2020年10月29日

秋の新アニメ2020 ワースト

秋の新アニメ2020、今回はワースト編です。
ベスト編でも書きましたけど、いい意味でも悪い意味でも、いい作品は揃っていながらも佳作扱いの作品ばかりで、よく見ればクオリティが高い、悪く言えばどんぐりの背比べなんです。ただ、その中でぶっちぎりで悪い作品と似た系統の作品ばかりでネタ切れなんじゃないのと思われてもおかしく無い作品が候補として残り、残る1つは見せ方の問題で、ワースト3作品を固めました。では、見てきましょう。


今期のワーストは、「まえせつ!」
・・・正直ダダ滑りのギャグを見せられるという拷問的な作品です。これ面白いか?ええ、そう言いたくなりましたわ。
吉本興業が絡んでいることもあって、役者として素人な芸人さんを声優に据えなければならないという点で、スタッフがアニメをわかってんのかと思うし、話の作りもお笑いを舐めているなとお笑いに詳しくない人間でさえも思ってしまう
正直スタッフの皆様は、森田まさのりさんの「べしゃり暮らし」をよーく読んで、一から作り直せと言ってしまいそうだなぁ・・・。
なお、唯一評価できるのは、聖地巡礼が捗(はかど)るくらいか(ニヤニヤ)。

2番目は、「神達に拾われた男」
この作品は、いわゆるなろう系の作品がにじみ出ていて、基本はできているけど、発展も応用もないんですよね。ああ、またお決まりのパターンか・・・と思われるパターンが読まれる作品なんです。話も平坦で、気持ち的にわかるシーンもあるものの、それ以上が無い。
よく読まれた作品なんだろうけど、今見ると前時代的過ぎて面白味に欠けるんだろうと思いました。その点では、古臭くとも1周回って面白かった「キングスレイド 意志を継ぐものたち」は、曲がりなりにもよくできているんだな、と。

3番目は、「アサルトリリィ BOUQUET」
これは一言、見せ方が悪い1話目で登場人物を多く出すな。以上。
ちょっと見逃すと、もう頭に入ってこない作品の典型的パターンですわ。2話目以降も頭にあまり入ってこないのは、登場人物の見分けが難しくなっているのかなと。
そう思うと、今期登場人物の多い作品の一つである「ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」は、程よく見せているし、「ストライクウィッチーズ ROAD to BERLIN」なんて久しぶりの続編なのに、ちゃんとメインで見せたい人、今回はサブというキャラの距離感が抜群で、シナリオもちゃんと面白味のある、キャラの特性を考えたデキになっていると思いましたわ。
なお、「アニメリコ」は、いい作品と悪い作品の差が激しいけど、今期は「安達としまむら」が思った以上によくなくて、この作品が悪い、悪過ぎるなんですわ・・・。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:33Comments(0)

2020年10月12日

秋の新アニメ2020 その13 神達に拾われた男

秋の新アニメ2020、13回目はオンライン小説サイトの「小説家になろう」が原作で、ホビージャパンのレーベルであるHJノベルズで刊行されている「神達に拾われた男」です。

いわゆるなろう系の作品、主人公は子供というふうで、まぁよくある話といえばそれまでかなと思って見ておりますが、話の展開次第では面白くなるんじゃないかなと思って見ていきます。


あらすじはこう(以下PCではイタリック体で表記)。


主人公は、超ブラック企業に勤めていたシステムエンジニアで、就寝時のくしゃみが原因で死亡したが、異世界の神達の計らいで、魔力不足に陥っている異世界への魔法力補充の際に、その世界へ転生してもらう

神達から大きな加護をもらった主人公は、異世界で見付けたスライムをきっかけにその研究に没頭する。気が付けば、自分の住み家には総勢1000匹を超える何種類ものスライムが居つくことになった。


ある日、主人公の住み家のそばにある森で、侯爵とその護衛達に出会う盗賊に襲われたことにより、護衛の一人がけがをしていたので、住み家に迎え入れることになったのだが・・・。



というふう。


初回に関しては、主人公の生い立ちと現在の生活がメインで、あくまで侯爵と護衛達というのは添え物レベルという扱い。ただ、生い立ちが語られるのは、少し経ってから。それでも普段はクールというのか無感情な主人公が、自分の死に様で激しく動揺しているのが何ともギャップのある(苦笑)。
そうはいっても、基本的に話の流れは淡々としたもの主人公の生活を表したかのような淡々さ(苦笑)。侯爵家のご一同がスライムを使役している主人公にいぶかしがりながらも、結局は助けてくれたのだから悪い人ではないようだと気を許しているあたりに、危機管理能力云々と言いたくはなるものの、確かに悪い人じゃないからいいか(爆)。あまり気にし過ぎると話が進まなくなるし(ギャハ)。


今後、主人公に色々刺激が入るようなので、少し話がにぎやかになってくれるかな・・・にぎやかになってくれないと、この作品がなぜウケたのかわからなくなるわい(爆)。
放送局・放送時間の詳細は、「続きを読む」にて。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  続きを読む
Posted by alexey_calvanov at 22:57Comments(0)