2019年05月07日

ファンだとしてもやっていかん、店も対策練らないかん

超大型連休だった4/29に、愛知県北名古屋市にあるスーパーマーケットのゲームコーナーで、「太鼓の達人」の太鼓部分(コンシューマー版の感覚で言えば、タタコン)が盗まれるという事件がありました。結構大胆な手口で、周りを警戒しながら、1人はプレイし、もう1人が取り外せるかの確認をしながら外す作業を行い、人気が無いことを確認すると、2人掛かりで持ち去るというものでした。さすがに防犯カメラにバッチリ映っていたし、全国ニュースにもなったので、近々犯人は捕まるだろうと思っていました。

そうしたら、3人の高校生が5/3から5/4に掛けて警察に出頭(自首)してきたそうで、近々書類送検されるそうです。あれ3人でやってたのか!さすがに驚きましたね・・・。
警察で取り調べを受けた際、「太鼓の達人」が好きで盗んだという主旨の供述をしていたそうです。ちなみに、太鼓部分(タタコン)は店側に返却され、壊れた箇所などは無かったとのことです。


しかし、こんなもの盗んでどうすんだと思ってたら、2つの理由があるのだそうな。

1つは、遊ぶため
いわゆるアーケードでの臨場感が家でも欲しいという理由で盗んで設置するのだそうな。そう簡単に設置できるとは思えないけど、簡単な知識があればできるんでしょうね。昔に比べたらアーケードゲームの接続は難しくないでしょうし。もっと知識があれば、コンシューマー用に改造する輩もいることでしょう。まぁ、アーケードの筐体なんてべらぼうな価格するから、よほどのブルジョワジーじゃないとできんわ。なお、今回の犯人は、こちら側のようで。
もう1つは、転売目的
先程のような輩が多いということでから、(ネットオークションなどで)売れば一儲けできるんじゃないかという人達によって盗まれる事件は後を絶たなかったようです。いくらで売れるのかはわかりませんが、結構高額なんでしょうね。あんな労力を掛けているんですから。


いずれにしても戻ってきてよかったです。店側が返却されたことで被害届を取り下げて、犯人の高校生3人に『恩赦』するのかはわかりませんが、犯人の高校生3人は、しでかしたことに対してきちんと反省してほしいですね。


同様の事件が起こっているということなので、今後「太鼓の達人」を設置している店では防犯対策を施さないといけないでしょう。プラグが外れると防犯ブザーが鳴る仕組みを組み込むとか、防犯カメラを増設するとかなど。お金が掛かることばかりですけど、背に腹は代えられないでしょう。機器1つ盗まれるだけで、下手したら何ヶ月分のインカム(お客がプレイした際の収益)を持って行かれますから・・・。死活問題ですわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2016年09月02日

名古屋の仲間に入りたいがね

名古屋市の北にある(文字通りの名前の町である(苦笑))北名古屋市が、名古屋市との合併に向けて名古屋市と協議を進めたいと申し出ていることが明らかになりました。平成の大合併以来、大規模な合併劇になりそうです。


これは今月1日に北名古屋市の市議会定例会で市長が明らかにしたことがそもそものきっかけ
市制10周年の時に記念式典に出席していた河村たかし名古屋市長が「北名古屋も名古屋も同じ。江戸時代尾張名古屋は同じだった」と広域連携に意欲を見せていた発言を聞いて、市議が動いたのが合併話の鏑矢となり、北名古屋市選出の愛知県議会議員も連携して名古屋市と北名古屋市周辺の市町選出の議員と水面下で情報交換を行い、北名古屋市議会の最大会派も巻き込んで下地を作っていきました。そして最終的には市長が合併に向けて話をしたいというふうに述べるにまで至ったのです。
そもそも旧師勝町・旧西春町時代から名古屋市への回帰は胎動としてあり、北名古屋市になってもその流れは無くなっていませんでした。実は、ごみ処理など一部の業務は名古屋市と連携して行っている(ごみ処理施設も名古屋市との共同で建設予定)ことから、名古屋市に依存している部分もあり、仮に名古屋市の一部になっても、住民にとってはデメリットどころかメリットの方が多くなって、かえって住みやすくなるのではないかとさえ言われていました。

またいみじくも市長の思いにあった東海豪雨の際の経験から、小さな町では予算も限られ苦しいという側面も合併を後押しする理由となり、実際北名古屋市の実現に至っているわけです。


しかし、合併を受け入れる側の名古屋市の方はというと、河村市長だけがウェルカムと言っている状況で、市の幹部などは反対までは出ていないものの、どうしようかという困惑の目で見ているふうですね。
実は、過去にも北名古屋市だった旧師勝町・旧西春町など西春日井郡の7つの町には合併話も出ていましたが、松原武久元市長は7つの町がまとまって意見した時に検討すると消極的だったこともあり、ご破算。その後は北名古屋市・清須市・豊山町というふうになりました(豊山町のみそのまま残った形になる)。


なお、名古屋市が他の町を合併したのは1964年の旧有松町・旧大高町が最後。実に52年ぶりに降って湧いた話なため、困惑するのも納得。さすがに1963年の旧鳴海町の時のような流血騒ぎまでは起こらないでしょうけど、最終的には住民投票というふうになるのでしょうね。
しかも、今回の合併劇は北名古屋市だけに留まらず、清須市や豊山町にも影響を及ぼしかねないとのこと。先述の通り、一斉合併なら検討と名古屋市の松原元市長が述べていたように、温度差があるものと思われます。もしかすると段階的に合併が進んでいくというふうになるのかもしれないですし、名古屋空港のある豊山町だけは合併に参加しないという流れにもなるのかもしれません。逆に河村市長の述べている尾張旭市など周辺の市町村との合併話が降って湧いてくる可能性もあるだけに、今後の動向が気になるところですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:33Comments(0)TrackBack(0)

2014年12月19日

土地の名を変える理由

愛知県北名古屋市徳重にある字(あざ)で土部というところがあるそうです。名鉄犬山線沿い、徳重・名古屋芸大駅すぐにあるこの土地の名は『どぶ』と言うのだとか。
この字に住む住民が、子供がいじめられる・イメージが悪いなどの理由で変更を要求し、実際8割の住民が賛成。それを受けた北名古屋市市議会が全会一致で変更を決定。今後、この字は『つちべ』というふうになるそうです。


正直、この名前があることは知らなかったですね。だからこんな問題が起こっていたことも知らなかったです。
確かにかわいそうですわ。名前だけでいじめられるわ・心象が悪くなるわで・・・。
ただ、よく差別問題などといった問題が出てきますけれども、この名前がどういう経緯で名づけられたのかがわからない限り、なりふり構わずそれらと結びつけるのは早計でしょう。何かしら地名には意味があるのですから、本来はその地名の意味を知った上で変えるのが妥当です。しかしながら、住民が被害をこうむっているのであれば、なるべく早く変えるべきだと思います。今回はそれを実行しただけのことで、差別云々が絡んでいるわけではないのです。
ともあれ、新しい地名の読み方が決まったことで安心しているのは住民でしょう。難読とまでは言いませんけど、読みにくい前の名前よりかは読みやすいので、ここに来る人も困らないのはいいことなのかもしれません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:48Comments(0)TrackBack(0)