2021年09月03日

レコゲー2021 9月③

レコゲー、今回は各ハードの注目作の紹介です。最初は、お久しぶりのPS4から。


その1つ目は、英雄伝説 黎の軌跡(★)
シリーズ全体としては9作目になり、軌跡シリーズの4作目にもなる作品です。この作品から物語は後半戦に差し掛かるとのこと。
今作ではアクションタイムバトルが深化しており、フィールド上ではアクションRPGのようにサクサク進めることができるようになっていますが、状況によってはワンボタンでコマンド型のバトルに変更して、じっくりと戦うこともできるようになっています。

もう一つは、アママネ2(★)
2020年にPCで発売した同作品の移植版。野球部のエースながらもとある出来事でトラウマになった主人公と幼馴染みでマネージャーのヒロインとの恋愛模様を描いたものになっています。PC版からの追加要素は無いものの、手軽に遊べる恋愛アドベンチャーに仕上がっています。


続いて、Nintendo Switchの注目作から。


最初は、イースⅨ -Monstrum NOX-(★)
2019年に発売した同作品の移植版。とある女性の呪いにより魔人となってしまった主人公の冒険譚になります。
PS4版のダウンロードコンテンツが全収録されている以外の追加要素は無いものの、アクションRPGが苦手な人にも楽しめるように難易度調整やアシストモードも付いているので、じっくりとRPGをプレイしたい人にもオススメです。

もう一つは、AIR(★)
2000年にPCで発売された同作品の移植版。様々なハードに移植されている名作の一つです。
今作では、幻とも言われる外伝小説を初めてビジュアルノベル化。同時にフルボイスでの収録もなされています。その他、タッチパネル操作が可能になっている点や片手操作でプレイできる点なども搭載されています。


次回はPC作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:10Comments(0)

2021年09月02日

レコゲー2021 9月②

レコゲー、今回もマルチ展開の作品の紹介です。


4番目は、「シンスメモリーズ 星天の下で」(PS4Nintendo Switch)(★)
メモリーズオフシリーズの流れを汲む新たなシリーズとして展開される恋愛アドベンチャー。新規作品ではあるものの、タイトル名に『Memories Off』が仕込まれている(今作を英語名で記入すると『SINce Memories off the starry sky』となる)ように、メモリーズオフシリーズで登場したキャラも(バックボーンを持ちながらも)チョイ役的な登場をしています。
今作は、とある事故で亡くなった兄への呪縛に囚われながら、家業の何でも屋を手伝う主人公の下に初めて一人で挑む仕事(幼馴染みの家のリノベーション)と主人公の兄の死を妬み、主人公への怒りをぶつける女子が訪れるところから始まります。
ヒロインは恐らく5人おり、先述の幼馴染みと主人公への恨み節を垂らした女子以外に幼馴染みの侍女、アイドル、中国人留学生と何かと国際的になっています(ヒロインではないものの、父親がフィンランド人の高校生も登場する)。

5番目は、「ソニックカラーズ アルティメット」(PS4Nintendo Switch)(★)
2010年にWiiとニンテンドーDSで発売した「ソニックカラーズ」の移植。今回はWii版のリマスターとして発売されます。昨年公開された映画「ソニック・ザ・ムービー」がヒットしたことも移植の決め手になったようです。
移植に際し、照準リングが緑になった際にタイミングに合わせてホーミングアタックをするとホーミングアタックのスピードが早くなったり、ブーストゲージが溜まるといったプレイを有利に進められる「スイートスポット」というテクニックの追加、操作ボタンのカスタマイズが可能、達成率の表示、無敵や壁のぼりのできるジェイド・ゴーストの追加に加え、100リングによる無敵化、ライバルキャラとのレースが楽しめるミニゲーム・ゲーム内通貨・カスタマイズ用アクセサリー・プレイヤーアイコン・救済アイテムが導入され、初めてソニックを遊べる人にも配慮されています。

最後は、「コットン ガーディアンフォース サターントリビュート」(PS4Nintendo Switch)(★)
「コットン2」・「コットンブーメラン」・「ガーディアンフォース」の3本が収録されたオムニバスソフトで、任意のタイミングでセーブとロードができる「クイックセーブ」と「クイックロード」、一定時間プレイを巻き戻せる「リワインド」、ゲームスピードを落とせる「スロー」およびオンラインランキングが搭載されています。
初心者にも過去にプレイした人にも十分に楽しめるようになっていますね。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)

2021年09月01日

レコゲー2021 9月①

9月になりました。今年もいよいよ3/4が過ぎようとしています。暦の上では秋になり、そろそろ涼しくなってくるかな・・・というのは、先日書いたなぁ(苦笑)。そして、今月末には東京ゲームショウが開催されます。去年は完全オンラインでの開催でしたが、今年はビジネスデーに限り幕張メッセでの開催になるとのこと。一般客は今年もオンラインではあるものの、リアルでの開催に何とか漕ぎ着けました。今年も大きな発表が待っていると思うので、何かと楽しみではあります。


では、見ていきましょう。今回も最初はマルチ展開の作品の紹介です。


最初は、「テイルズ オブ アライズ」(PS5PS4)(★)
人気シリーズの最新作で、シリーズ25周年(2020年に迎えた)記念作品でもあります。
ビジュアル面で大きく強化され、親しみやすいイラスト調のファンタジー表現はそのままに、没入感を高めたアートスタイル「アトモスシェーダー」を導入キャライラストも微妙な表情のニュアンスまで再現した「フェイシャルCG」を採用しています。なお、アニメーションはufotableが制作しています。
作品の要の一つであるスキットは、3D表現に進化し、プレイヤーの設定・装備した衣装・アタッチメントだけでなく時間・空間も反映されるようになりました。
なお、PS4版で購入した場合、無料でPS5にアップグレード可能になります(ただしPS4のパッケージ版購入の場合は、PS5のダウンロード版へのアップグレードは不可)。また、後日になりますが、PS4で作成したデータをPS5に移行可能になる予定です。

2番目は、「MELTY BLOOD: TYPE LUMINA」(PS4Nintendo Switch)(★)
アーケードで稼働している人気格闘ゲームの移植でもあり、元々は同人作品でもあります。先日リメイク版が発売された「月姫」の流れを汲んでいるものでもあります。またシリーズの中には、かの有名なエコールソフトウェアが開発に関わっているものもあります。なお、コンシューマーでも2度展開されています。今作は、リメイク版でもある「月姫 -A piece of blue glass moon-」を踏襲したものになっていますので、全てがリニューアルされた格好になります。
今作ではハイデフ仕様に変更され、作品そのものも「月姫」の外伝として語られます過去作品とのシステム面での踏襲は少ないものの、過去作品と同じような感覚でプレイすることもできるし、簡単操作でのプレイも可能です。なお、ネット対戦も可能になっているだけでなく、多言語対応にもなっています。

3番目は、「LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶」(PS5PS4)(★)
2018年に発売した「JUDGE EYES:死神の遺言」の続編にあたる作品で、今作も木村拓哉さん演じるキャラが主人公になっています。前作から3年後(「龍が如く7」からは2年後)の世界が舞台で、「不条理」や「正義とは何なのか」をテーマに描かれたものになっています。
今作では、捜査ガジェットというアイテムやシステムが登場し、街で発生中のトラブルを発見できたり、盗聴器といった犯罪に繋がるものを見付けることができるようになります。
なお、PS4版で購入した場合、無料でPS5にアップグレード可能になります(ただしPS4のパッケージ版購入の場合は、PS5のダウンロード版へのアップグレードは不可)


次回もマルチ展開の作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)

2021年08月01日

レコゲー2021 8月①

8月になりました。
東京オリンピックも佳境を迎えようとしております。東京オリンピックそのものは、8/8に終了しますけれども、お盆を挟んで今度は東京パラリンピックが8/24に開催(9/5閉幕)します。東京オリンピックと同じく1年越しでの開催になるのですけど、東京都に新型コロナウイルスに対する緊急事態宣言が発令した中での開催になるばかりでなく、1日の感染者数が3000人以上になっている現状を鑑みて(元々パラリンピックは障害者が集う祭典のため、一度新型コロナウイルスに感染すると重症化しやすい選手もいる懸念から)中止にすべきという意見も出ています。しかしながら、この時まで頑張ってきた選手達には不憫でならんのです。対策を十分に練れば問題無いことは観客を入れたスポーツ競技で証明されています。オリンピックは観客無しで行われましたが、パラリンピックも観客無しで行えば問題ないと思います。先述の表現と矛盾してはいるものの、対策を練るという意味では同じものだと思います。


さて、オリンピックやパラリンピック開催中でも、見たい競技が無い時間帯は、ゲームで時間潰し・・・という人もいらっしゃることでしょう。お盆を挟むため、いつもより少ないラインナップではあるのですけど、いい作品は揃っています


では、見ていきましょう。今回も最初はマルチ展開の作品から。


最初は、「月姫 -A piece of blue glass moon-」(PS4Nintendo Switch)(★)
元々は2000年に発売した同人ゲームが原作で、実に21年ぶりの移植となります。同時に商業化したTYPE-MOONの祖となる作品でもあるので、どのような移植になるかが楽しみな人も多いのではないかと思われます。この作品は、伝奇ノベルと称されるもので、「ひぐらしのなく頃に」などに影響を及ぼしたと思われます
作品としては、同人の時とほぼ同じで、2人のヒロインをメインに描いたものになっています。『ほぼ同じ』と書いたのは、「月姫」には他にもヒロインが登場しているからで、今回描き切れなかったヒロインは、続編に託す格好となるようです。これは続編を出す前提で作ってるのか(ニヤニヤ)。
ビジュアル面では大分向上していると思うので、昔遊んだ人も新たな気持ちで遊べるのではないかと思います。

2番目は、「ヒットマン3」(PS5PS4)(★)
海外で人気のTPS(サード・パーソン・シューティング)で、日本での発売は7作目になります。
今作では、「ヒットマン2」をプレイしている場合、「ワールド・オブ・アサシネーション」を適用できるようになります。これは、今作の仕様で前作をプレイできるようにアップデートでき、リマスターとしてプレイできるものになっています。また前作の状況を引き継いでプレイすることも可能です。詳細は語られていませんが、恐らく有利にプレーできるのではないかと思われます。またPS4版ではプレイステーションVRに対応しています。

3番目は、「Alex Kidd in Miracle World DX」(PS5PS4Nintendo Switch)(★)
1986年にセガ・マークⅢで発売された「アレックスキッドのミラクルワールド」がベースになっている作品。主人公のアレックスキッドは、日本ではメガドライブに移行して以降、忘れ去られた存在になっていましたが、ヨーロッパや南米(奇しくもセガ・マークⅢやマスターシステムが普及している地域でもある)で絶大な人気になっているキャラでもあります。
さらにポップな絵になってリメイクされている他、HD仕様のグラフィック・操作性の改善・オリジナルステージの追加・ボスラッシュ機能(ボスのみと戦う機能)・当時の作品の移植が施されています
シリーズ最初の作品にして最高峰と称される作品、ともすれば出オチ(苦笑)と評されかねない作品ですが、「スーパーマリオブラザーズ」を徹底研究して作られた作品だと考えると、よくできているなぁと思わせてくれます。海外にファンが多いのも納得です。


次回は各ハードの注目作の作品です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:26Comments(0)

2021年07月02日

レコゲー2021 7月②

レコゲー、今回もマルチ展開の作品の紹介です。


後半戦最初は、「風雨来記4」(PS4Nintendo Switch)(★)
シリーズ4作目で、シリーズ20周年記念作品になります。今作は岐阜県が舞台になっており、地元の新聞社である岐阜新聞社とヤマハ発動機・アライヘルメットが協力しています。
先述の通り岐阜県を舞台にしているため、岐阜県内の有名スポットが多数登場します。そのルポを書くための取材の過程で女の子と出会い、一緒にツーリングをしていくという流れです。色々やましいことを考えてしまいそうだが、ダメですよ(ニヤニヤ)。

2番目は、「うたわれるもの斬2」(PS5PS4)(★)
3Dアクションとして作られたシリーズの2作目。PS5では初登場になります。
今作では難易度設定を柔軟にしたで初心者も遊びやすくなった他、新シナリオも投入。さらに元々シミュレーションRPGだったこともあって、RPG(成長)要素を強めに利かせたものになっています。またアニメーション演出の強化、オンラインプレイの充実、前作のダウンロードコンテンツも引き継げるなど前作を楽しんだ人もより遊べるようになっています

3番目は、「おにあま -わたしに甘えて、お兄ちゃん-」(PS4・Nintendo Switch)(★)
2020年にPCで発売した同作品の移植版。
移植に際しての追加要素は無く、アダルト要素を抜いただけの作品ではありますが、一人の女性をじっくりと向き合うというのは、いいことなんじゃないかなと思っていますし、テレビ画面や携帯プレイでたのしめるのも、これまたいいのではないかなと思います。

4番目は、「恋愛、借りちゃいました」(PS4Nintendo Switch)(★)
2019年にPCで発売した同作品の移植版。
いわゆる人材派遣で恋人や兄弟などになり、そこから恋愛関係に発展していくという流れになっています。こちらも新要素は無く、アダルト要素の削除で終わっていますが、個性的なヒロインと変わった設定は、コンシューマーになっても色あせていないと思うので、未体験の方で興味のある方は是非とも。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0)

2021年07月01日

レコゲー2021 7月①

7月になりました。いよいよ去年から延期になったオリンピック開催・・・となりますが、新型コロナウイルスの影響で東京都の感染者数を気にしなければならない中での開催下手をしたら緊急事態宣言下での開催になり、皆現地で見られないため、テレビ観戦やウェブ配信にかじりつきとかなるんでしょうか。そもそも論で開催反対(再延期や中止)も根強い中、どう折り合いを付けていくのでしょうか。個人的にはやってほしいと思うんですけど、今日になってサモアが出場を取りやめたとのことなので、今後一部の国の不参加も出てくることでしょう。

そうなると、家でゲームをする人も増えるのではないのでしょうか。元々巣ごもり需要で増えていた中で、学生の夏休みやオリンピック休暇で家に出ない人も多くなるでしょう。そうなると、ゲームソフトが売れるというふうになるわけです。実際、今月と来月はラインナップが充実するんですね。今年もご多分に漏れずとなりました。


では、今回もマルチ展開の作品から見ていきましょう。


最初は、「ツーポイントホスピタル:ジャンボエディション」(PS4Nintendo Switch)(★)
全世界で300万本売れた病院経営シミュレーション。いわゆるシム系の作品です。
ヘンテコな症状を発症している患者の治療を行いながら、自身の病院を拡張していくのが大きな目的です。治療はもちろんのこと、病院施設・スタッフ管理など様々な面の管理や運営が求められます。
今回は、基本シナリオの他に4つの拡張シナリオ(ダウンロードコンテンツ)や2つの追加アイテムパック(ダウンロードコンテンツ)などが収録されています。
値段も手頃で、色々やらなければならない中でも楽しみが豊富だと思うので、シミュレーション好きな人は、じっくりとやってほしいものです。

2番目は、「大逆転裁判1&2 -成歩堂龍ノ介の冒險と覺悟-」(PS4Nintendo Switch)(★)
こちらは、1作目は2015年、2作目は2017年、共にニンテンドー3DSで発売された作品の移植になります。
移植に際し、有料ダウンロードコンテンツだった「ランドストマガジン」を見やすいものに調整し、新規イラストなども収録したミュージアムモードの展開、同じく「ランドストマガジン」に収録されていた番外編8本収録、衣装変更、イベントで流された動画収録が行われます。そして要望の多かったオートプレイに対応。さらには英語版も収録されます。
また今作と逆転裁判の3作品も一緒に収録した「成歩堂レジェンズコレクション」(PS4Nintendo Switch)も併せて発売されます。
おじいちゃんと孫の2人が大活躍するのですけど、まだ触れたことの無い人は、この機会に彼らのアツい物語を楽しんでもらいたいものです。

3番目は、「新すばらしきこのせかい」(PS4Nintendo Switch)(★)
2007年にニンテンドーDSで発売した「すばらしきこのせかい」の続編。実に14年ぶりの続編になります。え?前作は、この春にアニメ化された?知らんな(ニヤニヤ)。
今作は各キャラに固有のサイキック(特殊能力)を持っており、それを駆使して渋谷にいる人達の思いを知ったり、敵であるノイズを察知するということができるようになります。また90種類のフードと270種類のファッションが用意され、ステータスアップなどに使えます。
バトルに関してはバッジが装備することでサイキックを出すことができ、コントローラーのボタンに対応する形になっています。バトルの過程でシンクロ率が100%を超えた場合、さらに強いサイキックを、300%に達した場合は、100%の時よりもさらに強いサイキックを放つことができるようにも。

4番目は、「元祖みんなでスペランカー」PS4Nintendo Switch)(★)
2009年にPS3で発売した「みんなでスペランカー」のリメイク。
ファミコンのようなドット絵で描かれたものとリメイクに伴いCGで描かれたものの両方が収録されています。同時に音楽も当時の8ビット調の曲ないしはゴージャスなものへの切り替えも可能に。
プレイモードもシングル・マルチ(最大4人)・オンラインマルチ(最大6人)の他に、アドベンチャーモードや競争モードも用意されています。さらにより難しいチャンピオンシップモードや無限洞窟NEO(下に強制スクロールさせられるモードで、1人でも2人でもプレイ可能)もあるので、歯応えの欲しい人にもオススメです。


次回もマルチ展開の作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:00Comments(0)

2021年06月03日

レコゲー2021 6月③

レコゲー、今回から各ハードの注目作の紹介です。最初はPS5とPS4の紹介から。


最初はPS5から。トップは、ファイナルファンタジーⅦ リメイク インターグレード(★)
2020年にPS4で発売した「ファイナルファンタジーⅦ リメイク」の移植版。質感や表現力が向上しています。
移植に際し、新エピソードの追加の他、4K画質に対応したグラフィックモード、60fpsに対応したパフォーマンスモードが設定されています。さらにフォトモードが搭載され、思い出のシーンを撮影することも可能になりました。
より高精細で楽しみたい人向けの作品ではありますが、まだまだPS5が手に入りにくい状況を考えると、その恩恵を受けられるのは限定的でしょうなぁ(PS4版からのアップグレードは対応しているようですけど)。

2番目は、ラチェット&クランク パラレル・トラブル(★)
シリーズ最新作で、銀河を舞台に大冒険を繰り広げるメカニックとロボットの物語です。シリーズおなじみのド派手な武器を振り回す他、新キャラも登場します。高精細なグラフィックでさらにスタイリッシュになった作品とアクションを楽しんでほしいものです。


そして、PS4。


PS4唯一の作品は、那由多の軌跡:改(★)
2012年にPSPで発売した「那由多の軌跡」の移植版。
移植に際し、キャラやイベントシーンのグラフィックの強化や60fpsに対応するだけでなく、ハイデフ化と高音質化も図られます。元々携帯ゲーム機として作られた部分が大きいので、諸所の対応はやむを得ないですわね。大画面でプレイできるのを楽しみに待っていた人も多いと思うので、PSP版をプレイした人もまっさらな気持ちで楽しんでほしいものです。


次回はNinendo Switchの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2021年06月02日

レコゲー2021 6月②

レコゲー、今回もマルチ展開の作品の紹介です。


4番目は、「NINJA GAIDEN:マスターコレクション」(PS4Ninendo Switch)(★)
2007年にPS3で発売した「NINJA GAIDEN Σ」・2009年にPS3で発売した「NINJA GAIDEN Σ2」・2012年にWii U、2013年にPS3とXBOX 360で発売した「NINJA GAIDEN 3: Razor's Edge」の3本の本編とダウンロードコンテンツを全て収録したオムニバスソフトで、デッド オア アライブシリーズに登場する4人の女性キャラも一緒に登場します。
なお、今作ではZ指定作品ですが、Ninendo SwitchのみD指定での展開もあります

5番目は、「Sugar*Style」(PS4Nintendo Switch)(★)
2019年に発売した同タイトルの移植版。下宿先のヒロインと仲良くなっていく作品で、4つの役割(「ハウスワーク」・「カーペンター」・「エンターテイナー」・「セキュリティ」)のいずれかを選ぶと共通イベントで変化が現れます
移植に際しての変更点は18禁要素を抜いたのみになりますが、大きな画面で楽しめる・18歳以下の人達もプレイできるという点は、いいことなのではないのでしょうか。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:08Comments(0)

2021年06月01日

レコゲー2021 6月①

6月になりました。
今年は西日本は梅雨が早く、東日本はまだこれからのようですけど、鬱陶しい雨の季節になるのは間違いないでしょう。ただ、この時期を乗り越えれば、暑い夏、そして実りの秋に繋がっていくので、先のことを考えれば、必要なのかもしれません。
そんな時は、積んでいたゲームを片付けるいい機会なのかもしれないですね。もちろん、新作も揃っています。では、今月の注目作を見ていきましょう。今回も最初はマルチ展開の作品から。


最初は、「SCARLET NEXUS」(PS5PS4Xbox Series X/S・XBOX ONE)(★)
機能が拡張された人間によって、あらゆることがコントロールできるようになった世界を舞台に、人間の脳に揺さぶりを掛ける怪異との戦いを描いたアクションRPGです。
2人の新入隊員が自身の脳力を利用して敵である怪異を倒していくというふうになっており、スタイリッシュなアクションで楽しめるとのこと。その脳力は、フィールド上のオブジェクションを操って敵をやっつけるなどもあり、脳力の使い方次第で自分達に有利に働かすこともできるわけです。
なお、7月にはテレビアニメも放送予定とのことなので、その予習代わりにプレイするのもいいかもしれません。

2番目は、「戦国無双5」(PS4Nintendo Switch)(★)
シリーズ最新作で、今作は織田信長と明智光秀の両サイドから物語が展開されていきます。
無双アクションがさらに進化し、その一つに、大きく移動しながら敵に切り込む「神速」、強力なアクションである「閃技」があります。
戦国時代を舞台にしているだけあって、史実を基に描いたものになると思われます。なお、新キャラも登場予定で、今川義元の姪で、後に徳川家康の正室になる瀬名や織田信長の家来になる弥助などが参入します。

3番目は、「GUILTY GEAR -STRIVE-」(PS5PS4)(★)
こちらもシリーズ最新作で、鮮烈なエフェクト、スローやズーム・アニメーションなどの演出面・映像面の強化が図られたものになっています。またeスポーツ種目として積極的な展開を図る予定にもなっています。
基本からじっくり楽しめるようになっており、チュートリアルではコントローラーの映像付でわかりやすくなっています操作を覚えたら、ミッションでテクニックを磨き、お話を進めながら実践訓練を積み重ね、やがてオンライン対戦へ・・・という昨今の格闘ゲームにある敷居の高さをできる限り低くしていく試みが採られていますね。


次回もマルチ展開の作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:47Comments(0)

2021年05月01日

レコゲー2021 5月①

5月になりました。大型連休に入った方も多いと思いますけど、今年もどこにも行かずにステイホームか出掛けるにしても近隣で済ませるという人がこれまた多いのではないのでしょうか。無理して行かないというのも息苦しいと思うので、近隣レベルであれば自己責任で行くという選択肢もあるのではないかと思います。ただ、その時でも感染対策は万全にして出掛ける、そのくらいの責任は持つべきだと思います。
そうなると、巣ごもり需要でゲームなどのインドア向けのツールが盛り上がるのでしょうね。ゲームショップなどに行って、いい作品を揃えたいという人のために、今回も注目作を紹介していきましょう(ニヤニヤ)。最初はマルチ展開の作品から。


最初は、「バイオハザード ヴィレッジ」(PS5PS4)(★)
人気シリーズの最新作で、前作(「バイオハザード7 レジデント イーブル」)の数年後を描いたものになっています。主人公の娘が山奥の村にさらわれてしまったため、彼女を取り戻すために死地に向かうというものになっています。なお、吉幾三さんが公式ソングを歌ったり、ポップな作品紹介を流したりと、これまでのバイオシリーズとは違ったアプローチを掛けられております
今作も1人称視点で描かれており、所有しているアタッシュケースを拡張することで、持てるアイテムを増やしていくことができます。また武器商人がいるというのも特徴となり、そこで武器やアイテムなどを購入することができます。つまりシステム的には、4と前作になる7とのいいとこ取りになっているようです。
なお、18推向けの「バイオハザード ヴィレッジ Z Version」(PS5PS4(★))も同時発売されますので、刺激の欲しい方は、そちらをば。

2番目は、「LIBERATED」(PS4Nintendo Switch)(★)
近未来の監視社会を舞台に自由を勝ち取るため戦う人達の物語。アメコミ調のデジタルコミック内で展開され、そこではアクションゲームで困難を乗り越えるものになっています。一昔の作品になりますが、「コミックスゾーン」を思い浮かべそうな感じですね。
かなり変わった作品なので、実際にプレイして楽しむのが一番だと思います。選択肢によって何回でも楽しめるようなので、しばらく遊べそうですよ。

3番目は、「探偵撲滅」(PS4Nintendo Switch)。
100人以上の死者を出した殺人鬼を捕まえるために、優秀な探偵達で合同調査をすることになったものの、殺人鬼が先行して彼らの中に入り込み、仲間達を殺してしまった。そのため、誰が殺人鬼か疑心暗鬼になりながら、犯人探しをするという作品です。
14人の登場人物全てが探偵で、それぞれ得手不得手があるので、それを生かして捜査を進めていくのがセオリーとなりそうです。信頼関係ができていれば、捜査に介入して行動を変えることができるので、不要な捜査をさせなくて済むようにも。

最後は、「AKIBA'S TRIP ファーストメモリー」(PS4Nintendo Switch)(★)
2011年にPSPで発売された「AKIBA'S TRIP」のリメイク版。2012年に同じくPSPで発売した「AKIBA'S TRIP PLUS」がベースになっています。そのため、大きく変わった部分はHDリマスターされたところくらいですけど、当時のアキバの臭いが残っている作品でもあるので、懐かしさを感じる人もいるのではないのでしょうか。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2021年04月03日

レコゲー2021 4月③

レコゲー、今回から各ハードの注目作の紹介です。今回はPS5・PS4から。


最初は、PS5から。
今回唯一のPS5の注目作は、JUDGE EYES:死神の遺言 Remastered(★)
2018年にPS4で発売した「JUDGE EYES:死神の遺言」のリメイク。木村拓哉さんが主演したことで話題になりました。
リメイクに際し、60fpsで滑らかかつ高精細な動きになった他、英語音声が追加されています。
なお、PS4で出たバージョン(発売当初のものと新価格版と呼ばれるベスト版)と今回のバージョンとの互換性は一切ないので、新しく買うつもりの人は、ご注意下さい。


続いてPS4から。
最初は、ニーア レプリカント ver.1.22474487139...(★)
2010年にPS3で発売した「ニーア レプリカント」のリメイク。同作品をバージョンアップしたものになります。
リメイクに際し、フルボイスになりました。それ以外にも新仕様になっている可能性があり、もしかすると物語のベースは一緒で中身(ゲームシステムなど)は大きく変わっているかもしれないですね。
なお、「ニーア ゲシュタルト」(XBOX360で発売されたもの)のリメイクは行われない模様で、ダウンロード販売で展開されるXBOX SERIES X/S版でも「ニーア レプリカント」のリメイクになります。

もう一つは、ことばのパズル もじぴったんアンコール(★)
2020年にNintendo Switchから発売された同作品のリメイク。
リメイクに際し、新ステージや新しい獄の追加が施されています。なお、Nintendo Switch版でも同様の内容の無料アップデートが施されます。


次回も各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 19:56Comments(0)

2021年04月02日

レコゲー2021 4月②

レコゲー、今回もマルチ展開の作品の紹介です。今回はアトリエシリーズの話になりますので、まとめて紹介していきましょう。


①「ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~ DX」(PS4Nintendo Switch)(★)
2015年にPS3・PS4・PS Vitaで発売した「ソフィーのアトリエ ~不思議な本の錬金術士~」のアレンジ版。
アレンジに際し、主人公の成長を描いた新シーン・新シナリオ・新衣装が用意され、新しい錬金釜が3つ登場する他、ダッシュ移動もできるようになりました。

②「フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~ DX」(PS4Nintendo Switch)(★)
2016年にPS3・PS4・PS Vitaで発売した「フィリスのアトリエ ~不思議な旅の錬金術士~」のアレンジ版。
アレンジに際し、3つの新しい乗り物と1つの探索道具が登場。これらは、採取や踏破などで大きくサポートをしてくれるものになっています。また、7体の新モンスター討伐クエストおよび新たなボスが登場します。

③「リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜 DX」(PS4Nintendo Switch)(★)
2017年にPS4・Nintendo Switch・PS Vitaで発売した「リディー&スールのアトリエ 〜不思議な絵画の錬金術士〜」のアレンジ版。
アレンジに際し、2019年にPS4・Nintendo Switch・PS Vitaで発売した「ネルケと伝説の錬金術士たち 〜新たな大地のアトリエ〜」に繋がる絵画が追加され、領主を助け、街を発展させるシナリオ・ボス戦が登場します。本シナリオ(オリジナル版)の中に追加された宝箱(不思議な絵画の断片)を見付け出すことで入ることが可能です。

今回紹介した3作品とも、いわゆる不思議シリーズの作品となり、不思議シリーズ3作品のセットになる「アトリエ ~不思議の錬金術士 トリロジー~ DX プレミアムボックス」(PS4Nintendo Switch)も発売されます。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:42Comments(0)

2021年04月01日

レコゲー2021 4月①

4月になりました。新年度の始まりになる今日から入社という人も多かったことでしょう。大変な時期の入社になると思いますが、できることを少しずつやっていきましょう。
そして今日から販売価格が総額表示になりました。これまでは税別表記のみでもOKだったのですが、今日から税込での表記を必ず加えないといけないふうになります。状況によっては値上げという見られ方もするとのことなので、ゲームソフトの価格も上がったように見られかねないわけです。気を付けなければ。


では、見ていきましょう。今回も最初はマルチ展開の作品紹介から。


最初は、「ウイニングポスト9 2021」(PS4Nintendo SwitchPC)(★)
人気競馬シミュレーションゲームの最新作。
今作では、シナリオ数が5つに増加しており、その中には来年(2022年)のものも用意されています。またライバル対決は世界最強場決定戦にグレードアップ子孫継承システムも強化されており、子孫を海外の機種・調教師にすることや結婚相手を海外の女性騎手から娶(めと)ることも。人馬の絆も絆レベルで表示され、わかりやすくなっています。海外の重賞レースもさらに充実しているので、競馬ファンにはたまらない仕様になっていることでしょう。

2番目は、「R-TYPE FINAL 2」(PS4Nintendo Switch)(★)
シリーズ最新作で、2003年以来実に18年ぶりの新作になります。元々エイプリルフールのネタ程度で、2003年で終了するはずだったのが、ファンの後押しもあって復活することになった作品でもあります。
今作では敵の破壊表現と爽快感を極限まで追求するとのこと。機体だけでなくステージも進化していくとのことだそうなので、これまでのシューティングとは一線を画したものになるかもしれません。


次回もマルチ展開の作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2021年03月31日

TYPE-MOON祭かよ!

3/26はTYPE-MOONが関わっているゲームの発売日が相次いで決まった日になりました。


まずは、長い間発売日未定となっていたNintendo Switchの「毎日♪ 衛宮さんちの今日のごはん」
この作品は、KADOKAWAのウェブコミックであるヤングエースUPで連載しており、2017年~2019年にAbemaTVなどでアニメとして放送していました。そして、ゲーム化も決まり、2020年5月の予定で開発が動いていたものの、新型コロナウイルスの影響で無期延期となっていました。それが、4/28に配信開始(ダウンロード専用ソフトのため)となりました。

ゲーム内では、作中のキャラと一緒に料理を作ったり、日常を体験できるふうになっており、ゲームオリジナルレシピやレシピにまつわるストーリーが収録されているとのこと。料理に関しては原作で料理観衆を行っている方が、そのまま監修するとのことなので、作り方のレシピが掲載されるのであれば、実際に料理を再現できるのかもしれないので、それはそれで楽しみだったりする。できることなら、作品のキャラと一緒に作るレシピ集的なものも出してくれるといいなぁ・・・
ちなみに、アニメでは食べる側でしか出ていなかったあの方が、調理に係わるとのことなので、いろんな意味で興味がありますわ(爆)。


もう一つは、昨年末に発表されたプレイステーション4・Nintendo Switchの「月姫 -A piece of blue glass moon-」発売日が今夏から8/26に決定しました。
この作品は、2000年に同人ソフトとして発売されたもので、「真月譚月姫」としてアニメ化もされています

今作では、2010年代の東京という舞台設定に切り替えられ、2つのシナリオから成る物語になりました。その他のシナリオに関しては、バッサリ斬られたのか、それともサブシナリオになっているのかは不明ですけど、何らかの形で残してほしいなぁとは思っております(もしかしたらアペンドで出す可能性も・・・)

「月姫 -A piece of blue glass moon-」は予約受付中で、TYPE-MOONの公式サイトで予約すると製作スタッフ本が付いてくる予定だそうなので、ファンの方は硬式サイトで予約するといいのかもしれませんね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:57Comments(0)

2021年03月13日

???「まーた岐阜がフィーチャーされた(泣)」

・・・一体どこがそんなこと言ってるんでしょうねぇ(ニヤニヤ)。
何かと最近の岐阜県はアニメの舞台になったりしているのですが、今回はゲーム作品の舞台になりそうです。それが4月にプレイステーション4とNintendo Switchで発売予定の「風雨来記4」
元々風雨来記というシリーズは、フォグという会社から発売しており、過去3作発売されています。過去3作が北海道(1および3)・沖縄(2)だったのですけど、今作は先程も触れた通り岐阜が舞台になっています。
しかも、今作は地元の岐阜新聞が協力しており、同新聞が得た情報(場所)を基に取材してゲーム作りに取り込んだのだそうです。地元が関わっているということは、地元のより深い情報を仕入れることができるわけです。発売元の日本一ソフトウェアも岐阜県にある会社なので、ある程度地元を知っている人達が揃っているから大丈夫か(笑)。

で、この作品は雑誌社対抗のコンペのルポを書くために4週間の間に岐阜県中をバイクで取材を兼ねたツーリングするというもので、ツーリングがてら現地でキャンプをするんだってさ。何で宿泊費をケチる事態になったんでしょうねぇ(ニヤニヤ)。
その過程の中でヒロインとなる女の子と出会って、一緒にツーリング・・・そうか、だからキャンプ<キャンプ場を多目的トイレかナニかにしない(ギャハ)!


ところで、何でこの作品を取り上げたのかって?
ええ、3/28にFC岐阜×カマタマーレ讃岐の試合がありまして、この試合が日本一ソフトウェアサンクスマッチになってるんですよ。そして、明日(3/14)はヴァンラーレ八戸との開幕戦。ということは、3月のこの2試合は来てくれよという意味なんだよ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:51Comments(0)

2021年03月02日

レコゲー2021 3月 決算期スペシャル②

レコゲー、今回もマルチ展開の紹介です。


3番目は、「メモリーズオフ ヒストリア 上巻」(PS4Nintendo Switch)(★)と「メモリーズオフ ヒストリア 下巻」(PS4Nintendo Switch)(★)
1999年に発売した1作目から2010年発売の7作目までを収録したもので、上巻は「メモリーズオフ」(1999年)・「メモリーズオフ 2nd」(2001年)・「想い出にかわる君~メモリーズオフ~」(2002年)・「メモリーズオフ ~それから~」(2004年)を、下巻は「メモリーズオフ#5 とぎれたフィルム」(2005年)・「メモリーズオフ6 ~T-wave~」(2008年)・「メモリーズオフ ゆびきりの記憶」(2010年)をそれぞれ収録しています。
移植に際し、ハイデフ化を図った他、シリーズ最新作であり最終作である「メモリーズオフ -Innocent Fille- for Dearest」に沿ったインターフェイスに変更しています。

最後は、「アイキス2」(PS4Nintendo Switch)(★)
2020年に発売した同名のPCゲームの移植版。「アイキス」の続編とはいっても、前作との共通ルートが収録されているので、前作をプレイしたことのない人もプレイして違和感が無いようになっています
移植に際し、新1年生達と夏休みを過ごすストーリーが追加されています。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:12Comments(0)

2021年03月01日

レコゲー2021 3月 決算期スペシャル①

3月になりました。今年も去年同様新型コロナウイルスの影響で苦しいところが多い中、コンシューマーは数少ない成長事業として挙げられることでしょう。そして、例年と同じく数多くのソフトが出されます。最近はマルチ展開で資金回収という形が増えましたけど、今回もマルチ展開の紹介から始めていきましょう。


最初は、「シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~ DX」(PS4Nintendo Switch)(★)と「アルノサージュ ~生まれいずる星へ祈る詩~ DX」(PS4Nintendo Switch)(★)
前者は2012年にPS Vitaで発売した「シェルノサージュ ~失われた星へ捧ぐ詩~」の移植版になり、オンラインでないとプレイできなかった作品だったため、2014年に全てのダウンロードコンテンツを収録したオフライン版を発売しています。後者は2014年にPS3で発売した「アルノサージュ~生まれいずる星へ祈る詩~」の移植版となり、2014年にはPS Vitaで追加要素を加えた移植版(「アルノサージュ PLUS 〜生まれいずる星へ祈る詩〜」)が発売しています。
共に移植に際し、ハイデフ化が図られている他、過去のダウンロードコンテンツが全て収録されています。
こちらは2本が同時収録された「サージュ・コンチェルト」がダウンロード販売で行われます2本同時収録版はパッケージ版の場合は限定版扱いになっているので、特典が不要な場合は、ダウンロード版がオススメです。

2番目は、「SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズプラチナムエディション」(PS4Nintendo Switch)(★)
2019年にPS4・Nintendo Switchで発売した「SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ」のアップデート版。
本編に加え、配信中の「シーズンパス」や「エキスパンション・パック」、そして各種ダウンロードコンテンツも網羅した完全版になっています。まだプレイしたことのない人で、これからプレイしても・・・と思っている人に絶好の作品になるかと。


次回もマルチ展開の作品の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:58Comments(0)

2021年02月25日

やべぇのが復活してきたなぁ(苦笑)

今日発売の週刊ファミ通を見ていたら、裏面の広告を見てビックらこいた。何と「アーケードアーカイブス」から「ゲバラ」が移植されるのだそうな。
「アーケードアーカイブス」とは、1980年代・1990年代のゲームセンターで稼働していたゲームを忠実に移植したもので、様々な会社のゲームが配信されている「アーケードアーカイブス」とNEOGEOのゲームが配信されている「アケアカNEOGEO」に分かれます。


今回配信されることになった「ゲバラ」は1987年にSNKから配信されたアクションゲームで、NEOGEO稼働前のゲームであることから、「アーケードアーカイブス」での配信になったのでしょう。
内容は、1956年に起こったキューバ革命(革命そのものは1953年から始まっているが、当初は失敗しているので、グランマ号での上陸作戦が始まったこの頃からと言える)をほぼトレースしたものになっており、革命家のゲバラを操作して仲間を助けながらバティスタ政権を打倒するというものになっていますが、チェ・ゲバラをプレイヤーとして操作するだけでもとんでもないことなのに、2Pが当時の国家元首(国家評議会議長)だったフィデル・カストロというのだから、よく怒られなかったなと思ったものです。
後に「ゲバラ」は、1988年にファミコンに、2011年にPSPから発売された「SNKアーケードクラシックスゼロ」の収録作の一つとして移植されています。今回のアーカイブスはアーケード版の移植になります(2011年にPSPで発売された「SNKアーケードクラシックスゼロ」と同じ)。

とはいえ、今回の配信されている「ゲバラ」、オプションメニューやマニュアルは日本語・英語・フランス語・ドイツ語・イタリア語・スペイン語に対応しているにもかかわらず、本編は日本版ROMを使用しているとのこと。これはホントに大丈夫なのか(爆)。特にアメリカでプレイする人はストレートにキューバ革命を題材にした作品だってわかっちゃうぞ(汗)。というのも、海外での展開時には、キューバ革命やチェ・ゲバラやフィデル・カストロをにおわす部分はぼかしていたそうなのです。ゆえに大丈夫かと。
・・・まぁ、時代は流れてどちらも鬼籍に入った方ですから、よほどのことが無い限り文句は言われないでしょう。そうしないとやってられんわ(ギャハ)。


「ゲバラ」は、今日(2/25)からPS4とNintendo Switchで配信しております。価格はPS4版が837円(税込)、Nintendo Switch版は838円(税込)となっており、PS4版の方が1円オトク(爆)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:33Comments(0)

2021年02月05日

レコゲー2021 2月②

レコゲー、今回もマルチ展開の作品の紹介です。


4番目は、「金色ラブリッチェ -Golden Time-」(PS4Nintendo Switch)(★)
2019年にPCで発売した同作品の移植版。2017年に発売した「金色ラブリッチェ」の続編とアペンドディスクの合いの子のような作品です。
基本的にはPC版と同じだと思いますから、18禁要素が苦手ないしは18歳未満で遊べない人向けになります。なお、「金色ラブリッチェ」とのセットになった金色ラブリッチェ ゴールデンパックは、Nintendo Switchのみの販売になるので、ご注意下さい。

最後は、「ジンキ・リザレクション」( PS4Nintendo Switch)(★)
2020年にPCで発売した同作品の移植版。こちらも18禁要素を抜いた以外は全く同じになりそうです。大元の作品が結構古いので、懐かしいと思った人もいらっしゃるのではないのでしょうか(その大元との繋がりは無いようですが)。


次回は各ハードの注目作の紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:29Comments(0)

2021年02月04日

レコゲー2021 2月①

というわけで、やっとこれができる(笑)。


今月は、決算期前の重要な月。この月に出た作品が、来月入学・卒業・就職祝いなどで売れる可能性をはらんでいます。もちろんそうでなくとも、買っていく方々もいらっしゃることでしょう。売れにくい月とも言われていますが、1月の酷さに比べれば、遥かに売りやすいんじゃないのかねぇ・・・。


では、見ていきましょう。今回も最初はマルチ展開の作品の紹介から。


最初は、「ダライアス コズミックリベレーション」(PS4Nintendo Switch)(★)
2019年にNintendo Switch、2020年にPS4で発売したオムニバス作品「ダライアス コズミックコレクション」の流れをくむ作品になっています。将来的には「ダライアス コズミックコレクション2」が出る予定ですけど、今回は、この作品を先に出すようです。
今作もオムニバス作品になっており、1997年にアーケードで稼働した「Gダライアス」とアレンジ作の「ダライアスバースト アナザークロニクルEX+」が収録されます。
前者は、ハイデフ化を図り、ゲーム攻略に役立つガジェットを収録(表示可能に)しています。また「キャプチャーボール」を使って捕まえた敵キャラクター一覧である「キャプチャーギャラリー」が収録されています。
ハイデフ化を図ってきれいになっているのですが、アーケード版(原作)も忠実に移植している(筐体の振動もコントローラー上で再現しているとのこと)とのことで、処理落ちもしっかり出るそうです。
後者は、2009年にPSPで発売した「ダライアスバースト」をベースにして作られた「ダライアスバースト アナザークロニクル」とそのコンシューマー版(2016年にPS4・PS Vitaで発売)になる「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」がベースになっており、コンシューマー版ではカット、アーケード版でも期間限定で展開された「イベントモード」を復帰させただけでなく、新たに8種追加しています。また追加機体も収録されているとのこと。その他、リプレイモード、ゴーストスコアの表示、筐体の振動をコントローラーで再現しています。

もう一つは、「コットン リブート!」(PS4Nintendo Switch)(★)
1991年にアーケードで発売されたシューティングゲームで、今作は1993年にX68000で発売されたバージョンの移植がベースになります。
今作では、X68000版をそのままプレイできるだけでなく、そのバージョンをハイデフ化し、グラフィックの刷新・新キャスト・新魔法などの新しい要素を加えて展開もされます。

最後は、仁王2 Complete Edition」(PS4)と「仁王2 Remastered Complete Edition」(PS5)(共に★)
タイトル名は違いますが、内容は同じなので、マルチ展開として紹介していきます。
2020年にPS4で発売された本編に加え、有料ダウンロードコンテンツ3作を併せて収録しています。またPS5版では、4Kおよび120fpsでの稼働、ロード時間の短縮、アクティビティ機能、PS4版プレイヤーとのクロスマッチングなどが新機能として追加されます。またPS4版からPS5版への無償アップグレードやデータ引き継ぎも可能になっています。


次回もマルチ展開の作品紹介です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)