2011年11月18日

大方の予想通りの展開に

先日起こった巨人のお家騒動、終わり方が大方の予想通り、清武英利球団代表が取締役会を通じて解任(要はクビ)されて終結しそうな感じです。


清武球団代表がナベツネこと渡邊恒雄取締役の『越権行為』を批判したことで始まったこの騒動(詳細はこちらの記事を参照)。球団内のひと先ずの結論は、問題のひとつになった岡崎郁総合コーチの留任と原辰徳監督の複数年(2年)契約での更改で終わりました。そして、清武代表に関しては、何も言わなければ不問に処すという感じで進められていました。

ところが、ナベツネ・桃井オーナーサイドによれば、この事件以降も反目的な態度を取っていたために、取締役会を開いて解任に至った・・・とのことだそうです。


正直社内の騒動のことなので、わりとどうでもいいという考えは以前と同じですけれども、まぁ敢えて何か言って下さいと言われれば、何か不透明な会社だよなということくらいでしょうか。
結局はナベツネが気に入らない存在と認識すれば、たとえ自分が取締役(ではあるものの権限がないヒラ社員的な立場)でも、気に入らないと言ってしまえば消せる会社なんだなということが改めてわかりましたね。こういう老害は一刻も早くどこかに消え去って欲しいものと思いますが、憎まれっ子何とやらとはよく言ったもので・・・


今のところ清武球団代表は徹底抗戦するような感じのリアクションを起こしていますが、世論も支持していない(当然ナベツネの行為も支援していない(笑))ので、どこまで起こせるのかが見ものですね。せいぜいプロ野球のイメージを損なわない程度に暴れて下さい(棒読み)。


ところで、清武球団代表が61歳とはとても思えないくらい若々しい(苦笑)。さすが巨人という球団を運営していただけのことはあるわ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:53Comments(0)TrackBack(0)

2011年11月11日

珍しい巨人のお家騒動はゴダゴダしそうなものに

今日は巨人にとっては衝撃的な1日になったのではないかと思います。
突然、巨人のNO.2になる清武英利球団代表が、「渡邊恒雄(ナベツネ)取締役にコーチ人事で不当介入された」と訴え出たのです。

要約すると、10/20時点で巨人のコーチ陣の留任人事を決めていた(意思確認も行い、契約書着手もしていた)のにもかかわらず、突然代表権のない取締役(要はヒラ社員並みと推測される)のナベツネの『鶴の一声』でいじられたというのです。ナベツネの腹積もりでは、岡崎郁(かおる)1軍総合コーチを降格させ、解説者の江川卓さんを同コーチに迎え入れるつもりだったらしい(江川さんはコーチ受諾には否定的)


今回の不当介入を、清武代表はコンプライアンス違反だと訴え、「ナベツネの球団・プロ野球私物化許すまじ」・「同じ思いは桃井オーナーも持っているはずだ」と思いの丈を涙ながらにぶちまけていました。

ところが、その桃井オーナーはというと、全くもってそれらを否定
コーチ陣は当初は残留で動いていたものの、クライマックスシリーズ第1戦の負け(表現上は惨敗)を受け、人事の見直しをナベツネと相談したとのこと。(残留が)ひっくり返ることは仕方のないことだとも語っていました。また、今回の清武代表の行動こそコンプライアンス違反に繋がり、清武代表をかばいきれないとまで言い切っています。


まぁ、この一連のお家騒動、巨人では珍しい部類ですけど、正直わりとどうでもいい話なんですよ(苦笑)。でも、なぜこうもおかしなことになってるのかというと、ナベツネの存在が問題なんですね。

まず巨人では代表権のない取締役なのにもかかわらず、オーナー会社でもある読売新聞では取締役兼主筆という位の高いところにいるねじれ現象が起こっているからです。だから、関連会社の読売巨人軍でも、親会社で『お偉いさん』でいる限りは、どこ行っても何でもまかり通ると思っているのでしょう。どこかの国の首相のように、悪いことを言おうものなら、自らのメディアの力でネガティブキャンペーンを繰り広げられるわけですから、そりゃ何でもできるし、逆に言えばどんな些細なことでも怖いわけで。それで政治も振り回しましたからね。


結局、味方だと思っていた桃井オーナーにもはしごを外された格好になってしまい、清武代表は大ピンチになってしまいました。このまま清武代表だけクビになっておしまい・・・というふうになるんでしょうね。ナンマンダブナンマンダブ(汗)。


最後にナベツネには、マッカーサーのあの名言をもじっていったやろうかと。
「老害は死なず、ただ消え去るのみ」と。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:28Comments(0)TrackBack(0)