2020年11月21日

秋田でのあれこれ④

SHV47_0633さて、セリオンのエレベーターで標高100mのところまでやって来た
その展望台から見た景色が、こちら。沈みゆく夕日と秋田港にある風車とのコントラストが素晴らしい。晴れた日に行きたかったなぁ・・・。



SHV47_0634こちらは東側からの風景。
見てわかるかと思いますが、秋田港の貨物駅になります。今でも流通の拠点として使われているのです。
なお、臨時で秋田港に向かう列車が運行されることもあるそうな。常時運行で、セリオンの観光客を呼び寄せられんものかねぇ・・・。



SHV47_0635こちらのイーゼルは、去年(2019年)開催された「全国豊かな海づくり大会 あきた大会」に参加したさかなクンが描いたもの
あんな格好をして、ギョギョギョとか言ってますけど、東京海洋大学の教授なんですよ。しかもかなり専門的なことをやっているそうで。



SHV47_0636そして、思わぬ副産物、北海道日本ハムファイターズの吉田輝星選手が書いたサイン



SHV47_0637そのサインは、先程紹介した東側の秋田港の貨物駅から見える景色で撮れます
撮る際のコツも紹介しているので、誰もが簡単にベストショットが狙えますよ(ニヤニヤ)。



この後は1階に戻り、土産を物色して、そろそろ次の目的地に・・・と思い、近くのセブンイレブンで飲み物を買っていった以外は、ほぼ同じルートを通って土崎駅に戻ってきました
今度は、この駅から秋田駅を経由して、別の目的地に向かいます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2020年11月20日

秋田でのあれこれ③

SHV47_0628うどんを食らって、さて展望塔に・・・と思っていたら、こんなものがあった。
2018年に北海道日本ハムファイターズに入団した吉田輝星選手の入団記念サインが置かれていたのだ。実は、吉田選手は仮入団の会見をこのセリオンで行ったのだそうで。そういえば、高校は金足農業高校だったなぁ。あの年金足旋風で大活躍だったんだよ。



SHV47_06280ちょっと近付いてみた(笑)。
当時の模様が写真で残されています。



SHV47_0629さらに近付いてみた(爆)。
こちらは、仮契約の時に敷いていた布にサインをしたものです。



どうやら、吉田選手は展望塔にサインを残しているとのことなので、登ってみてみましょうか。これは思わぬ副産物ですわい。


SHV47_0631エレベーターの前にセリオンの模型があったので、思わずパチリ。

ここでセリオンの説明をば。
セリオンは、正式名称を秋田市ポートタワーといい、1994年に第3セクターが運営する塔として開業第3セクターの運営悪化に伴い、2007年から秋田市の所有になりました。
2010年から道の駅あきた港としての運営も開始し、2011年には周辺も含め、秋田県初の恋人の聖地として認定されました。

今でも秋田港の観光名所として大勢の観光客がやって来ます。秋田駅からバスで行くこともできるのですけど、本数が少ない・電車より運賃が高いので何とも。ゆえに遠くにあっても電車がマシなのです。
でも、秋田港からフェリーが出ている関係上、深夜バスの起終点にもなっており、夜にここからバスに乗るのもいいかもしれません。というのも、セリオンからの景色もさることながら、セリオンのイルミネーションがきれいなんですね。



SHV47_0632セリオンの模型の中にあった、私立恵比寿中学のサイン色紙。何であるんだろうと思ったら、秋田県大使・あきた美の国ガールズなんだって。
2016年のものなので、当時のメンバーのサインが拝める貴重な場所なのかもしれません。



さぁ、この後いよいよ展望塔に向かいます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:48Comments(0)

2020年11月19日

秋田でのあれこれ②

SHV47_0620ソユースタジアムから行きとは違うところから乗ったものの、バスで秋田駅まで戻ってきました。今回の中で数少ない鉄道移動になります(笑)。この秋田駅から奥羽本線で隣の駅になる土崎駅に向かいます
写真は、男鹿線(男鹿なまはげライン)の列車であるEV-E801系「ACCUM(アキュム)」ですが、男鹿線との分岐になる追分駅までは、この列車でも行けるのです。

ちなみに、男鹿線は非電化路線で、いわゆるディーゼル車の運行になるのですが、EV-E801系「ACCUM」は蓄電池を積んでいるので、非電化部分でも走れるようになっています



土崎駅までは7kmほど離れているので、少し時間が掛かった気がする。来年には秋田駅と土崎駅の間には新駅である泉外旭川駅が開業するので、そこまで気にならなくなるかな・・・。

10分弱で隣の駅になる土崎駅に。周りは寂しいけど、駅の規模は結構大きめ。そこから今回最初の目的地に向かうのですが、歩きで1500m以上(汗)。恐らく20分以上掛かる(泣)。地図を見ると、実際の距離は2km以上は確実にあるな・・・。


SHV47_0622その2km以上を歩いてやって来たのは、セリオンというガラス張りの塔正式名称は秋田市ポートタワーというそうな。


・・・来たよ。そして来たかったんだよ、ここ。


ここに行きたかった目的は2つ。
このタワーは、フジテレビ系で放送されていた「トリビアの泉」のコーナーである「トリビアの種」で等身大ペッタン人形を上から落とすと何m進むかという検証(2007年と2012年)をする際に出てきたのです。
夕方とはいえ、きれいな塔ですわ。
この中には、道の駅あきた港・みなとオアシスあきたとセリオンリスタという屋内緑地公園があります。



SHV47_0623そして、もう一つの目的。
ここにある、うどんそばの自販機でうどんを食うんだ(ニヤニヤ)。



SHV47_0626これが、セリオン1階にあるうどんそばの自販機道の駅あきたにあるとされていますが、正確にはセリオンリスタのそばといったらいいでしょう。

この自販機は、NHKの「ドキュメント72時間」で紹介され、郷愁を誘うとして話題になりました。その後、店主の高齢により店を廃業する際、一緒にあった自販機も撤去する予定だったものの、撤去しないでほしいという要望が多数出たため、元あった店から150m離れたこの場所に移転されることになったのです。
なお、店主は今でもこの自販機のお守りはしている模様。私が買いに行った時も、お湯の補充をしていたわい。丁度私が買った後で切れてしまったらしい。危ない危ない。


このタイプの自販機は、少なくとも全国に、ここを含めて4ヶ所ほど知っています(ここ以外では、神奈川県相模原市の車両修理の店・兵庫県神戸市の工場そばにある店・山口県内の山奥の道路沿いにある休憩スポット的な場所)。まだ食べられると言えば食べられるのですけど、壊れたら終わりという点と店の主人によって作り方や味が違うだろうと思われるので、唯一無二のものなんですよね。



SHV47_0627さぁ、目的のうどんだ。250円だったか300円だったか、かなりリーズナブルな金額で頂ける、うどんと天ぷらだけだけど、シンプルでどこか懐かしいものですよ。なお、古い自販機なので、500円玉は新旧共に使えないので注意しましょう。



こちら、つゆは濃いけどしょっぱさは感じない、キリっとしただしの味がするものになっています。
麺は稲庭風の細麺ですが、程よいコシがあってつるりと入っていきます
そして天ぷら。実は中は入っておらず、かつ味も無い、いわゆる天かすの固まりなんですけど、つゆが染みると絶妙に美味いつゆの味が天ぷらに吸われることで、さらにシャープに、さらに引き立ってくるんですね。私自身はサクサク派で、つゆに浸さない人なんですけど、そのままだと味気ない天ぷらなので、これは浸して食うべしです。
なお、つゆに関してはお湯と割っている関係上、そのまま飲んでしまうと薄いかなと思うことがあります天ぷらを浸すという意味でも、食べる前に軽く混ぜましょう。そうするとつゆが馴染んで美味しくなります。


この後、セリオンにしばらく滞在。お土産も買いたいし、何より景色を見たい。しかし、思わぬ副産物を発見!その模様は、次回に続く(爆)。


SHV47_0621おまけ
セリオンのそばには、何とブラウブリッツ秋田の屋内練習場があった。元々倉庫か何かを改装して使っているのでしょう。
練習ないしはトレーニングをしていたものの、恐らくトップチームではなくジュニアチームではないだろうかと。
雪のよく降る地域ならではの練習施設なんだねぇと感心しきり。



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)