2016年02月13日

アイツが遂に脱いだ!

といっても、虫の話(ギャハ)。


鳥羽水族館で飼われているダイオウグゾクムシ。こちら、ダンゴムシのような体形をしている(ただし、ダンゴムシの種族には属しておらず、むしろフナムシの種族に近いらしい)ものの、非常に大型。ただ、深海に住む虫なので、生態系はあまり知られておらず、かつては知る人ぞ知る虫でした。
しかし、2013年頃からニコニコ生放送で取り上げられたことがきっかけで、大きく知られるようになり、長い間絶食することや捕食をする瞬間など様々なデータを届けられることになりました


そして、今回日本では初めて脱皮する瞬間を映像として捉えることができたのです。絶食期間の長さも際立っていますが、脱皮するまでの期間の長さも際立っており、世界でもこの瞬間を捉えられたのは珍しいとのこと。今回の脱皮も半分脱ぎ切るまで数日ほど掛かったそうで、彼らにとっては脱皮も一仕事なんだなと痛感


今後、彼らの生態が明らかになってくるものと思われます。そうなった時、どんな驚きをもたらしてくれるのだろうか、ちょっとした楽しみでもあります。


人気ブログランキングへ ブログランキング・にほんブログ村へ  

Posted by alexey_calvanov at 23:55Comments(0)TrackBack(0)