2020年12月28日

寒くなったら、ほうとうの季節

SHV47_0836というわけで、この時期になると温かい物が恋しくなるのですけど、その中でセブンイレブンから「武州煮ぼうとう 醤油味」をチョイス
実は毎年セブンイレブンは、この時期になると、ほうとうを出しているようなのです。しかも山梨ではなく埼玉のほうとうを。山梨の人には山梨のほうとうを出しているようなので、かち合うことはないようで(ニヤニヤ)。

で、今回のものも武州、つまり武蔵国、現在の埼玉県にあたる地域のほうとうなんですわ。そんなに埼玉推しするのは、何か埼玉に弱みを握られているのか(爆)。


見てわかるかと思いますが、具だくさんですな。麺が見えません。



今までほうとうは味噌味をよく食べていたせいもあってか、醤油味のものは新鮮でしたね。その醤油味のほうとうは、あっさり目ですが、野菜の味を吸っているので、角の無いまろやかな味に仕上がっています。醤油だと角が少し残る時があるからね。
そして具だくさんの野菜が目を引きます里芋・ねぎ・にんじん・ごぼうなど根菜類がメインになっているようです。味付けはほとんどされていないけど、つゆを吸ったり絡めたりで、野菜の美味さが引き立ちます。ほっこり具合とかシャキシャキ感とか、芋やにんじんの甘みなんかもよくわかります。
麺は、ぶっとい(笑)。ほうとうだから仕方ない。あまりにもっちりし過ぎているからか、滑ってしまって掴みにくいという欠点はあるものの、それを掴むんじゃなく寄せてすすってカバーしろと言わんがばかりの自己主張の強い麺ですな(ニヤニヤ)。食べたらもっちもちで、かつつゆを吸って麺から甘さが漏れてきました(苦笑)。


何もかもが美味い。それでいて腹に満足を与えてくれる。味がどっしりとしていいですね。寒い日のお昼ご飯や晩ご飯にいいかもしれないです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2020年12月27日

もう男飯だな(爆)

SHV47_0837こちら、セブンイレブンから発売している「まんぷく炒飯&豚キムチ」中京(愛知・岐阜・三重・静岡)地区でのみ発売している商品になります。
見てわかると思いますけど、この商品はチャーハン・豚キムチがメイン添え物として春雨(チャプチェ)が入っています。ええ、色が全て茶色系(爆)。野菜など青い(緑系)ものが一切無いです(汗)。でもいいさ、美味ければいいのよ。<オマエ、早死にするぞ。



で、美味かったのか。ええ、美味かった(笑)。


チャーハンに関しては、セブンイレブンはたいていそうなのだろうけど、薄めのあっさりした味わい。何かに合わせて食べるには丁度いい味なんですよね。もちろん、単品で食べても食べ飽きなくて美味しいんですけど。
それに対して、豚キムチは少し辛い味付けで、濃いんです。そりゃそうだ。チャーハンが薄めに味付けされているのだから、これも薄かったら味にコントラストが付かないもの。これ単品だけでも美味しく頂ける、キムチの濃さと豚肉のこってりと脂の乗っている旨味たっぷりなもので満足していました。
そこに春雨。味はチャーハン同様薄めではあるものの、豚キムチを食べた後だからそう感じるだけで、チャーハンの後ならまま濃いぞ。醤油なのか味噌なのかわからないけど、濃い味付けになっていて、これももう少し具があれば、単品で売ってもおかしくないレベルです。


これ、いわゆるセット販売なのに、単品でも十分戦える一品が寄せ集まっているので、極めてクオリティの高いものに仕上がっています。満腹になるかはその人のコンディション次第ですけど、少なくとも満足はします。ホント、おかずだけでも単品化してほしいですわ。美味過ぎる。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:48Comments(0)

2020年12月23日

味噌?チゲーよ!

SHV47_0829味噌チゲーよ!<コイツ、何かあったのか?


・・・というわけで、セブンイレブンから「旨辛味噌チゲスープ」今回この商品は、中京(愛知・岐阜・三重・静岡)地区のみの販売になっています。
チゲ(鍋)ということもあって、絹ごし豆腐を筆頭に、海産物が乗っており、さらにほうれんそうと思しき野菜が入っております。うーむ、具だくさん。



まずは味噌のコク深さ、そして旨辛の名にふさわしいピリ辛の味わいこの2つが絶妙なバランスの中で成り立っていて、どっちかが大きく主張し過ぎると、美味いとは言い切れなくなっちゃうんですよね。味噌に関しては、辛さのおかげなのか渋いというふうではないのもポイントかな。
次に具の豊富さが、味に深みを与えています絹ごし豆腐は味噌の味を引き立たせ、海産物(えび・あさり)は噛んだ時に出てくるだしになっています。そして味噌と合わさることで、海産物のだしの風味も加わって、深くなるんですよ。


どちらかというと、チゲというよりもスープ感覚の一品なんですけど、味わいもさることながら、おかずにしてもいいくらい満足感たっぷりのものです。また寒いこの時期、身体も温まりますよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:43Comments(0)

2020年12月22日

名前に違わぬスパイシーさ

SHV47_0828今日、セブンイレブンで「銀座デリー監修 スパイシーカレーおむすび」を買ってきた
カレー屋としては超の付くほど有名な銀座デリーが監修したコラボ商品で、10種類のスパイスが入っているとのこと。ご飯はターメリックと共に炊いたものになっています。



やはり、この商品はカレーが命銀座デリーは辛いカレーがウリだったと思うんですけど、この商品のカレーもピリッとスパイシーなものに仕上がっています。単純に辛いだけじゃないんだよね。後からじわじわと辛みが利いてくる、スパイスとは何ぞやというのがよくわかりますわ。
具材は入ってないのですけど、英語で『Pork』と書いてあるように、豚肉の味わいは案外しっかりとしていますターメリックライスはカレーの風味がしているなぁ(苦笑)。辛いとかはないんだけど。


変わり種のおむすびということであれば、非常にアリな一品です。辛い物が苦手でなければ、是非とも。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:47Comments(0)

2020年12月21日

コンビニであんかけスパゲティ対決

東海地方限定で「あんかけスパゲティ」が販売していることがあります。ふっと出てきたかと思ったら、ふっと消えていたりと出入りの激しい商品なんですが、せっかくなので食べ比べてみたいと思ったわけです。丁度セブンイレブンとファミリーマートで販売しているので。なぜかローソンは無かったんですけど、あそこも販売していることがあります。見付けたら別記事で紹介するか。


SHV47_0800まずは、ファミリーマートの「ハム&ウインナーのあんかけスパゲティ」
中に入っているのは、赤ウインナー・ベーコンのみで、既にこしょうが振り掛かっています



こしょうが振り掛かっているせいなのか、元々の味なのか、結構あんがピリッとしていました。ただ、具材が貧弱なので、もっと彩り豊かにしてほしかったかなと思います。味はパンチが利いていただけになおのこと。ホント美味いからなおのことだわ。


SHV47_0801こちらは、セブンイレブンの「あんかけスパゲティ ミラカン」
こちらは、あんかけスパゲティでは一般的なミラカンをベースにしたもので、赤ウインナー・ベーコンに加え、野菜類(とうもろこし・玉ねぎ・ピーマン)が入っていますこしょうに関しては、別途添付になっているので、自由に振り掛けることができます。



これはあんの味が優し目ピリッとはするんだけど、それよりもしょっぱい味わいの方が強いそのしょっぱさは、一緒に入っている野菜類である程度相殺できるので、味付け的には正解かもしれないですね。それでも、しょっぱい味が苦手な人や塩分が気になる人には薦めにくい商品ではあります。


個人的には、味は好みがわかれますけど、彩りが豊かなセブンイレブンが半歩リードかな。ファミリーマートは味付けとしては好き(実にあんかけスパゲティらしい)ですけど、ちょっと具が欲しいと思っています。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2020年12月02日

お手軽なキムチ

SHV47_0725こちら、セブンイレブンの「おつまみ3種キムチ」。一部の地域を除いて、ほぼ全国のセブンイレブンで販売しているようです。
3種類のキムチ(白菜・大根・きゅうり)が入っているので、210円(税別)ながらもちょっとオトク感を感じるかなと思います。
なお東海地方の製造元は、ピックルスコーポレーションという会社で、「ご飯がススムキムチ」などでお馴染みかと。ここのキムチは美味いんだよね・・・。



さて、このキムチは同じもので漬けていると思うのですが、ちょこっと違うのかなと。
きゅうりが少し辛めの味わいになっていて、大根は逆に少し甘めになっていました。白菜はその中間かなと。
恐らくですが、漬かり具合というよりかは素材の味わいが大きく絡んでいるのではないかと。きゅうりが何で辛めの味わいなのかはわからないのですけど、辛さを引き立てる要素があるのかねぇ?大根が甘いのは、大根そのものが甘いことが多いからだと思うの。
キムチの調味液そのものは、やや酸味のある味付け。ただ、キムチの辛さは抑え目で、もしかすると少し甘いかなと思わせる部分も。


先程も書きましたけど、3種類のキムチが味わえるので、オトク感はあります元々は名前の通り、お酒のおつまみなんでしょうけど、ご飯のおかずにもイケますね。辛過ぎず酸っぱ過ぎないので、キムチが苦手な人にも食べやすいと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:41Comments(0)

2020年12月01日

ああ、これが噂の・・・

SHV47_0722そう「西安風うま辛香油麺ビャンビャン麺」セブンイレブンから販売しているもので、当初は東京のみでの販売でした。恐らく好評だったので、他の地域にも拡販したんだね・・・。
なお販売地域は、山形・宮城・福島・埼玉・東京・千葉・神奈川・静岡・愛知・岐阜・三重・滋賀・京都・奈良・和歌山・大阪・兵庫となっております。まぁ、東北南部・関東圏の一部・東海・関西というふうですわね。



SHV47_0724この商品が注目されたのは、見た目だけではない。この漢字も注目されていたのです。
総画数58もある『ビャン』という文字。書くだけでも結構手間のかかるものになっています。当初は文字コード(業界規格)が存在せず、お店が勝手に作ったものだろうという言われ方もしていました。しかし、今年やっと文字コードの業界によって公式の文字(漢字)として認定されたため、3月に繁体字と簡体字の『ビャン』が登録されました。とはいえ、きちんと出る方が少ない(爆)。



そんな複雑な経緯をたどった麺の味はというと、見た目が辛いのではないかと思うほど真っ赤なのに、食べてみたらそんなでも無かったのが印象的。むしろ酸味が少しあるので、辛さを引き立てるためにわざと酸味を加えているのではないのかと思うほど。
麺に関しては、平打ちのものになっており、きしめんやほうとうのようだと言えばわかりやすいのか。平打ちのためか、結構もっちりとしたものになっていて、食べ応えは十分。一緒に入っている野菜も多めで、先程の辛味は少なく酸味が利いた辛香油(調味液)もあって、それと絡むと得も言えぬ結構美味いものに。言葉で何と表現したらいいのかわからないのに、美味いということだけはわかるんですよ(苦笑)。


いやはや、セブンイレブンが発掘してくる海外の麺は本当に美味しい。アレンジが上手いのか、元の味がいいのか、いずれにしてもおおっと思わせるような味なので、見掛けたら是非とも召し上がってほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:17Comments(0)

2020年11月30日

香川に行ってきたのです

先日、カマタマーレ讃岐×FC岐阜の試合を見に行くために、夜行バスで向かいました。今回は珍しく土曜開催だったので、帰りも夜行バスでゆっくり帰って来れました。過去3回日曜開催で、帰りはせわしなかったからね。


SHV47_0699そんなわけで、まずは行き。滋賀県にある土山サービスエリアにて。
そこにあるセブンイレブンで、「一番だしで炊き上げた かやくごはんおむすび」(左)と「ねぎと食べる 冷製甘辛鶏唐揚げ」(右)を買ってきた。「一番だしで炊き上げた かやくごはんおむすび」は近畿地方限定の商品でした。



「一番だしで炊き上げた かやくごはんおむすび」は、関西らしい薄めの味わいのかやくご飯になっていて、野菜(根菜類、特にごぼう)の味わいがじっくりと伝わってきます。これはホッとできていいですね。

「ねぎと食べる 冷製甘辛鶏唐揚げ」は、思っていた以上にピリ辛ではなく、濃い味わいの唐揚げになっていました。これはねぎのシャキッとした食感を楽しむものかなと。それでもご飯でもお酒でも合う品物だと思いますから、見掛けたら是非とも。


SHV47_0700トランジットの徳島にあるローソン鳴門インター店に着いた。隣はコトバス(琴平バス)の営業所があるのです。
そこで買ってきたのは、「ばくだんおにぎり」
中は、ツナマヨネーズ・鮭明太マヨネーズ・昆布佃煮の3つです。



・・・うーむ、味としてはバラバラになっているというより、三位一体になってしまって味がごちゃごちゃになっていた感が。山口県の「ばくだんおにぎり」は、何だかんだで上手くまとまっていた感があるわい。もちろん、味の一つ一つは決して悪くありませんので、あしからず。


その後、宇多津駅で途中下車前は丸亀駅まで行っていた気がするんだけど、乗り換えの面とかで便利なのかね?確かに、宇多津駅も特急が停まったはずだけど・・・。

まだ朝8時過ぎだったので、あそこに向かうことに。そう、讃岐塩屋駅から降りてすぐのところにあるうどん屋の岡じまに。


SHV47_0701そこで頼んだのが、秋から冬に掛けての期間限定メニューである「しっぽくうどん」
「しっぽくうどん」とは香川県の秋・冬の風物詩で、最近は年明けうどんがもてはやされているものの、このしっぽくうどんが年越しそば代わりに食べる風習もあるのだとか。
見てわかる通り、たくさんの野菜(根菜類)が入っており、写真のように里芋を入れるところもあるのだとか。最近では鶏肉などを入れるのだそうで。
ちなみに、『しっぽく』は『卓袱』と書き、長崎県の「卓袱料理」とほぼ同じルーツなのだとか。大皿で出す宴会料理から来ており、その料理の中にうどんがあったので、「しっぽくうどん」となったそうです。



味は、薄味のだしが美味い。恐らくいりこだしかみりんで整えただしなのでしょう。これと野菜がマッチしていて、お互いを引き立ててくれます。そして鶏肉の味わいがアクセントになって、野菜には無い味の濃さを与えてくれます。もちろん、うどんも程よいコシがあって美味かった。
ここはホントに美味いわ。次いつ来れるかわからないけど、駅近なのですぐ行けるのがいいね。


SHV47_0715時間は巡って帰りの話。


Pikaraスタジアムから数kmあるJRの金蔵寺駅から列車に乗って琴平駅に。そうです、こんぴらさんに再び上ってきたのです。往復1時間という強硬軍でしたけど、FC岐阜の昇格のために汗を流してきたよ。<そういって三峯神社に行って降格したチームって同じじゃなかったっけ(ニヤニヤ)?
・・・そんな帰りの折に撮った、琴平町の暮れなずむ姿。いい景色だわ。



SHV47_0717さらに、夜にライトアップされた提灯群
一之橋という橋のそばにあります。丁度トイレに行きたかった時に見掛けたのは内緒だ(爆)。



SHV47_0721何だかんだで4時間くらいの時間を琴平町で潰せましたわ(笑)。
帰りのバスで晩ご飯代わりに買ってきたのが、セブンイレブンの「カニカマスティック」というパン。



これは、味がカニカマで支配されたわ(笑)。カニカマサラダを乗せたと言ったらいいのでしょうか(実際は、カニカマポテトサラダが乗っている)カニカマの味だけでなく、からしの風味もなかなかのものでした。これはクセになる味わいだと思っております。


帰りのバスは、コンセントが無いので焦ったのは、以前書きましたけど、実際は半地下になっているトイレの天井部分は座席が無いのですが、そこにタップ式のコンセントを用意していたんですわ。でも数が無いので、早い者勝ちになってしまう有様。とはいえ、高松駅までワイ一人だったからなぁ(汗)。


四国は奥が深いと思います。来年もどこかに行きたいですね。たぶん最有力は愛媛だろうなぁ(苦笑)。松山になるのか、今治になるのか・・・。<今治なら来年も香川に行けるね(ニヤニヤ)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:38Comments(0)

2020年11月22日

秋田でのあれこれ⑤

土崎駅から秋田駅への列車に乗って、乗り換え。どうしても秋田駅で南北にぶった切られるような格好になるのよね・・・。
秋田駅から向かったのは四ツ小屋駅というところ。秋田新幹線との併用区間ではありますが、もちろん停まるのは在来線のみです。
写真を撮っていないのは、真っ暗なんですよ。もちろん駅は明るいんですけど、駅周辺が真っ暗。何にもない。それなのに快速が停まる駅なのだそうで。
そこから歩いて目的地に向かいます。しかし先程も書いたようにほとんどの道が真っ暗で、道も途中まで悪い舗装された道もあったものの、長い道のりも相まって結構大変&厳しい。

結局歩いて20分ほどで目的地であるTOHOシネマズ秋田に着きました。意外にも、TOHOシネマズ秋田のあるイオンモール秋田は、開けた新興住宅地なのね。


どうしてこんなところに・・・と思われたでしょうが、目的はただ一つ。映画を見る!<じゃなかったら、何しに行ったんだよ!
見に行ったのは、「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」一連のシリーズの恐らく最終作になる作品です。元々今年の1月に公開予定だったのですが、昨年7月の京都アニメーション放火殺人事件で延期を余儀なくされ、後に4月公開に変わります。ところが、今度は新型コロナウイルスの影響で延期を余儀なくされ、9月にやっと公開されたのです。
ホントならもっと早く見に行きたかったのですが、なかなかチャンスを得られず今に至る。もうそろそろ公開終了になってる場所がちらほら出ていたものねぇ・・・。

見た感想は、これまでの集大成と言えるくらいに圧巻。初めて見る人にも配慮された構成になっているので、いかに主人公の半生が過酷だったのかわかって頂けたのではないかと。既に見ている人には、主人公の成長が手に取るようにわかるのではないかと。
あることがきっかけで主人公の主人が見つかるのですけど、主人は自分に負い目を感じて主人公を追い返してしまうのですわ。わかるんだけど、そんなわだかまりなんてちゃっちいもんだよと思った。その心を解きほぐすあたりは名シーンですよ。主人公に対して冷たくあしらっていたあの人が、主人公の手助けをする展開は胸アツですよ・・・。
なお、時代の流れで手紙から電話に変わるというストリームもあり、主人公が依頼を受けていた子供が死の今際にいた際、電話で友達に謝罪をするシーンもこれまた名シーン。それが電話へ伝達手段の変わるターニングポイント、同時にドールという代筆屋が無くなるきっかけにもなるシーンですね。
総じて感動的で、素晴らしい作品だったのですけど、途中途中で挟まれる未来の出来事(デイジーという少女が語り手のように未来を紹介していくシーン)が少々邪魔になったかなと。個人的には最後のナレーションと郵便事業の国有化と郵便会社の博物館になって現存しているシーンだけで充分その後と主人公の評価はわかると思うの。むしろ、主人公とその主人の後世を紹介することに時間を割いてほしかったかなと。そこからの過程が見て見たかった・・・。これをやるためにもう一作品作ることは無さそうだし。


ともあれ、心の洗われるような感動を味わった後は、急いで秋田駅に戻ることに勤しむだけ(苦笑)。芥川龍之介の書いた小説の「トロッコ」のような雰囲気を味わいながら、何とか時間までに四ツ小屋駅まで帰ってきたよ・・・。


その後は、秋田駅東口で夜行バスを待つ。お腹も少し空いたので、近くのコンビニで何か買ってこよう。


SHV47_0639と思って買ってきたのが、こちら。
たけや製パンの「サラダパン」(上)と「学生調理」(下)というコッペパンに挟んだもの。どちらも超ロングセラー商品なのだそうな。
たけや製パンは秋田県の製パン会社で、1968年から山崎製パンと業務委託をしています(なので、一部のパンはルヴァン種を使っています)。この会社があるから、山崎製パンは本格的に進出できなかったとか。
「サラダパン」は、スパゲティサラダを挟んだだけのシンプルなもの。決してマヨネーズで和えたたくあんを挟んだものじゃないぞ!<滋賀県をバカにするな!
そして「学生調理」というのは、恐らく学校の購買で販売することを想定したパンだろうと。ナポリタンスパゲティ・野菜サラダ・フライを挟んだものです。フライが何なのかは後述。



「サラダパン」は、酸味と辛味の利いたスパゲティサラダがパンの甘さとマッチしていますね。辛いのは、からしを使っているからかな。
総菜のサラダとほぼ同じ味で、あの味が好きならオススメです。

「学生調理」は、1つで様々な味を味わえる贅沢なパンです。食べ方によりますけど、最初にナポリタンスパゲティの甘酸っぱい味に、次は野菜サラダに入っているキャベツとドレッシングの優しい味に、最後にフライのソースと肉々しい味に・・・と目まぐるしく変わって、満足感はたっぷり。肉かと思っていたフライは、何と魚肉ソーセージ。肉のように食べ応えのあるものに変わってしまうのか。


SHV47_0640もう一つ、セブンイレブンで「お肉たっぷり! 鶏ごぼうおむすび」を買ってきた。これは地域限定だろうと思ったら、その通りで、東北地方のみで販売されているものだった。



鶏のだしの利いた濃いつゆで炊かれたご飯が美味い。かつ鶏ごぼうも多く入ってて、鶏肉はゴロゴロ、ごぼうはシャキシャキしてて、アクもしっかり抜かれてて、これまた美味しい


午後10時。セリオン発のバスが来た。これに乗って東京駅の日本橋口まで向かいます。
さぁ、ゆっくりして・・・と思ってたら、ハチが出た!黄色と黒の縞模様だったので、間違いないと思う。それかアブか。いずれにしても、刺されたらアウトやんけ!こんな密閉区間ならなおのこと。
運転手に言おうと思ったら、あいにくこのバスがワンマン運転だった(泣)。ツーマン運転だったら、もう1人の運転手に状況を報告して対策が練られるのに・・・。
仕方ないので、ハチと思しきものをカーテンにくるんで確保。休憩スポットまでこの状況で・・・と思ってたら、睡魔で離してしまった(泣)!しかし、ハチがいない!ヤバい!
・・・しかしその後、ハチを見ることは無かった。途中の休憩スポットで逃げてしまったのか、死んでしまったのか、あるいはどこかに潜んだまま動かなかったのか。それでも何事もなく東京まで迎えたので安心した。下手に騒いでどうこう思われるよりいいか・・・。


翌朝からは東京での出来事。
東京駅から約2時間の乗り継ぎ時間どうしようかと思い、まずは新宿駅まで行くことに。
新宿駅は東西自由回廊が出来上がって、ラストダンジョンとか秘境とか言われた駅の構造がだいぶ変わりました。まだ慣れないと迷いそうなところはあるものの、随分便利になりました。一方で、JR・私鉄の改札が分離されたので、これまでショートカットで向かえた人達にとっては、少し不便になったのかな。それでもわかりやすくなったから便利になったという方が勝るのかなぁ。
ここで、テルマー湯というところに向かったものの、朝風呂まではやっていなかった。じゃあ新宿以外のところに行こうかと思ったけど、1時間以内に帰って来れる自信は無い。仕方なく朝ご飯を食べるところを探したけど、午前7時過ぎで空いているのは、日高屋とマックとバーキンくらいだわ(爆)。
というわけで、一旦バスタ新宿に行って、トイレ休憩の後に近くのコンビニで朝ご飯を買うことに。


SHV47_0643それがこちら。
セブンイレブンで買ってきた「醤油海苔仕立て 高菜めんたい」(上)と「有明産のり佃煮」(下)
パリパリのりではない、しっとりとしたのりで巻かれています。醤油を染み込ませているのでしっとりしたんだろうね。



味は、どちらもオーソドックス。
「醤油海苔仕立て 高菜めんたい」は、明太子の辛さが引き立ったもの。これは他のセブンイレブンの明太子おむすびの定番の味付けですね。高菜の存在感はやや薄め。
「有明産のり佃煮」は、甘くない佃煮。関東圏は醤油のキリっとした味が好きなのかもね。東京オンリーの販売も納得。


今度は、バスタ新宿からささしまライブまでのバス旅。景色を見てゆっくり過ごすかと思ってたら、海老名サービスエリアで渋滞にハマる元々東名高速道路の集中工事で遅れる可能性があったとはいえ、そっちの影響より、事故による渋滞だもんなぁ・・・。この集中工事関連の事故らしいのですが、いやはや・・・。
新東名高速道路に入って遅れを取り戻せるかなと思ったら、さにあらず。結果的に45分の遅れでささしまライブに着きましたとさ。何だかどっと疲労感が出た・・・(汗)。


また来年以降も秋田に行けるチャンスがあれば行きたいけど、ブラウブリッツ秋田は来年J2だからね・・・。あ、そうかFC岐阜が来年J2に上がればいいのか。だったら大丈夫だ(ギャハ)。<何だよ、この根拠の無い自信!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:38Comments(0)

2020年11月06日

超シンプルなのに奥深い

SHV47_0531こちら、セブンイレブンの「ゆかりごはん たくあん入り」
メインは三島食品から発売している「ゆかり」なのですが、それだけでは味として弱いと判断したのか、たくあんも入れています。さらに、むろ節・かつお節・真昆布のだしで炊いたご飯だというから、どんな味になるのか想像が付きませんわ(汗)。



何だかんだ言っても仕方ないので、早速頂きましょう。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


・・・うむ、「ゆかり」だ(爆)。
「ゆかり」の味、青じその風味が非常に立ってますね。あの独特な味わいは、だしで炊いたご飯でも早々バックには控えないのね。それでも白飯とは違って、だしの風味があるので、簡単に「ゆかり」には負けておらず、ワンパンチだけでも浴びせようとした意識は感じられます
そして、たくあんはアクセントと噛んだ時の食感(歯触り)を楽しむためのものだなと。もちろん、たくあんのわずかにしょっぱい感じの味も、「ゆかり」を引き立てています


結果、一つ一つが超の付くほどシンプルなのですけど、それらを組み合わせることで、複雑な化学反応を起こし、「ゆかり」がメインとはいえ、他もきちんと絡んでくるバランスのいいものに仕上がっていますね。こりゃ美味しいわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:44Comments(0)

2020年10月31日

愛知県だけという超レア商品

SHV47_0556こちら、セブンイレブンの「徳川町如水監修 塩ラーメン」。名前にある通り、名古屋市東区徳川町にある如水というラーメン屋の塩ラーメンを商品化したものです。

で、この商品は愛知県のみで販売という非常に珍しい販売形態を採っています。普通地域限定商品の場合、中京(愛知・岐阜・三重の東海3県)ないしは東海(東海3県に静岡を加えた地域)での販売が一般的です。それだけ東海3県は一体的に扱われることが多いのです。逆に愛知だけ、岐阜だけ、三重だけという展開の方が珍しいのです。

ちなみに、愛知県のセブンイレブンでは、この商品が発売されることが決まるや否や、弁当や麺類の販売エリアには、この商品のポップが随所に出ておりました



さて、そんな塩ラーメンですが、味はすごくいいんですよ。
塩ラーメンだとあっさりを思い浮かべそうですけど、この塩ラーメンは少しこってり系。コク深い味わいが細麺によく合います。たぶん、塩って言ってますけど、豚骨も少々入っているんじゃないのかな一番近い味は、失礼ながらスガキヤだと思った(苦笑)。あの塩豚骨、チープではあるものの奥深いあの味に最も近いんですよ。でも、如水の塩豚骨は決してチープではない今回はセブンイレブンの中華麺というジャンルでの登場ですが、店で食べたことのない人間でさえ、よくできてるんじゃないのかと思いました。


これが愛知県だけだなんて惜しいねぇ。美味しいので次回も買ってみようかなと。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:41Comments(0)

2020年10月27日

ごろっと・・・?

SHV47_0489こちら、セブンイレブンの「ごろっとフルーツサンド(ピーチ×ピーチ)」。こちら、大きめにカットされた黄桃と白桃にエグロワイヤル使ったカスタードクリームが挟んであります



この手の商品は、最近表面だけ大きく見えるようにした詐欺だと言われがちですけど、そんなことよりも、『ごろっと』の方が異議ありなわけで。
この中に入っている黄桃と白桃、熟してはいると思う(実際熟していて美味しい)のですが、硬めなんですよね。山梨県の人ならわかるかもしれないですけど、硬い実を食べるという風習がないと、硬いと思われかねないのですよ。熟々したトロっとした実の方が美味しいと思いたくなるんですわ。
だから、『ごろっと』よりも『がりっと』の方が商品名的に合っているように感じるのです。ただ、それだと売れないよね(苦笑)。


『硬めの実ですけど熟していて美味しい』というニュアンスが書いてあれば・・・。山梨県の人や桃好きな人じゃないと、そのあたりはわからないかなぁ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2020年10月22日

セブンに掛けたな!<多分違う。

SHV47_0459今回紹介するのは、セブンイレブンの「7種野菜のカレースープ(雑穀米入り)」東北・関東・甲信越・北陸・東海・近畿・中国・四国で販売しておりますが、なかなか見掛けない商品だなぁ・・・。
この商品は、名前の通り7種類の野菜が入っております。そして『カレースープ』なのに、米(雑穀米)が入っております。それって、『カレーライス』じゃないの(苦笑)?



というわけで、カレーライスなのかカレースープなのかわからないまま頂くことにしました。

まず7種類の野菜ですが、玉ねぎ・にんじんは、わかる。ブロッコリーも、まぁわかる。カボチャ・パプリカ・キャベツもスープカレーとかに入っているケースがあるのでわからんでもない。でも、ごほうよ、お前だけはわからん(ギャハ)!いやはや、カレーにごぼうが入るだなんて聞いたことが無いしっかり煮込んであるし、アクも出ているので問題ないと言えば問題ないんですけど、何か違和感を感じましたね・・・。
それ以外はカレーのスパイシーな風味の利いた味わい。とはいえ、そんなに辛くはないので、食べやすいですね。ご飯も入っているので、食べ応えの面でも悪くないかなと。野菜は、違和感のある物もありますが、たっぷり入っているので、食べ応えの面でも栄養の面でも美味しさの面でも素晴らしいですね。


女性にウケているのか、それともそんなに作っていないのか、なかなか見掛けないので、もしあったら手に取ってもらえると。カレーライス代わりにいいかもしれません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:50Comments(0)

2020年10月20日

【いくら】何とも贅沢な食べ比べ【醤油漬け】

SHV47_0468おにぎりの具は、昨今いろいろあるけれど、最も贅沢な具は、恐らくいくらだろうと思います。今回は、いくらの醤油漬けを使ったおにぎりの食べ比べをしていこうと思います。コンビニ各社が最近最も力を入れていると感じたからです。

上から、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの「いくら醤油漬け」。セブンイレブンは「セブンイレブンの厳選米 いくら醤油漬け」(205円(税込))、ローソンは「金しゃりおにぎり いくら醤油漬」(198円(税込))、ファミリーマートは「ごちむすび いくら醤油漬け」(198円(税込))という名称で売られています。
このうち、ローソンだけが『いくら醤油漬』と送り仮名の無い名称で販売しております。またセブンイレブンのおにぎりだけが、のりを巻いていないものになっています。そしてファミリーマートの「いくら醤油漬け」はヒゲタ醤油の「本膳」という醤油を使って漬けられたいくらを使っています



やはりと言うべきなのか、いくらの醤油漬けなだけなのに、味は三者三様となっております。
最もいくらのプチプチ感が味わえたのは、セブンイレブン。それに伴ってか、中のいくらや醤油の味が一番濃かったです。いくらの味を引き出したいので、のりを巻いていないのだろうと推測。ご飯の味わいも甘めになっているので、いくらの醤油漬けの醤油の風味を強めたいのでしょう。
一方で、いくらの味が弱かったのがファミリーマート肝心の醤油漬けも薄めの味なので、総じて薄い味わいになっていました。いい醤油を使っているからなのか、もっと味を濃くしなかったのか、もう少し頑張ればなぁ・・・。
その中間だったのがローソン。実は、プチプチ感は実は3社の中で一番感じられなかったものの、醤油といくらの風味は濃過ぎず薄過ぎずでいい塩梅でした。ご飯とのりとのバランスを考えて作られているのかなと思いましたね。


総じて一番だったのはセブンイレブンでした。値段も一番高かったから、ある意味当然そうでないといけなかったかなと(苦笑)。次に勧めたいのはローソンでしょう。味のバランスがよくて美味かったです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:50Comments(0)

2020年10月19日

コーンコロッケだけど、クリームじゃない

SHV47_0448今回紹介するのは、セブンイレブンの「北海道産コーンコロッケ」です。
セブンイレブンでは珍しく、『北海道産』を強調した品物になっているのですが、一緒に入っているのは、クリームではなくじゃがいも。そのじゃがいもも国産ということで、これまた珍しい純国産で構成された品物にもなっています(揚げるために使う油とか衣までは知らん(爆))。



元々コーンコロッケって甘いという印象がありますけど、この商品もご多分に漏れない甘い品です。ただ、コーンの甘さだけでなく、じゃがいもも甘い一品なので、甘さで頬が緩む(笑)。それ以上でもそれ以下でもないけど、サクサクの衣に甘い味わいが広がって、おやつにぴったりな一品でもあります。
価格も108円(税込)なので、普通のコロッケより20円くらい高いだけ。それで、この贅沢な気分を味わえるだなんて・・・。個人的には、しばらくお世話になりそうです(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2020年09月23日

あんこが入った揚げ食パン

SHV47_0384そんなドストレートな名前の商品がセブンイレブンから発売中です。
内容もドストレート。あんこを食パンに挟んで揚げたものです。あまりに直球過ぎて火が噴きそうですわ(ニヤニヤ)。



まぁこれ以上言わずもがなで、あんこの味が決め手なのですよ。甘いことは甘いけど、甘ったるくないので1個だけじゃ物足りない(笑)。2つで1枚なんだろ。切らずに販売してくれよ(爆)。
そしてパンは油で揚げているけど、脂っこくないし、しつこくもない。逆に油を吸っていることから、あんこの美味さを引き立ててくれておりますわ。


何のひねりも無いけど、シンプルだから美味いんだと思わせる一品。これでいいんだよ、これで・・・と思わずうなりながら頂きました。
あ、名古屋人はあんこ好きだから、ひいき目の評価をしているんだろうと思った人、食べてみなさいって。甘いものが苦手な人でも十分美味しいって思いますって。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:46Comments(0)

2020年09月15日

セブンでシンガポールに行った気分になる

SHV47_0346今回紹介するのは、セブンイレブンの「ホッケン・ミー シンガポール風焼そば」マレー料理の一種でありながら、ルーツは中華料理(福建省の麺料理とされる)という一風変わった麺料理です。まぁ、マレーシアもシンガポールも、マレー人も中国人も多いところですからね。
中に入っているのは、2種類の麺(玉子麺と米麺)と何種類かの具、そして調味料と思しきものが掛かっているというふうかな。



早速よく混ぜて頂きましょう。
・・・うむ、食べてみたら、エビチリのような味わいの焼きそばだった。エビチリかなと思ったら、どうも違い、掛かっていた調味料であるサンバルというものの影響らしい。

サンバルとは、マレー料理やインドネシア料理でよく使われるもので、辛味調味料(チリソース)の一種今回のはペースト状になっています。色々な味わいがあるのですけど、今回のものは少々甘辛なイメージ。先述の通り、エビチリのような味になっています。まぁ、サンバルにはエビの発行品が入っているそうなので、あながち間違っていないのか(苦笑)。

麺に関しては、玉子麺のしっかりとした味わいと米麺のサンバルの絡みやすさで、とても美味しく感じられますわ。
中の具材は、エビ・イカの海鮮類に溶き卵・ねぎとシンプル目。サンバルの味が目立つ関係で、あまり具材の味はしないのかなと。それでもエビやイカのプリプリ感は捨てがたい


これはサンバルの味が受け入れられたら非常に美味しい一品です。個人的には、この前の「パッタイ タイ風焼そば」よりも美味しいと思いましたね。オススメです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:38Comments(0)

2020年09月13日

恐ろしく美味い冷やし中華

SHV47_0333今回紹介するのは、セブンイレブンの「中華蕎麦とみ田監修 冷し豚中華」。名前にある通り千葉県松戸市にある中華蕎麦とみ田が監修した冷し中華です。
しかし、一般的な冷し中華とは違うんですね。酢の入った醤油であっさりとしたものを思い浮かべるのですけど、今回のそれはそんなふうには見えないものに仕上がっています。



食べていくと、その違いに驚愕するのですけど、まずは極太麺一般的な冷し中華の麺は、中太ないしはやや細めの麺なんですけど、そんな妥協は一切ない(苦笑)。そこにとんこつだしのような濃い味のつゆだから、夏に食べるには結構ヘビー。でも美味い。一緒に入っているにんにくマヨネーズを混ぜたら、少しにんにくの風味の利いたつゆが、さらににんにくの風味の利いたものになってしまって、大丈夫かいなと思うのよ。でも美味い(笑)。
具は角切りの豚肉ともやしがメインになっており、前者は肉の味わいが極太麺とかの中で異彩を放っております。後者はつゆの味を吸ってさらに美味さを引き立ててくれます


こってりなのにも関わらず、しっかりまとまっていて、あっさり味の冷し中華とは一線を画した中でも美味いと思わせる一品。まだまだあると思われるので、あったら食べてほしいです。だって冷し中華の概念が変わるんだもの(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:09Comments(0)

2020年09月09日

名古屋じゃ珍しいとり天入り

SHV47_0314こちら、セブンイレブンの「冷しとり天おろしきしめん」東海地方限定の商品です。
とはいえ、とり天というどちらかというと九州でメジャーな具材がメインになっておりますけど、唐揚げじゃないのね。味が濃すぎるから合わないと判断したのかいな。
きしめんは、きぬあかりという愛知県の小麦を使って作られたものです。既に温かいきしめんで使われているお馴染みのものでもあります。これは地産地消という意味で非常によろしいですねぇ。



まずきしめんに関しては、以前から温かい物やざるで頂いているので、そう言うことはないかなと。もちもちとはしているけど、硬過ぎないので食べやすいです。のどごしが結構いいので、するする入っていくのも高評価にしたいところ。大根おろしもあるので、つゆのキリっとした部分だけじゃなく辛味も加わってものすごくいい味わいになっております。
ただ、とり天がね・・・。もっと鶏肉の食べ応えが欲しかった。何か天かすの塊を食べている感じが否めなかったのよね。つゆにもあまり染み込まないので、つゆの味と相性も悪い気がしたんですよね。過去に冷し系を食べた際、えびの天ぷらとかは何も感じなかったんですけど、このとり天だけは違和感を外せなかったのが残念でなりません


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:27Comments(0)

2020年09月05日

セブンでタイに行った気分になる

SHV47_0311先日、セブンイレブンで「パッタイ タイ風焼そば」を買ってきた東北南部(宮城県・山形県・福島県)・関東・甲信越・北陸・東海・近畿で販売している商品です。
パッタイとは、タイ料理の一つなのですが、どちらかというと屋台で出される庶民的な味として親しまれています。米で作った麺に干しエビをたっぷり入れ、卵・豆腐を一緒に炒め、香草やナンプラーなどで味を調えて出されるものです。
誕生したのは1930年代と新しく、丁度第2次世界大戦中で米不足に陥った状況を打開しようと、米の麺を推奨したこととナショナリズム高揚のために行われた国民食コンテストで優勝したのが、偶然にもパッタイの原型だったとも言われています(パッタイが国民食とされたのは1945年)
その後ベトナム戦争で休養地になっていたタイに滞在した米軍によって世界に広まり、2000年代にもタイ政府の意向でタイのイメージに沿った料理を提供してほしいという要望が出たことから、パッタイがメインに躍り出たそうです。



さて、タイ料理と言えば、極端に辛いか極端に酸っぱいか極端に甘いかという、極端なものという印象が強いのですけど、さすがに日本人向けにアレンジが施されており、マイルドになっています。しかし、そのマイルドさが、タイ料理を知っている人だと、辛いのか酸っぱいのかよくわからない中途半端な味になっているなと感じてしまうでしょう。

しかし、私自身が食べて思ったのは、確かに中途半端だけれども、程よい辛さと程よい酸味でバランスがいいねと思いましたよ。もう一味欲しいなと思えば、ナンプラーなりライムなり一味唐辛子なりを入れればいいと思います(実際ライムは一緒に提供されている)。
あとは、干しエビの香ばしさと1匹だけ入ってる(苦笑)エビのプリッとした感じが、米の麺に絡んだソースの味わいにぴったりでしたし、麺そのものもモチモチしていましたから、食べ応えの面でも満足です。


先程も書いた通り、日本人向けに作られているので、タイ料理の苦手な人でも楽しめると思います。タイ料理入門編としていかがでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:03Comments(0)