2021年04月23日

IKZO、人狼になる

5/8に発売予定の「バイオハザード ヴィレッジ」。邪悪と狂気に蝕まれた村を舞台に、取り残された娘を助けに行く男の物語だそうです。
その作品のプロモV(プロモーションビデオ)に、どこかで聞いたような曲が・・・。そう、吉幾三さんの大ヒット曲であり代表曲で、日本初のラップとも評される♪俺ら東京さ行ぐだが♪俺らこんな村いやだLv.100というアレンジ版で使われているのです。





テレビもラジオも無い村を出て行こうと思っている男の話なんですが、この作品では理性も正気も無い村に飛び込んでしまった男の悲哀と何とかして帰ろうという決意を描いたものになっています(笑)。そこで歌う吉さんは、年齢を感じさせない力強さも感じましたよ。かつ結構ノリノリで、作中の村を歌い上げておりましたし、途中映像に驚きなどの演技もをしていました。そして最後はゾンビに噛まれて人狼化するというオマケ付(爆)。初めての特殊メイクで疲れたをインタビュー中でも連呼しながら、やっぱり楽しんでおられましたなぁ。

海外の方々にはたぶん理解してもらえない(そもそも海外のタイトルは「Resident Evil」ですから(ニヤニヤ))でしょうけど、これがこの作品の公式ソングになっているのだから驚き(笑)。でも、歌詞の中からあふれるバイオあるあるならぬバイオ愛は、吉さんの曲を知らない世代にもウケること間違いなしだと思っております。この曲は吉さん作詞となってますけど、作品の製作スタッフが考えて、吉さんに許可をもらった格好なんでしょうね。でも、実際に吉さんもテストプレイしているそうなので、もしかしたら作中で感じたことをまとめているのかもしれないですね。


できれば、吉さんとバイオ大好きな元TBSアナウンサーの鈴木史郎さんとの対談や一緒にプレイする姿も見てみたいとか思ってしまいました(ニヤニヤ)。どんなふうになるか楽しみでなりませんわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 20:46Comments(0)

2017年11月04日

レコゲー2017 11月 据え置き機編④

レコゲー据え置き機編、今回もNintendo Switchの注目作の紹介です。ほぼ移植作なので、サクッと行きます(笑)。


バイオハザード リベレーションズ アンベールド エディション
こちらは、2013年にPS3・XBOX360・Wii U・Windowsで発売された同作品の移植版大元は2012年に3DSで発売されたものでした。
高精細なグラフィックでプレイできるだけでなく、ダウンロードコンテンツが全て収録された形で展開されます。また高難易度モードが収録されるとのことなので、コアプレイヤーにも満足できる仕様になっています。
さらに、Joy-Conの特性を生かした操作性になっており、銃を放つ・リロード・ナイフでの攻撃がモーション的な操作で遊べるようになっています。そしてミニゲームが収録され、ローディング中などの待ち時間にプレイ可能です。

モノポリー for Nintendo Switch(★)
人気ボードゲームをゲーム化したもの。5種類の2D・3Dボードが登場します。また通常プレイ以外に1時間ほどで終わる時短プレイも可能になっているので、手軽さもありますね。オンライン対戦も可能なので、世界中のプレイヤーとも遊べます。さらにローカルルールの設定ができたり、コマの数が最大20種類の中から選べるなど細やかな配慮もなされています
Nintendo Switchの特性である大画面でのプレイも、付属モニターでのプレイも可能なので、どこでもプレイできますし、Joy-Conをシェアしてプレイできるので、1人が持って来れば6人までプレイ可能になります。接待ゲームとして十分機能することでしょう。


次回はPCゲームの紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:15Comments(0)