2021年09月16日

【実はただの】まさかの東西融合!?【西日本仕様】

SHV47_1563日清食品のどん兵衛シリーズには、「日清のどん兵衛 きつねそば」というきつねそばがあるのはご存じでしょうか。どうしてもうどんの陰に隠れがちなんですけど、私はこちらの方が好きですね。
この商品リニューアルされたようで、本鰹と昆布のWだしが利いたものになったそうです。ということは、東日本のかつおだしと西日本の昆布だしが合わさった融合品なんだ・・・と思って、この商品の概要見たさに日清食品の公式サイトを調べてみたら、何だよ西日本仕様のうどんつゆがベースなのかよ(泣)。



だからなんでしょう、かつおだしの味と昆布だしの味のバランスが非常に良くて、角の無いまろやかな味わいに仕上がっています。かつおだしだけの味も悪くないのですけど、合わせだしの美味さがよくわかります。
麺に関しては、のどごしのいい長い麺になっているので、食べやすい。つゆをよく絡めてくれるので、あっという間になくなっちゃいます(苦笑)。揚げは相変わらず甘い味付けで、大好きですね、私は。


東日本の「どん兵衛」ユーザーには、今回の味はそばとはいえ、西日本仕様の「どん兵衛」を味わえる貴重な機会になると思いますから、見掛けたら買いましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)

2021年06月12日

どん兵衛とU.F.O.のソースが入れ替わってる!

「日清のどん兵衛」と「日清焼そばU.F.O.」が発売45周年を迎えました。
それを記念して、この2商品が「君の名は。」ごっこ遊びしたんだって!<その表現は止めないか!
でも、何で今までありそうでなかった入れ替わりでの販売を行われなかったのかという点が気になった。実は、日清食品の中で、「日清のどん兵衛」と「日清焼そばU.F.O.」は部署が違うのだそうな。まさか、どん兵衛課とか日清焼そばU.F.O.課とかあるんだろうか


SHV47_1268そんな思いで紹介する最初の商品は、「日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん」
あのうどんにU.F.O.のソースが絡むってわけか。具材もU.F.O.とほぼ同じのようです。



コイツは、不思議に美味い。
太麺過ぎて、味が絡み過ぎる事態になるんじゃないかと思ってたけど、この太さだからこそ、ソースの味が「日清焼そばU.F.O.」以上に引き立つのかな。モチモチな麺も影響しているんでしょう。
七味唐辛子もソースに合うという不思議。具は少ないけど、それなりに存在感はあった。


SHV47_1269そしてもう一つ、「日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば」
こちらは、かつおだしのつゆをソースにして、「日清焼そばU.F.O.」の麺で絡めるというものになっています。具は「日清のどん兵衛」と同じですが、揚げは細かく刻んだ刻み揚げ状態です。



こちらは、かつおだしのソースが薄味ながらもしっかりしていて、細い麺との相性をしっかりと考えて作ってたなと思わされました。七味入りマヨネーズで濃いめの味付けにもできましたけど、個人的にはマヨネーズ無しでも十分美味しいんじゃないのかと。刻み揚げは甘い方がいい(爆)。


入れ替わった2品共美味しいんだけど、惜しむらくは「どん兵衛」は汁のある方でやってほしかったあのソースをダシにして、つゆ入りうどんになったら、どんな雰囲気になるのだろうか。気になって仕方ないわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2020年12月17日

どん兵衛史上最長&最もち

SHV47_0788先日、日清食品の「日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最もっちもち麺」を買ってきた
この商品、かつて「日清のどん兵衛」を10分ほど置いておくと、麺がモチモチになって美味いという話が沸いて出たことがあり、それを聞いた日清食品が公式に認めた(そんな食べ方があるのね的な)形になりました。そして、今回満を持して商品化されたわけです。数年前だったと思うので、結構時間が掛かったのね。

今回の商品は、希少なもち小麦を全体の3割使用し、通常のものよりモチモチ感をアップさせています。さらにお湯入れ8分という長時間で調理するというのも異例です。元々挙がっていた10分よりも短くなっているのは、もち小麦の質がいいからなのか、うどんの打ち方を変えたのか、そこらへんはわかりませんなぁ・・・。



お湯を入れて8分、何とも長い時間を待って、いよいよ実食。
麺に関しては、あれだけお湯でふやかしてもコシがしっかり残っていました。モチモチという部分もそうですけど、コシのある食べ応えの麺としても素晴らしいと思って頂きました。ただ、麺がツルツルするのは、麺から出るグルテンとかのせいなのか?こりゃ、箸使いの下手な私のような人間は、ツルッツル麺を滑らせて、つゆが方々にベチャベチャ飛ばしてしまいそう(苦笑)。もうちょっと掴みやすいといいかなぁ(願望です(苦笑))。
つゆに関しては、東日本のつゆじゃないかもしれない。このつゆは、かつおだしよりも少しまろやかでさっぱりとした味に仕上がっていました。西日本や北海道のつゆとも少し違うのかなと思っていますが、もしかすると西日本のつゆをベースにしているかもしれません。
なお、具のメインになるあげは結構甘かった印象。久しぶりに甘い揚げを食った気がする(ニヤニヤ)。


通常の味を知っている人も、一味違うなと感じられるほど、まろやかな味わいになっています。麺のモチモチ感を楽しみたい人も、そうでない人もオススメしたいですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)

2020年05月19日

どん兵衛も焼うどんの時代

SHV47_0058今回紹介する商品は、日清食品の「日清のどん兵衛 きつね焼うどん」。あの「日清のどん兵衛」が焼うどんになって新発売となりました。とはいえ、「どん兵衛」そのものは、アレンジで焼うどん化されていたのですけど、今回遂に『本丸』が落とされたんですよ(苦笑)。よし、キツネの首を取ってやるぞ!<遂に例の一件で頭がやられてしまったのね・・・(泣)。

ちなみに、この商品はコンビニで買ったんですけど、スーパーで大安売り&山積みになっていた(大泣)。



この商品は、「どん兵衛」と同様、5分で湯戻しになっています。作り方がうどんのそれと同じだったわけですから、うどんの湯戻しって大変なんだなと再認識。その後湯切りというひと手間が掛かっております。


さて、でき上がって最初は備え付けの粉末ソースだけを振り掛け混ぜる
・・・おお、これはつゆで食べるうどんよりもかつお節の風味が強いしっかり混ぜているかどうかという部分もあるのですけど、ここまで濃いかつお節の味が楽しめるとは思えなかった。言い換えれば、かつお節の濃い味が苦手な人は、ここで脱落(汗)。

では、もう一つ備え付けになっていた七味仕立てマヨを掛けてみましょう
・・・七味の味わいとマヨネーズの味わいが、あまりいいふうに奏でられていない気が。不協和音とまでは言わないけど、正直あまり合わないなぁ。ただ、かつお節の濃さをマイルドにはできるので、七味入りじゃなければもうちょっと・・・と思うのですが、そこまで試してみたいという気持ちにはならなかったなぁ(汗)。


結論として、粉末ソースだけでいいかなと。七味入りのマヨネーズは蛇足感がまざまざとありましたね。それなら普通のマヨネーズにして、七味を薬味として入れるか否かをチョイスする格好でもよかったんじゃないかと。ただ、それだと味として弱かったんでしょうなぁ。
開発陣の苦労をお察しして〆たいと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:45Comments(0)

2018年01月31日

そういえば、もうすぐ平昌オリンピックだった

SHV32_17352/9から韓国・平昌(ピョンチャン)で冬季オリンピックが開催されます。とは言っているものの、イマイチ盛り上がらない前のソウルオリンピックの時は、それなりに盛り上がっていたんだけどねぇ。冬季オリンピックだからなのか、昨今の嫌韓論が幅を利かせ始めているからか・・・。

そんな中でも、応援商品とも取れるものが登場しました。日清食品からオリンピックの開催される韓国の料理をベースにしたカップ麺が発売されています。
左は「日清焼そばU.F.O. 旨辛プルコギ風焼そば」で、右上は「日清のどん兵衛 旨辛ユッケジャン風うどん」、そして右下は「カップヌードル 旨辛チーズスンドゥブ味」
3種類のうち、「日清焼そばU.F.O. 旨辛プルコギ風焼そば」と「日清のどん兵衛 旨辛ユッケジャン風うどん」は、大豆ビーフが入っております。



その味、「カップヌードル 旨辛チーズスンドゥブ味」はスープの味はピリ辛なものの、チーズが入っていることもあってコク深く後を引く旨さ中の具材も、特にスンドゥブと言われる豆腐が多く、コク深い味とマッチしていますね。玉子などもアクセントになってなかなかいいデキです。

「日清焼そばU.F.O. 旨辛プルコギ風焼そば」も、甘辛のプルコギ風の味が絶妙。具は入っている量は少し少ないものの、風味のよさで救われている格好ですね。

一方で、「日清のどん兵衛 旨辛ユッケジャン風うどん」は、だしの色合いとは裏腹に、薄い感じがします。辛さもほどほどな中で、具の少なさも気になってしまいます。同じ大豆ビーフもアクセントになっていなかったようにも。


総じて、オススメしたいのは、「カップヌードル 旨辛チーズスンドゥブ味」と「日清焼そばU.F.O. 旨辛プルコギ風焼そば」。この2つの完成度は高いです。


SHV32_1744おまけ
イオンで販売していた「カムジャタンラーメン」。こちらも平昌オリンピックを意識したものになったのでしょうね。恐らくイオン限定商品です。
カムジャタンとは、韓国料理でじゃがいも入れて唐辛子ベースのスープで煮込んだ鍋のことです。一度食べたことがありますけど、結構美味しいですよ。



こちらのスープは甘辛で、いものホクホクした味わいがキモになってるせいか、美味しいわ。麺も思った以上にスープに絡んでいいですね。安い価格設定になっているので、イオンで見掛けたら、こちらもオススメです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:44Comments(0)

2015年07月19日

どん兵衛・U.F.O.(購入)39(周年)記念 前編

日清 どん兵衛 きつねうどん39周年 100g×12個
数週間前から売り始めた日清食品の「日清のどん兵衛 きつねうどん 39周年特別限定品」(写真のもの)と「日清焼そばU.F.O. 39周年特別限定品(どちらもクリックすると12個入りが購入できます)。こちらは同製品が1976年に発売(「U.F.O.」が5月、「どん兵衛」が8月)されたので、今年で39周年、来年が丁度40周年なんですね。ただ、今年に記念を据えたのは、39周年の39が英語の「サンキュー(Thank you)」に掛けてのものなんでしょう。

今回の「どん兵衛」は、パッケージにある通り、揚げが現在流通しているものと比べて130%の大きさになっている他、つゆが西日本仕様になっております。



味は西日本のだしになっているからか、全体的にあっさりとしていて優しい味わいになっています。このあたりは過去に何回か語られているので、詳細は割愛しますけれども、関東圏の濃い味(かつおだしメインのもの)が苦手な人には、この味はオススメだと思います。
ただ、関西だしの商品って関西圏での販売以外で手に入れるのは、東京の渋谷駅にあるアンテナショップか通販だけなのよね。個別で買う際には前者がかなり役立つのですけど、後者の場合は箱買いになってしまうのよねぇ。悪くはないけど融通が利かないのは不便なところなり・・・。

それはそうと、何と言っても揚げがデカいね(ニヤニヤ)。昔の揚げのデカさになったという人もいましたけど、昔ってこんなにデカかったっけ?そう言いたくなるくらい昔は大きかったわけで。今は相当小さいんだなぁ・・・。味は少々甘みが薄めになったものの、だしとのコントラストを味わうには十分な風味でございます。
・・・うん、やはり美味いわ。


日清 どん兵衛きつねうどん(西) 95g×12個
日清のどん兵衛 きつねうどん(西日本仕様) 95g×12個



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:57Comments(0)TrackBack(0)

2015年05月30日

そういえば、どん兵衛は焼うどんにもなっていたんだ

SHL23_1576随分前に買ってきたまま放ったらかしになっていた日清食品の「日清のどん兵衛焼うどん 和風たらこ味」(上)と「日清のどん兵衛焼うどん だし醤油味」(下)
どん兵衛の太麺はそのままに、付属のソースに絡みやすいように仕上げられているようです。

ちなみに、お昼に食べようとお湯を用意していたものの、お湯の量が足らずに1つ失敗状態にしてしまった(泣)。



まず和風たらこ味。
こちらは醤油だしの風味よりも後から一緒に掛けたたらことのりの風味が極めて強い。もうブワーっと攻め上がって来るんですよ、風味が。

対して、だし醤油はシンプルにだし醤油の風味が強く、かつお節はそれなり。恐らく前者のだし醤油とは味付けが違うのだと思うのですが、ここまでコントラストのきついものだとは思ってなかった・・・


どちらも美味しいので、無事に手に入れたなら両方味わってほしいと思います。1品の量はそう多くないと思うので、特に男性の場合は物足りないと思いますわ。具材も、どん兵衛の代名詞でもあるお揚げははいってないですしね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:05Comments(0)TrackBack(0)

2012年02月14日

豚!豚!豚! 前編

ぶひぃぃぃ~!もっとぶって!もっと!<オマエ、その気があったのか!?
・・・ねぇよ!そんな気ねぇよ!<にしては、堂に入ってる(ぷす)。

・・・というわけで、今回買ってきたのは、日清食品のメインストリームであるカップヌードル40周年、どん兵衛・日清焼そばU.F.O.35周年を記念したカップ麺が販売されていたので、買ってきましたよ。


39378f30.jpgそれがその商品。
左上が「カップヌードル 豚トンコツ」、右上が「日清焼そばU.F.O. 豚とんこつ焼きラーメン風」、下が「日清のどん兵衛 豚とんこつちゃんぽんうどん」。



で、味のほうですが、「カップヌードル 豚トンコツ」はちゃんととんこつの味がしてしかもクリーミー肉々しい部分もありよくできていましたね。これは期間限定せずに通常販売にしてもいい。欲を言えば、もう少し濃くてもいいかなと。

それを顕著に表わしてしまったのが、「日清焼そばU.F.O. 豚とんこつ焼きラーメン風」。美味いんだけど、味が薄いもう少しとんこつラーメンで掛けるだしの味が効いていてもいいのかなと思ってしまったほど。

「日清のどん兵衛 豚とんこつちゃんぽんうどん」はその中間といったところか。ちゃんぽんというオリジナリティを出したものの、豚とんこつの味は寝ぼけきってしまったまま。もう少し何かが欲しいと言ったふうでした。


というわけで、オススメはカップヌードル版。あの味わいはなかなか味わえないと思います。


日清 カップヌードル 豚とんこつ 1ケース(20個)日清カップヌードル 豚とんこつ 1ケース(20個)



日清 UFO 豚とんこつ焼ラーメン風 1ケース(12入)日清 UFO 豚とんこつ焼ラーメン風 1ケース(12入)



日清のどん兵衛 豚とんこつちゃんぽんうどん 2ケース(24個)日清のどん兵衛 豚とんこつちゃんぽんうどん 2ケース(24個)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:40Comments(0)TrackBack(0)