2021年05月14日

【困った】春の、やみつきうどん【無いぞ】

SHV47_1197少し前から、丸亀製麺で「春の、やみつきうどん」のCMをやっておりました。その中の「豚キムチぶっかけうどん」を食べたかったのですよ。
でもね、対象店舗を調べてみると、近所の店はやってない(泣)!どうもイオンモールなどイオン系の丸亀製麺は軒並みアウトらしい。この商品、フライパンで豚キムチを炒めるという調理があるからなんでしょう。確かイオン系の厨房には電気コンロは無かったからね。

ということで、この商品はアツアツの豚キムチをぶっ掛けうどんに乗せるというもの。さらにそこにマヨネーズも入れるのですから、かなり濃厚なうどんになりそうです。
なお、温冷どちらも可能とのこと。温かいうどんにアツアツの豚キムチはいいかもしれないけど、冷たいのにアツアツの豚キムチって合うんかいねぇ・・・



とか何とか思っていたけど、これは美味いですわ。今回は昨今の暑さから冷たいので頂いたんですけど、豚キムチが冷めてしまっても十分に美味しく仕上がっていますよ。
豚キムチは旨みと辛みをメインに推しているんですけど、正直これは辛いと言ってはいけない気がする。むしろ酸味のある味わい、これもキムチから出ているものですね。元々キムチは発酵食品なので、酸味も結構強いのです。ということもあり、辛いというよりも酸っぱい、むしろ甘みのある酸っぱさなんじゃないかと思いましたね。
そこに一緒に掛かっているマヨネーズが、さらに酸味と甘みを引き立てております。もしかしたら、つゆの甘みが乗り移ったのかな・・・とも思ったんですけど、マヨネーズをつゆに混ぜても、キムチの味わいが消えないので、元からある味わいなんでしょう。


いやはや、これは美味いんだよ。だけど、近所じゃ食えないなんてどういうことなんだよ!
・・・というわけで、大須の店舗にしばらく通い詰めることになるかもしれません(ギャハ)。<今回食ったのは、大須の店舗じゃない別の店舗だったんだけどな。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:25Comments(0)

2020年07月19日

あのうどんが復刻されたらしい

丸亀製麺で「鬼おろし肉ぶっかけうどん」が復活して販売しているらしい。
このうどんは、2015年に販売され、冷やしうどんとしては一番売れたそうな。取り上げたかなと思ったんですが、やってないようで。食べて紹介する時機を逸したかそもそも食べてなかったかのどっちかだろうなぁ・・・。せっかくなので頂こうと思い、イオンに丸亀製麺が入っているのを思い出し、行ってきた。


SHV47_0173で、こちらになります。<おいコラ、ねぎと天かすが鬼盛りやないかい!
・・・いやいや、ついうっかりとして盛っちまいましたわ(ニヤニヤ)。
本来は牛肉が盛ってあり、写真のように鬼おろし状態の大根おろしがセパレートで盛り付けられます。
ちなみに、このうどんを食べたのは、7/10奇しくも翌日にFC岐阜×カマタマーレ讃岐の一戦を控えた日でもありました。ゲン担ぎとか狙ってたわけじゃないよ(ギャハ)。



味は、牛肉が甘辛く煮込まれており、一緒に玉ねぎも入っているからか、甘さが特に引き立っておりました。それがうどんにも合うし、つゆにも合う。つゆがキリっとした味わいになってくれるので、これはこれでいいと思いましたね。
そこに鬼おろし(大根おろし)が入ると、味がすっきりします肉の甘辛さもさらに引き立って、美味しさを倍増させるのですが、この鬼おろしに柑橘類の汁をぶっ掛けたのは誰だ!<雄山さん、店の人です!
・・・柑橘類の味さえなければ、もっとよかったんだけどねぇ。あれは幻と思いたいけど、なぜかそんな味がしてならない柑橘類が苦手な人間だから、そんな味に敏感になっているのかもしれないが、その系統を苦にしない人には、なーんだレベルだと思うので、気にはならないでしょう。


復刻されるだけのことはあると思いました。夏の暑さは、まだ本格的ではないですが、涼を求めたいなら、見た目は濃そうに見えるけど、オススメしたいですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 07:30Comments(0)

2016年06月05日

久しぶりに丸亀製麺に行ってきた

SHV32_2524実に何ヶ月ぶりだろうか、丸亀製麺に行って来ました。
私が丸亀製麺行く時なんて、ナゴヤドームの帰りくらいだもんなぁ。もちろん今回はナゴヤドームにある丸亀製麺ではなく、大須(上前津)にある丸亀製麺なんですよね。ここも時々は行くものの、最近はホントに行ってなかった。食べたいものがなかったと言われればそれまでですけど(苦笑)。


そんな今回は、「麦とろ牛ぶっかけ」を食べにやって来たわけです。
噛み応えのあるざく切りも入ったとろろともちもち感あるもち麦、甘辛く煮込んだ牛肉、大根おろしと合わせた粉わさびなどが入っております。
ちなみに、揚げ物と一緒に買ったら丁度1000円(税込)。もう少し安くならないかなと思いつつも、美味いのだから仕方ないとも。
この後、ねぎと天かすの山盛りの襲撃に遭ううどんであった(苦笑)。



味は確かにこの時期に食べるのに丁度いいかなと。とろろには卵とだしのひと手間が加えられていて単品でも美味しく頂けるようになっていますが、うどんだしや甘辛く煮た牛肉のだしと組み合わされば、さらに美味しくなってきます
牛肉も甘辛くなってはいるものの、他の味と邪魔するような濃さはないので、しつこくないです。一緒に添えられているわさびと食べれば、より味わいがまろやかになります。ちなみに、そのわさびは思った以上に辛くない。粉わさびってそんなに辛くならないのかしら?
麺ももちもちとしていて食べ応え満点なのは相変わらず。揚げ物と一緒に食べていたら腹いっぱいになってきたよ(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:15Comments(0)TrackBack(0)

2015年01月02日

いくら何でも・・・

SHL23_1040というCMでおなじみになった丸亀製麺の「知床いくらうどん」
北海道産のいくら、しかも2014年の秋に獲れた天然鮭からしか採取していないというこだわりよう。そこに北海道産の小麦を使ったうどん、シャキシャキのねぎ、いくらの輝きと味を引き立てる大根おろし、いくらとうどんの味を引き立て役となるあんかけつゆからなっております。アクセントにゆずが乗っていますが、私はかんきつ類が苦手なので、すぐによけました(爆)。



味に関してまず言いたいのは、あんかけつゆは熱くないから安心しろ(笑)。あんかけつゆにはほどよい風味が付いていて、いくらの濃厚さの邪魔をしていません。それでいてきちんと味がわかるので、これだけでも十分に美味しいと思います(大根おろしの風味とかが合わさっているせいかもしれないが)。
しかし、いくら美味いんだけど堅いのよ(苦笑)。天然ものゆえなのか何なのかわからないんですけど、噛もうとするとプチプチしすぎて弾いちゃう(苦笑)。上手いこと端っこを噛み切ってプチューっと中の液を絞り出したいところ。ちなみに、先述の通り、濃厚ですよ。


丁度世間は年明けということもあるので、最近のトレンドになっている年明けうどんにいかがでしょう。いくらも乗っておめでたいことですし。丸亀製麺は、私が知っている限り、もう元日しか休みはないから大丈夫なはずですよ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:11Comments(0)TrackBack(0)

2014年10月23日

CMで話題のうどんを食らってきた

SHL23_0903今回紹介するのは、丸亀製麺の「タル鶏天ぶっかけ」です。
塩コショウベースの付けだれに付けた鶏もも肉を天ぷらにしたものを乗せ、そこにタルタルソースを掛け、いりこ風味とかつおの香りを利かせた専門のだしをぶっかけたうどんです。今回は鶏天の上に中華料理の油淋鶏(ユーリンチー)ソースを掛け、トッピングのねぎを豪快に乗せてます(笑)。



今回乗っている鶏天は柚子の風味が付いていると店頭POPには書いてあったのですが、そんな風味は感じなかったですね(わかってたら頼まんわい(ニヤニヤ))。ジューシーな鶏肉に油淋鶏ソースとタルタルソースの酸味との塩梅が実によろしく、知らない間に平らげてしまったほど。
対して、だしは濃い目少ししょっぱいなと思うくらい。普段丸亀製麺で使っているそれはもう少し薄いものだったと思うので、うどんの味がよくわかるコントラストの利いた物と思えばいいのでしょうか。

ちなみに、今回の鶏天はオプションとして、天ぷらなどと一緒にうどんに乗せる(1個100円(税込))こともでき、「タル鶏天ごはん」(390円(税込))のように、ご飯と一緒に食べる丼物として頂くこともできます。これはこれで美味しいんだろうと思いますが、果たしてご飯だけ頼めるものなのか?うどんとご飯は一緒に食べないんだよねぇ(苦笑)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)TrackBack(0)