2020年07月31日

夏の新アニメ2020 ワースト

夏の新アニメ、今回はワースト編です。
ベスト編でも述べた通り、今期は不作です。酷い作品が突き抜けてしまってるのが何ともはや・・・。
早速いきますか(汗)。今回も3作品紹介していきます。


今期のワーストは、「モンスター娘のお医者さん」
一言。

騙 さ れ た ( 爆 ) !


こちら、いわゆるエロアニメ枠なんだけど、エロいというふうではない。平たく言えば、AT-Xで15推枠になるべきシーンがまるでないのに、エロで釣ろうというのが見え見えな作品に仕上がっているというふうでしょうか。モンスターならエロいふうでもいいという暗黙の了解も合わさって、ますます確信犯的な作品になっています。ちなみに、お話は平坦を通り越して、あまりにご都合主義過ぎて、ワイのいるとこ川より低いんじゃないかと心配になる(爆)。

2番目は、「ジビエート」
昨今のご時世を的確に表現し過ぎてちゃんと放送できるのかと心配になりましたけど、むしろシャア(池田秀一さん)が浮き過ぎてるのが心配(ギャハ)。
この作品は展開が急過ぎてわからないところに変なタイミングでCMがバカスカ入る(恐らく4パートほどに分割されてるんじゃないか)ので、視聴者は心の整理が付かない構成で難のある作品は非常に珍しいわ。

3番目は、「日本沈没2020」
これはねぇ・・・、作品そのものは悪くは無いんだけど、ツッコみどころの多さと命があまりに軽いなと思わせるシーンが散見されましたな。あまり書くとアレなのでぼかし気味に書くつもりですけど、山芋取ってたら地雷を踏んでサヨウナラ的な展開になったかと思ったら、トイレ休憩で連れションしにいった仲間が数mの差で『ああ、しんじゃった!』なスペランカー状態だったりと、現実でも無くはないけど、アニメでこれをやられてしまうと何かのコメディですかと言ってしまいそうになる
どうやら、イキったキャラが死ぬという法則(それこそ線香花火の最後の輝き的なもの)があるようなので、次回は・・・と思ったところで第3話が終わってしまった。でも、どうせウエストポーチに入ってたエストニアのチョコが命を助けてくれるとかいうオチなんだろうなぁ(ニヤニヤ)。<ネタバレの可能性の有無に限らず、そんなこと書くんじゃない!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:31Comments(0)

2020年07月16日

夏の新アニメ2020 その8 モンスター娘のお医者さん

夏の新アニメ2020、8回目は集英社から刊行されているライトノベルレーベルのダッシュエックス文庫が原作の「モンスター娘のお医者さん」です。
ある一定数の需要がある(らしい)モンスター娘枠の作品ですね。今年で言えば冬アニメの「異世界レビュアーズ」も(広い意味での)モンスター娘枠ですね。パイオニアは恐らく「モンスター娘のいる日常」なんでしょうけど、なぜかモンスター娘枠は肌色枠(おっぱいアニメ)との親和性が高い(爆)。今回も医者ということは・・・。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


かつて人間と魔族が血で血を洗う争いがあった。その争いは100年続き、本来の目的が何だったのかまでわからないまま、争いは終息していった。


まだその禍根が残る中で、人間と魔族が共存する街があった。その街の診療所は魔族の多い中で唯一人間が診療しているのだった。彼は診療になると何も見えなくなってしまうほど集中するのが玉に瑕なものの、腕は確かで、魔族の間でも深く信頼されていた。今日もあらゆる悩みを抱える魔族の診療を受けるのだが・・・。



というふう。


のっけから、おっぱい触診ですか(爆)!滅茶苦茶いやらしい手つき(ギャハ)ですけど、触診ですからね、し・ょ・く・し・ん!あまつさえ、耳まで触って嫌らしい・・・と思った結果が、ご懐妊(爆)!えー、何でそんないやらしい手つきなってしまうんですかねぇ(苦笑)。普通にやれ、普通に(ニヤニヤ)。
その後、幼馴染みで姉弟子関係のサーペントとのイチャコラがあったかと思ったら、ケンタウロスにちょっかいを掛ける(という診察と治療を施す(笑))という流れなんですけど、えー、何でまどろっこしい流れをするんですかねぇ。もうちょっと『真面目』にやりましょうや(苦笑)。


話の筋としては、JAROに訴えられてもおかしくない、大げさと紛らわしさがふんだんに盛り込まれていますけど、何で主人公は魔族に絶大な信頼を得られているのかがあまりわかりにくかったですなぁ。腕は確かくらいしかわからないので、これが決め手なのという疑問。そもそも論で、共存している街なのに、人間は主人公だけ他の人間は隔離されているのか、自分達のコミュニティから出てこないのかといったあたりも不明瞭なので、少し怖いなぁ・・・。

なお、エロ(肌色)シーンは無かったぞ!騙された(ぷんすか)!<そんな作品じゃないから。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 23:32Comments(0)