2020年06月13日

今だから、買っておきたい

SHV47_0118今回紹介するのは、加和喜フーズの「味付いくら」。宮城県では有名ないくらメーカーだそうです。
今回は、ジャパネットたかたの「生産者応援プロジェクト」の一環で紹介されたもので、加和喜フーズも新型コロナウイルスの影響で例年よりも売り上げが低下したとのこと。2020年の1月~3月生産分を提供してくれたのですけれども、普段なら高級料理店などで消費されるものが、在庫として積み上がっていたものを破格値で売っておりますとのこと。

いやね、今いくらって高いのよ。物産展で出てきても100gでも1,000円~2,000円の値段で販売されることが多いのよ。送料無料の1kgで9,980円なら、まぁ思い切った価格だなと。



味は、いくらの醤油漬けということで、しょっぱいのかなと思ったのですが、みりんと醤油の味わいのバランスのよさの際立った、いい商品でした。甘めの味付けなのに、これだけでもバクバク食えるほど美味い(笑)。今回、酒(先日紹介したものとは違うのがミソ(爆))のつまみ代わりに溶かして頂いたのですが、いやはや贅沢ですわ(ニヤニヤ)。さすがに250g全部食らうのはまずいと思い、翌日の朝ご飯として、ご飯のお供に致しました少しだけでもご飯がどんぶり飯で食べられる魔性の食べ物、それがいくらなのだ(爆)。

ただ、残念なのは、2個イチのプラスチック容器で提供されるのですけど、真ん中の部分に切れ込みが入っており、そこを引きちぎればとれる仕組みのはずなのに、上手く外れずに、一方の容器が破損してしまいました(泣)。ゆえに家にあった皿に移し替えて解凍したのですけど、あれは頂けないねぇ・・・。できることなら、個別にして2個入りでパッケージしてくれれば、ケガとかを防げていいと思うのですけど、コスト面で無理なんだろうなぁ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:31Comments(0)