2016年03月08日

巨人軍はもはや紳士たらないのか

以前、当時所属していた巨人の選手が起こした野球賭博に関する記事を書いた際、「こんなバカらしいことで選手生命を絶たれるようなことがもう現れないことを切に切に願います」と書きましたが、また出てきました。しかも今度はルーキーイヤーから活躍していた選手で。


今日、巨人は高木京介選手が野球賭博に関わっていていたことを明らかにしました
当時所属していた笠原将生元選手から誘われたのがきっかけで、高木京介選手は2014年4月上旬~5月下旬の8ないしは9試合関与したのだそうです。1試合あたり10~15万で賭けに参加し、50万ほどに借金が膨らんだところで賭けを止めたということです。
これに関与していたのは、笠原元選手らにも関与した知人の男性という人物で、バレないように笠原元選手が食事を賭けていたことにする・球団から呼び出しがあった際にも、笠原元選手から名前を借りたことにすると口裏合わせをするなどやり口も狡猾ですわね。
結局は、妻や家族に真実を打ち明けるようにという説得で、今回の一件が明らかになったとのこと。2回あった事情聴取では、知人の男性が述べたように笠原元選手に名を貸しただけと関与を否定していました。

今回の一件で、巨人の渡辺恒雄球団最高顧問・白石興二郎オーナー・桃井恒和球団会長の3人が引責辞任をすることになりました。ナベツネはかねてから球界の老害だと思ってたのですが、人間爆弾みたいな形で吹き飛んでしまうのは、少々哀れだなと。


今回衝撃的だったのは、3つ。


1つ目は高木京介選手が6年目の選手でありながら通算136試合6勝1セーブという抜群の成績だったこと。ある意味中継ぎでは主力選手で、今季も戦力として高橋由伸監督も考えていたことでしょうこんな選手にも野球賭博が関わってきているとなると、本当に他の選手はシロなのかと疑い深くなってしまいます。

2つ目は球団の自浄能力は機能しているのかという点。今回のような疑惑が持ち上がってくれば、巨人の選手全員を徹底的に再調査すべきでしょう。同時に他の球団やNPB(日本野球機構)も本当に調査しているのか疑わしいです。絶対に他の球団は関与していないのか、早急に調査すべきでしょう。

3つ目は開幕を約数週間前に控えた中で起こったこと。この時期に起こったのは、野球へのマイナスイメージが付いてしまうだけでなく、2020年に開催される東京オリンピックでの追加協議選考の際に大きな影響を与えかねない事態になりかねません。特にIOC(国際オリンピック委員会)はクリーンなイメージを大事にしていますから、今回の件は見逃さないでしょう。


しかし残念なのは、これだけいい成績を残いていながら、解雇(契約解除)は免れないことでしょう。恐らくWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)日本代表になっていてもおかしくない実力を持っていただけに、何でこんなことしたんだろう・・・と思わずにはいられません。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:54Comments(0)TrackBack(0)

2011年11月11日

珍しい巨人のお家騒動はゴダゴダしそうなものに

今日は巨人にとっては衝撃的な1日になったのではないかと思います。
突然、巨人のNO.2になる清武英利球団代表が、「渡邊恒雄(ナベツネ)取締役にコーチ人事で不当介入された」と訴え出たのです。

要約すると、10/20時点で巨人のコーチ陣の留任人事を決めていた(意思確認も行い、契約書着手もしていた)のにもかかわらず、突然代表権のない取締役(要はヒラ社員並みと推測される)のナベツネの『鶴の一声』でいじられたというのです。ナベツネの腹積もりでは、岡崎郁(かおる)1軍総合コーチを降格させ、解説者の江川卓さんを同コーチに迎え入れるつもりだったらしい(江川さんはコーチ受諾には否定的)


今回の不当介入を、清武代表はコンプライアンス違反だと訴え、「ナベツネの球団・プロ野球私物化許すまじ」・「同じ思いは桃井オーナーも持っているはずだ」と思いの丈を涙ながらにぶちまけていました。

ところが、その桃井オーナーはというと、全くもってそれらを否定
コーチ陣は当初は残留で動いていたものの、クライマックスシリーズ第1戦の負け(表現上は惨敗)を受け、人事の見直しをナベツネと相談したとのこと。(残留が)ひっくり返ることは仕方のないことだとも語っていました。また、今回の清武代表の行動こそコンプライアンス違反に繋がり、清武代表をかばいきれないとまで言い切っています。


まぁ、この一連のお家騒動、巨人では珍しい部類ですけど、正直わりとどうでもいい話なんですよ(苦笑)。でも、なぜこうもおかしなことになってるのかというと、ナベツネの存在が問題なんですね。

まず巨人では代表権のない取締役なのにもかかわらず、オーナー会社でもある読売新聞では取締役兼主筆という位の高いところにいるねじれ現象が起こっているからです。だから、関連会社の読売巨人軍でも、親会社で『お偉いさん』でいる限りは、どこ行っても何でもまかり通ると思っているのでしょう。どこかの国の首相のように、悪いことを言おうものなら、自らのメディアの力でネガティブキャンペーンを繰り広げられるわけですから、そりゃ何でもできるし、逆に言えばどんな些細なことでも怖いわけで。それで政治も振り回しましたからね。


結局、味方だと思っていた桃井オーナーにもはしごを外された格好になってしまい、清武代表は大ピンチになってしまいました。このまま清武代表だけクビになっておしまい・・・というふうになるんでしょうね。ナンマンダブナンマンダブ(汗)。


最後にナベツネには、マッカーサーのあの名言をもじっていったやろうかと。
「老害は死なず、ただ消え去るのみ」と。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:28Comments(0)TrackBack(0)