2018年02月17日

66年ぶりの連覇は、まるで薄氷を踏み渡るかのように

平昌(ピョンチャン)オリンピックは後半戦に入り、9日目になりました。今日は日本だけでなく世界中が注目している男子フィギュアのフリーが行われました。土曜のお昼なので、日本でも見やすい時間帯ですし、欧米でも夜や夜中ながらも翌日が休みの人なら、これまた見やすい時間帯なのではないのでしょうか。
注目は何といっても羽生結弦選手男子フィギュアでは66年ぶりの連覇が掛かっている大事な大会になりました。
その演技、ほぼ完璧なものになりました。途中危なっかしいところがあり、技術点は中国の金博洋(キン・ボーヤン)選手に次ぐ順位になったものの、演技点(演技構成点)で首位に立ち、総合トップに。前日のショートプログラムの得点を合わせて317.85点(ショート111.68点、フリー206.17点)とし、今大会フリーで初めて300点越えを達成。見事1位(金メダル)になりました。

まず言わなければならないのは、NHK杯で右足首のじん帯損傷するという大ケガをしたにも関わらず、それを乗り越えてリンクに立ち、かつメダルを獲得したこと。
周囲からの金メダルを獲らなければならない、金メダルは必至という中、相当なプレッシャーもあったことでしょう。あまつさえケガをしてしまった彼のスケジュールも大いに狂ったに違いありません。それを乗り越えたことを考えると、技術力もさることながら、精神面での強さも相当なものだったのでしょう。これ以上何も言うことはありません。本当に大変な中、よく滑ったと思います。先程も言いましたが、ヒヤリとするところもあったものの、持ち前のタフさと経験値で乗り切ったと言えるでしょう。おめでとうございます、そしてご苦労様でした。


そして、忘れてはならないことがもう一つ。宇野昌磨選手が306.90点(ショート104.17点、フリー202.73点)で2位(銀メダル)になりました。果敢にチャレンジした滑りをして、自分のやるべきことをやった結果が実を結んだんでしょう。もっとテクニックを磨けば、羽生選手に負けず劣らずの素晴らしい選手になることでしょう。おめでとうございます。


ちなみに、フィギュアで複数メダルを獲得したのは史上初になります。そして、羽生選手はアメリカの元フィギュア選手で、世界フィギュアの殿堂入りしている、1948年のサンモリッツオリンピック・1952年のオスロオリンピック連覇を果たしたディック・バトンさん以来66年ぶりの連覇を果たしています。


羽生選手は、恐らく殿堂入りする人になるでしょう。でも、まだ彼の実績は伸ばせれるとも思っています。4年後の北京オリンピックで、彼がリンクに立っているかはわかりません。ただ、もし競技を続けているとすれば、また私達の心を掴むものとなるでしょう。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 14:37Comments(0)

2014年02月16日

新星羽生 金、レジェンド葛西 銀

ソチオリンピックも後半戦に突入しようとしておりますけれども、その中で日本勢が頑張っております。


まずはフィギュアスケート。
日本時間2/15(現地時間では2/14)行われた男子フリーで羽生結弦(ゆづる)選手が金メダル。途中のジャンプで失敗が相次いだものの、後半から終盤に掛けて行った高難度の技を決めたことで1位になり、ショートプログラムでの順位との合計も、2位になった絶対的王者とも言われるカナダのパトリック・チャン選手を上回ったため、金メダルを獲得することになりました。しかも、ショートプログラムでの得点は史上初の100点越え(101.45点)を達成しています。それだけ前半に限って言えば、完璧だったとも言えるでしょう。
まだ19歳で、これから伸びていく可能性のある中で、金メダルを獲れたのは今後の競技活動に大きな誇りになるでしょう。羽生選手が世界から『絶対的王者』と称されるまでに成長してほしいですね。しかも今回ツァーリ(皇帝)と言われたプルシェンコ選手がいなかったので、大きなプレッシャーがなかったのもあったかもしれません。団体では男子代表が1人しかいなかったため、ショートプログラム・フリーで2回滑っていたのですが、なかなかいい滑りをしていたので、仮に腰を痛めていなければ、羽生選手の金は無かったかもしれません。しかし、この試合で引退と言っていたのに、腰を痛めて出場できずに引退になったことは、本人も悔しいのかもしれません。


そして、日本時間2/16(現地時間では2/15)行われたスキージャンプ・ラージヒルでは、葛西紀明選手が銀メダルを獲得しました。
葛西選手は1回目・2回目ともロングジャンプを見せ、テレマーク姿勢も決まっていたのですが、1位のポーランドのカミル・ストッフ選手の方がテレマーク姿勢で高評価を受けていたことから、1.3点差ながらもトップに立てたというふうになりました。ホントに微妙な差なんですよね。風のコンディションもほぼ同じでしたし・・・。
本人は悔しいそうですが、胸を張っていい銀メダルです。日本のジャンプ界を支えてくれただけでなく、41歳になった今でもトップで活躍しているのですから。長野で獲れなかった金は、今度行われる団体戦で獲れるかもしれません。まだまだやれると信じています。


最後に、羽生選手・葛西選手、本当におめでとうございます。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  
Posted by alexey_calvanov at 22:54Comments(0)TrackBack(0)