2017年03月01日

サークルKサンクス終了が間近になってきた

ファミリーマートとの統合が進んでいるサークルKサンクス。まだ店舗としては残っているものの、徐々にのぼりやPOP類がファミリーマート色になり、店の看板などもファミリーマートに転換する店が現れ始めましたまだサークルKサンクスでオープンしたての店もあるので、完全転換は本当に2019年頃になるのかもしれませんが、今回の話を聞いていると、思った以上に早くなるのかもしれません


サークルKサンクスに卸すPB商品など独自商品がファミリーマートサイドに統合されたとファミリーマートから発表がありました。
サークルKサンクスにも、現在ファミリーマートで展開されていた無印良品の商品が置かれるようになりましたし、StyleOneの商品も現在ある在庫が切れ次第、FamilyMart Collectionシリーズに転換されています(StyleOneはアピタ・ピアゴのスーパー事業で継続)。ファストフーズに置かれている商品も既に統合が進んでおり、フライドチキンはファミチキシリーズに転換されています。
一方で、サークルKサンクスのメイン商品の一つだった焼き鳥も一部で廃止になっておりますし、ファミリーマートで残ったサークルKサンクスのスイーツブランドだったシェリエドルチェも「濃厚焼きチーズタルト」のみになりそうです(レシピを残して商品名を替えるものはあるそうだ。なお、「濃厚焼きチーズタルト」はファミリーマートとの共同開発という話もある)


いいものは残すべきだと思うのですが、資本力の差とか経営力の差とか統合の時の勢いの差とかで押し切られてしまうのよね・・・。今回はサークルKサンクスが押し切られる形になってしまったわけです。
またファミリーマートはグダグダに終わったサークルKとサンクスの統合を見ているから、こうも早急なんでしょう。4年も掛かって商品しか統合できなかったわけですから、できる限りスピーディーに行いたいと思っているのでしょう。今の社長もそのあたりは厳しそうですから。
でもね、ファミリーマートは自分の商品にないと思ったものは残してもよかったんじゃないの?今は真新しさで2割客が増えているけれども、同じだと思われた頃から飽きられ始めますよ。だからこそ、サークルKサンクスの商品でもよかったものは残してほしいです、はい。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月15日

クリスマスキャロルが流れる頃には・・・

サークルKサンクスでもファミチキ買えるだろう。


・・・と稲垣潤一さんの♪クリスマスキャロルの頃にはの歌詞に乗せて歌ってくれるCMができるんじゃないかと推測(ニヤニヤ)。<んなわけねーだろ!


今月経営統合を進めたファミリーマートとサークルKサンクス。現状、双方のコンビニでは統合されていないふう(つまり、ファミリーマートの製品はファミリーマートで、サークルKサンクスの製品はサークルKサンクスでだけでしか買えない)ですが、将来の店舗統合を待たずに、来年2月までに前倒しでファミリーマートの商品側に統合を進めていくことが明らかになりました。
というのも、過去にサークルKサンクスは店舗統合は進められたものの、店の名前をどうするかで最後まで統合できずにぐずぐずしていた苦い過去があったから。仮にそんなことが再び起これば、大きな機会損失に繋がりかねないとファミリーマート側が大ナタを振るってきたわけです。

第1段階は中食(弁当・惣菜)以外の商品で12月までを目標に一本化。そして第2段階は中食を中心にファミリーマートが現在進めている商品改革に併せて行っていくというふうになっています。この過程で、恐らくサークルKサンクスのPBブランド「スタイルワン」はサークルKサンクスからは姿を消すのかもしれません(アピタ・ピアゴでは残るのかは不明)
その中で、ファミリーマートで人気の商品「ファミチキ」だけは12月、つまりクリスマス商戦の頃にはサークルKサンクスでも買えるようにするという案内が出ており、同商品をかなり大事にしていることがわかります。


ただ、一足飛びに事を運べるかが大きな課題になってくることでしょう。
現在ファミリーマートとサークルKサンクスは、それぞれ別の工場で製造されているふう。サンドイッチを作るにしても、ファミリーマートの提携している工場ではパンが湿ったままでもカットできる機械があるものの、サークルKサンクスの工場にはそれがないといった具合に、細かな違いを残しているので、これを早急に統合させるのは大変だし時間もかかるし、何よりコストも掛かる。しかもファミリーマートの基準で事を進めると息巻いていることから、相当大変だぞ、これ。その過程でリストラ(契約打ち切りなど)される工場もあるでしょうし、現場は戦々恐々としていることでしょう。


はてさて、上手くいくのでしょうか。


クリスマスキャロルの頃には
♪クリスマスキャロルの頃には



人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 23:39Comments(0)TrackBack(0)