2021年05月20日

連鎖制想像力欠如屈辱的バグだったとは

ファミコン版の「ドラゴンクエストⅣ」で有名な裏技の一つとして、「にげる」を8回選んだ後に攻撃に転じると、そこからの攻撃は必ず会心の一撃になるというものがあります。これを使って、ボス戦を楽に戦った(戦えるようになった)という人も多いのではないのでしょうか。
ともすればバグではないかと言われていたこの裏技、当時のプログラマーだった内藤寛さんが明かしてくれました。といっても寛さん、当時このプログラムには関わっていないとのこと。そこで、そのプログラムに関わっていたあの人にアポなし電話を敢行しました。
その人とは、山名学さんジニアス・ソノリティの社長さんにして、かつて活動していた(2012年より活動再開はしたものの、事実上の休眠状態である)ハートビートの社長さんでもあります。

行き当たりばったりな中で山名さんに電話したら、やっとのことで出てくれた。タクシーの車内で山名さんは、当時のことを振り返ってくれました。
いわく、プログラム上では4回「にげる」を選ぶと、必ず戦闘から脱出できることになっていました。ファミコン版「ドラゴンクエストⅣ」をプレイしている人なら、そう言えばそうだったなと思い出す人もいらっしゃるかもしれません。
ところが、ボス戦では「にげる」コマンドを選んでも逃げられない仕様になっているのを山名さんはすっかり忘れていた(想定していなかった)ようで、回数が増えるごとに、2進数(0と1でカウントする方式)でカウントされている桁が増えることになってしまい、8回目になると4桁(1000)になってしまいます。その4桁のうちの4桁目が、実はパルプンテ(何が起こるかわからない)の会心の一撃が出るプログラミングが作動するフラグと重なってしまったのです。
これに、表題の名前のバグだと述べた寛さんに対して、山名さんも返す刀で、「お前だって画面がぐちゃぐちゃになるバグ(ファミコン版「ドラゴンクエストⅢ」の通称ランシールバグ)をやってるじゃないか」とお怒りのご様子(笑)。しまいには互いにどっちのバグが有益だったかの『不毛な争い』になっていおりました(爆)。でも、当時の思い出に花が咲いたようで、傍から見ても楽しそうでしたね。


この内藤寛さんが配信している「内藤かんチャン」(まじめラジオンズ)は、内藤さんの当時の思い出話やバグについての話題など、ゲーム好きなら非常に面白いと思いますし、将来ゲーム関係の仕事に就く人にも重要な話をしてくれると思いますので、見てほしいものです。元々「TVGame Radions」というラジオ番組を長年やっていたので、話も上手いですよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2019年11月21日

ドラクエウォーク、ドラクエⅣとのコラボイベント配信開始

スクウェア・エニックスがAndroid(Google Play)・iOSで配信している「ドラゴンクエストウォーク」。11/21から「ドラゴンクエストⅣ」とのコラボイベントが開始となりました。
最初は1章(計5話)のみの配信となり、デスピサロがエスタークを復活させんとし、その邪魔となる導かれしもの達を亡き者にしようとしてきます

このコラボでは、助っ人という制度も併せて設けられ、1章では、マーニャ・ミネア・トルネコの3人が助っ人になってくれます。ただ、この助っ人というシステムが曲者で、助っ人に設定しても必ずしも参戦してくれないんですわ(泣)。助っ人に来てくれるか否かは、完全にランダム。ただ、基本的に主人公達が圧倒的に有利な場合は、中々来てくれませんけれども、一方で「!(エクスクラメーションマーク)」が3つ付く赤の吹き出しが出た場合は、高い確率で助っ人として参上してくれます。なので、助っ人として呼びたい場合は、できる限り「!」が3つ付く赤の吹き出しを狙って戦うといいのかもしれません。結構強い場合もあるので、全滅覚悟で挑まないといけないですが・・・。
その助っ人が来た状態で戦闘に勝つと、絆が溜まっていきます・・・って、セガのゲームで(以下自主規制(笑))この絆が、いわゆる経験値代わりになり、一定量溜まるとレベルアップします。レベルが上がると様々な恩恵を受けられます。中でもトルネコはレベルが上がることでお店のラインナップが向上していくので、アイテムを充実させたいなら、トルネコを助っ人にしておきましょう。逆に治癒優先ならミネア、攻撃優先ならマーニャを助っ人にしておきましょう。ただ、マーニャはホントに助っ人で来てくれない(ゲラゲラゲラ)。<意見には個人差があります(ニヤニヤ)。

なお、中々助っ人で来てくれないという措置を救済してくれるものがありまして。
フィールドにあるキャラのアイコンがそれにあたり、そのアイコンを触れると、そのキャラの絆が上がる仕組みになっているんです。その時にキャラへの贈り物が必要になります。マーニャなら「貴重な宝石」、ミネアなら「タロットカード」、トルネコなら「おおきなパン」です。以上の対象アイテムを全て渡す形で経験値に還元されます。一気に上げられるチャンスでもあるので、「かいふくスポット」はたくさん触れておく、戦闘はできる限り多くこなすといいでしょう


この助っ人を上手く活用することができるのが、強敵イベント通常より少し強めのモンスターであるギガデーモンが登場します。とはいっても、最初は、かなり弱いはず(苦笑)。レベル48になっている私の場合、レベル10以上のギガデーモンでも余裕を持って戦えます。恐らくレベル40くらいまでは苦労せずに戦えるのかなと推測しています。
この強敵イベントをこなすと、報酬がもらえるかつ絆を確実に得られるので、チャレンジして損は無いでしょう。


この他、様々な耐性などの効果を得られる「心珠」も登場
「心珠」は「モンスターのこころ」を手放した時にもらえるポイントで作れるもので、強い心(高コストかつ高ランク)を手放せば手放すほどポイントも多くもらえます武器・防具・アクセサリー・モンスターのこころなどではなかなか得られない効果もあるので、積極的にSランクまで持っていきましょう。


色々とやることが増えて、家でじっくりやらないといけないレベルにまでなったなぁ(苦笑)。これは時間を食われてしまうわい(ニヤニヤ)。「試練の門」がイマイチだったので、今回のコラボは期待していましたし、実際なかなか面白いです。
冬は出掛けるのが億劫になりがちですけど、これなら出掛けるのも楽しくなるのではないのでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:50Comments(0)