2021年09月18日

フュージョン! 後編

先日、日清食品がカップヌードル50周年ということで、8つのフレーバーをフュージョンさせることになりました前半では、「カップヌードル スーパー合体シリーズ カップヌードル&しお」と「カップヌードル スーパー合体シリーズ カレー&シーフード」を頂いたのですけど、後半の今回紹介する残った2品は、どんなもんざんしょねぇ。


SHV47_15723番目は、「カップヌードル スーパー合体シリーズ チリトマト&欧風チーズカレー」
もう一つのカレー味の「カップヌードル」である「カップヌードル 欧風チーズカレー」と「カップヌードル チリトマト」とがフュージョン!こちらは、日清食品の社員が太鼓判を押した商品になるのですけど、一般の人達との感覚と会っているのか心配にはなる、この手の商品(苦笑)。



中身に関しては、「カップヌードル チリトマト」寄りなのかなと。ただ、こちらには付属のチーズ粉が付いてきており、このあたりが「カップヌードル 欧風チーズカレー」なのかなと。・・・いや、スープの色合いもだった(ギャハ)。
で、味に関してはカレーの風味とチリトマトの風味は半々くらいで上手くまとまっているなと。最初はカレー味の風味、食べ進めるうちにトマトの美味さが引き出されてくるふうでしたね。ただチーズ粉を掛けても、そこまでチーズの味が強まるかと言われると、さにあらずというふうかな。無難な味に仕上がったけど、革新的なというのかインパクトのある味かと言われると、そこまでではないという感じでした。


SHV47_1573最後は、「カップヌードル スーパー合体シリーズ 味噌&旨辛豚骨」
近年のカップヌードルでバカ売れした「カップヌードル 旨辛豚骨」と「カップヌードル 味噌」とがフュージョン!新参者同士の味わいが、どのように変えていくのか、注目の一品です。



こちらも中身は半々といったふう。キクラゲが「カップヌードル 旨辛豚骨」をキャベツが「カップヌードル 味噌」を思わせますわ。
ただ、味に関しては、どちらもインパクトがあるはずなのに、混ざるとインパクトが無くなってしまったような。味噌の味わいも豚骨の味わいももう少し表に出てくれればと思いました。一緒に付いているラー油を掛けても、まぁまぁ豚骨味に寄ったかなと懐疑的な雰囲気になっただけ。これに関しては、味は悪くないけど、別々でもいいかなと思わされました。どちらも好きな味だっただけに、混ぜてもアレかと思わされる事態になったとさ(ニヤニヤ)。


そう考えると、一番最初の「カップヌードル スーパー合体シリーズ カップヌードル&しお」が一番デキがいいのかなと。無難な味同士なんだけど、双方の特徴を上手く引き出した傑作になっています。要は塩が足らんのですよ!<「機動戦士ガンダム」に出てくるコック長かな。
まぁ、この手の商品は、思い入れや思い出とかで味の評価が大きく変わってくるものですから、スーパーにたくさん残っているうちに買っておきましょう。一度は食べてみる価値はあると思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:01Comments(0)

2021年09月16日

【実はただの】まさかの東西融合!?【西日本仕様】

SHV47_1563日清食品のどん兵衛シリーズには、「日清のどん兵衛 きつねそば」というきつねそばがあるのはご存じでしょうか。どうしてもうどんの陰に隠れがちなんですけど、私はこちらの方が好きですね。
この商品リニューアルされたようで、本鰹と昆布のWだしが利いたものになったそうです。ということは、東日本のかつおだしと西日本の昆布だしが合わさった融合品なんだ・・・と思って、この商品の概要見たさに日清食品の公式サイトを調べてみたら、何だよ西日本仕様のうどんつゆがベースなのかよ(泣)。



だからなんでしょう、かつおだしの味と昆布だしの味のバランスが非常に良くて、角の無いまろやかな味わいに仕上がっています。かつおだしだけの味も悪くないのですけど、合わせだしの美味さがよくわかります。
麺に関しては、のどごしのいい長い麺になっているので、食べやすい。つゆをよく絡めてくれるので、あっという間になくなっちゃいます(苦笑)。揚げは相変わらず甘い味付けで、大好きですね、私は。


東日本の「どん兵衛」ユーザーには、今回の味はそばとはいえ、西日本仕様の「どん兵衛」を味わえる貴重な機会になると思いますから、見掛けたら買いましょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:51Comments(0)

2021年09月15日

フュージョン! 前編

その昔、「ドラゴンボール」の末期に出てきた、2人の息を合わせた合体技「フュージョン」なるものがありました。上手く融合すれば、合体前の人物よりもはるかに強力なキャラになるものの、失敗するととんでもないことになるということもありました。また成功しても、敵が強ければそれまでボロボロにやられるなんてこともあったそうです。


そんなことを知ってか知らずか、日清食品もカップヌードル50周年ということで、8つのフレーバーをフュージョンさせることになりました日清食品内で吟味された結果、4種類でき上がったのですけど、果たして上手く融合できたのでしょうか・・・。今回は、その4種類のうちの2種類をご紹介。


SHV47_1570最初は、「カップヌードル スーパー合体シリーズ カップヌードル&しお」
普段の「カップヌードル」(醤油味とされる)と「カップヌードルしお」とがフュージョン!普段私は塩味のカップヌードルはそんなに食べないので、どんなふうに変化するんでしょうねぇ。



こちら、中身に関しては「カップヌードル」寄りになっていました。なので、普段の物を食べているのと違和感は無かったですね。ただ、スープの味が普段の物よりもまろやかになっているかなと思いました。少し角のあったスープが、角の取れて飲みやすい味になっていますね。逆に言えば醤油風味が薄まったとも。これは味の変化は乏しいものの、上手く融合したと言えるでしょう。


SHV47_15712番目は、「カップヌードル スーパー合体シリーズ カレー&シーフード」
こちらは、「カップヌードルシーフードヌードル」と「カップヌードルカレー」とがフュージョン!どちらも濃い味わいの物同士ですが、はてさて上手く融合できるのでしょうか。



こちら、中身に関してはほぼ半々といった感じ。「カップヌードルシーフードヌードル」でお馴染みの海産物系の具に「カップヌードルカレー」のじゃがいもが存在感を発揮しております。その代わり、「カップヌードルカレー」の入っている他の具材(肉・にんじん・ねぎ)は外されております。でも見た感じなら、ほぼ変わらないなと思えるくらい(苦笑)。ただ、スープの味はカレーが強めもう少しシーフードの味わいが強ければ、シーフードカレーという新ジャンルを生み出せるきっかけになったんじゃないかなと。それでも「カップヌードルカレー」よりも味はまろやかなのよね・・・。融合具合は可もなく不可も無くかなと。それゆえに、強い敵に立ち向かったら、やられてしまうでしょう(爆)。


次回は、クセ者揃いのフュージョンになりそうです。大丈夫か(ニヤニヤ)!?


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:08Comments(0)

2021年09月13日

【新フレーバー】カップヌードルが辛麺を作ると、こうなる【また爆誕!?】

SHV47_1549「カップヌードル 辛麺」が発売されて、しばらく経ちました。発売当初から好調な販売で、一部では売り切れになったほど。生産体制は整っていたからか販売休止には至らなかったようで、現在も十分な供給下で販売しております。
このカップ麺の特徴は、焙煎唐辛子というもの。ただ辛いだけじゃないのも特徴になってくると思うので、そのあたりを気を付けながら頂きましょうか。



味は何といっても辛いのですが、一般的な辛麺にあるような激辛というふうではなく、程よく辛いという感じ。辛くて食べられないわけではなく、後を引く辛さに仕上がっています。また辛さ以外に酸味も利いているのがポイントで、キムチの酸味が甘さも一緒に出してくれていて、これも後を引く美味さになっています。そこに麺が絡んでくると、辛さ・酸味・甘味を吸ってまた美味い。麺の量が足りないと思うくらいに麺との相性がいいですね。


辛過ぎずすっきりながらも、辛さ・酸味・甘味のキリっとした味わいのスープが最高ですね。焙煎唐辛子も辛みを引き出すのではなく、コクを引き出す感じになっていましたね。最後までクセになる味わいは、得も言えぬ美味しさになって、また食べたいと思わせてくれました。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0)

2021年08月13日

夏のスポーツイベントのお供に?

日清食品は、夏のスポーツイベントに向けて新商品を出していました。既にオリンピックは終わってしまいましたが、まだ甲子園は始まったばっかりだし、パラリンピックも控えてる。そして何より今日からプロ野球は再開し、細々とやっていたJリーグも先日から本格的に再会し始めたまだまだコイツの出番は終わってない・・・と言い聞かせてご紹介(ギャハ)。<コイツ、ネタを腐らせたな。


SHV47_1498まず最初は、「日清の汁なしどん兵衛 スパイシーカレー焼うどん」ここ最近よく出ている汁なしシリーズのどん兵衛ですが、この後の工程で麺を冷やすというのは無いので、熱盛で頂けということか。



味はまぁまぁのスパイシー加減ですが、甘みもそれなりに。こういってしまうとアレですが、可もなく不可もないカレー味に仕上がっています。夏に食べるカレーにはインパクトが欲しいというのは個人的感想過ぎるのか・・・。


SHV47_15032番目は、「日清焼そばU.F.O. お好み焼味焼そば」
なぜかお好み焼きをフィーチャーしたU.F.O.です。まぁ、お好み焼きに焼きそばの麺を入れるのは、大阪でも広島でも一般的ですからね。なお、広島のお好み焼きに入れる麺は、元々うどんの麺だったそうな。



前にも似たような商品を紹介していないかなぁ・・・と思いながら食べておりましたよ。で、味はどうなのかって?お好み焼きの味だよ(ギャハ)!
お好み焼きに掛ける濃い味付けのこってりソースの甘辛な味わいとマヨネーズのこってり感が合わさって、結構なこってり味になっていますけど、食べるのが嫌になるということは無い。むしろ美味しくて美味しくて足りない(泣)。


SHV47_1508最後は、「カップヌードル 旨辛カルビ味焼そば」
こちらは、カップヌードルの中では珍しい汁なしのタイプ。そういえば、今回紹介した3商品とも全て汁なしタイプだった(笑)。
カルビの味わいの焼きそば・・・って、それならU.F.O.で出せばいいじゃん(爆)!



そう言ってしまったのでおわかりかもしれませんが、これはU.F.O.やろう(苦笑)。旨辛と書いているけど、甘い味付けに振られていると思いました。ただそれだけしか特徴が無く、具も少ないので、少しコスパが悪い気も・・・。それならカルビ味のカップヌードル(汁を捨てないラーメンタイプ)にして出せば、もう少し個性が出たのにねぇ・・・。


3つとも特徴を出そうとして、少し失敗してないかとツッコみたくなってきました(汗)。発想は悪くないんだけど、3つとも汁なしタイプにすることも無いんじゃないのとか思ったり。なお、味は甘めになっているので、辛いと表記があっても大丈夫だと思いますけどねぇ・・・。まぁ、ワイの舌の味覚がやられて<検査受けて来い(ニヤニヤ)!


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:06Comments(0)

2021年07月31日

カレーは美味い、煮干しはどうか

SHV47_1489オリンピックが開催している中、男子バスケットボールっも頑張ってほしいものですから、日清食品から発売している「カップヌードル BIG 氷見カレー」を買ってきました
いつもなら『BIG』のロゴが入ってる部分に『八村塁』の文字が・・・。これは彼の背が高い(つまりBIG)に掛けているのか(ニヤニヤ)。そんな八村塁選手の出身地が、富山県氷見市なわけで、今回のカレー味は氷見カレーの味になっているわけですよ。

「氷見カレー」は、ご当地カレーの一種で、氷見産の煮干しを加えるのが条件のようです。それさえ満たせば、カレーうどんでもカレーラーメンでもカレー味の唐揚げでもOKのようです(汗)。



公式サイトの紹介では、ピリ辛とのことなんですけど、食べた時には、そんなことあるかいなと思わされましたよ。辛いどころかむしろ和風だしのカレーのせいもあるのかコク深い甘みをほのかに感じるカレーに仕上がっていましたよ。そのまま食べても美味しい味わいで、いつも売っているカップヌードルのカレーに比べてもスパイシーさを抑えているかなと思ったので、食べやすいのではないかなと。
そこに特製氷見産煮干しパウダーを加えたのですけど、カレーの味が強過ぎて味変の意味がない(ギャハ)。最終盤の汁を飲み切った時に、魚の風味が利いていると感じた程度。ゆえに、混ぜずに上に振り掛けて飲んでしまえ(爆)。そんなのでいいのか(ニヤニヤ)!?


煮干しの味を利かせ過ぎるのも考えもの(実際、煮干しの利き過ぎた某ラーメンが苦手)ですけど、ことさら(今回はそうでもないけど)スパイスの利いているカレーならば、惜しみなく注ぎ込んでもいいんじゃあないのかとさえ思ってしまいました。ただ、この商品そのものは美味しいので、オススメしますよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:37Comments(0)

2021年07月16日

控え目に言って、どろどろ

SHV47_1458そうなんですよ、今年の血液検査で・・・って、おい!<なになに、控え目じゃないレベルでどろどろですか(ギャハ)。


・・・まぁ、そんなわけで、日清食品から「日清焼そばU.F.O.大盛 最極濃厚ソース」を買って参りました。特徴も何も、「最極濃厚ソース」という通常のソースよりにんにくを利かせ、つぶつぶ玉ねぎを放り込んだものを使っているんです。



そういえば、今回は通常のものを買ってきていなかった最近は「ペヤングやきそば」ばかりだから、濃いとは思ってたけど・・・。
・・・滅茶苦茶濃いわ(汗)!もうね、舌が少し痺れるほどの濃さ別に山椒とかが入ってるわけじゃなくて、ソースの濃さがそうさせているんでしょう。味は甘辛で、若干の刺激がある濃さと共に舌を痺れさせた原因なのかねぇ。コイツが麺に絡んだら、濃さ倍増じゃないのとか思ってしまいました。液体ソースじゃないので、密になりますからね。
それ以外は、いつものU.F.O.ですので、そこまで気にすることはないでしょう。


最近のU.F.O.は味が濃くなったなぁと思っていましたが、今回のU.F.O.は別格です。これは一度食べ比べてみますか。記事にするかは別にして(ギャハ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:49Comments(0)

2021年07月06日

猫耳蓋になる前に食べておこう~ノーマルとPROの違い~ 後編

SHV47_1406もうすぐ、「カップヌードル」が変わる
今までプラスチックシールがカップの底に貼ってあったのですが、昨今のプラスチックごみ削減を受けて廃止になり、代わって蓋の耳が2つに。その形が、いわゆる猫耳になると話題になりました。
それゆえに、今回の食べ比べを今のうちにやっておかねばと思ったわけです。猫耳バージョンと今出ているカップヌードルとの味は変わらないと思いますけど・・・。


前回は醤油風味のカップヌードルの食べ比べでしたが、今回は「カップヌードル シーフードヌードル」(左)と「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質 シーフードヌードル」(右)を食べ比べすることになりました。



SHV47_1407こちらは、「カップヌードル シーフードヌードル」の材料表示。今回のは蓋面に書かれているタイプのものでした。



SHV47_1408同じくカロリー表記。



SHV47_1409で、こちらが「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質 シーフードヌードル」の材料表示
細かい違いはあれど、一番の違いは量かな(3g違う)。ただし量の違いは「カップヌードル」の時とは違い小さく、麺の量に至っては全く同じという有様です。



SHV47_1410「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質 シーフードヌードル」は、「カップヌードル シーフードヌードル」に比べて、たんぱく質約6g増し(15gほど)&糖質50%オフとなっているのです。いわゆるダイエット食として作られたのかねぇ、カロリーも低く設定されていますよ。まぁ、今回も両方食べちゃったからダイエットもへったくれも無いけどな(ギャハ)!




実のところ、今回の「カップヌードル シーフードヌードル」と「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質 シーフードヌードル」、食べ比べたら食べ比べるほど、味の差異がほとんどないのです(汗)。
豚と魚介のスープに多彩な具材は、どちらも同じで、麺の味わいも、つるりとしている「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質 シーフードヌードル」が上かなという違いくらいしか発見できなかったです。ホントにどっち食べてもわからないくらいクオリティが高いわ(苦笑)。


今回に関しては、どちらでもいいよ。味の差異はほとんど無いので、カロリーや糖質で気にする人はPROをオススメしますし、値段面でという人なら、いつものシーフードヌードルでいいんじゃないかなと思います。


・・・今度はカレーでやってほしいなぁ(ボソっ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:49Comments(0)

2021年07月01日

猫耳蓋になる前に食べておこう~ノーマルとPROの違い~ 前編

SHV47_1401もうすぐ、「カップヌードル」が変わる
今までプラスチックシールがカップの底に貼ってあったのですが、昨今のプラスチックごみ削減を受けて廃止になり、代わって蓋の耳が2つに。その形が、いわゆる猫耳になると話題になりました。
それゆえに、今回の食べ比べを今のうちにやっておかねばと思ったわけです。猫耳バージョンと今出ているカップヌードルとの味は変わらないと思いますけど・・・。


ということで、今回は「カップヌードル」(左)と「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」(右)を食べ比べすることにしました。



SHV47_1402こちらは「カップヌードル」の材料表示。よーく見ておきましょう。



SHV47_1403同じくカロリー表記



SHV47_1404で、こちらが「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」の材料表示
細かい違いはあれど、一番の違いは量かな(4g(麺に至っては5g)違う)。また、この商品で使われている謎肉は、プロテイン入りなのだと。



SHV47_1405「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」は、「カップヌードル」に比べて、たんぱく質約5g増し(15gほど)&糖質50%オフとなっているのです。いわゆるダイエット食として作られたのかねぇ、カロリーも低く設定されていますよ。まぁ、今回両方食べちゃったからダイエットもへったくれも無いけどな(ギャハ)!



まず「カップヌードル」から。
コイツは、オーソドックスな醤油風味。醤油の濃いめな味わいにスパイシーな風味が、カップヌードルをカップヌードルにしていると思いますわ。具もいつも通りかな。

で、「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」を食べてみた。
具に関しては、謎肉が弾力のある肉々しさを残したものになっている以外は、変わった点を見出せませんでしたけど、麺とスープはかなり違う気がする
麺に関しては、もっさりしていなくてライトな作りかなと。「カップヌードル」の方が少々もっさりしているように感じました。作り方が悪かったのか置いている時間のせいなのか詳細は不明ですけど、麺のクオリティは「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」が上でしょう。
一方でスープは、「カップヌードル」で感じられた濃さとパンチが見い出せなかったです。ダイエット食として作っているからかなと思ったのは、このあたり。もっとスパイシーさだけでも残してくれれば、美味しく感じたんだけどなぁ・・・。


というわけで、「カップヌードル」の味で「カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質」の麺や具で作ってくれたら完璧だったのに・・・と思いながら、頂きましたとさ。でも、どっちもリピートでもいいかなとも思いましたよ。つまるところ、値段でどうするか決めて下さい。参考までに、後者の方が若干高めです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:48Comments(0)

2021年06月24日

真っ黒やんけ!

SHV47_1398不良品よ!不良品よ!
・・・と、昨今のコンプライアンスの厳しい今、言われかねないんじゃないかと思うほど真っ黒な衣をまとっているのが、今回紹介するローソンから販売している「からあげクン 濃厚ソース味」
こちらは、日清食品の「日清焼そばU.F.O.」とのコラボ商品で、あの濃厚ソースをぶっ掛けて揚げたものなのです。だからあんなに真っ黒だったわけですよ。



しかし、こんなに真っ黒で大丈夫なのかと思いますわね。ホントは焦げてるんじゃないのと疑いながら頂くと・・・。
ああ、あのソースの味がそのまんま伝わってくるわ(爆)。
もうそれ以上でもそれ以下でもないんですけど、あのソースの濃厚かつ甘味と酸味とほんのりピリッとスパイシーな味わいが、からあげクンの衣にしっかりまとわっているんです。からあげクンそのものにも合うんですね。まぁ、元々何でも合うように設計されているんでしょうけど(ニヤニヤ)。


見た目は最悪なので、焦げてるとか思って敬遠するのは、もったいない。あのソースの味わいが嫌いじゃなければ、是非ともどうぞ召し上がれ(ニヤニヤ)。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:59Comments(0)

2021年06月12日

どん兵衛とU.F.O.のソースが入れ替わってる!

「日清のどん兵衛」と「日清焼そばU.F.O.」が発売45周年を迎えました。
それを記念して、この2商品が「君の名は。」ごっこ遊びしたんだって!<その表現は止めないか!
でも、何で今までありそうでなかった入れ替わりでの販売を行われなかったのかという点が気になった。実は、日清食品の中で、「日清のどん兵衛」と「日清焼そばU.F.O.」は部署が違うのだそうな。まさか、どん兵衛課とか日清焼そばU.F.O.課とかあるんだろうか


SHV47_1268そんな思いで紹介する最初の商品は、「日清の汁なしどん兵衛 濃い濃い濃厚ソース焼うどん」
あのうどんにU.F.O.のソースが絡むってわけか。具材もU.F.O.とほぼ同じのようです。



コイツは、不思議に美味い。
太麺過ぎて、味が絡み過ぎる事態になるんじゃないかと思ってたけど、この太さだからこそ、ソースの味が「日清焼そばU.F.O.」以上に引き立つのかな。モチモチな麺も影響しているんでしょう。
七味唐辛子もソースに合うという不思議。具は少ないけど、それなりに存在感はあった。


SHV47_1269そしてもう一つ、「日清焼そばU.F.O. だし醤油きつね焼そば」
こちらは、かつおだしのつゆをソースにして、「日清焼そばU.F.O.」の麺で絡めるというものになっています。具は「日清のどん兵衛」と同じですが、揚げは細かく刻んだ刻み揚げ状態です。



こちらは、かつおだしのソースが薄味ながらもしっかりしていて、細い麺との相性をしっかりと考えて作ってたなと思わされました。七味入りマヨネーズで濃いめの味付けにもできましたけど、個人的にはマヨネーズ無しでも十分美味しいんじゃないのかと。刻み揚げは甘い方がいい(爆)。


入れ替わった2品共美味しいんだけど、惜しむらくは「どん兵衛」は汁のある方でやってほしかったあのソースをダシにして、つゆ入りうどんになったら、どんな雰囲気になるのだろうか。気になって仕方ないわ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)

2021年05月28日

【味噌】日清×トップバリュ【対決】

SHV47_1244先日、イオンで「トップバリュ ベストプライス 札幌濃厚味噌ラーメン」を買ってきました。数量限定品かつ既に在庫が尽きそうな中での購入だったので、もう店頭には並んでないかもしれません(ただし5/28現在、ネットには掲載されている)。
この商品は、しょうがを生かしたものらしい。ということは、日清の「日清 カップヌードル 味噌」と全く被るではないか!これは買わねば・・・と思って、一緒に「日清 カップヌードル 味噌」を買ってきたわけです(爆)。やっぱりやるよ、3度目の味噌対決(ギャハ)。

ちなみに、この商品の製造は東日本明星という明星食品の子会社で、日清食品ホールディングスの傘下に入っているとも言えます。明星食品と日清食品は兄弟会社なのか・・・。



ということは、今回の対決は兄弟げんかになるのか(ニヤニヤ)。孫が代わって登場とはいえ、おじいちゃんでありレジェンドであるカップヌードルにどう対抗するのかな・・・。
・・・と思ったら、味が結構似てるぞ(爆)。
どちらもしょうがの味わいをメインにしているので、味噌の味わいが引き立ってる、そして濃いんですわ。
でも、ディティールは違う同じ『味噌の濃い味』といっても、濃さの濃度が違うんです。

結論から言えば、おじいちゃんは偉大だった(ニヤニヤ)。「日清 カップヌードル 味噌」の方が味は濃いと思います。何よりパンチが利いてますわ。
対して、同じような味ではある「トップバリュ ベストプライス 札幌濃厚味噌ラーメン」は、若干味の濃淡が薄いパンチの利くほどしょうがは入ってないんじゃないかなと。でも、具は「日清 カップヌードル 味噌」には入ってないメンマが入っているんですね。コイツがいい食感になって、味噌の薄さを感じさせないものとなりました。


これまでの商品と比べて、オリジナルに一番近い味。兄弟会社ゆえできることなんでしょうけど、それでもオリジナルを越えようとするあたりは立派だと思います。特に価格面では、オリジナルを越えられましたね。
廉価版でもいいから、「日清 カップヌードル 味噌」を食べたいという人には、この商品を薦めたいんですけど、もうラインナップの中に無いかもしれないのが残念至極


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:30Comments(0)

2021年04月23日

【味噌】日清×東洋水産【対決】

SHV47_1089先日、マルちゃんこと東洋水産の「QTTA コク味噌味」を買ってきました。今まで何でなかったのだろうと思うフレーバーではありましたが、美味しいだろうと思ったので買った次第です。
となると、やらねばならぬと思って、一緒に日清食品の「カップヌードル 味噌」を買ったのです。そう、味噌対決(笑)。


今回の「QTTA コク味噌味」は、しょうがとにんにくの香辛料が利いたものに仕上がっているそうで。これは「カップヌードル 味噌」に味を少し寄せているのかな?



とはいえ、そんな前情報なんて仕入れて食べてるわけじゃない(ギャハ)。まずは何の先入観も無しに食べるのがベストと思い、お湯入れ3分待ちましたとさ。


さて、「カップヌードル 味噌」の味わいは、何度も書いているので、詳細は割愛しますが、相変わらずしょうがの味わいと味噌の味わいが濃いカップ麺に仕上がっています。
で、「QTTA コク味噌味」なんですが、こちらは味噌は甘めの仕上がりなのね。特に味噌の味は言及されていないですけど、麦味噌みたいな甘さの味噌になっていたのかなと思います(あくまで個人の感想です)。メインに押し出していたしょうがとにんにくのテイストは強くないものの、スープそのものはラードのコクもあって美味いと思えますし、麺との相性も悪くありませんでした。
具はキャベツ・味付豚肉・コーン・ねぎとそんなに多くない印象。ただ、味付豚肉に関しては、カップヌードルの謎肉に少し味が近いかなと思わせる味わいでした。豚肉の旨味が十分に染み込んでおります。
そう考えると、「カップヌードル 味噌」はしょうがのインパクトが強く、塩気も濃い味付けなのね。ご飯が欲しくなる味というのも、今回の食べ比べで改めて納得しました。
味の濃さとインパクトなら、「カップヌードル 味噌」になるでしょう。でも「QTTA コク味噌味」も味としてはバランスがいいので、一度食べてもらいたい一品に仕上がっていますよ。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:00Comments(0)

2021年01月26日

【味噌】日清×サンヨー食品【対決】

SHV47_0845以前から気になっていたカップ麺があった。
一つは、日清食品の「カップヌードル 味噌」(右)。2019年4月に発売し、大ブレイクを果たしたこの商品。当初は品不足に伴い生産休止になり、8月になってやっと再開されたいわくつきの商品でもあります。現在はブームも落ち着いたものの、新たな定番商品として確固たる地位を築いたのではないかと思っています。

もう一つは、サンヨー食品の「サッポロ一番 カップスター 味噌」(左)。去年リニューアルされたとのことなので、丁度いい機会だと思ったのです。なかなか売ってないということも手伝って、普段あまり食べないというのもあるので、どんな味なんだろうと思ってというのもあってだが。



まずは、「サッポロ一番 カップスター 味噌」から。初めてではないけど、久しく食べていないので。
味噌の味に関しては、角の無い丸い味で、コクはそれなり。味噌なのに案外あっさりとしているんだなと。
具に関しては、ポークダイスというカップヌードルでは謎肉のポジション、コーン、ねぎとある中で、異彩を放っているのがキヌサヤ。そうです、皮と豆を一緒に食べるあの野菜です。これのおかげで青臭くなるんじゃないかなと思ってたのですけど、食べ応えの面でアクセントになって、他の食材との相性も悪くないんですね。
麺は柔らかめのもので、スープもよく絡んで美味い。でも、それ以上でもそれ以下でもないんだよなぁ(爆)。

一方で、「カップヌードル 味噌」。
味噌の味は、しょうがの風味の利いたコク深い味で、どちらかといえばエッジの利いた味
具は、味付豚ミンチ(いわゆる謎肉)・キャベツ・コーン・人参・ねぎと案外具だくさん。ただ定番とも言える品ばかりなので、冒険していないと言えばそれまでかな。
麺は、カップヌードル特有のちぢれ麺。これもスープとよく絡んで美味い。かつ縮れているので食べ応えの面でも優秀です。


結論から言えば、カップヌードルは優秀だ。でも、キヌサヤという新しいものを入れてくるカップスターも革新的で、期待値も高いあっさりした味が欲しいならカップスター、身体を温めたいのならカップヌードルかもしれない。まぁ、どっちも美味いのだ(ニヤニヤ)。<結論って一体・・・。


日清 カップヌードル 味噌 83g ×20個
日清 カップヌードル 味噌(20個入り)



サッポロ一番 カップスター 味噌 79g ×12個
サッポロ一番 カップスター 味噌(12個入り)



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 21:45Comments(0)

2020年12月31日

新旧シーフードヌードルで食べ比べ

SHV47_0842日清食品の新しい「カップヌードル シーフードヌードル」(右)に切り替わって数ヶ月。皆さんは、どうでしょうかね?
新しい「カップヌードル シーフードヌードル」は、これまで本物のイカだったのが、「ほぼイカ」と呼ばれる加工品に一部切り替わりました。この「ほぼイカ」とは、イカ風味かまぼこというもので、同製品のスープに合わせた味付けになっています。
これが入ったことで、さらに美味しくなったのか、それとも変わらないのか。気になったので、旧製品(左)を残しておいたのです。



で、結論から言うと、驚くほど変わっていない(ギャハ)。
スープも海鮮のだしがよく出ているすっきりとした味わいだし、具も「ほぼイカ」に変わってもイカの風味が失われたわけではない。むしろ下手をしたら強化されてしまっているのではないかと思えてしまうほど。
ちなみに、新しくなって具は少し減った印象が。価格高騰の煽りで、この改変を機に減らさざるを得なくなったんでしょうね・・・。


味は変わっていない感じがしたので、新しいものに切り替わっても全く気に留めない人の方が多かったかもしれませんね。いやはや、美味さをそのままに切り替えるだなんて、日清食品恐るべし。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 09:47Comments(0)

2020年12月17日

どん兵衛史上最長&最もち

SHV47_0788先日、日清食品の「日清のどん兵衛 限定プレミアムきつねうどん 史上最もっちもち麺」を買ってきた
この商品、かつて「日清のどん兵衛」を10分ほど置いておくと、麺がモチモチになって美味いという話が沸いて出たことがあり、それを聞いた日清食品が公式に認めた(そんな食べ方があるのね的な)形になりました。そして、今回満を持して商品化されたわけです。数年前だったと思うので、結構時間が掛かったのね。

今回の商品は、希少なもち小麦を全体の3割使用し、通常のものよりモチモチ感をアップさせています。さらにお湯入れ8分という長時間で調理するというのも異例です。元々挙がっていた10分よりも短くなっているのは、もち小麦の質がいいからなのか、うどんの打ち方を変えたのか、そこらへんはわかりませんなぁ・・・。



お湯を入れて8分、何とも長い時間を待って、いよいよ実食。
麺に関しては、あれだけお湯でふやかしてもコシがしっかり残っていました。モチモチという部分もそうですけど、コシのある食べ応えの麺としても素晴らしいと思って頂きました。ただ、麺がツルツルするのは、麺から出るグルテンとかのせいなのか?こりゃ、箸使いの下手な私のような人間は、ツルッツル麺を滑らせて、つゆが方々にベチャベチャ飛ばしてしまいそう(苦笑)。もうちょっと掴みやすいといいかなぁ(願望です(苦笑))。
つゆに関しては、東日本のつゆじゃないかもしれない。このつゆは、かつおだしよりも少しまろやかでさっぱりとした味に仕上がっていました。西日本や北海道のつゆとも少し違うのかなと思っていますが、もしかすると西日本のつゆをベースにしているかもしれません。
なお、具のメインになるあげは結構甘かった印象。久しぶりに甘い揚げを食った気がする(ニヤニヤ)。


通常の味を知っている人も、一味違うなと感じられるほど、まろやかな味わいになっています。麺のモチモチ感を楽しみたい人も、そうでない人もオススメしたいですね。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:24Comments(0)

2020年12月10日

謎肉で牛丼

SHV47_0747今回紹介するのは、日清食品の「日清カップヌードル 謎肉牛丼」
カップヌードルシリーズのカップライスで、謎肉を使ったシリーズの第3弾になるのだそうです。
いつもなら、謎肉たっぷりで構成されるこの手の商品、今回は謎肉をたっぷりにするのではなく、謎肉を豚肉ではなく牛肉で作りました。それを甘辛のつゆで絡める牛丼にしようと考えたのです。



その味、まずは備え付けのたれを敢えて入れないで頂きました
いつもより少ないお湯の量で戻すのですが、硬くて食べられないということは無く、なんだよそれなら今までのヤツもそれでいいじゃんとか思ったり思わなかったり(苦笑)。で、味そのものは醤油とみりんや砂糖の風味なのか、やや甘めの味付け。しかしながら平坦だなと思うものに仕上がっていました。なお謎肉そのものは、牛肉の味がしっかりと付いていました豚肉の時のコク深さは無いのですが、肉の旨味は十分あります。

そして、備え付けのたれを加えると、甘さとコク深さが増して、深みが出てきました。おお、これは牛丼だと言えるくらいに。そこに謎肉や玉ねぎの味わいが加わることで、さらに味わい深いものになり、牛丼を食べているのと遜色ないくらいになっていますね。


個人的には、もう少し濃くてもいいかなと思いましたけど、食べ応えはいいですね。また見掛けたら買ってこようと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:57Comments(0)

2020年12月09日

あの新定番商品が早々とカップライスに

SHV47_0746今回紹介するのは、日清食品の「カップヌードル 旨辛豚骨 ぶっこみ飯」今年発売し、ブレイクした「カップヌードル 旨辛豚骨」をカップライスにしたものです。
まだ出て数ヶ月しかたっていないと思われるのに、この素早さ。それだけ売れているんでしょうね。確かに、「カップヌードル 旨辛豚骨」自体も美味いし。



食べてみてわかったのは、見事なまでのトレース
最初、添付されているラー油を入れずに食べてみたのですが、「カップヌードル 旨辛豚骨」に見られる山椒のピリリとした味わいは、そのまま残しています。そこに豚骨の濃厚さが加わるので、山椒の味わいがさらに引き立つんですよね。このスープは他の豚骨ではなかなかない。それにご飯なのだから、美味くないわけないでしょ(ニヤニヤ)。
そこにラー油を加えれば、辛さと豚骨の味わい深さが増し、ますますご飯が美味しくなります。
元々味が完成しているのですから、麺がご飯に変わっても何の違和感もないです。美味いこと以外に何をいわんや。


見掛けたら是非とも買って食べてほしいものです。オススメです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:15Comments(0)

2020年09月14日

一風変わった豚骨ラーメン

SHV47_0306こちら、日清食品の「日清 カップヌードル 旨辛豚骨」。コンビニだけでなく、スーパーでも販売している商品です。
特徴は別途で付いてくる特製ラー油でしょう。でき上がった後に入れることで、たぶん辛さを増すものというふうなんでしょうけど、はてさて。



まず、特製ラー油を入れないで頂いてみました
その味は、どちらかというとまろやかな味わいの豚骨で、クセはあまりないものに。しかし、ほのかに爽やかな痺れる辛さが・・・。これは山椒の味わいですね。豚骨に山椒が入っているのは珍しいし、これを入れることで、豚骨の風味が増したようにも。まろやかなのにクセなく風味増し。人によっては理想の豚骨になるんじゃないのでしょうか。

では、そこに特製ラー油を入れてみましょう
・・・おお、一気に辛みが増してきましたね。さらにこの中にも山椒が入っているのか、辛さで山椒の味が引き立ったのか、痺れる味わいが増えたとも言える雰囲気に。でも、これはこれで美味しいですし、過度に山椒を入れていないので、程よい味わいになっています。これは食べ進めやすい味わい。もっと食べたくなる味です。


昨年は味噌がブレイクして一時販売停止になりましたけど、この豚骨も美味しいから、そうなるくらい売れてほしいなぁ・・・。ただ、山椒が苦手な人もいると思うので、そこをどう乗り越えられるかでブレイクの大きさが変わってくると思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:41Comments(0)

2020年08月23日

タンメン vs TANMEN

SHV47_0281以前、味噌味のカップ麺対決を行いましたけど、今回はタンメン味のカップ麺を対戦形式で紹介していきましょう。
まずは、日清食品の「日清 濃くてうまいTANMEN」(左)。こちら、セブン&アイホールディングス限定で販売の商品で、主にセブンイレブン・イトーヨーカドーなどで買える商品になります。こちらをセブンイレブンでPB商品として販売している「野菜たくさんタンメン」(右)と食べ比べてみようかと。

今回は大きな違いが一つあります。左は日清食品が作っていますけれども、右はサンヨー食品が作っています。メーカーが違うので、大きく違ってきそうですね。




まずは、「野菜たくさんタンメン」から。
まず名前の通り野菜がたっぷり入っており、キャベツ・コーン・にんじん・きくらげが彩りを添えておりますスープは若干甘めで、恐らく野菜から出ただしみたいなものの影響でしょう。塩味ゆえに甘みが引き立っているのでしょうね。麺に関しては細目ですがしゃきっとしたものになっています。ともすればシンプルでやや薄味ですが、タンメンをあまり美味しいものだと思うことが少なかった私には革新的な味でした。

そして、「日清 濃くてうまいTANMEN」
こちらは麺もスープも全く違ったものに麺に関してはガーリックの味わいがこれでもかと感じられ、スープもガーリックの味わいがガツンとやって来ます。タンメンのスープというよりもガーリックスープとも言える味になってますな。そこに合わさる具は、「野菜たっぷりタンメン」とは違い、薄っぺらく少量ながらも豚肉が入っていますこれが味にアクセントとして機能しており、野菜の味を引き立ててくれます。なお、野菜はキャベツ・にんじん・きくらげだそうですが、キャベツメインだったかなと。


これは迷いますね。落ち着いた味という点なら、「野菜たっぷりタンメン」がオススメ。逆にエッジの利いた味という点なら、「濃くてうまいTANMEN」でしょう。野菜はどちらも多めですが、レタス1個分の食物繊維が採れるという点で、「野菜たっぷりタンメン」を推すことにしましょう。両方見掛けられる店なら、値段もそんなに高くない・量も多くはないので、両方買って食べて見てもいいかなと思います。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:32Comments(0)