2016年04月15日

「そのポケモン、ぼくのです」

ゲームボーイで大ヒットを飛ばした「ポケットモンスター」。その第1作が世界にヒットしているのだなと改めて実感させられた話題です。


子供の頃、旅行先でなくしたはずのポケモン緑(「ポケットモンスター グリーン」)が、18年の時を経て、アメリカで発見されました。
そのポケモン緑は、アメリカのアマゾンで買った人のコメントと共に掲載されました。その人が、非常に良い状態で買ったのにもかかわらずマジックで名前が書いてあったからという理由で星評価を4つにすると書いていた中に、日本語で大きく名前が書かれていたポケモン緑の写真が掲載されていたのです。
このことを日本で見ていた人がツイッター上に報告。すると、持ち主とされる人のツイートが発せられたのです。いわく、5歳の時に購入してもらい、7歳の時に東京ディズニーランドに旅行中になくしてしまったものなのだとか。持ち主にとってはかけがえのない思い出がいっぱい詰まったソフトでもあるため、持ち主は現在の持ち主である方のコメントを待っているという状況になっています。


どういう経緯で海を渡ったのかわかりませんけれども、ポケモンという作品が海外でも楽しまれているというふうなだけでなく、その人の思い出の深さは、どんなものでも宿っているのだなと感じさせてくれる話でもありますね。今後、このソフトがどうなるのかというのも気になりますが、双方が円満に解決するような形になっていくことを望んでいます


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)TrackBack(0)

2014年12月05日

【ポケモン】遂に公式までクソコラ素材配信【ヌマクロー】

ポケットモンスターシリーズに登場するヌマクローというポケモン。元々はミズゴロウというポケモンからラグラージというポケモンへ進化する途中の段階にあたるポケモンだそうです。
「ぬまうおポケモン」という特性が付いており、進化の課程で二足歩行ができるようになったのだとか。そのため、みずだけでなくじめんというタイプも付き、どろ攻撃が得意なのだそうな。
・・・いやね、ポケモンシリーズはプレイしたことないのよ(苦笑)。せいぜい私が知っているのはピカチュウ・ライチュウ・ミュウくらいだよ(爆)。


そんなヌマクロー、ポケモンの公式サイトではつぶらな瞳がかわいく元気いっぱいそうなキャラとして描かれていたのに、最新作「オメガルビー」・「アルファサファイア」では無表情なのにもかかわらず、なぜか何かを悟ってしまったかのように、かつ棒立ちという面持ちで登場することになってしまったのです。傍目から見てもものすごくシュール。しかも、過去作品ではその前の作品で転送してからでないと登場しないという仕様だったため、それほど注目されていなかったにもかかわらず、最新作発売直後からそのシュールすぎる姿を拝見したユーザーから瞬く間にコラージュのツールにされ、遂にはクソコラグランプリの常連に。スプラッシュマウンテンに乗せられたり、リア充あふれる街中に放り込まれたり、電車に間に合わなかったり、大学の講義が休講だったのを知らされず立ち尽くしてしまったり、牛丼チェーン店でワンオペレーションを強いられたりなどなどとかくかわいそうなことになっていたのが影響したのか(苦笑)、11/28の「NHK NEWS WEB」の「つぶやきビッグデータ」の中にまで登場することに(当然、それを見て唖然とするヌマクローのコラージュも登場している(笑))。
そして、一連の動きを知った株式会社ポケモンは、とがめるどこか悪ノリして公式素材を提供しやがった(ギャハ)。アカン、こいつら本気や!


・・・まぁ、それだけこのポケモンも愛されていたんでしょうね。もしくは、全てのポケモンを可愛がっているんだよというメッセージなのかもしれないですね。


しかし、ここまで違和感無くはめ込まれるとは。だって、絶対どこかにいそうだもの(ニヤニヤ)。ここまで来たら誰か着ぐるみ作って実際の街に登場してくれないかしら。特に子供達の反応が見てみたい(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)