2015年07月14日

セブンイレブンは「とみ田」のつけ麺が大好きなようです

SHL23_1728今回紹介するのは、セブンイレブンの
「富田治氏監修 濃厚豚骨魚介冷しつけ麺」
です。
この商品は、千葉県松戸市にあるラーメン屋「とみ田」とのコラボ商品で、毎年この時期になると、つけ麺を出しているのだそうな。そこまで毎年コラボするということは、よほど人気のある商品なんですねぇ。

麺は「心の味」・「鳳麟(ほうりん)」という店が独自に開発したオリジナルの小麦からできた粉を使用しております。スープに関しては豚ガラ・鶏ガラ・魚粉を加えたものになっているそうです。



その味はというと、肉のガラだしよりも魚粉の風味が強烈で、中でもにぼしかあご(トビウオ)の風味が強いように感じます。その味は濃厚で、麺の風味にも負けません。スープが濃厚なのは、やはり豚や鶏のガラ効果なのかもしれない。味には出てこない隠れキャラみたいなものですかねぇ。
麺に関しては、もちもちとした太麺でそのまま食べても美味しい味わいがあります。
惜しむらくは具材が少ないところですけれども、麺の味わいとスープの風味を楽しみたい人には、かえって邪魔かもしれないですね。

ちなみに、余ったスープはお湯で割って楽しめるそうですが、そんなことしないでそのまま飲んでやったわい(ゲラゲラゲラ)。<病気まっしぐらだな、コイツ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:40Comments(0)TrackBack(0)