2022年05月04日

FC岐阜観戦記2022 アウェイ編 その5 眠れる獅子は目覚めたが

FC岐阜、今日は静岡県藤枝市にある藤枝総合運動公園サッカー場で藤枝MYFCと対戦しました。


岐阜は、先日開催されたカマタマーレ讃岐戦に敗北。サポーターの怒りが爆発し、大声で選手に檄を飛ばしたコールリーダーが厳重注意処分となりました。この件に関しては、処分は致し方ないし、規則を破ってしまったことは反省しないといけない。ただ、自分達の言いたかったことを言ってくれたことは感謝したいと思います。この件は以上。もう少し言うなら、やらないようにしないといけないし、もっとクレバーに事を運ぶべきだったと思います。

一方の藤枝はJ2から降格してきたギラヴァンツ北九州戦を勝ち抜いているとのこと。さらに岐阜は中3日に対し、藤枝は中4日1日だけではあるものの、休める日数が多いのは、相手に有利に働きかねない。ましてや勝ってホームに戻ってくるのですから、意気揚々としていることでしょう。


SOG03_123336そんな藤枝総合運動公園サッカー場には、大型映像装置が搭載されました。
・・・てっきり、以前からあったドット型の掲示板をぶっ壊すか改築するかして据え置いたのかと思ったのですけど、アウェイ側に据えたんですね。
アスルクラロ沼津は以前から改築の告知が出ていましたけど、藤枝は予想外でした。

これで藤枝は照明も屋根も基本的には問題無しあとは観客席をどうするかでしょう。一応J2ライセンスはもらっているようですけど、座席は早いこと動いた方がいいですよ・・・



SOG03_113136それでは、スタグルの紹介です。


最初はスマイル ウィズ コルネットの「PASTEL」ポルトガル語で「パステウ」とも「パステル」ともいう揚げ餃子のようなものです。いわてグルージャ盛岡に行った時に食べたなぁ・・・。



コイツは、外はパリッと揚がっていて、中は挽き肉の旨味とチーズのとろけ具合が、たまりませんね。挽き肉は少々塩気があるかなと思ったのですが、チーズも塩気のある食べ物ですからね、案外。


SOG03_123122もう一つは、移動式中華レストランNORIの「点心セット」。お待たせ致しました。セットながらも小籠包を頂きます!
そのセット内容は、小籠包(2個)・プチ肉まん(2個)・桃まんじゅう(1個)で、スタジアム限定商品だそうな。



少々冷めてしまったものの、小籠包は十分に美味しい。中の汁が濃くて、中華だしの利いた味になっていました。これがアツアツだったらヤケドしかねん(苦笑)。
プチ肉まんは、もっちりした皮の食べ応えと中の肉の旨さが絶妙で、桃まんじゅうは、同じもっちり皮ですけど、中のあんこの甘さをしつこくないものにしていますね。


SOG03_155418試合ですが、讃岐戦の時のように圧倒的ではなかったものの、選手達の懸命さはひしひしと伝わってきました「仲間を信じろ。俺達も信じる」というお気持ち弾幕の通りといえば、その通りとも。
前半は、双方引くことなく、半ばけん制し合うような格好で終わりました。フレイレ選手が出場停止処分になっていたものの、守備の面で不安視するようなことは、この時には感じませんでした



SOG03_155338しかし、後半3(48)分、ペナルティエリアの中で藤谷匠選手が後ろから藤枝の選手を引っ掛ける格好になってしまい、PKを与えてしまいます後半5(50)分、キーパーの松本拓也選手の裏をかいて先制します。
この失点は藤谷選手のミスとも言えるんだけど、ある意味仕方ない。いけないのは、この先のプレー。その1分後に押谷祐樹選手に決められた2点目が全くの余計。前のめり過ぎたというのか、守備の気が抜けていたというのか、失点劇を食らって意気消沈していたというのか。いずれにしても切り替えができていなかったのは、この試合一番の反省点だろうと思います。

この失点の後で、やっとねじを巻き直した岐阜は、後半23(68)分に村田透馬選手と藤岡浩介選手を投入します。
すると村田選手との連携が見事にハマり、後半28(73)分には、窪田稜選手からのパスを藤岡選手は一旦受けたものの、村田選手に回し、そこからのシュート・・・は相手に阻まれ、近くにいた藤岡選手に再度戻しますゴールマウスを背に向けた藤岡選手、振り向きざまのシュートになったその一閃は、ゴールマウス右上に突き刺さりました。思えば、この時から岐阜で本調子を上げていなかった藤岡選手の目覚めの時だったのでしょう。
その1分後、左サイドやや奥に攻め込んでいた藤岡選手、敵に囲まれそうになったので、後ろにいた村田選手に回すと、もう一度村田選手が奥に切り込みます敵を引き付けて囲まれそうになった瞬間、再び藤岡選手にマイナスのゴロクロス。そこから、今度はゴールマウス左隅にゴロシュートキーパーは微動だにできず、ゴールマウスの中に入っていきました。
この後、後半35(80)分には再び突き放されるものの、その1分後に三度藤岡選手が躍動します。柏木陽介選手がセンターサークルからキックオフした球は敵に奪われたものの、折り返しのパスを村田選手がインターセプト少しこねた球をペナルティエリアやや中央側にクロスを蹴った。ワンバウンドした球をドンピシャのタイミングで藤岡選手が蹴り込んだ!キーパー、勢いのある球を弾いてしまった。ボールは後ろに飛んでいき、網にポスっと当たりました。
藤岡選手、出場時間では13分、1点目からの3得点目が8分という、驚異的な速さのハットトリックを決めました。J3の記録ではないらしいけど、あまりの早業に皆興奮を抑えきれないふうでしたよ。

しかし、勝利の女神はハットトリックを出すチームより、地元のチームに微笑んだようです。最終盤に藤岡選手がハットトリックを決めたあの流れとほぼ同じ流れ(ボールがワンバウンドしているか否かの違いだけ)で決められてしまいました。
2015年4月11日、難波宏明アンバサダーが選手時代に決めたハットトリックで逆転負けを喫した『味スタの悲劇』、あの日以来の珍事を喫してしまったのです。あの時は3点入れてヘーキヘーキだったのが、あれよあれよと入れられて・・・だったので、ショックはあまりキツくなかったけど、逆転負けは逆転負けだもの、大小あれど、キツいことには変わりない。そういえば、ヘニキ選手って、2度体験してないか?



まず一言いえば、あのPKから食らった失点が全くの余計で、あそこさえ乗り切っていたら、少なくとも引き分けには持って来れたのに・・・と思いますね。だからこそ、勝てなかった、勝ち点を取れなかったのが非常に悔しい。しかもハットトリック取ってる試合。藤谷選手には、いい気分で帰らせてあげたかった。藤谷選手のコメントを見たら、そう思いましたね・・・。

今日の試合、最後の決め手はホームの地の利と雰囲気だったのかなぁ・・・。岐阜は1000人くらいサポが来ていたというけど、アウェイはアウェイなんだろうかなぁ・・・。皆の一押しは十分にあったと思えただけに、何で勝てないのか。来年の大河ドラマのタイトルじゃないけど、「どうする家康」ならぬ、「どうするFC岐阜」だね・・・。


この一件で、三浦俊也監督の進退問題が一歩前進しちゃったかなと。大型連休明けに何らかの動きが出てくるかもしれないし、次のSC相模原戦の結果を見て・・・というふうになるかもしれません。いや、その前に天皇杯の地域予選の決勝があるのか。岐阜協立大学との一戦になるのですが、ここで出場権を獲れない事態になれば、『三浦おろし』になってしまうかもしれないなぁ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)

2021年05月18日

FC岐阜観戦記2021 アウェイ編 その3 おまけ 北上の時よりすごいよスタメシ

今回は、先日いわぎんスタジアム(盛岡南公園球技場)で行われたいわてグルージャ盛岡×FC岐阜で出ていたスタメシの紹介です。
去年は北上市にある北上総合運動公園北上陸上競技場で行われ、そこでのスタメシがアマチュアリーグの試合に毛が生えた程度の申し訳程度にあっただけだったので、正直期待していなかったんです。ところが、行ったらこれでもかと出店していて、岐阜の屋台村以上にバリエーション豊か。さながら無国籍料理屋と化していました。今回紹介する以外にも、ちゃんこ屋とかも来てましたよ。いやはや恐れ入りました。


SHV47_1223というわけで、今回のスタメシ紹介です。


最初は、盛岡大通にあるをかしら屋から「ピリ辛ホルモン」と「荒挽きロングウィンナー」
「荒挽きロングウィンナー」は、岩手県産の豚肉を使用しており、いわちくという会社の商品を使っているとのこと。地産地消ですな。



「ピリ辛ホルモン」は、味噌のコク深さの中にほんのりと辛みがありながらも、豚ホルモンの臭みとかも全く無いから非常に食べやすい。味も濃いめなので、丼(一緒に販売している)とかお酒のアテには十分です。
「荒挽きロングウィンナー」はパリッとした食感がまずいいね(ニヤニヤ)。それでいて中のジューシー感は損なわれていない。これを市販で買えるのだとしたら、欲しいわ。


SHV47_1226をかしら屋からは、「豚バラ焼」も頂きました。
こちらは、青森県の南部地方(十和田湖周辺)の料理だな。まぁ、岩手県も北部は旧南部藩の地域だし。



こちらも、「ピリ辛ホルモン」と同じ味噌を使っていると思われる味わい。そこに豆板醤の辛さが加えられており、「ピリ辛ホルモン」よりも辛く作られているのがポイントかな。しかし、「ピリ辛ホルモン」と違うのは、豚バラ肉の脂の多さねっとりとした脂の味わいと風味が、辛さと旨味をさらに引き立てます。これも丼(一緒に販売している)やお酒のアテにピッタリの品です。


SHV47_1224こちらは、杉生園の「パステウ」ブラジル料理の一つですね。
入ってた袋には、盛岡の選手写真が。これはブレンネル選手だな。



SHV47_1225中はこんなふう。
「パステウ」は、ポルトガル語で『PASTEL』と書き、いわゆる揚げ春巻きのようなものです。今回のものは、餃子の皮で巻いたもので作られていました。



こちら、中に入っている牛挽き肉と野菜のシンプルな味わい香辛料が少し利いたスパイシー寄りな味わいでした。そこにチーズが入っているのもあり、それが入っているとチーズのコク深さで、より味わいが深まります。なお、揚げてあるから、皮はパリパリです。


SHV47_1227こちらは、美童の「タコス焼きそば」盛岡市で沖縄料理を出しているお店のようです。この手の店が出店してくるのは珍しい。
沖縄そばをタコスミートのソースで和えた一品です。一緒に入っている緑のものは、宮古島産のピーマンだって。



元々タコスミートがピリ辛で美味い。そして、一緒に乗ってるチーズが辛味をまろやかにし、コク深さも与えてくれます。またピーマンのほろ苦さもいいアクセントになっていますし、沖縄そばを炒めた時にできるおこげもカリッとした食感になって、これまたいいねぇ。これは食材を揃えれば、家でも手軽に作れそうです。何せ沖縄そばでナポリタンを作る文化が沖縄にはあるそうですから(ニヤニヤ)。


SHV47_1236最後は、岩手県民ならご存じな福田パン。帰りの新幹線で食べようと買ったものです。
今回はド定番の「ジャム・バター入りサンド」と「あん・バター入りサンド」を買ってきました。名古屋人なら郷愁を誘う味になる(笑)。

で、左にあるJA江刺の「陽光熟成 江刺りんごジュース」この日いわぎんスタジアムに来ていた奥州市のイベントで配っていたものなのですけど、ちょっとしたエピソードがありまして。
丁度隣に座っていた人が、レノファ山口のサポーターで、吉濱遼平選手の個人サポでもありました。サッカーは、この個人サポというのが多いんだなと思いますわ。野球ではなかなか見受けられない光景というのは、以前にも話したかもしれません。
その方が、帰りどうしようかとなり、JRで来たのでという話をしたら、付いて行くということになり、盛岡駅まで送ってあげることになりました(ご飯も食べる場所も探していたことから、せっかくなので駅内にある観光案内所もお連れしました(笑))。
その時、お礼代わりにもらったのが、この「陽光熟成 江刺りんごジュース」だったのです。親切そうだからと言ってくれましたけど、そんなに親切な人間じゃないのになぁ(ニヤニヤ)。



常温でしたけど、十分に美味しい。りんごの甘みと風味が存分に味わえました。果汁100%なのもさることながら、上手くりんごの味を出せるように作られているのもあるんでしょうね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)