2015年12月09日

スタジアムまで迷走

以前、債務超過になりかねない事態となってトヨタの子会社化になるとまで言われている名古屋グランパス。最近小倉隆史さんが監督に就任されることが発表されたものの、契約更改では残留の決まっている全員が保留するという異常事態になっており、選手も『カイゼン』に戦々恐々としているようですわ。でも、ここで渋っていてクビにならないんですかねぇ・・・。


そんなことはさておき、今回は球団内だけじゃなくて球団外でもすったもんだを起こしているんだぞ、グランパスってという話。


グランパスは名古屋市にあるパロマ瑞穂スタジアム(名古屋市瑞穂公園陸上競技場)だけでなく、豊田市に豊田スタジアムもホームグラウンドとして持っています。前者は約27,000人収容で後者は45,000人収容となります。どちらもJ1ライセンスの交付基準には満たしているものの、パロマ瑞穂スタジアムはトイレの設置や屋根の面積でJ1基準を満たしていないため、再三Jリーグから是正勧告を受けていました。そして、豊田スタジアムは収容人数こそ多いものの、アクセスが格段に悪い(名駅から1時間近くかかるだけでなく、最寄りの豊田市駅からシャトルバスはあるものの本数が少なく、そうなると20分近く歩かなければならない)ため、集客面でも問題がありました
そこで、グランパスは都心回帰のブームにも乗って、名古屋市内で新スタジアムの建設に乗り出すことになりました。いくつかの候補地(名城公園・鶴舞公園・大高緑地など)が挙がっていたものの、最終的には東山線・鶴舞線の伏見駅近くにある白川公園が候補地になりました。

それを知って慌てたのか、名古屋市が愛知県と共同で現在グランパスが本拠地にしているパロマ瑞穂スタジアムを改修すると言い出したのです。老朽化していたこともさることながら、国際大会に対応できるようにしたいという思惑もあるようです。当然J1基準に則った改修がなされることでしょうから、グランパスにとっては願ったり叶ったりでしょう。
今回の改修計画では、現在駐車場や広場になっている部分を拡張部分に充て、陸上のレーン数を増やす・ドーピング検査室の増設・可動式の席の設置などを行い、4万人以上のスタジアムにするとのことだそうです。


ただ、今回の改修計画は初めてではありません2002年に日韓ワールドカップが行われるということで、パロマ瑞穂スタジアムも増改築を行おうとしたものの、消防条例に触れる恐れがあるとして断念した経緯があります。しかしながら、今回は老朽化が深刻となり待ったなしの状況なので、あとは付近住民との折衝に掛かっていると思います。
でも、グランパスは自前でスタジアムを建てるというふうに決めているようなので、今後どういう展開になるのかもわからないですし、建てようとしてる白川公園も3万収容のスタジアムを建てるにはギリギリ。そして都市公園という名古屋では貴重な場所をスタジアムにすることの意義を考えると、正直私は瑞穂の拡張に乗っかった方がいいと思います。


全てが順調に進めば、新しい名古屋市瑞穂公園陸上競技場は2020年に完成予定です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:42Comments(0)TrackBack(0)

2015年10月15日

迷走、グランパス

サッカー・Jリーグの規定で、3年赤字になるとクラブライセンスがはく奪されてしまうため、戦々恐々としているクラブが多い中、このクラブだけは大丈夫だろうと思っていたあのクラブ、実はかなり窮地に陥っていたのねということを知りました。そのクラブは名古屋グランパス・・・って地元じゃねーか(ギャハ)!


前々から、赤字なので人件費を抑えますみたいなことを言ってはいました。でも、ちょっとした改善ですぐに黒字に戻せるような状態だと思っていたんですね。だって、近所には累積債務で首が回らなくなりそうになったFC岐阜の惨状を見てしまっているからね(汗)。
岐阜に関しては、昇格1年目の年末に ニュースで一気に15人解雇の報道がスッパ抜かれて以降、Jトラストの支援が決まるまでは、たいがい赤字関連か累積債務が貯まり過ぎていよいよチームが無くなるかもしれないから支援してくれよ的な話題しか上らなかったですからねぇ・・・。


話を戻しますが、これ以上赤字が増えると債務超過(資本金を食い潰す状態)に陥って3年連続の赤字を計上しかねない事態になるかもとのことに至ったため、それまでは資金面(いわゆるスポンサーとして)の援助をしていたトヨタ自動車が、グランパスの運営会社を子会社化することを発表しました。先述の岐阜の一件があったがゆえに、グランパスがここまで追い詰められていたとは知らなかったわけですよ。トヨタが支援するということは相当ですよ。

ここまでトヨタが首を突っ込んだということは、資金の面では十分にはなったものの、経営面では度重なるカイゼンを要求されることになるでしょうね。
選手の獲得面でもカネを出すところは出すものの、選手個々の査定はかなり厳しくなるものと思います。値段並の活躍のできなかった選手は容赦なく解雇されることでしょう。既にノバコビッチ選手や田中マルクス闘莉王選手など一線を戦った選手が成績不振を理由に解雇するのではないかという噂が流れています。今回のトヨタ体制も彼らに少なからず影響を与えることになるでしょう。

そして今日、さらにグランパスの迷走ぶりを印象付ける話題が流れ込んできました
今年からゼネラルマネージャー(GM)補佐を務めている小倉隆史さんがGM補佐のまま監督を務めるということになりました。既に西野朗監督が2年間の成績不振を理由に辞任することが決まった矢先でこの話題。監督のなり手がいなかったのではないかという見方もできますし、先述のトヨタが『カイゼン』の一つで人件費を抑えて、かつ赤字を脱したいという理由で、サッカー経験者でOBの人物を監督に据えることにしたのでしょう。
小倉新監督は、どうもヨーロッパサッカーにご執心とのことなので、個人技よりも集団行動体制をメインに据えたサッカーをしてくるのではないかと推測されます。ただ、指導経験は全くないとのことなので、これが仇にならないか心配ではあります。


グランパスは残り4チーム(グランパス以外では、清水エスパルス・横浜Fマリノス・鹿島アントラーズのみ)となったJ1降格経験のないオリジナル10の生き残りです。来シーズンの清水のJ1残留がほぼ絶望的なため、3チームになる可能性が高くなっています
来年J2降格という悲惨な結末に至らないように、現状の戦力を見極め、何が足らないかをあぶり出し、自身の『理想』とグランパスが行うべき『現実』に上手くすり寄せられるかがポイントとなるでしょう。合致すれば優勝争いも望めるでしょうし、かい離してしまえばJ2行きが待っています。
J2にいる岐阜と対戦したくない、もしかしたら清水と同じカテゴリーで汗をかく事態は避けたいと思うのであれば、危機的意識を持って挑んでほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:56Comments(0)TrackBack(0)

2012年05月28日

だからやめとけと

先日(5/25)より公開された「メン・イン・ブラック3」。ウィル・スミス、トミー・リー・ジョーンズ、ジョシュ・ブローリンが登場するポスターがそこら中に貼られているのを見ているんじゃないかと思います。


そんな中、これに便乗してしま・・・もとい、タイアップしたのが名古屋グランパス


ISW11F_20120527_145022写真のように、ケネディ・ダニエル・ダニルソンの3選手がサングラスをはめてニンヤリにしているというこのポスター奇しくも5/25に開かれたセレッソ大阪戦のPRで製作されたもので、丁度同じ公開日だった「メン・イン・ブラック3」とのタイアップが実現したわけです。



しかしながら、昨今の名古屋グランパスの成績は非常に芳しくなく、5/19に行われた仙台戦では4-0で惨敗したため、サポーターがバスで囲い込むという異常事態にまで発展した・・・とか言ってたら、その舌の根も乾かぬうちに、このセレッソ大阪戦でも0-1で負けてるわけですから、もうこんなパロディやってるとまた囲まれるんじゃないかと思いながら見ていたわけです。


まぁ、口の悪いサッカーファンは中庸復活とか(以下略)


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:41Comments(0)TrackBack(0)