2020年01月14日

冬の新アニメ2020 その11 理系が恋に落ちたので証明してみた。

冬の新アニメ2020、11回目はフレックスコミックスから刊行されているウェブマンガサービスで連載されている「理系が恋に落ちたので証明してみた。」です。
この作品は、2018年に実写作品(テレビドラマ)で放送され、2019年に実写版の映画(前述の続編)が公開されています。テレビCMでも流されていたのを見て、個人的には気になっていた作品ではあります。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は大学院に通う理系女子。

ある日、同じ大学院の研究室に在籍する理系の男子に告白する。しかし、彼は本当にお前は好きなのかといぶかしがられる。実は彼も彼女のことを気にはしていたのだが、恋愛感覚の無いせいで、『好き』という感覚がわからなかったのだ。
理系の生徒として『好き』ということを証明できないのは、おかしいということで、2人は様々なアプローチでお互いの想いを証明しようとするのだが・・・。



というふう。


こちら、恋愛感情を理系の要素で証明していくという大変珍しい作品なのですが、見ていて正直もどかしい。いや、もどかしいを通り越してイラッとしかねない(苦笑)。もうお互い好きなのは、明々白々なのだから、最初に告白したら受け入れてしまえよと思ってしまう(汗)。そこからお互いの好きな気持ちを一緒に過ごす中で証明していけばいいのにね、と。お互いが素直ではないという部分が強すぎて、見ている側が引いてしまうんでしょうね。イチャラブでもアレだけど、これもこれで困りもの。でも同じアレならイチャラブの方が、まだ見ていて心身の面で穏やかなのかなと。

オープニングの主題歌がスカというのかジャジーっぽくて聞いていて気持ちのいい曲なのに、内容が全くもって真逆なのが何とも残念でした。惜しいなぁ・・・。


放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む

Posted by alexey_calvanov at 23:22Comments(0)