2021年08月01日

土壇場からの金メダル

先程行われた東京オリンピックの男子100m決勝、イタリアからの新星ラモント・マルチェル・ジェイコブス(ヤコブス)選手が9秒80のヨーロッパ記録で優勝しました。その前の準決勝では9秒84という、これまたヨーロッパ記録を叩き出したものの、中国の蘇炳添(そ・へいてん)選手の走りが素晴らし過ぎて3位になってしまい、タイムで拾われた形での決勝進出だったのです。
その蘇炳添選手、準決勝のタイムは9秒83というアジア記録でトップ通過したものの、そこで力を使い過ぎて、決勝は9秒98で6位に終わっています決勝まで2時間しかないのに、そこで全力を使い切るのはリスキー過ぎるよねぇ・・・。ただ、そこまでしないと残れないと判断しての結果なのでしょうから、責めるのも酷だわね。

この男子100mはジャマイカのウサイン・ボルトさんがいない中での、ポストボルトは誰かを占うものとなったのですけど、彼のいないジャマイカ勢は準決勝で姿を全て消してしまい、実力者も力を発揮できないまま終わりました。対して、新しい力が伸びてきていることもわかった大会にもなり、アフリカ勢が徐々に台頭してきている感があります。


さて、その他行われた陸上競技では、女子三段跳びで世界記録が出ました
ベネズエラのユリマル・ロハス選手が、15m67の世界新記録で金メダルを獲得しました。6回飛んだ中で、2回世界記録かと思われる跳躍を見せたのですけど、踏み切り板を踏み越してしまい、ファウル(失敗)扱いになってしまったんですよ。そんなやきもきした中で見せた最後の跳躍が、三度目の正直になったと思うと、陸上競技は面白い


日本選手の活躍とはならなかった陸上競技ですが、全体を通して見てても面白いと思わせる種目は多々あると思うので、外国人ばかりと思わずに見てもらいたいものです。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 22:33Comments(0)

2021年07月31日

三島さん、まだまだ大変ですわ

東京オリンピックは、男子100mの予選が行われ、1932年のロサンゼルスオリンピックに同じ種目で出場した吉岡隆徳さん以来、89年ぶりの決勝進出を狙った多田修平・山縣亮太・小池祐貴の3選手でしたが、3選手共に予選で敗退となりました。3人共9秒台のタイムを誇っていただけに、まさか・・・という扱いではありましたけど、私個人としては、さもありなんで見ておりました
常に9秒台ないしは10秒0台のタイムを叩き出せているわけではない点と、大舞台(特に国際大会)での活躍が少ない点を最も心配していまして、その点では予選選考に漏れてしまったサニブラウン・アブデル・ハキーム選手や桐生祥秀選手の方がマシだったのではないかと思ってしまうほど。
あとは、今回走っていた外国人選手が高速対応していた点も敗因でしょう。レース展開が早くなると見越していたのか、偶然だったのか、10秒0台~10秒1台のタイムでの争い(予選で9秒台は3人のみ)になり、一番可能性のあった山縣選手(10秒15)は、組み合わせの妙でタイムで拾われることも叶わなかった事態となりました。実は、10秒21で予選を通過できた選手がいたので、その選手のいた4組目(偶然にも小池選手がおり、そのタイムも10秒22とコンマ1秒で落ちている)にいれば、ワンチャンあったかなと思うところはあります。改めて予選上位3位までが自動でクリアには魔物がいるんだね・・・。これが純粋にタイム順だったら、どうなってたんだろう。


ホントにもうちょっと、さじ加減の違いなんです。塩を一振り多くやってしまったがために、味のバランスが崩れたみたいな感じなのでしょう。


日本人初の短距離走者である三島弥彦さんが、同じく日本人初の長距離走者である金栗四三(しそう)さんに「日本人にはやはり短距離は無理なようだ」と語っていますが、そんなことは無くなりつつあると思ってますよ。ただ繰り返しになりますが、常に10秒0台のタイムを叩き出せるようにならないと、予選を楽々と越えられないでしょう。それができるのは、海外経験の多いサニブラウン選手や桐生選手だと思ってます。度胸が付けば、海外はおろか陸上経験の浅いデーデー・ブルーノ選手も面白い存在になるのだろうけど、今回のオリンピックの活躍次第かな・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:12Comments(0)

2019年06月08日

日本選手も9秒台の争いになるのかな

アメリカで行われている大学選手権の男子100mで、サニブラウン・ハキーム選手が9秒87の日本新記録を出しました。これでも3位だったんですから世界の壁はまだまだ厚い
それでも、準決勝で追い風参考ながら9秒96という記録を出していたので、もしかしたらイケるのでは・・・と思った人もいたのではないのでしょうか。


ここ数年で日本人選手の中からも9秒台を叩き出す選手が出てきたことに、楽しみが沸いてきましたね。今後9秒台での争いが見られるようになるかもしれません。

そして、今年開催される世界陸上ドーハ大会での好記録が期待できると思いたいですね。
桐生祥秀選手らをはじめとするライバルとのハイレベルな争いも見られるのかなと思うと、少しワクワクします。さらにその先にある東京オリンピックでも期待したいと思えるタイムになってきました。
サニブラウン選手も桐生選手もまだ若い。これからさらに成長して、100mのファイナリストという冠以外の冠が添えられるように期待しております


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:53Comments(0)

2011年08月28日

ボルト、まさかの失格

世界陸上テグ大会2日目の今日は、前日行われた男子100mの準決勝と決勝が行われました。
注目はやはり世界記録保持者のウサイン・ボルト(ジャマイカ)。今回の大会でどこまで記録が伸ばせるのかもポイントになっていました。
予選・準決勝と勝ち抜けてはいたものの、準決勝の際のタイムが10秒台だった点が気になってはいました。それでも新記録はムリでも優勝はするだろうなくらいにしか留めていませんでした

ところが、決勝。
リラックスしていると思っていたボルト選手がフライング。本人もわかっていたのか信じられなかったのか、コースから外れた後も壁を叩いて絶叫するという悔しがり方でした。


本命なき混戦になってしまった男子100m。制したのはジャマイカの新星でボルト選手の練習パートナーでもあったヨハン・ブレイク選手
タイムは9秒92ながらも、決勝唯一の9秒台準決勝でも9秒台を唯一叩き出していただけに安定の走りとも言えるでしょう。

2位はアメリカで唯一残ったウォルター・ディックス選手
陸上王国とも言われ、カール・ルイスやリロイ・バレルといった記録保持者を何人も出したアメリカの陸上選手。それが全く見る影なくなっているのは、いささか残念ですね。

3位はカリブ海に浮かぶ小国セントクリストファーネイビスのキム・コリンズ選手
気が付いたら35歳なんだ(汗)。かつての世界陸上パリ大会の金メダリストもそんな歳になってたんですね。もはや大ベテランと言われる中で、これだけの走りができたことは実に立派だと思います。

そして、これから注目されるだろう選手は、4位に入ったクリストフ・ルメートル選手
1990年代以降、黒人王国だった短距離(100m)界。その中に割って入った唯一の白人選手でもあります。決勝で白人選手が走るのは実に約四半世紀ぶりの快挙なのではないのでしょうか?
彼の活躍を見るにつけ、アジア人(黄色人種)である日本人も何とか頑張ってファイナリストの中に食い込んでほしいものと思っています。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:37Comments(0)TrackBack(0)