたものは、ダウンロードコンテンツだった要素を既に収録したものになっているので、これから始める人にはオススメのセットになってます。


続いてはファントムブレイカー
5pbブランドとしては初めての対戦格闘ゲームで、1990年代に製作された対戦格闘ゲーム「あすか120%」シリーズを手掛けた人達が製作を手掛けたそうです。
内容としてはオーソドックスな格闘ゲームなものの、5pb製作ということもあってか女子率が多く、かつ格闘ゲームでは珍しく複雑なコマンド操作をほとんど必要としていないのが特徴といえるでしょう。そのため、格闘ゲームに慣れ親しんでいない人でも楽しめるような作りになっています。
なお、5pbが製作していることから、「カオス・ヘッド」から咲畑梨深(さきはたりみ)が、「シュタインズ・ゲート」から牧瀬紅莉栖(まきせくりす)がそれぞれ参戦しています。


3本目はDance Central


Kinectを利用したダンスゲームで、指定されたポーズに合わせて踊ることでポイントを稼いでいくというふうになっています。「Guitar Hero」や「Rock Bnad」を製作したアメリカのゲームメーカーHarmonix Music Systemsが製作しています。
この作品は振り付けはプロの振り付け師が監修し、使用される曲も欧米のみならず中には日本でも大ヒットを飛ばした洋楽(レディー・ガガやリアーナ、スヌープ・ドッグやピットブルなど)が使われています
配信でさらに有名なアーティスト(ジャネット・ジャクソン、ファットボーイ・スリム、ブラック・アイド・ピーズ)が収録される他、誰でも手軽にダンスが楽しめる作品になっているので、この手の音楽が好きな人なら興味本位から入れるかもしれません。
しかし、この手の作品が先に出ちゃうと、マイケルの作品がマイケルの作品が・・・(苦笑)。


4本目は「HALF-MINUTE HERO -Super Mega Neo Climax-(勇者30)」
XBOX Liveで配信されるPSPで発売された同作品のハイデフ化作品。海外配信も視野に入れてか、タイトルが海外でのタイトルである「HALF-MINUTE HERO」に改められています。
内容としてはPSPの作品をベースにしたもので、それにシナリオの分岐を加えたもの総シナリオ数は62になっています。さらにマルチプレイである真の勇者が誰かを競い合うモードが追加されています。なお、ダウンロード配信かつX様への移植であることからオンラインランキングにも対応しています。
グラフィックもカートゥーン調になっているので、気分を一新して楽しめると思います。


最後はPS3作品のメルルのアトリエ~アーランドの錬金術師3~
アトリエシリーズといわれる同シリーズの13本目に当たる作品で、アーランドが舞台の作品としては3本目になります。王国の姫であるメルルがトトリの下に弟子入りし、錬金術を学び駆使しながら王国の発展を図っていくものになっています。
新たなポイントとしては開拓という要素が加わり、王国の住人達の悩みを聞き解決することで得られるものになており、このポイントは王国発展に寄与されるようになっています
アーランドシリーズ大団円という作品になるので、これまでのキャラも総出演するようですので、この作品が好きな人にはぜひともやってもらいたい作品になりますね。


次回はPC作品の紹介予定です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:29Comments(0)TrackBack(0)