2021年03月10日

テクテクライフが攻めに攻めてる

位置情報ゲーム「テクテクライフ」。前作の「テクテクテクテク」に戦闘の要素を排除して、単純に歩いているところを塗り潰す、かつスポットをタップして一定数溜まると特典がもらえるというシンプルなものになりました。


そんな「テクテクライフ」が、「シン・エヴァンゲリオン劇場版」とのコラボイベントを開催しています。以前から「シン・エヴァンゲリオン劇場版」とのコラボイベントは去年から「第3新東京市めぐり」という形で行われていたのですが、緊急事態宣言等で延びている間も細々と行われていました
それが、今回の上映に併せて本格的なコラボイベントを行っており、「テクテクエヴァめぐり」というスポットが5000用意されているとのこと。上映会場・アニメイト・エディオン・はるやま・ラウンドワンなどの他、ゼンショーとのコラボも行っており、ゼンショーが運営しているすき家・なか卯・ココス・はま寿司・ビッグボーイなどがスポットとして登録されています。

そして既存の「第3新東京市めぐり」に加え、名鉄の「名鉄エヴァンゲリオンデジタルスタンプラリー」やあおなみ線の「あやなみ線ラリー」も追加されています。名鉄とあおなみ線は去年もエヴァンゲリオンでコラボイベントを行っているので、今年もそれに乗っかった格好になりますね。
「名鉄エヴァンゲリオンデジタルスタンプラリー」はA・Bの2つのコースに分かれており、Aコースは対象10駅に貼られたポスターの数字をゲーム中に入力すると、5駅と10駅(コンプリート)でそれぞれ違った待ち受け画像がもらえます。さらに10駅チェックした時のみ、抽選でグッズももらえるとのことなので、ゲームをプレイしながら集めたいところ。
Bコースは名鉄の40駅と17の沿線施設を触れると5つごとにゲーム内通貨がもらえます。正直ゲーム内通貨を稼ぐのは、なかなか渋いので、地味にありがたい(苦笑)。
なお、A・B両方コンプリートすると、ゲーム内のキャラが着るオリジナルTシャツがもらえます
名鉄を巡るのは大変なんじゃないのという方、今回も「エヴァンゲリオン1DAYフリーきっぷ」が販売されます。3,200円で乗り放題、かつ10時~16時までならミューチケット無しで特別車席に乗れますよ。先着ですがポストカードがもらえる特典付なので、同じフリーきっぷよりもオトク感がみなぎってますねぇ(笑)。

「あやなみ線ラリー」は、あおなみ線の全11駅と荒子川公園ガーデンプラザ(荒子川公園駅)・メイカーズ ピア(金城ふ頭駅)の全てを触れると称号とゲーム内通貨がもらえます。これ以外にも、ラッピング電車・記念往復乗車券・オリジナルグッズなどを展開するとのことなので、今後の情報に期待です。


さらに、KADOKAWAの情報誌であるラーメンWalkerとのコラボイベント「ラーメンWalker東海ラリー」も開催されます。こちらは、ラーメンWalkerの推薦する21店舗がスポット化したものになっています。こちらもコンプリートするとアイテムがもらえるとのこと。


結構攻めてるなぁ・・・と思ってたら、まさかの東海地方推し(爆)。「乗るしかない、このビッグウェーブに!」って思っちゃいましたよ、ダンナ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:05Comments(0)

2020年09月30日

日本塗り歩きゲームが復活

ドワンゴで提供されていたアプリ「テクテクテクテク」。こちらは、自分の歩いた街の地図を塗り潰すだけという単純なものですが、自分の歩いた足跡を残せる点で画期的だったとも言えます。伊集院光さんがラジオ番組の中で何度も言及しており、絶賛していたことを覚えています。
その「テクテクテクテク」が2018年にリリースされ、翌年に終了長い間沈黙の期間を過ごしていましたが、今年の7月に「テクテクライフ」にリニューアルされて配信開始されることが発表されました。そして、10月からサービスインされることが発表されました。

元々あった地図を塗るという機能はそのままに、いくつかの仕様変更された機能と新機能が搭載されます。
まず、「となりぬり」というものがあり、自分が歩いた街区の隣を家にいても塗り潰せるというもの。
どうやら貯めたポイントを消費することでできるようで、塗るポイントが前作と異なるとのことなので、何日か経過してからでないと塗れないとか「となりぬり」を施した隣は塗れないとかそんなことなのでしょうかねぇ?
そして、「はなれぬり」という機能も搭載され、こちらは新機能になります。
字を8割以上塗ると、その字の離れたところも塗れるようになるとのこと。人の立ち入ることが難しい場所で大いに発揮すること間違いなしですけど、月額コース加入者のみの特典になるようです。
さらに、前作のデータを引き継ぎ処理をしている人は、今回の作品に移行することもできるそうです。


「ドラゴンクエストウォーク」もやっていますし、今後も続けていきますけど、この作品もやれたらやっていきたいなぁ・・・。毎日ログインしないといけない仕様でもないので、新しいところに行くとかでも問題なくプレイできるかもしれないと見ています。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:12Comments(0)