2021年09月29日

あさくまのコーンスープでスパゲティ

SHV47_1598先日、ローソンで「あさくま監修コーンスープパスタ」を買ってきた中部地区のローソン限定商品になります。
あさくまは、東海4県(愛知・岐阜・三重・静岡)をはじめ、関東圏(東京・埼玉・神奈川)・京都・岡山に全67店舗展開しているステーキハウスで、もうすぐ創業75年になります(創業は1948年)。
今回は、あさくまのキモとなるコーンスープをフィーチャーした商品になります。あさくまはステーキがもちろん有名なんですけど、コーンスープも知られた名物で、レトルト商品としてスーパーなどで販売しているんですよ。



今回の商品は、いわゆるスープパスタとして作られており、コーンスープのスープ感がしっかりとは出ていますね。少々コショウの利かせ過ぎな感はあるのかもしれないですけど、さすがにコーンスープそのままの味ではパスタとしての味が成立しないと判断してのことでしょう。コーンスープとコーンの甘みを引き出せる思わぬ効果はあったようですし。細麺のパスタと絡みやすくてなかなか美味いのよね。
一緒に入っている具の中でコーン以外だとベーコンの塩気がいいアクセントになっていました。ただ甘い一辺倒にさせなかった立役者の一つでもあります。コショウを利かせていたのは、このせいもあるのかもしれない。あときのこも入っていますけど、存在感は薄め(苦笑)。


あさくまのコーンスープが好きな人には、少々違和感があるのかもしれないですが、(コーン)スープパスタとして見れば、非常によくできた味だと思うので、コラボ商品のことは忘れて頂いてほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:28Comments(0)

2021年09月21日

お、オマエのせいだったのか!?

SHV47_1584今回紹介するのは、「がっつり×ヘルシー 国産豚もつ煮込み×豆腐」という商品
・・・どこかで聞いたことがあると思った人は鋭い。この商品は、以前紹介した「がっつり×ヘルシー 牛すじぼっかけ×豆腐」の兄弟分的なもののようです。『兄弟分的なもの』と書いたのは、今回の商品が、むつみという会社の手掛けるものだからです。前の商品はハギワラという会社が手掛けているので、なぜ違うのかがわからない。もしかすると、ローソンの商品扱いなのかなとも思ったのですけど、ラインナップに無いんですよね・・・。
そしてもう一つ、この「がっつり×ヘルシー 牛すじぼっかけ×豆腐」に関する記事を昨年末に載せて以降、なぜかコンスタントに見られているんですよ。時にトップに躍り出ることも。もしかすると、今回紹介する商品を検索してたどり着いたんじゃないかと思ってもいます。

ちなみに、これらの商品を出したハギワラもむつみも、豆腐を商品の柱としている会社です。それゆえに「がっつり×ヘルシー」の名を冠した商品を出せるのでしょうね。



さて、色々推論を立てていても仕方ないので、味を確かめてみましょう。今回は、以前の反省ということで、豆腐も中の国産豚もつ煮込みも湯煎で頂いております。実は、どちらも湯煎ではなくレンチンでやるように指示されているのですけど、どうもレンチンだと豆腐がしっかり温まらないんですよ・・・。

その味は、意外なことに「がっつり×ヘルシー 牛すじぼっかけ×豆腐」よりも味がいい。恐らく違う会社が手掛けているからというのが最大の理由なんでしょうね。豚もつ煮込みの味付けがやや濃いめになっているものの、薄過ぎないので、豆腐と食べても豆腐のあっさりさに負けていないんですよね。前は豆腐のあっさり味に乗っかっちゃった感じになって、ものすごく薄く感じたので、なおのこと。ただ、あくまで味付けなので、素材の味そのものは、やはり薄いかなぁ・・・。


「がっつり×ヘルシー 牛すじぼっかけ×豆腐」よりもマシな味というのが結論。湯煎でやった方がいいのでしょう。なお、レンチンでは500Wで2分なので、これより少し長めに湯煎すればいいと思います。それか豆腐だけ湯煎でもいいのかもしれないですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:19Comments(0)

2021年09月13日

潔いのか?

SHV47_1557先日、ローソンで「厚切りハムカツサンド」を買ってきた
こちら、分厚いハムカツが入ってるのですけど、ローソンってファストフーズで「贅沢厚切りハムカツ」というのがあるんですね。あれをそのまま挟んだ・・・と思ってたけど、ちょっと衣の薄さとか大きさが違うんですよね。



で、ハムカツは肉厚なので、意外にも肉を食べた感じは強い。しかしそれ以外が無いのだ。
一応千切りキャベツが入っているらしいのですけど、その千切りキャベツは心許ない量で、ホントに入っているのとツッコみたくなる(苦笑)。味も甘酸っぱめのマスタードの利いた味だったので、ちょいと単調な感も。とはいえ、今回食べたのは温めずに食べたから、温めるとまた違うのかもしれない


潔くかつ肉を食べたい人ならそこまで気にならないのかもしれないけど、野菜が欲しい人は、先述の「贅沢厚切りハムカツ」と「ミックスサラダ」というカット野菜を「Lチキバンズ」に挟んで頂くことをオススメします。案外同じくらいの値段で野菜も食べられる(今回の商品が348円(税込)なのに対し、今回紹介した3商品の組み合わせで計340円(税込))ぞ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2021年09月09日

中二病感あふれる名称なのに

SHV47_1556こちら、ローソンで発売中の「からあげクン 光と闇のクリスタル味」「ファイナルファンタジーXIV」とのコラボ商品ですが、光と闇のクリスタルに掛けた名前とはいえ、何とも中二病をくすぐるものですなぁ・・・。
・・・と思ってたら、下に何か名前が残ってるぞ。おい、『ペッパータルタルソース味』とかあるぞ!
そうなんです。この商品のPOS登録上での名称は、「からあげクン ペッパータルタルソース味」『光と闇のクリスタル味』は、さすがに商品名としてマズイとローソンが判断した可能性が高いです。この根性無し(ギャハ)!<やめてあげて!



犬と猫の出来損ないロボットがドラえもんという中二病テイストな設定(実はホントにあった設定)ならば、光と闇の味の出来損ないが今回の商品という中二病テイストな設定・・・ということにならないように、美味しいことを願うのみですわ。

・・・で、今回敢えて開けた状態にしておいたのも、「闇のペッパーフレーバー」とか「光のタルタルソースフレーバー」とか書いてあるから、もう光と闇の味の出来損ないが今回の商品という中二病テイストな設定にしたいんじゃないかと思っちゃったわ(爆)。
・・・味だよね?悪くはなかった。しかし、私には光が強過ぎた(ニヤニヤ)。それ以上は語らまい。だからこそ、『(ペッパー)タルタルソース味』でいいや(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2021年08月24日

レッド×レッド 後編

SHV47_1522さぁ、買ってきたぞ。「Lチキ レッド」(左)と「Lチキ カミソリレッドソース味」(右)。
見た感じは、かなり違っています。「Lチキ カミソリレッドソース味」の方が、見た目は黒っぽくなってます。さしずめ焦げた感じ(苦笑)。
なお、Lチキの衣には米粉が使われているので、サクサクさは折り紙付き。となると、問題は味に自然となってくるわけです。



まずは、「Lチキ レッド」。
確かに辛い。「からあげクン レッド」とほぼ同等の辛さかそれより上かもしれない。また衣のサクサク感と中のジューシーさで辛さが引き立つのもポイント。「からあげクン レッド」ではそこまで感じられないのよね。

では、「Lチキ カミソリレッドソース味」をば。
・・・うわ、最初は大したことないと思ってたけど、しばらくして来たぞ(笑)。
実は中(鳥皮と肉の間)にジョロキアを使ったソースを仕込んでおり、それが舌に馴染み出すと辛くなってくるんだよね(汗)。衣そのものも辛く仕立てられているはずなので、人によっては「Lチキ ハニーメープル味」という何の因果か仕込まれたかのような味付けのLチキを一緒に食わないといかんかな(ニヤニヤ)。


美味いけどヤバいぞ、これ。辛い物が苦手な人には「Lチキ カミソリレッドソース味」は厳しいものになるかもしれない。美味いのに、美味いのに・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:58Comments(0)

2021年08月17日

レッド×レッド 前編

SHV47_1514ローソンで「からあげクン レッド」(左)を大型にした「でからあげクン レッド 辛さ×2倍味」(右)が発売されました。
この商品は、「からあげクン」を1.4倍にした「でかからあげクン」の一つで、辛さ(カプサイシンの量)に関しては「からあげクン レッド」の2倍にしているとのこと。
デカくなっただけじゃなくて、辛さまで変えてきやがった。これはかなりヤバそうだ(ニヤニヤ)。



「からあげクン レッド」自体は、まぁ辛いのかなと思うくらいで、ことさら辛くて辛くて仕方ないというふうでもないのよね。普通に美味いので、たまに買って食べてますけど、最近はセブンイレブンに行く機会が増えてしまったので、ご無沙汰しておりました。だからかもしれないけど、いつもより美味く感じたセブンイレブンはファストフーズが弱いので、攻めるならここだと思ってますよ。

じゃあ「でからあげクン レッド 辛さ×2倍味」はというと・・・。
・・・思ってた以上に辛くないな(ギャハ)。後からピリッとした部分は感じられるのですけど、何個か食べてやっと感じるというふうなので、神経を研ぎ澄まさなければ正直わからないレベルではあります。
ただ、どちらも揚げてからしばらく経ったものだったので、揚げたてなら少し感覚が変わってくるかもしれません。結構来るときもあるからね。


さて、前編と書かれてるぞ(苦笑)。そうです、後編があるのです。後編は「Lチキ カミソリレッドソース」を紹介予定。忘れてなければな(ギャハ)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:46Comments(0)

2021年08月07日

【優しい】故郷に帰れない人達に思いを寄せて【粋だね】

SHV47_15008/3に発売された、サンヨー食品の「8番らーめん監修 野菜らーめん 塩」ローソンでのみの販売ですが、メインである北陸地方だけではなく、全国での展開になりました。なお8番らーめんは、北陸3県の他に岡山県・愛知県・長野県にあります。海外にもタイ・香港・ベトナムにあるそうです。

どうして全国展開になったのかというと、このご時世が影響しているそうです。新型コロナウイルスが再拡大している中で、今年こそは帰省しようと思っていた人達も断念ないしは延期というふうになったかもしれません。また外食にも行きたいけど行けないという人達のためにも何とかできないかと、8番らーめんのある株式会社ハチバンが動いてくれました

今回は人気商品の「野菜らーめん塩味」をカップ麺にしたそうで、8番らーめんのシンボルであるハチカマというかまぼこを再現し、青丼という青い器をパッケージで模しております



そういえば、北陸に行った時でも8番らーめんは食べたっけかな・・・と思っておりましたけど、多分食べてない美味しいらしいという話は聞いているのですが、はてさて。


今回のカップ麺は湯戻し5分ということです。なので麺は硬めかなと思ってたら、やはりやや硬め。でも湯戻しに失敗している硬さではなく、コシのある硬さだと思います。
スープに関しては、塩味が思っていた以上に濃く、仕上げの小袋を入れなくとも十分に美味しいです。塩味だけじゃなく、野菜の風味も味わえて深いんですよね。
具は結構豊富で、キャベツ・にんじん・もやし・かまぼこ・豚肉が入っていて、恐らく本家にも引けを取らないものになっているでしょうけど、やはりかまぼこでしょう。あのハチカマがこれでもかと入っているので、故郷を思う人が見たらむせび泣くに違いない(ニヤニヤ)。


総じてバランスがいいものに仕上がっていて、野菜をたくさん食べたい人には特におすすめできるものになっています。塩味は濃いけど、濃過ぎてしょっぱいということも無い。そして、麺は好みが分かれるかもしれない。それでも心意気を思えば、十分に美味しいです。感謝しかありません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:34Comments(0)

2021年06月24日

真っ黒やんけ!

SHV47_1398不良品よ!不良品よ!
・・・と、昨今のコンプライアンスの厳しい今、言われかねないんじゃないかと思うほど真っ黒な衣をまとっているのが、今回紹介するローソンから販売している「からあげクン 濃厚ソース味」
こちらは、日清食品の「日清焼そばU.F.O.」とのコラボ商品で、あの濃厚ソースをぶっ掛けて揚げたものなのです。だからあんなに真っ黒だったわけですよ。



しかし、こんなに真っ黒で大丈夫なのかと思いますわね。ホントは焦げてるんじゃないのと疑いながら頂くと・・・。
ああ、あのソースの味がそのまんま伝わってくるわ(爆)。
もうそれ以上でもそれ以下でもないんですけど、あのソースの濃厚かつ甘味と酸味とほんのりピリッとスパイシーな味わいが、からあげクンの衣にしっかりまとわっているんです。からあげクンそのものにも合うんですね。まぁ、元々何でも合うように設計されているんでしょうけど(ニヤニヤ)。


見た目は最悪なので、焦げてるとか思って敬遠するのは、もったいない。あのソースの味わいが嫌いじゃなければ、是非ともどうぞ召し上がれ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2021年06月22日

岐阜タンメンがおにぎりと丼になった!

SHV47_1354岐阜県を中心として食べられている「岐阜タンメン」。お店の名前も岐阜タンメンだったかと思うのですが、その「岐阜タンメン」をおにぎりと丼に仕立ててくれました
この商品は、中部地区のローソンで販売しており、上が「岐阜タンメン監修 ギフタン丼」、下が「岐阜タンメン監修 辛味噌入り!岐阜タンメン風おにぎり」となっています。

「岐阜タンメン監修 ギフタン丼」は、テイクアウト限定で販売している「ギフタン丼」をアレンジしたものになっています。
「岐阜タンメン監修 辛味噌入り!岐阜タンメン風おにぎり」は、「岐阜タンメン」のスープで炊いたご飯に辛味噌で炒めた豚挽肉炒めを具材にしています。



まずは、おにぎりから。
おにぎりはスープの味をまま感じたことは感じたんだけど、やや薄い具も少ないのかあまり感じられず、この合わせ方はよろしくなかったのかなと。うーむ、もったいない。

そして、丼なんですけど・・・。
コイツが結構美味かった。豚バラ野菜炒めが正しく「岐阜タンメン」で、にんにくの利いた具の味わいそのもの。ご飯は白飯だったこともあり、非常によく合っていました。そこに一緒に入っている辛味噌を合わせると、ものすごく辛い味わいになるのも、正しく「岐阜タンメン」の味ご飯で「岐阜タンメン」を味わいたい人には、理想的な作りと味じゃないかと思うのではないのでしょうか。


是非とも、「岐阜タンメン監修 ギフタン丼」を味わってほしいです。そして、「ギフタン丼」食ってみたいわ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2021年05月29日

高山発の冷しつけ麺

SHV47_1245まだ5月だというのに、西日本では本格的な梅雨に入り、晴れると北日本を除いて30°C近い温度になっております(実際に東京は30°Cになったそうで)。
そんな時に食べたいのは、冷やした麺類。そこで中部地区のローソン限定ではございますが、こちらの商品を紹介。それは「豆天狗監修 冷しつけ麺」です。
豆天狗は岐阜県高山市にある中華そばの店。中華そばに関しては、随分昔に紹介したことがあるのですよ。

スープ代わりのつけ汁と麺をほぐすためのほぐし汁が付いており、具はメンマ・ねぎ・チャーシューだけというかなりシンプルな一品です。逆にシンプル過ぎて心配になってきた(苦笑)。



その味はというと、昔ながらの醤油ベースの鶏ガラと煮干しをきかせた旨みのあるスープ仕立てのつけ汁は、結構濃いめの味醤油のような塩辛いかつ酸味のある味というのが一番の感想。そこまでしておかないと、麺に絡まない(絡んでも薄い)んでしょうね。ただ、これが太麺にがっちり絡んで、麺のもっちり感と合わさって美味いんだよね。全くもって不思議だ。あれだけの味になってると、大概失敗するのにね・・・(苦笑)。
まぁ、具の部分に関してはノーコメントで(爆)。ただ、チャーシューは柔らかくて美味かった


値段が少々お高め(530円(税込))なので、そこの部分を絡めると評価を厳しくしないといけないのかな。つまり、悪くはないけど強く薦められないというふうです。ああ、もったいない。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:41Comments(0)

2021年05月26日

ひと手間掛けた唐揚げ?

SHV47_1243今回紹介するのは、ローソンの「鶏皮包み 七味唐辛子」「からあげクン」とは違い、本格的な唐揚げですが、4個で200円(税込)なのよね・・・。
ただ、本格的な唐揚げとは書いたものの、鶏皮の下に七味唐辛子を埋め込んでいるため、少し加工を施しているんですね。鶏皮も全体ではなく上の部分だけなので、包んでいるというのも語弊があるような気が・・・(苦笑)。



しかし、味のよさには語弊は無い(キリっ)!<決まったような言い方しやがって。
まず、唐揚げのジューシーさは、「からあげクン」では得られない美味しさ鶏皮もあるので、脂の美味さも美味しさの一つになっているんじゃないかなと思います。加えて中に入っている七味唐辛子の辛さが、脂っぽさを感じさせないものになっており、単調な味わいを変えてくれる原動力になっているのです。


そのまま食べてもいいけど、ご飯のおかずにピッタリな一品だなと思っています。辛いのが苦手という人も、ほんのり辛い程度だと思うので、ご飯と食べれば違和感を感じにくくなるでしょう。美味しいので、是非ともお昼ご飯の時のお供にでも・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:53Comments(0)

2021年04月24日

麺屋はなびの冷し担々麺

SHV47_1088こちら、今週発売されたローソンの「麺屋はなび監修 冷し担々麺」。こちらは、中部地区のローソンでのみ販売されている限定商品でもあります。
見た感じでは結構具沢山で、挽き肉・玉ねぎのみじん切り・香菜・ねぎなどです。



こちら、スープに関しては担々麺という名前の割にはあまり辛くない練りごまやすりごまの入ったごまの香りあふれるものになっているからというのが最大の要因なんでしょうけど、これだけならクリーミーで終わってしまうでしょうね。
だからこそ、一緒に入っている具が印象的でもあるわけで。中でも挽き肉は単体の中では一番辛めの仕上がり。そして少ししょっぱい味わいもあって、この商品のメインコンテンツなんだと痛感。さらに、一緒に入っている花椒(ホアジャオ)を振り掛けると、まぁわかりますよね(ニヤニヤ)。痺れる風味のおかげで挽き肉の辛味がさらに感じ取れるわけです。
それ以外に入っている玉ねぎなどは歯応え(アクセント)レベル。味にはそう左右されてくることはないですね。


いやはや麺と絡むとクリーミーなスープの美味しさをまとっていいね。辛さも倍増だけど(爆)。これは是非とも頂いてほしいです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:21Comments(0)

2021年04月16日

緊急ミッション:出雲カラ帰還セヨ! 前編

4/4に開催予定だったガイナーレ鳥取×FC岐阜の試合は、岐阜の選手から新型コロナウイルス感染者が出た影響で中止になりました。この試合は4/21に決定となりましたけど、まだ予断を許さない状況ではあります。岐阜県の感染者数も増えてますからねぇ・・・。


で、以前にも書いた通り、中止を知ったのは山陰地方に向かう夜行バスの中できれば色々行きたいなとも思っていたのですが、結構大変な道のりなのは、薄々わかっていたので、どうやって帰ろうか算段はしていました。


SHV47_1029そして着いた出雲市駅。JRと一畑電車(駅の名前は市電出雲市駅)の駅になります。出雲市のシンボルとなる出雲大社を思わせる高架駅になっています。
駅構内には待合室があり、テレビも置いてあるのですけど、たいていそこで流れているのはNHKだったりするんですよ。ところが、そこで流れていたのは、さんいん中央テレビというフジテレビ系列のテレビ。何でやと思ったのですが、そういえば元々はテレビしまねという島根県の県域局だったんだよね・・・(後に電波の相互乗り入れで鳥取県も放送エリアになった)。
ちなみに、本社は島根県松江市にあり、出雲市は支社扱いになっています。ということは、松江駅の待合室も、さんいん中央テレビの流れるテレビが置いてあるのか・・・。



SHV47_1031駅前には、「からくり楽器」という時計があり、定刻になると大和風の髪型と衣装を着た人達が、なぜか洋楽器で演奏するというシュールな姿が見られます(苦笑)。しかし、この日は雨だったためお休みだった。うーむ残念。

「からくり楽器」のあるからくり楽器広場は、グレートガーデン出雲の一角にあり、2001年に整備されたそうです。



SHV47_1030さて、腹が減ったので飯を買おう。


まずは、トイレを借りがてら買ってきたローソンの「大山どりのそぼろ煮」。鳥取県の大山の名を冠した鶏を使っているんですね。



味は甘辛の中の甘めの味付けで、一味唐辛子の味わいはあまりなかったけど、ご飯にはよく合う甘辛さになっておりました。


SHV47_1034そして、駅構内にあるセブンイレブンで「阿波尾鶏の炭火焼」(右)を買った。こちらは四国の徳島県発の商品ですね。「海賊むすび」(左)も買ったよ。こちらは山口県の名物ですな。



「阿波尾鶏の炭火焼」は、炭火の香ばしさと甘だれの濃厚さ、そして鶏肉のジューシーさが伝わってきた。美味いです。


いよいよ名古屋に向けて帰るミッション始めていきます。本来なら鳥取まで行って、そこからAxisバードスタジアムに向かうはずだったのですが。とほほ。
・・・と思ってたけど、実は途中までは同じルートになってしまった(笑)。最初は出雲市駅から米子駅まで乗った後は、倉吉駅までの列車に乗り継ぎ、さらに鳥取駅まで乗り継ぐという細やかな乗り継ぎを経て来たのですよ。最初の乗り換えで少し待たされたので、今停まってる列車でいいのかとか心底不安になりましたわ・・・(汗)。


次回は鳥取から一気に姫路まで行きます。今回は、できる限り早く確実に帰れるように『オプション』を投入しています。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2021年03月31日

麺屋はなびの担々麺

SHV47_0994こちら、ローソンで販売している「麺屋はなび監修 花椒(ホアジャオ)香る担々麺」中部地区のローソンで販売している地域限定商品です。
麺屋はなびというと、「台湾まぜそば」が有名ですけど、元はラーメン屋なので、今回のようなものも「濃厚担々麺」として提供しているんですよね。

今回の商品は、練りごまとすりごまがたっぷり入ったものになっているそうです。



花椒が入っているので、しびれが強いとか辛味があるんじゃないかとか思っていたんですけど、その点はほぼ感じませんでしたよほど辛いのが苦手でない限り、辛いとは思わないんじゃないのかな。
全体的な味は、こちらも商品の中に書いてある通り、クリーミーな味わい。これは先述のごまのせいでしょうね。2種類のごまと赤い辛いスープをよく混ぜると、辛さの中にもごまの風味がしっかり利いたコク深いものになっております。同時にひき肉の旨味も感じられ、全体のバランスも辛いだけじゃないごまの風味が立ち過ぎない、いい塩梅の味わいになってくれます。これだけバランスがいいのも麺屋はなびの店主の賜物ですわ。


実は、麺屋はなびには行ったことが無く、「台湾まぜそば」自身も卵入りのため食べたことが無いんですよね。だからこそ、アレンジメニューでもサブメニューでも、手軽に食べられるのはうれしい限りです。美味いよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0)

2021年02月24日

高田ではなく田中監修

SHV47_0910ローソンで販売中の「串カツ田中監修 ハムカツサンド」。
こちらは、串カツメインの居酒屋として全国展開している串カツ田中とのコラボ商品で、ハムカツサンドと玉子と合わせたポテトサラダサンドが入っています
ちなみに、コメディアン・タレント・俳優の高田純次さんはハムカツが大好物今回のような商品を見掛けたら、即座に買っているのではないかと思います(ニヤニヤ)。何だったら、監修してほしいよね。地域限定でいいから(笑)。



まずは、メインのハムカツサンド。
ハムカツは、ソースにしっかり漬かっているかなと思えるのに、衣のサクサク感は失われていません肉厚でもあるので、食べ応えも十分にあります。そして何よりサクサクしたキャベツに酸味の強いソースの味わいの絶妙さ濃いながらもしつこくなく、キャベツにもハムカツにもしっかりと合っているなぁと。
ハムカツサンドの間に挟まれた格好にあるポテトサラダサンドを頂きましょうか。
こちらはこちらで、玉子の味わいがありながらも、ポテトのねっとりとした味わいが口の中で広がって、これもこれで美味い。酸味と濃い味のソースサンドを食べた後なので、ねっとりながらも口直しにピッタリなあっさり味になっています。


まぁまぁヘビーなサンドイッチでもあるので、お昼ご飯に丁度いいかなと。これにカップサラダがあると栄養バランス的にも丁度いいかなと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:16Comments(0)

2021年02月22日

なーんか伸びてるなぁ・・・と思ったら

SHV47_0907私、記事を書く前にアクセス解析をすることがあるのですけど、7年前の記事が妙に伸びているなぁ・・・と思ってたんです。
その疑問が先日解決しました。ローソンで「北京本店監修 北京飯」を再販していたからです。あの「北京飯」が、7年の時を経て帰ってきたのよ。
・・・まぁ、基本的に再販品のレビューはしないので、これでおしまい(ギャハ)。



・・・というわけにもいかんか(ニヤニヤ)。


味だけさらりと書いてしまおう。
味に関しては、前と変わらず濃いめの味。しかし、味の膨らみと複雑さが少し増したかなと。豚の唐揚げは、カツを揚げた感じに思えるのだが、いかに・・・。
卵のふわトロ感が増したことで、味のよさが引き立ってきたのかな。前に比べて美味しくなったと思えます。いつか本物を食べてみたいと思いますが、三河安城に行く用事がない(爆)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)

2021年02月13日

【セブン】味噌煮込みうどん対決ができそうだ【ローソン】

名古屋の定番である味噌煮込みうどん。年中食べられる一品なのですが、こと寒い冬の時期に食べると一番美味いと思う。そんな味噌煮込みうどんがコンビニで売られないわけがない。

今回はセブンイレブンとローソンで見掛けたので、買ってきた。ファミリーマートやミニストップには無いんだよね・・・。


SHV47_0881最初は、セブンイレブンの「東海名物 味噌煮込みうどん」
東海名物とは書いてあるものの、販売エリアは愛知県のみという謎の商品(笑)。名古屋名物としたかったんでしょうけど、後述の商品によって阻まれたのではないかと推測
八丁味噌を使っているとのことなので、ちゃんとした愛知の赤味噌を使うという第1段階はクリアかな。具はかまぼこ・揚げ・鶏肉・ねぎと定番の一品揃いで、そつがない。



SHV47_0897一方、こちらはローソンの「みそ煮込みうどん」
『名古屋名物』と冠しており、寿がきや食品の「みそ煮込うどんスープの素」(「寿がきや調味の素」表記)を使用しております。寿がきや食品が、この商品に『名古屋名物』と冠しているので、商品名になっているのであれば、セブンイレブンの商品に『名古屋名物』が名乗れなくなったんでしょう。
こちらは、寿がきや食品の商品を取り込んだので、名古屋人の琴線に触れるという第1段階はクリアかな(ニヤニヤ)。
具はセブンイレブンのものと同じ・・・かと思いきや、一つだけ違う品がありまして。それは椎茸が入っている点。味に深みが増すという点で入れたんだろうなぁ。



さて、味はどう違うのか。お昼ご飯を兼ねて頂きましょう。


まずセブンイレブン。
・・・おわっ、味噌の味が濃過ぎる(笑)。愛知県民でも濃厚に感じるくらいの味噌の濃さ。これは八丁味噌のせいだな(ニヤニヤ)。渋味の中に甘みのあるあの味噌がメインに攻めてきております。
そのせいか、かまぼこやねぎ以外は何もかもが濃いめの味付け。特に麺は太くて硬めのものなのですけど、味噌が麺に思いっきり染み込んでおり、これは長時間煮込んだ痕跡を残しやがったなと思えてならんのですわ(汗)。でもね、それが嫌味に感じず、むしろこの染み込み具合だよとうなずいてしまったほど。
意外と味噌煮込みうどんって値が張るのよ(苦笑)。だから、手軽に本格的なものを味わえるんじゃないかと思ってしまったよ。

そしてローソン。
こちらは、味噌の味がまろやかだなぁ。セブンイレブンのを食べた後だからそう感じるのかもしれないが、この手の味に慣れていない人には濃い目の味付けだろうね。
しかし決定的な違いがあるのは、椎茸の味わいでまろやかさが引き立つのと、麺が味噌のつゆに染み込んでいないところか。恐らく下茹でしたうどんを最後に調整的な意味で入れてひと煮たち・・・というふうで作ったんでしょう。麺の硬さ・つるっとした食感はよかったんですけど、味が染み込んでいないので、存在が浮いてしまうんだよね。味は悪くないのにもったいない。麺も一緒に煮込んでしまえばよかったのに・・・。


というわけで、セブンイレブンが意外にも名古屋の味を本格的に作り上げたので、こちらに軍配を上げようと思います。名古屋人以外には、何だこれ濃過ぎると思われるかもしれませんが、名古屋人から言わせれば、これくらい濃くでも酷じゃないんです。むしろしっかり再現したと評したいくらいです。ローソンのも頑張ってたんですけど、麺の煮込みで失敗したって感じでしょうか。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:34Comments(0)

2020年12月14日

がっつりねぇ、ヘルシーねぇ・・・

SHV47_0734今回紹介するのは、「がっつり×ヘルシー 牛すじぼっかけ×豆腐」です。栃木現小山市にあるハギワラというところで作っているようです。近所のローソンで買ってきました。
この商品は要冷蔵で売られているのですけど、中身はパックに入った豆腐とレトルトのぼっかけがそれぞれ入っていますレトルトの方は数ヶ月もつのですけど、豆腐の方が足が早いため、豆腐の方に賞味期限を合わせてあります



ということで頂きました。
結論から言うと、味が薄いなぁと。量もがっつりというよりイマイチだし(多いとは思えない)。
ぼっかけの味がもう少し濃くてもいいかなと思いましたね。濃くしすぎると塩気が増えるとかあるんでしょう。それでも豆腐と合わせるなら、なおのこと濃いめにしないと美味しく感じられなくなるでしょう。
その豆腐は、絹ごしのごく普通の豆腐なんですけど、温める時に電子レンジゆえか芯までしっかり温まっていないんです。これは電子レンジの構造的な欠陥なんだろうなぁ・・・。所定時間の2分以上でやったのにもかかわらず、芯の部分が冷たいので、レンチンはかなり気を使わないといかんでしょう。

ゆえに、豆腐も湯豆腐のようにお湯に入れて温める、レトルトの方も、湯煎して温めた方が、味が薄いことを考えると、しっかり温めれば美味しさが増すかなと思っているので、そちらの方がいいかもしれません。どちらも時間は長めがいいかも。豆腐は湯気が出るくらいの、名古屋弁でいうところの『ちんちこちん』がいいでしょうね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2020年12月06日

あのチキンのサンドウィッチ

SHV47_0732今回紹介するのは、ローソンの「がブリチキン。監修スパイシーチキンサンド」中部地区のローソンでのみ販売される限定商品です。
がブリチキンは愛知県を中心に展開する鶏唐揚げを中心とした居酒屋で、東海・関東および東北・北陸・甲信越・関西・中国・九州の一部、中国(上海)に展開しています。
ちなみに、描かれている千鳥足をしていそうなキャラ(苦笑)は、マスコットのがブ吉というのだそうな。



味に関しては、スパイシーさはあるあるんだけど、何か物足りない感じ。
スパイシーさはあっても、脂が少し抜けてしまっているのではないかと思われるほど、パサっとしていました。少し温めないといけないと思って温めたのがいけなかったのかと思うくらいに。


もっとジューシーなら美味しいんだろうなと思いながら頂きました。実際、ここのチキンは、唐揚げで頂いたことがあるんですけど、カラッとしていながらジューシーで美味しいんですよね。もっとその部分が引き出せていれば・・・と残念でなりません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:22Comments(0)

2020年11月30日

香川に行ってきたのです

先日、カマタマーレ讃岐×FC岐阜の試合を見に行くために、夜行バスで向かいました。今回は珍しく土曜開催だったので、帰りも夜行バスでゆっくり帰って来れました。過去3回日曜開催で、帰りはせわしなかったからね。


SHV47_0699そんなわけで、まずは行き。滋賀県にある土山サービスエリアにて。
そこにあるセブンイレブンで、「一番だしで炊き上げた かやくごはんおむすび」(左)と「ねぎと食べる 冷製甘辛鶏唐揚げ」(右)を買ってきた。「一番だしで炊き上げた かやくごはんおむすび」は近畿地方限定の商品でした。



「一番だしで炊き上げた かやくごはんおむすび」は、関西らしい薄めの味わいのかやくご飯になっていて、野菜(根菜類、特にごぼう)の味わいがじっくりと伝わってきます。これはホッとできていいですね。

「ねぎと食べる 冷製甘辛鶏唐揚げ」は、思っていた以上にピリ辛ではなく、濃い味わいの唐揚げになっていました。これはねぎのシャキッとした食感を楽しむものかなと。それでもご飯でもお酒でも合う品物だと思いますから、見掛けたら是非とも。


SHV47_0700トランジットの徳島にあるローソン鳴門インター店に着いた。隣はコトバス(琴平バス)の営業所があるのです。
そこで買ってきたのは、「ばくだんおにぎり」
中は、ツナマヨネーズ・鮭明太マヨネーズ・昆布佃煮の3つです。



・・・うーむ、味としてはバラバラになっているというより、三位一体になってしまって味がごちゃごちゃになっていた感が。山口県の「ばくだんおにぎり」は、何だかんだで上手くまとまっていた感があるわい。もちろん、味の一つ一つは決して悪くありませんので、あしからず。


その後、宇多津駅で途中下車前は丸亀駅まで行っていた気がするんだけど、乗り換えの面とかで便利なのかね?確かに、宇多津駅も特急が停まったはずだけど・・・。

まだ朝8時過ぎだったので、あそこに向かうことに。そう、讃岐塩屋駅から降りてすぐのところにあるうどん屋の岡じまに。


SHV47_0701そこで頼んだのが、秋から冬に掛けての期間限定メニューである「しっぽくうどん」
「しっぽくうどん」とは香川県の秋・冬の風物詩で、最近は年明けうどんがもてはやされているものの、このしっぽくうどんが年越しそば代わりに食べる風習もあるのだとか。
見てわかる通り、たくさんの野菜(根菜類)が入っており、写真のように里芋を入れるところもあるのだとか。最近では鶏肉などを入れるのだそうで。
ちなみに、『しっぽく』は『卓袱』と書き、長崎県の「卓袱料理」とほぼ同じルーツなのだとか。大皿で出す宴会料理から来ており、その料理の中にうどんがあったので、「しっぽくうどん」となったそうです。



味は、薄味のだしが美味い。恐らくいりこだしかみりんで整えただしなのでしょう。これと野菜がマッチしていて、お互いを引き立ててくれます。そして鶏肉の味わいがアクセントになって、野菜には無い味の濃さを与えてくれます。もちろん、うどんも程よいコシがあって美味かった。
ここはホントに美味いわ。次いつ来れるかわからないけど、駅近なのですぐ行けるのがいいね。


SHV47_0715時間は巡って帰りの話。


Pikaraスタジアムから数kmあるJRの金蔵寺駅から列車に乗って琴平駅に。そうです、こんぴらさんに再び上ってきたのです。往復1時間という強硬軍でしたけど、FC岐阜の昇格のために汗を流してきたよ。<そういって三峯神社に行って降格したチームって同じじゃなかったっけ(ニヤニヤ)?
・・・そんな帰りの折に撮った、琴平町の暮れなずむ姿。いい景色だわ。



SHV47_0717さらに、夜にライトアップされた提灯群
一之橋という橋のそばにあります。丁度トイレに行きたかった時に見掛けたのは内緒だ(爆)。



SHV47_0721何だかんだで4時間くらいの時間を琴平町で潰せましたわ(笑)。
帰りのバスで晩ご飯代わりに買ってきたのが、セブンイレブンの「カニカマスティック」というパン。



これは、味がカニカマで支配されたわ(笑)。カニカマサラダを乗せたと言ったらいいのでしょうか(実際は、カニカマポテトサラダが乗っている)カニカマの味だけでなく、からしの風味もなかなかのものでした。これはクセになる味わいだと思っております。


帰りのバスは、コンセントが無いので焦ったのは、以前書きましたけど、実際は半地下になっているトイレの天井部分は座席が無いのですが、そこにタップ式のコンセントを用意していたんですわ。でも数が無いので、早い者勝ちになってしまう有様。とはいえ、高松駅までワイ一人だったからなぁ(汗)。


四国は奥が深いと思います。来年もどこかに行きたいですね。たぶん最有力は愛媛だろうなぁ(苦笑)。松山になるのか、今治になるのか・・・。<今治なら来年も香川に行けるね(ニヤニヤ)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:38Comments(0)