2020年09月15日

セブンでシンガポールに行った気分になる

SHV47_0346今回紹介するのは、セブンイレブンの「ホッケン・ミー シンガポール風焼そば」マレー料理の一種でありながら、ルーツは中華料理(福建省の麺料理とされる)という一風変わった麺料理です。まぁ、マレーシアもシンガポールも、マレー人も中国人も多いところですからね。
中に入っているのは、2種類の麺(玉子麺と米麺)と何種類かの具、そして調味料と思しきものが掛かっているというふうかな。



早速よく混ぜて頂きましょう。
・・・うむ、食べてみたら、エビチリのような味わいの焼きそばだった。エビチリかなと思ったら、どうも違い、掛かっていた調味料であるサンバルというものの影響らしい。

サンバルとは、マレー料理やインドネシア料理でよく使われるもので、辛味調味料(チリソース)の一種今回のはペースト状になっています。色々な味わいがあるのですけど、今回のものは少々甘辛なイメージ。先述の通り、エビチリのような味になっています。まぁ、サンバルにはエビの発行品が入っているそうなので、あながち間違っていないのか(苦笑)。

麺に関しては、玉子麺のしっかりとした味わいと米麺のサンバルの絡みやすさで、とても美味しく感じられますわ。
中の具材は、エビ・イカの海鮮類に溶き卵・ねぎとシンプル目。サンバルの味が目立つ関係で、あまり具材の味はしないのかなと。それでもエビやイカのプリプリ感は捨てがたい


これはサンバルの味が受け入れられたら非常に美味しい一品です。個人的には、この前の「パッタイ タイ風焼そば」よりも美味しいと思いましたね。オススメです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:38Comments(0)

2020年09月13日

恐ろしく美味い冷やし中華

SHV47_0333今回紹介するのは、セブンイレブンの「中華蕎麦とみ田監修 冷し豚中華」。名前にある通り千葉県松戸市にある中華蕎麦とみ田が監修した冷し中華です。
しかし、一般的な冷し中華とは違うんですね。酢の入った醤油であっさりとしたものを思い浮かべるのですけど、今回のそれはそんなふうには見えないものに仕上がっています。



食べていくと、その違いに驚愕するのですけど、まずは極太麺一般的な冷し中華の麺は、中太ないしはやや細めの麺なんですけど、そんな妥協は一切ない(苦笑)。そこにとんこつだしのような濃い味のつゆだから、夏に食べるには結構ヘビー。でも美味い。一緒に入っているにんにくマヨネーズを混ぜたら、少しにんにくの風味の利いたつゆが、さらににんにくの風味の利いたものになってしまって、大丈夫かいなと思うのよ。でも美味い(笑)。
具は角切りの豚肉ともやしがメインになっており、前者は肉の味わいが極太麺とかの中で異彩を放っております。後者はつゆの味を吸ってさらに美味さを引き立ててくれます


こってりなのにも関わらず、しっかりまとまっていて、あっさり味の冷し中華とは一線を画した中でも美味いと思わせる一品。まだまだあると思われるので、あったら食べてほしいです。だって冷し中華の概念が変わるんだもの(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:09Comments(0)

2020年09月09日

名古屋じゃ珍しいとり天入り

SHV47_0314こちら、セブンイレブンの「冷しとり天おろしきしめん」東海地方限定の商品です。
とはいえ、とり天というどちらかというと九州でメジャーな具材がメインになっておりますけど、唐揚げじゃないのね。味が濃すぎるから合わないと判断したのかいな。
きしめんは、きぬあかりという愛知県の小麦を使って作られたものです。既に温かいきしめんで使われているお馴染みのものでもあります。これは地産地消という意味で非常によろしいですねぇ。



まずきしめんに関しては、以前から温かい物やざるで頂いているので、そう言うことはないかなと。もちもちとはしているけど、硬過ぎないので食べやすいです。のどごしが結構いいので、するする入っていくのも高評価にしたいところ。大根おろしもあるので、つゆのキリっとした部分だけじゃなく辛味も加わってものすごくいい味わいになっております。
ただ、とり天がね・・・。もっと鶏肉の食べ応えが欲しかった。何か天かすの塊を食べている感じが否めなかったのよね。つゆにもあまり染み込まないので、つゆの味と相性も悪い気がしたんですよね。過去に冷し系を食べた際、えびの天ぷらとかは何も感じなかったんですけど、このとり天だけは違和感を外せなかったのが残念でなりません


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:27Comments(0)

2020年09月05日

セブンでタイに行った気分になる

SHV47_0311先日、セブンイレブンで「パッタイ タイ風焼そば」を買ってきた東北南部(宮城県・山形県・福島県)・関東・甲信越・北陸・東海・近畿で販売している商品です。
パッタイとは、タイ料理の一つなのですが、どちらかというと屋台で出される庶民的な味として親しまれています。米で作った麺に干しエビをたっぷり入れ、卵・豆腐を一緒に炒め、香草やナンプラーなどで味を調えて出されるものです。
誕生したのは1930年代と新しく、丁度第2次世界大戦中で米不足に陥った状況を打開しようと、米の麺を推奨したこととナショナリズム高揚のために行われた国民食コンテストで優勝したのが、偶然にもパッタイの原型だったとも言われています(パッタイが国民食とされたのは1945年)
その後ベトナム戦争で休養地になっていたタイに滞在した米軍によって世界に広まり、2000年代にもタイ政府の意向でタイのイメージに沿った料理を提供してほしいという要望が出たことから、パッタイがメインに躍り出たそうです。



さて、タイ料理と言えば、極端に辛いか極端に酸っぱいか極端に甘いかという、極端なものという印象が強いのですけど、さすがに日本人向けにアレンジが施されており、マイルドになっています。しかし、そのマイルドさが、タイ料理を知っている人だと、辛いのか酸っぱいのかよくわからない中途半端な味になっているなと感じてしまうでしょう。

しかし、私自身が食べて思ったのは、確かに中途半端だけれども、程よい辛さと程よい酸味でバランスがいいねと思いましたよ。もう一味欲しいなと思えば、ナンプラーなりライムなり一味唐辛子なりを入れればいいと思います(実際ライムは一緒に提供されている)。
あとは、干しエビの香ばしさと1匹だけ入ってる(苦笑)エビのプリッとした感じが、米の麺に絡んだソースの味わいにぴったりでしたし、麺そのものもモチモチしていましたから、食べ応えの面でも満足です。


先程も書いた通り、日本人向けに作られているので、タイ料理の苦手な人でも楽しめると思います。タイ料理入門編としていかがでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:03Comments(0)

2020年08月23日

タンメン vs TANMEN

SHV47_0281以前、味噌味のカップ麺対決を行いましたけど、今回はタンメン味のカップ麺を対戦形式で紹介していきましょう。
まずは、日清食品の「日清 濃くてうまいTANMEN」(左)。こちら、セブン&アイホールディングス限定で販売の商品で、主にセブンイレブン・イトーヨーカドーなどで買える商品になります。こちらをセブンイレブンでPB商品として販売している「野菜たくさんタンメン」(右)と食べ比べてみようかと。

今回は大きな違いが一つあります。左は日清食品が作っていますけれども、右はサンヨー食品が作っています。メーカーが違うので、大きく違ってきそうですね。




まずは、「野菜たくさんタンメン」から。
まず名前の通り野菜がたっぷり入っており、キャベツ・コーン・にんじん・きくらげが彩りを添えておりますスープは若干甘めで、恐らく野菜から出ただしみたいなものの影響でしょう。塩味ゆえに甘みが引き立っているのでしょうね。麺に関しては細目ですがしゃきっとしたものになっています。ともすればシンプルでやや薄味ですが、タンメンをあまり美味しいものだと思うことが少なかった私には革新的な味でした。

そして、「日清 濃くてうまいTANMEN」
こちらは麺もスープも全く違ったものに麺に関してはガーリックの味わいがこれでもかと感じられ、スープもガーリックの味わいがガツンとやって来ます。タンメンのスープというよりもガーリックスープとも言える味になってますな。そこに合わさる具は、「野菜たっぷりタンメン」とは違い、薄っぺらく少量ながらも豚肉が入っていますこれが味にアクセントとして機能しており、野菜の味を引き立ててくれます。なお、野菜はキャベツ・にんじん・きくらげだそうですが、キャベツメインだったかなと。


これは迷いますね。落ち着いた味という点なら、「野菜たっぷりタンメン」がオススメ。逆にエッジの利いた味という点なら、「濃くてうまいTANMEN」でしょう。野菜はどちらも多めですが、レタス1個分の食物繊維が採れるという点で、「野菜たっぷりタンメン」を推すことにしましょう。両方見掛けられる店なら、値段もそんなに高くない・量も多くはないので、両方買って食べて見てもいいかなと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:32Comments(0)

2020年08月22日

普通に考えたら、無難な味になるはず

SHV47_0279こちら、セブンイレブンで販売している「ペヤングやきそば 超超超大盛GIGAMAX 納豆キムチ味」現状ではセブンイレブンのみの販売になりますが、8/24以降(西日本では8/31)全国展開されるそうなので、安売り(特にドン・キホーテ販売)を狙っている方は、もうしばらくお待ち下さい
特徴はフリーズドライの納豆とキムチソースというふうで、キムチが入っているわけではないのね。まぁ、キャベツとはいえキムチの代わりになりそうなものがあるから、それに味が絡むことを期待しているのかしら。



とりあえず、味としては悪くなかったキムチソースがややケミカルチックな味付けになっているものの、それは仕方ないのかなと。
まずキムチソースだけの状態で食べてみたのですが、ペヤングの代名詞になっていると思われる非常に辛いと思って食べると、さにあらずピリ辛程度のものなので、辛いものが特段苦手でなければ十分に食べられるでしょう。
ただ、あくまでキムチの味がメインだということに注意が必要です。フリーズドライの納豆を投入したのですが、正直キムチに負けてます。しっかり食べてやっとわかるレベルです。フリーズドライの納豆だけ食べたら、ちゃんと納豆の味はするんですけど、パンチ力が無かったのか、ケミカルチックなソースでやられてしまったのか・・・。もしかすると、フリーズドライの納豆の上にソースを掛けるのがよかったのか。次それを試してと言われても、あの量はキツいわい(苦笑)。
なお、キャベツにキムチの味がまとわり付くのかと思っていたものの、あまり付かない模様。むしろキャベツが甘く感じるようになって、いいアクセントになる(笑)。


総じて、キムチの味が強いのですけど、キムチの味が強過ぎて一本調子納豆がアクセントをあまり果たさない中で、キャベツが奮闘という目的と違う結果となってしまいました。まぁ、こんなこともあるさ・・・。


今回3つの味を頂きましたが、一番は「ペヤングやきそば 超超超大盛GIGAMAX 関西風天かす」だったのかなぁ。逆に「ペヤングやきそば 超超超大盛 GIGAMAX ガーリックパワー」は味がキツ過ぎて食べきるのに難儀した印象しかない(爆)。今回のは、その中間になるのかな。まぁ、3つとも個性が強過ぎるので、1人で食べる際は、空腹具合との相談のうえで召し上がって下さい(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 14:21Comments(0)

2020年08月20日

すみれのチャーハンで作ったおにぎり

SHV47_0275という替え歌を♪すみれの花咲く頃に乗せて歌ってはいけない(ニヤニヤ)。<ヅカファンに怒られるからね!


なぜそんな替え歌が思い浮かぶに至ったか、全ては「札幌すみれ監修 特製チャーハンおむすび」が悪い(爆)。セブンイレブンで札幌すみれが監修しているラーメンが出ておりますけど、今回は一緒に頼まれることの多いチャーハンをおにぎりにしております<って、そのままの説明やないかい!



・・・うん、気にしないで進めよう(ギャハ)。


まず言わなければいけないのは、チャーハンの味というより、紅しょうがの味だった(爆)。結構紅しょうがが乗っているおかげだからか、どこから食べても紅しょうがになりかねない醤油の香ばしい味わいは無くはないけど、ファーストインプレッションが紅しょうがなんですよ、どうやっても。
ただ、このおにぎりは中に入っているチャーシューが大きいので、肉の味わいがしっかりしていると思います。


残念ながら、すみれのチャーハンは食べたことが無いので、これ以上の評価を下しにくいのですが、紅しょうがの味をどう捉えるかで美味しさの評価が変わるのかなと。もうちょっと紅しょうがを減らしてもいいかなと思いました。ただ、味そのものは悪くないですし、何よりチャーシュー美味い(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:52Comments(0)

2020年08月15日

セブン限定のボンカレー

SHV47_0272こちらは、大塚食品の「ボンカレーMAX 焦がしにんにく」。名前の通り、ニンニク(フライドガーリックとおろしにんにく)がたっぷり入っている製品なので、『MAX』と表記されているのではと思うほど。
そして、『限定品』と書いてあるように、セブンイレブンの限定商品なのです。
もちろん、ボンカレーの特徴である国産野菜(たまねぎ・じゃがいも・にんじん)を使用した一品になっています。



まず気になるのは、にんにくの味わい。最初の一口目に偶然なのかフライドガーリックの塊を食べたためか、にんにくの強烈な味わいが来ましたけど、それ以外でにんにくの風味を味わえたかというと微妙なところ深く気にすることはないと思っていいかもしれません。
しかし、それ以外の部分で結構来たかなと。辛さは辛口ながらそう大したことないのですが、スパイシーさはままあるため、スパイスの風味を舐めて掛かったら、おっと思うかもしれません。
それ以外では、野菜のゴロっと感がいいですね。ボンカレーの中でも大きい部類に入るのではないのでしょうか。そして肉もそれなりの大きさがある、嫌味な言い方をすれば、他のボンカレーにある肉っぽいものではないのがいい(苦笑)。そう考えると、食べ応えの面では十二分にあると言えるでしょう。だてに高い値段(税別で285円)で売ってない(ニヤニヤ)。


期間限定商品ではなさそうですが、そろそろ入れ替えの時期になってくるので、まだ売っているかはわかりません。見掛けた時、辛いものとにんにくが苦手でなければ、是非ともお試ししてほしい一品ではあります。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 14:35Comments(0)

2020年08月08日

味噌 vs MISO

SHV47_0248真夏ですが、味噌味のカップ麺で面白い商品があったので、対戦形式でご紹介
その面白い味噌味のカップ麺とは、日清食品から発売の「日清 濃くてうまいMISO」(左)。こちら、セブン&アイホールディングス限定で販売の商品で、主にセブンイレブン・イトーヨーカドーなどで買える商品になります。こちらを一般販売している「日清 カップヌードル 味噌」(右)と食べ比べてみようかと。

「日清 濃くてうまいMISO」の特徴は、しょうがを全面に押し出したこと。スープだけでなく、麺にまでしょうがの味わいを練り込んでいるとのことだそうです。やり過ぎるとしつこくならないかなと思いながら頂くことにしましょう。



まずは、「日清 カップヌードル 味噌」から。
こちらは、しょうがの風味がふわっと漂ってくる、田舎味噌のような麦味噌メインかなと思わせるスープになっています。具も豊富で、麺もいつものちぢれ麺ですが、味噌味のスープとよく絡んで美味しいです。

そして、「日清 濃くてうまいMISO」
・・・おお、麺からしょうがの味わいが。食べた時にふわっとやって来ましたね。スープを練り込んでるんじゃないかと思わされましたよ。麺に関しては、いつものヤツと違って、少しコシのある麺なのかなと。単純にスープを吸ってないだけかもしれませんけど、食べ応えの面でいくと、こちらはいいなぁと。
スープに関しては、「日清 カップヌードル 味噌」とは全く違う。しょうがが入っているものの、甘めのテイスト。これはコクもあるけど味噌の甘さでしょうががしっかり入っているんだなと思わせるほどです。あの甘さは、しょうがの引き立て役かもしれない。それらと引き換えなのか、具はキャベツといった野菜類メインで、肉はスライスしたものが少々。肉(謎肉と呼ばれるブロック状の肉ではない)が目立っていません。ただ、それが何だと言ってもいいくらい、味は格別にいいです。


これは、「日清 濃くてうまいMISO」の方が美味い「日清 カップヌードル 味噌」も美味いんだけど、「日清 濃くてうまいMISO」の方が、味として完成形になっているかなと。具は気にしない方なら、絶対こちらがオススメです。しょうがも「日清 カップヌードル味噌」よりも多く入っているんでしょうけど、嫌な感じにも気になる感じにもなっていません。これはすごいわい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)

2020年08月03日

遂に揚げ鶏がBIGになっちゃった!

SHV47_0236遂にセブンイレブンが「BIG揚げ鶏」なる商品を出してきた。これまでファミリーマートが「ビッグファミチキ」という商品で展開しておりますが、他のコンビニも追随するだなんて想像もしていなかっただろう(ニヤニヤ)。

こちらは、2つの部位が組み合わさったハイブリッドなもの(ただし人工的なものではなく、隣り合った部位を切り出したもの)になっています。具体的には、上ももにあたるサイと下ももにあたるドラムという部位です。



これね、滅茶苦茶美味いわ(笑)。元々「揚げ鶏」が美味いんだから、仕方ないでしょう(ニヤニヤ)。
サイの部分は柔らかい、ドラムの部分は食べ応えというふうで特徴があるのですけど、それだけではない。結構ジューシーなのよ。ジューシー具合には当たりはずれがあるようですけど、すごいと袋の中でしたたって溜まるくらいですからねぇ・・・。
それ以外は「揚げ鶏」と同じなので、単純に大きくなったんだなと思って差し支えは無いでしょう。でも、「揚げ鶏」の美味さを2倍楽しめるのは、値段(350円(税別))以上の価値があると思います。


これこそ、値段は高いがいい味です。残ってほしいわい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2020年07月26日

牛のラーメンでも美味しいのだ

SHV47_0235セブンイレブンで買ってきた「旨みとコクがギュッ! 牛骨醤油ラーメン」。恐らく土用の丑の日に合わせて展開された商品ではないかなと思います。
ラーメンの中では珍しい牛骨を使ったスープを使ったものになります。たいてい、ラーメンは豚→鶏の順で多いと思いますからね。合わせというのもありますけど。



正直牛骨ラーメンはあまり味をよくわからないものでして、薄いんじゃないかなとか思っていましたけど、なんのなんの。商品名にある通り、コクがしっかりあって、牛から出たとは思えない旨味もありました。ここまでしっかりしたスープが出るんだなと。
それでいて、味はしつこくないので、玉ねぎ・ねぎ・もやし・チャーシューの味がいいアクセントになってくれますいい意味で味の引き立て役を担ってますね。


ラーメンは脂っこくて・・・という女性の人には、是非とも味わってもらいたい一品です。物足りなさは一切ありません。ともかく美味い。それだけです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:50Comments(0)

2020年07月22日

旨いジャン!

SHV47_0215以前、「旨いジャン!大盛りご飯ピリ辛ホイコーロー丼」を取り上げた際、「大盛りご飯 5種唐辛子!四川風麻婆丼」を紹介すると述べていますが、お約束通り取り上げられそうになったので、ご紹介。
この商品は、5種類の唐辛子だけでなく、3種類の醤(ジャン)に鶏・豚のガラスープやうま味調味料を加えた、だしと旨味だらけの丼飯です。これは美味しくないわけがない、と踏んでおります(ニヤニヤ)。<いきなりセルゲイ・ブブカが跳ぶのもしんどそうなバーの高さにして大丈夫か!?



そんな6m以上あるバーなんて、軽々しく跳び越えられそうなくらい美味かったよ。
特に辛さが引き立ってて、滅茶苦茶辛いわけではないけど、食べていて美味いと思わせる辛さ。そこに山椒を入れればしびれから辛さもさらに立つ肉の旨味もしっかりあって、ご飯との相性もぴったり。ゆえに、ホントにご飯が大盛りなのか疑問符が出てきたほど(笑)。
これはまた買って食べたいと思わされる味。肉の濃い味が程よい辛さとマッチして後を引きますね。ご飯と一緒に食べていますけど、お酒と一緒に飲みながら食べられるものにもなっているのかと思っています。税込でもワンコイン(496円)で食べられるのもポイント。これはいいですよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:58Comments(0)

2020年07月18日

旨いジャン?

SHV47_0189先日セブンイレブンで買ってきた「旨いジャン!大盛りご飯ピリ辛ホイコーロー丼」
大盛りのご飯にホイコーローが乗った丼物ですが、それだけといえばそれだけ(苦笑)。こちらは、東北・北関東・埼玉県・新潟県・長野県・北陸・東海でのみの販売です。



ピリ辛味のホイコーローということでしたが、そうなのとツッコみたくなるほどの味濃いか薄いかと言われれば、濃い方向になるでしょう。ただ、辛いかそうでないかと言われたら、私は辛くないと思いますね。ご飯も大盛りと言われれば、コンビニではというレベル。飲食店の大盛りの方が、大盛りというイメージに近いのではないかなと思います。


正直、旨いジャンと聞かれたら、そうなの?と返したくなる一品でした。シャレじゃないよ(苦笑)。
やっぱり、もう一方の「大盛りご飯 5種唐辛子!四川風麻婆丼」を買えばよかったとちょっと後悔。なので、次回は「大盛りご飯 5種唐辛子!四川風麻婆丼」を紹介予定(たぶん)


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:56Comments(0)

2020年07月14日

おにぎりというよりもちまきみたいだ

SHV47_0172今回紹介するのは、セブンイレブンの「もち麦もっちり! ルーロー飯おむすび」です。
台湾のローカルフードという触れ込みですが、日本でも中華街で食べることのできるものだそうです。ちなみに本来は『滷肉飯』と書くそうですが、先述の中華街に持ち込まれた時に、『魯』という字が『滷』と同じ発音だったため、誤って使われるようになり、『魯肉飯』と書かれるようになったのだそう。



中には豚角煮のこま切りされたものが入っていて、小さいながらも豚の角煮であると主張しておりましたしっかりと醤油で煮た甘辛な味わいを主張しており、かつ柔らかいので、自己主張が強いんですよね(ニヤニヤ)。あとは一緒に高菜のような青野菜が入っておりましたが、あれは何だろうなぁ・・・。
何より、もち麦を使っているので、すごくご飯がモチっとしています。そのため食べ応えの面では満足するのではないのでしょうか。そして、八角が原因と思われる独特の風味も捨てがたいのですけど、これは人によって好みが分かれるのかなぁ。


味的にはやや濃いめなので、温めるとよりいっそう味が引き立たれるのかもしれません。ただ、おにぎりともち麦にしたことで、ルーローハンというよりも台湾ちまきを思い浮かべてしまったのは内緒だ(笑)。ゆえに、あのタイトルなのである。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:33Comments(0)

2020年06月24日

今度はペペロンチーノか

SHV47_0136こちら、セブンイレブンで販売中の「ペペロンチーノ仕立ての枝豆パン」。写真にある通り、枝豆がたっぷり乗っております。
以前、「マヨ醤油で食べる こんがりチーズの枝豆パン」というのがありましたけど、枝豆パンでシリーズにしていきたいのかしら。



味は、ペペロンチーノということで、ニンニクの風味が強力。そこに枝豆のいい意味で青臭さのある風味とマッチして、これはこれで美味しい。マヨネーズなのかチーズなのか濃い味わいの風味も合わさり、かつ唐辛子のアクセントもあって、飽きの来ない味にもなっております。


枝豆好きの私には、このたっぷり乗ったパンっていいねと思ってしまいましたよ。また見掛けたら買ってこようかと思っています。ニンニクの風味はあるけど、朝ご飯用に買ってこよう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:09Comments(0)

2020年06月17日

中に入っているのは・・・

SHV47_0117先日、セブンイレブンで「ソースinチキン」を買ってきた中にソースが入っていますが、そのソースはバーベキュー味。定番中の定番が注入されてるんですね。
ちなみに、神奈川県の一部店舗では、同じ商品でもマスタード入りなのだそうな。味の想像がつかない(汗)。



さて、この商品の味は・・・。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


中のソースの味が何なんでしょうかねぇ(爆)。本当にバーベキュー味なのというふうに思うほど、味がしない。これは揚げている間に味が抜けてしまったんじゃないかなと推測しているのですが、そもそも論で味を薄くしているんじゃないかといぶかしがってしまいましたよ。

ソースを付けて食べるのって、手間なように見えて案外理に適(かな)った食べ方だったんだなと再認識。そしてソースinにするなら、味は濃い目にしておいた方がいいのだとも。発想はよかったのかもしれないがねぇ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2020年06月10日

東京オリンピックは延期されたのに

SHV47_0112こちら、「ドラえもん ポリうちわ」といううちわセブンイレブンで販売していました。価格は350円(税別)といい値段。
表面には、「DORAEMON SPORTS」と書かれており、このことからオリンピックを意識したものになっています。延期になるなんて企画段階では予期もしていなかっただろうに。これもまた新型コロナウイルスの影響と言われれば、そうなのかもしれない。



SHV47_0115裏面は、ドラえもんが各競技を勤しむ姿が。表面にも描かれていますね。


ドラえもんが挑んでいる競技は、表面では、サッカー・野球・バスケットボール・体操(あん馬)・空手・卓球・アーティスティックスイミング(旧称シンクロナイズドスイミング)アーティスティックスイミングでは、ドラミちゃんが参戦。兄妹でのデュエットになっています。
裏面では、ボクシング・アーチェリー・飛び込み・陸上(短距離?)・ゴルフ・バレーボール・ウエイトリフティング・テニス・バドミントン・水泳(自由形?)・新体操(リボン)・やり投げと結構多彩。そんなに運動得意だったっけ(苦笑)?

なお、苦手な鉄棒と足が届いているのか怪しい(笑)自転車は載っていません。ちゃんとドラえもんに忖度(そんたく)していますが、実は子供用のジグソーパズルとかには、自転車は描かれているらしい。そう、子供用製品の転用なんですよ、この絵(爆)。そう考えると、ボロい商売よ(ニヤニヤ)。<オマエのようなヤツが買ってくれるからな(ギャハ)!



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:54Comments(0)

2020年05月27日

三陸の早採れわかめをそばに入れたよ

SHV47_0081こちら、セブンイレブンの「三陸産早採りわかめの冷たいおそば」
前にも三陸産わかめを扱ったそばを紹介していると思うのですが、商品として紹介するのは初めてだと思うのです。私は基本的に同じものを複数回取り上げることのないように紹介はしているものの、まれにそれが漏れていることもありますので、そのあたりを発見しても華麗なスルースキルを発揮して頂きたい(ニヤニヤ)。

で、今回の「三陸産早採りわかめの冷たいおそば」は名前の通り、三陸産の早採りわかめを使ったそばで、わかめは新物なんだって。



具としては、わかめと揚げとねぎのスライスくらいなので、正直不安ではあるのですが、その不安は杞憂に終わりました
まず、わかめ。身の柔らかい部分と芯に近い部分が入っており、前者はつるっとした食感、後者はシャキシャキかつ歯応えのある味わいを楽しめます。嫌な味も無いので、鮮度は非常にいいんではないかと。
そこに甘めに味付けされた揚げがアクセントになって、かつ濃い味わいのすっきりしたつゆともマッチしていているので、わかめの美味しさが引き立っていました。そばも美味いね、相変わらず。


これは美味かった。普通のそばでもいいやと思っているなら、是非食べてほしい。わかめの味がここまでそばの味を変えるのかと思いますから。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2020年05月24日

地域限定商品の紹介かと思いきや

SHV47_0075セブンイレブンで買い物をしていった時、小腹が空いていたので、軽いものを食べようと思い買ったのが、「東海限定!海老フライサンド」・・・。


・・・


・・・・・・


・・・・・・・・・


商品表示が無いエラー品やんけ!<オマエ、「これはネタになる」とか思ってニンマリして買ってたろ。



SHV47_0076まぁ、今回のようなケースになっても、裏面にしっかりと商品名と調理時間とかが書いてあるので、安心です(ニヤニヤ)。

これは、名古屋近辺では有名なタルタルソースに漬かったエビフライを厚焼き玉子と一緒に挟んだものです。喫茶店のコンパルの「エビフライサンド」は超の付くほど有名ですね。高いけど(苦笑)。



こちら、通常はあまり行わない温め推奨な商品で、500Wで40秒ほどチンしましょう。とはいえ、私はそれでは足りないと思って、1分やるけどな(ギャハ)。
で、温めたものを頬張ったところ、海老のプリプリとした食感とタルタルソースの程よい酸味がいいバランスでせめぎ合っておりますな。そこに厚焼き玉子の甘めの風味がアクセントになって、かつふっくらしているので、食べ応えの面でもうれしい感覚になりました
値段は、一般的なサンドウィッチに比べてやや高めですが、これは名古屋の味と胸を張れる品物でもあります。それだけ完成度は高いのよ。


名古屋に来たら、喫茶店で食べてみたものと食べ比べてみてほしい。あまり遜色ないから。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:54Comments(0)

2020年05月18日

どうやって味付けしたのか疑問だが

SHV47_0055美味かったのよ。


先日セブンイレブンで買ってきた「枝豆わさび」。その名の通り、枝豆にわさび風味の味付けがなされています。それ以上でもそれ以下でもないのですが、辛いということだけはわかる(笑)。



普通、枝豆というと、塩気がメインの味わいになるのですけど、この商品に関しては、最初はそんなに辛くないんだけど、段々辛味が増してくるんですよね。しまいには、まま辛い感じになってきて、これは酒のつまみにイケそうだなと思えてなりませんでした。


どうやって味付けしたのかわからないまま、美味いと思ってしまった私。いつまで売られるかわからないけど、3連休の時期まで売ってくれたら、お酒と共に頂けないかと画策中なり。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:31Comments(0)