2016年05月15日

熊本復興への第一歩に

今日、J2のロアッソ熊本が5試合ぶりにJリーグに復帰しました。今日の対戦相手はジェフユナイテッド千葉・市原で、アウェイでの試合(フクダ電子アリーナ)になりました。


今日のこの試合は、急遽NHK-BS1で中継されることになったので、熊本県以外の人達も(私も含めて)見ていたことでしょう。
試合を見て思ったのは、思った以上に熊本のサポーターが駆け付けていたことでしょう。地元から来たのか、関東圏に住む熊本県出身者なのかは映像を見るだけではわからないのですが、大勢の人達に来てもらって、熊本の選手達も心強かったのではないのでしょうか。


試合は、熊本が終始頑張ってはいたものの、長い間試合がなかったブランクは大きく、後半徐々にほころびが見えてしまった感がありました。
後半11(56)分と後半29(74)分にどちらも町田也真人選手にやられてしまいましたね。特に2点目はキーパーのキックミスというのか、町田選手がよく見ていたというのか、飛び込んでがら空きになったゴールを一気に攻め込んだ格好になりました。少し熊本が不用意になってしまったかなと思った反面、実戦から遠ざかっていたことによって生じた結果なのかなとも思いましたね。
それでも、熊本は90分よく戦っていました最後まで闘争心を切らさずに諦めないで全力でプレーしていました。今日の試合はそれが結びつかない残念な結果になってしまいましたけれども、熊本は元気であるということは十分に伝わってきました
今日を迎えたこの一歩が、熊本の復興の一歩に結び付いてくれればと思っております。


次の熊本の試合は、柏レイソルが提供してくれた日立柏サッカー場で水戸ホーリーホックとの一戦になります。こちらも、熊本県以外の熊本サポーターが駆け付けてくれることでしょう
いまだ本拠地のうまかな・よかなスタジアムが使えない状況なので、今後ホームに関しては、今回のように他の競技場を借りて行うのか、開催日をずらして行うのかわかりません。それでも熊本の選手達は、その状況にめげずに勝利のために戦ってほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:42Comments(0)TrackBack(0)

2016年04月16日

想定が大きくなったのだから、仕方ない

既に熊本地震の影響で、ゴルフのKKT杯バンテリンレディスオープンが中止に追い込まれていましたけれども、熊本でないしは熊本の関係者が関わるスポーツ、また九州地方で行われるスポーツが続々と中止の決定に至っています。


プロ野球では、4/19に熊本市にある藤崎台県営野球場で行わる予定だった巨人×中日が中止になりました。当初は開催の方向で動いていたものの、本日(4/16)起こった本震とされる地震の影響で各所で被害が増している、アクセス面で復旧の見通しが立たないため、やむなく中止になったそうです。
同じく本日福岡市のヤフオクドーム行われる予定だったソフトバンク×楽天もアクセス面での不安・地震が断続的に起こっている状況・来場者の安全確保がままならないことから中止となりました。

サッカー・J1では、本日レベルファイブスタジアム(東平尾公園博多の森球技場)で行われる予定だったアビスパ福岡×名古屋グランパスが野球と同様の理由で中止になりました。既にグランパスのスタッフは福岡を離れ名古屋に帰っているとのこと。
同じくJ1の試合で本日ベストアメニティスタジアム(鳥栖スタジアム)で行われる予定だったサガン鳥栖×ヴィッセル神戸も中止になっています。
J2では、京都市の西京極スタジアム(京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場)で明日(4/17)行われる京都サンガ×ロアッソ熊本は、地震の影響により中止になりました。既に熊本のスタッフは京都に入っていたものの、地震の影響が計り知れないところにまで至っているのが理由でしょう。熊本は4/18にまで全ての予定を中止することにもなっています。練習場が使えないからだそうです。なお、4/22のホーム(うまかな・よかなスタジアム(熊本県民総合運動公園陸上競技場))で行われる横浜FCの開催は未定です。
また、長崎県立総合運動公園陸上競技場で明日(4/17)行われるVファーレン長崎×水戸ホーリーホックも中止になっています。
J3では、明日(4/17)大分銀行ドーム(大分スポーツ公園総合競技場)で行われる予定だった大分トリニータ×福島ユナイテッドFCが地震の影響で中止になりました。
同じく明日(4/17)鹿児島県立鴨池陸上競技場で行われる予定だった鹿児島ユナイテッドFC×SC相模原も中止が決まっています。
その他、独立リーグの試合(ソフトバンクの3軍×高知ファイティングドッグス)や北九州と久留米で行われる予定だった競輪も中止になっています。


この時期に中止になるのは仕方ないことだと思います。やりたい・やってほしい気持ちは重々わかりますけれども、やはり来場者の安全が守れないのなら行っても意味がないですし、そこまでしてやろうとするなら、それは主催者のただのエゴにしか思われないでしょう。皆が安心して行けるようになったら、十分に試合を楽しもうではありませんか。
そして、地元の選手には被災者や地震で不安になっている人達に寄り添ってあげられるような活動をしてほしいと思います。動画メッセージでもいいですし、現地で活動するのもいいですし、何かしらできることを行ってもらいたいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:17Comments(0)TrackBack(0)

2015年08月09日

FC岐阜観戦記2015 第14節 同期対決で見た実力の差

FC岐阜は昨日(8/8)、ロアッソ熊本と対戦しました。


そういえば、昨年唯一見られなかった試合がこの熊本だったので、チーム紹介をしておきましょう。
ロアッソ熊本は、元々は電電公社熊本から端を発したチームで、Jリーグ昇格前はアルエット熊本→ロッソ熊本と変遷2008年に現在の名前でJ2昇格を果たしました(現在のチーム名に変更されたのは2007年で、『ロッソ』という名が商標権に触れる可能性があったためとされる)奇しくも岐阜と同じ年の昇格になったわけで、岐阜にとっては特別な相手でもあります。
J2昇格後の成績は中庸より下になることの多いチームで、まだまだ上位進出は高い壁が立ちはだかっているというふうですけれども、入れ替え戦や降格の危機にさらされる機会は岐阜に比べて少ないとも言える状況です。

チームカラーは火の国熊本・阿蘇山をイメージした赤。クラブエンブレムには、これまた熊本の名物になっている馬(暴れ馬)と赤い盾となっています。


さて、この試合を迎えるまでに岐阜には様々な出来事が降りかかって来ました。
劇的な勝利をしたジュビロ磐田戦以降の試合はというと、7/26にはさいたまで大宮アルティージャとの一戦を迎えたものの、5-0と惨敗。もう何も言うことのないほどの惨敗。実力の差だけでは片付けられない何かがあったと思いますわ。
その次、8/1には群馬・前橋でザスパクサツ群馬との一戦を迎えるはずでしたが、雷雨の影響で試合中止8/26に代替開催されることになりました。この日はエフエム群馬での放送があったので、試合開始前からかじり付いて聞いていたのですが、いつまでたっても開始されないので何事かと思ったら、これだもの。
というわけで、2週間ほど開催期間が空いているため、移動を伴うとはいえ休養は十分なのではないかと思います。

選手層にも大きな変化がありました。
既に、渡邉・風間両選手が加入したとはお伝えしましたけれども、その後、コンサドーレ札幌からベテランの砂川誠選手を期限付き移籍で、特別指定選手として順天堂大学に在学中の青木翼選手を獲得しました。
そして外国人選手、当初は京都サンガからダニエル・ロビーニョ選手を獲得したと発表したものの、メディカルチェックで引っ掛かったため見送られ、代わりにブラジルで活躍しているジウシーニョ選手を期限付き移籍で獲得しました。ジウシーニョ選手は、日本では2008年~2011年にジュビロ磐田、2013年~2014年にヴァンフォーレ甲府で活躍した経緯のある人です。この日の試合にはまだ間に合わなかったのですが、加入すれば得点力不足を補えるものと期待しております。
ちなみに、このダニエル・ロビーニョ選手獲得見送りには様々な憶測が流れ、ジウシーニョ選手獲得できなかった際の保険だったのではないのかとか隠していたケガがあったのではないかとか熱中症になったのが見送りのきっかけになったのではないかとか様々。これにカネの問題やら監督やチーム編成に合わなかったとかも言われていたからね。うーむ、混迷しているチームに潜む闇というやつか・・・。


SHL23_1775さて、この日の試合は各務原市とのコラボマッチデーということで、キムチフランクを頂きました。
こちら、各務原市が主催するキムワングランプリで連覇を果たした一品各務原市川島町にある川島サービスエリアで売られているんですよ。



豚肉のジューシーな味わいとキムチの風味が実にマッチしておりまして、たまりません。何も無くても十分に頂けるのですが、個人的にはケチャップを少したらしても美味いのかなと。


SHL23_1777そして、試合はというと、前半は岐阜・熊本双方決定打が出ない状況この日は暑い日だったのにもかかわらず強風が吹きすさぶ試合となり、前半は熊本が、後半は岐阜が風下に立つふうになりました。
しかし、点を加えたのは熊本。58(後半13)分にセットプレーでの得点となりました。熊本に関してはこの得点でギアが1段階上がり、66(後半21)分の元日本代表でもあった巻誠一郎選手登場(その貴重な1点を加えた清武功暉選手の負傷交代によるもの)によってさらに1段階ギアが上がってました。点には繋がらなかったものの、岐阜の攻撃を封じ込めるには十分でしたね。
結局この1点を守り切り試合終了。0-1というふうになりました。惜敗というにはあまりにもお粗末な内容。フラストレーションしかたまらない試合でした。


まずシュートがちっとも入らない熊本より多いシュート数(岐阜12に対し熊本8)だったものの、枠に捕らえたシュートが半分もない、下手したら1/3くらいじゃなかったかなと。シュートの精度が低いのはここ最近ずーっとそう。とりあえず、たくさん打ちましたアピールはもうたくさんですわ・・・。
そして、終盤の猛攻。こちらもお決まりになってきていますね。相手はビビるそうですけど、岐阜のファンやサポーターから見たら、またかとそろそろ言われてもおかしくない状況。逆に、それだけ終盤動けるなら、序盤から積極的に動いて、ゲームを動かしなさいと。3人までは交代できるので、とにかく動いて、得点に結びつけないと。特に攻撃陣。時に守備に勤しまなければならない状況もわかりますが、ミッドフィールダーとの連携をきちんとしなさいと。
あと、個人的には、難波宏明選手から遠藤純輝選手に交代した時点で敗戦を確信しましたけれどね・・・。相変わらずシュートの精度が低すぎる。もっとシュート練習させなさい。
新戦力に関しては、砂川選手は終盤変わったものの、一生懸命起点作りに勤しんでくれたと思います。高地選手も疲れが見え始める頃。同じベテランとして奮起させたり代わりを務めたりと屋台骨を支える存在であってほしいものです。
またこの試合では青木選手も登場し、周囲を驚かせましたね。まだまだな面もあるものの、チーム活性化のために奮起してほしいものです。



この試合でまた連敗。8月はこの試合でホームゲームは終わりなので、9/13のギラヴァンツ北九州戦まで待つしかありません。その間はセレッソ大阪(8/15)・栃木SC(8/23)、そして先述の群馬の振り替え試合が待っています。この後には天皇杯(8/30に長良川メドウで兵庫県代表と対戦)も控えているため、振替のおかげとはいえ、超過密スケジュール。しかも強豪セレッソ大阪も控えているため、3連敗になる可能性も控えており、このままではJ3の一枠確定と揶揄されるのではないかと・・・。
そうならないためにも、奮起してほしい。もう十分やってますアピールは結構。相手に打ち勝つ気持ちを見せない選手はいらないと正直言いたいです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0)TrackBack(0)

2014年09月23日

数的不利はどうにもならないのか

東京ゲームショウが行われた9/20、その日の夜はジェフユナイテッド市原・千葉(以下ジェフないしはジェフ千葉)×FC岐阜の一戦を見に行ってきました
今日(9/23)が仕事で見に行けなかったので、その代わり・・・といってはなんですが、丁度いい機会なので、初のアウェー観戦となりました(厳密に言うと、2009年の天皇杯で名古屋グランパスとの一戦を瑞穂に行って見に行ってますが、Jリーグになると今回が初になる)


SHL23_0777ジェフ千葉のあるフクアリことフクダ電子アリーナの最寄り駅は蘇我駅。JR京葉線・内房線・外房線の集約する駅です。ここって一応千葉市内になるのね(苦笑)。

ジェフの街ということで、駅中がジェフカラーになっていました。ここ以外も駅中にある自販機(外にあるのも同様)やコンビニ(NEWDAYS)もジェフカラーになっていました。かなり気合入ってました。



SHL23_0778駅前にあるジェフのモニュメント。



SHL23_0779そして、駅から歩いて約10分。800mくらい先にあるのが、今回のスタジアムであるフクダ電子アリーナ(フクアリ)です。



SHL23_0781スタジアム内部。
サッカー専用スタジアム(正確にはサッカー以外の球技でも使用できるように設計されている。ただし、見てもらうとわかるように野球は不可)になっているので、観客席とピッチが近い近い。陸上競技場をスタジアムにしていると遠いんですけど、ボールはそう飛んで来ないので安全ではあるんですね。
まぁしかしながらきれいなピッチですなぁ。管理がしっかり行き届いていると実感できます。将来岐阜がJ1に向けたスタジアムを整備しなければいけない時は、こういったものになるのでしょうかね。



SHL23_0783こちら、ホームサイドから撮った岐阜席。
アウェーってこんなもんだよなとは思っていたものの、ここまでなのかと。いつも長良川でアウェーの人達は大変だな・・・と思って見ていたので、今回の立ち位置は非常に寂しいものを感じましたし、数的不利も実感しました。しかも場所(アウェイ自由席)がここで合ってるのかとフクアリのスタッフに聞き返したほど
それでも試合開始時に見た時には、それなりに入っていたと思いましたよ。7276人だったのに。



SHL23_0782今回の試合インフォメーションボードには、岐阜のマスコットが。ミナモだけでなくプリニーまで描いてくれているではないか(泣)。よく調べてらっしゃる。



SHL23_0784今回はミナモも遠征。心強かったですね。できればプリニーも来てほしかった。ゲームショウの出展予定さえあれば・・・。日本一ェ・・・。



SHL23_0786こちら、フクアリ画伯と言われる人が描いた岐阜のイメージ画ともいえる代物。これから紹介する3つの絵を繋げると1つの絵になると思ってみて下さい。
何やら、ラモス監督がサッカーボールの上に足を乗せてお怒りの様子。一体何に怒っていらっしゃるのかというと・・・。



SHL23_0787ミナモと・・・。



SHL23_0788プリニー(笑)。
どうやら怠慢なプレーでもしでかしたのか、マスコット2名が正座してお説教を受けている様子を描いたものだったようです。
・・・って岐阜ってそんなイメージかい(ゲラゲラゲラ)!しかしテラシュール(苦笑)。



SHL23_0790試合開始前には、ホームの雰囲気を出そうとホームでやっているビッグフラッグを出して広げておりました。これはアウェーでもなかなか体験できないですね。それだけ勝ってほしいという試合でもありました。



SHL23_0791そんなサポーター達の思いとは裏腹に試合は1-0で負けとなりました。
前半15分に谷澤達也選手に得点を決められ、それがそのまま決勝点となってしまいました。今シーズンの岐阜にはよくあるパターンなのかなと。

最初岐阜はいい動きを見せていたので、行けるかなと思ったら、先述のゴール以降、ジェフの動きがものすごくよくなりました。緊張がほぐれたと言ってもいいでしょうね。それからはジェフに押されっぱなし。しかも56(後半11)分には益山司選手がこの試合2枚目のイエローカードとなり退場10人態勢で戦うハメになるという泣きっ面にハチのような数的不利な状況に置かれてしまいました。それでも失点を重ねなかっただけ昔の岐阜と比べたら成長したのかなと。昔ならたぶんボロボロになっていたでしょうから。逆にここから同点に追い付ける機会を失ってしまったわけですが。
もうちょっと頑張れば、引き分けにまでは持ち込めたかもしれないので、非常に残念でしたね。



で、今日の試合、長良川でロアッソ熊本と対戦していました。前回の一戦で悔しい思いをしているのでさぞや奮起してくれたはずと思って、結果を見ると・・・。


最終盤で大逆転負け。

(ノ∀`)アチャー。この前の愛媛戦と全く逆のことになってしまったのね。しかもリザーブでナザリト選手が復帰していたのに・・・
あまつさえヘニキ選手が累積4枚になったらしく、次戦以降出場停止になってしまったとのこと。これは痛い。変幻自在の守備の要がいなくなると岐阜の守備は崩壊しかねん。もう同じ位置にいたスティッペ選手(現長崎)を放出してしまった今、ヘニキ選手の代わりは事実上いないので、次戦以降立て直しができるのかが課題ですね。まぁ、ナザリト選手と三都主選手が復帰してくれただけ御の字としましょうか。


このまま崩れてしまうのか。今までの岐阜に戻ってしまうのか。ここからが正念場だぞ、FC岐阜!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)TrackBack(0)