2019年04月17日

カプコンの手掛けたアーケードの傑作が再び日の目を見ることに

カプコンのイギリス法人はアーケードスティック一体型のゲーム機「Capcom Home Arcade」の制作を発表しました。
収録されるのは16作品で、中でも日本でもレアものとして紹介されることの多い「エイリアンvs.プレデター」や「ロックマン・ザ・パワーバトル」、名作である「ストリートファイターⅡ’(ダッシュ)」、「ファイナルファイト」などが収録されています(当時のアーケードROMが採用されているものの、エミュレータで起動する仕組みらしい)

製品そのものは、Micro USB電源になっており、HDMIケーブルからテレビに出力するパターンとなっております。またWi-Fiに対応しており、世界中のプレイヤーとハイスコアランキングを楽しむ機能も搭載されています。
コントローラーはアーケードスティックになっており、アーケードの雰囲気を味わうためか並列に2つ付いておりますレバーとボタンは三和電子製で、制作はドイツのゲームメーカーであるコチ・メディアが担当します。
価格は229.99ユーロ(約28,978円。1ユーロ=126円で計算)で10/25にヨーロッパ圏で発売されます。丁度EU離脱で大揉めになっててもおかしくない時期の発売だなぁ・・・。もしかすると下手に関税とか掛かってさらに値上がりしそう(苦笑)。

特徴的なのは、『CAPCOM』のロゴのフォルムになっている点でしょうか(爆)。まるでメガドライブに輝く『16BIT』を彷彿とさせるようですが、やり辛くないか(ニヤニヤ)。しかもその『CAPCOM』ロゴを見やすくするためか、レバーの玉以外(つまりボタン部分)は透明になっているんですよね。これ直感で押せってか(苦笑)。熟練したプレイヤーならそんなの関係ねぇって感じなんでしょうけど、やはりボタン部分はカラーになってないとやり辛いだろうなぁ・・・(汗)。

なお、日本での発売は未定です。ただラインナップ的にはマニア垂涎とも言え、外国語仕様であろうが高かろうが並行輸入(カプコンの日本法人を通さず)で購入するんじゃないかいなと。アマゾンでサーチしている姿が目に浮かぶ(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)

2016年07月15日

掌の上のファミコン

アメリカで発売後、猛烈にシェアを伸ばした「Nintendo Entertainment System」(NES)。アタリショック後の荒廃したコンシューマー市場で出てきたこともあって、一大センセーショナルだったとも言われています。
あれから数十年、あの時の興奮と感動を再び味わえるようになりました。


Nintendo of America(米国任天堂)とNintendo of Europe(欧州任天堂)は、コンパクトサイズのNESである「Nintendo Classic Mini」が発売されることになりました。
大きさは掌に乗っかるほどのコンパクトさ。コントローラーも別売りのコントローラーでも、Wii・Wii Uのクラシックコントローラー、HDMI出力のコントローラーにも対応しているので、自分の遊びやすいコントローラーでプレイできるのはうれしいですよね。
気になるソフトは本体に収録されている形になり、30種類が内蔵されているとのこと。
マリオシリーズやゼルダの伝説シリーズといった任天堂の名作や悪魔城ドラキュラシリーズ・「グラディウス」といったコナミの名作も「忍者龍剣伝」や「テクモボウル」といったテクモ(現コーエーテクモゲームス)の名作もロックマンシリーズといったカプコンの名作も、スクウェア(現スクウェア・エニックス)の「ファイナルファンタジー」も収録されています。


日本では販売されないのという声も挙がりそうですが、NESとは本体の形が違うので、日本で出すなら『あの形』でないといけないですし、収録ソフトも少し変わってくるでしょう(「Nintendo Classic Mini」には、例えばドラゴンクエストシリーズは収録されていない)


バーチャルコンソールもいいけど、手軽さでいけば、この商品も捨てがたい。値段がお値打ちなら結構普及するものと見られます。なお、発売は11/11の予定です。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:11Comments(0)TrackBack(0)