2022年02月21日

3時のニュースをお伝えしません

NHKを見ている人ならわかると思いますが、NHK総合テレビでは、深夜帯とごく一部の時間帯を除き、毎時丁度に「NHKニュース」というニュース番組が報じられます「NHKニュースおはよう日本」などのようなワイド番組型のニュース番組が組まれているため、1時間まるまる充てられることもあれば、5分のみということもあります。ちなみに、同じNHKでもNHK-BS1は、深夜帯とごく一部の時間帯を除き、定時10分前(例として午前7時50分など)に「BSニュース」が組まれます

しかし、今日放送される予定だった「NHKニュース」は、放送設備の不具合により放送されなかったのです。午後3時になった際、本来なら「NHKニュース」に切り替わるはずだったのにもかかわらず、放送されたのはミニ番組だったようです。その後も「この時間は予定を変更して放送しています」というテロップを出しながら2本ミニ番組を挟んで定時ニュースの時間は終了し、「逆転人生」の再放送に至ったのです。その後、午後4時に放送された「NHKニュース」の冒頭で、担当アナウンサーが謝罪するという事態にまでなりました。
確か、「NHKニュース」の担当アナウンサーは、正午の「NHKニュース」から夕方までずっと同じはずなので、余程のことが無い限り、担当アナウンサーが失態したからという理由は考えにくいでしょう(早朝の場合なら、寝坊したとかの可能性はゼロではない)。そうなると、本当に放送機器に何らかのトラブルがあったのでしょう。


代替番組を流したとはいえ、10分間も放送に穴を空けることは異常なことだということを認識し、二度と今回のような事態を起こさないようにして頂きたいものです。特にNHKは受信料というお金をもらって放送しています。放送機関のお手本としても機能しているので、この手の不具合には厳しくあってほしいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:20Comments(0)

2015年10月26日

東海ラジオが事故った!?

週末、いわゆるアニラジの放送が固まっていることから、東海ラジオをチューニングすることが多いわけです(かれこれ20年近くの風習になっているなぁ)。それでも昔に比べたら東海ラジオの聴取する比率は減ったものだと思っています。いろいろ理由はあるのですけど、一番はradikoが導入されたことで全国のラジオを聞けるようになったので、ムリして東海ラジオをはじめ他の地元の放送局に合わせなくてもよくなった点でしょうか。


そんなことは置いておいて、昨日(10/25)いつもなら「林原めぐみのTokyo Boogie Night」から「水樹奈々スマイルギャング」という流れだったのですけど、丁度日本シリーズの第2戦が行われていて、試合終了が定時より伸びたため、一部の番組を休止しながら30分繰り下げの放送を行っておりました。そのため、いつも「林原めぐみのTokyo Boogie Night」を聞いていた時間は、23:00に放送されている「堀江由衣の天使のたまご」になっておりました
そして、時刻は24:00。
時報の後、いつもより少し長い間があったので、radikoの調子が悪いのかなと一旦再生を止めて、再び再生させたものの、やはり音が流れない。しばらくすると、何と本来なら30分遅れて放送するはずの「水樹奈々スマイルギャング」のオープニングが定刻通りに流れてきたのです。その後数分経ってから、東海ラジオサイドがおかしいことに気付いたのか、ブツっと打ち切られ、すぐさま「林原めぐみのTokyo Boogie Night」のオープニングを流していました。それからは何事もなかったかのように粛々と放送が進められ、エンディングが少々窮屈な感じでフェードアウトしてCMを入れた後すぐに「水樹奈々スマイルギャング」のオープニングが再び流れるというふうに進行していきました。


いやぁ、非常に珍しいものを聞きましたよ。ここまでわかりやすい放送事故は初めてですね。これがラジオ受信機でも起こったのかはわからないので何とも言えないですけど、これはradikoだけじゃないだろうなとにらんでおります。


ちなみに、「林原めぐみのTokyo Boogie Night」はキー局であるTBSラジオでも放送事故に巻き込またことがあります時報直後に「今晩は吉永小百合です」というラジオ番組が5分ほど流れたため、後日もう一度当日放送回を流すという珍事が起こっています。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:23Comments(0)TrackBack(0)

2014年10月28日

あーやっぱイチバンだねー、わんだほー

東海3県(愛知・岐阜・三重)で放送されているフジテレビ(FNN)系列の東海テレビ。その中で放送された全国放送が何かしらのトラブルにより放送が停止してしまったという、最近ではあまり聞かなくなった放送事故が起こりました。


起こったのは、ドラマ「素敵な選TAXI」という番組放送中で、午後10時41分59秒から午後10時52分51秒までの10分52秒間。どうも「全てが嫌になっちゃった」というセリフを発した直後に起こったのだそうな。この間画面がブラックアウト(E203)状態に。この状態にどうしたのかと思ったのか、東海テレビのサイトにも一時アクセスができない状態になってしまいました。
その後、東海テレビのアナウンサーが謝罪することになったものの、何事もなかったかのように放送は再開されることとなり、現在でも肝心の原因は不明で委細調査中とのことだそうです。
タイミングの悪いことに今回、中日新聞で番組紹介として紹介されていたのでタチが悪い。そう考えると、普段より見ていた可能性があるわけです。当然ながら再放送を検討しなければならないわけですわ。恐らく土曜の昼間が妥当になるのではと思われます。


もう怠慢ですよね。全国放送でのハプニングならともかく、地方局のハプニング。しかも全国ネットの部分でやらかすのは意図のあるなし関わらず悪意があるとしか言えないです。ただでさえセシウム騒動で信頼が落ちている経緯があるのに、まるで反省していないとも思えてなりません。
私自身が(キー局の関係で)東海テレビをあまり見ていない、好意的に見ていないというのもあるので、少々差し引きして見て頂ければいいのですが、それにしても酷いわなぁ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)TrackBack(0)